2017年アカデミー賞授賞式のJimmy KimmelとMatt Damon

e0059574_013777.jpg
今年の授賞式は前代未聞のハプニング(作品賞受賞が『ラ・ラ・ランド!』から『ムーンライト』に訂正)に驚きましたが、2005年から始まったJimmyとMattの確執は、ブレることなく続行中。今回はJimmyが司会者で優位に立ち、Mattいじりは授賞式前から始まっていた。これが幼稚園レベルで、可笑しすぎる(⌒▽⌒)アハハ!

「もしJimmyが何かしたら、僕も応戦しようと思っている」と授賞式前のインタビューで予告したように、Jimmyから数々の砲弾を浴びたMattは、会場内の客席を歩くJimmyの前に足を出して、小さな仕返しをした。(その時の模様


e0059574_018130.jpg
そして脚本賞の発表。プレゼンターは、長年の親友であり、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の名コンビ、Ben AffleckとMatt。しかしMattの名前はなく、「Ben Affleck とゲスト」と紹介されただけ。しかもMattがスピーチを始めると、ステージ下のオーケストラボックスで指揮するJimmyが、オーケストラに音量を上げさせ、Mattの邪魔をする。(その時の模様

脚本賞に輝いたのは、Benの弟Casey Affleckが初の主演男優賞を受賞した『マンチェスター・バイ・ザ・シー』だった。当初はMattが、プロデュース・監督・主演を務める予定だったが、スケジュールの都合により、「主演はCaseyしかいない」と言って、Caseyを抜擢。Mattはプロデューサーを務めた。


e0059574_0182086.jpg
e0059574_0184358.jpg
Mattいじりで授賞式を閉幕させようと考えていたJimmy。「実は作品賞の発表後にも、ちょっとしたMattいじりの余興を用意していたんだが、あのハプニングがあったので自粛したんだ」と、授賞式終了後のインタビューに答えている。ああ、だから作品賞受賞発表の時に、Jimmyは客席に下りて、Mattの隣に座っていたのね。JimmyとMattの確執は業界内でも有名だが、いつまで続くのか?気になるところです。


[PR]
by amore_spacey | 2017-03-01 00:19 | My talk | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ジョン・スノウ、ナポリに登場 ... ジャッキー/ファーストレディ ... >>