トレヴィの泉で二度目の恋を (Elsa & Fred)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (72点)

e0059574_1585742.jpg
【あらすじ】 共に人生を歩んできた妻を亡くした80歳のFred(Christopher Plummer)は、引っ越したアパートで自由奔放な隣人のElsa(Shirley MacLaine)と出会う。ひょんなことからFredに惹(ひ)かれたElsaは、頑固な彼に心を開いてもらおうと奮闘。やがて二人は惹(ひ)かれ合うが、実はElsaにはある秘密があった。(作品の詳細はこちら


e0059574_15991.jpg
e0059574_1592290.jpg
e0059574_1593576.jpg
良くも悪くもこの作品は、Elsaの魅力なくしては成り立たないでしょう。自由奔放に生きる74歳のElisaが、携帯を持ちながら片手運転したり、後ろの車に当て逃げしたり、勘定を払わないで食い逃げしたり(あのデザート、すごくおいしそう)と、これが実母や姑といった身内の話だったら、迷惑以外の何ものでもなく、全く笑えない。が、これは映画の世界で、夢想家とも嘘つきとも思える憎めないElisaの特異なキャラを、幾つになってもキュートなShirley MacLaineが魅力的に演じ、「またそういう嘘をついて…」と苦笑しながらも、可愛らしくて何となく許せてしまう。


e0059574_1594511.jpg
e0059574_1595656.jpg
e0059574_201167.jpg
こんなエキセントリックな彼女に翻弄されつつも、徐々に引き込まれていったFred。しょぼくれた頑固爺さんが、Elsaに心を開き2人で一緒に笑うようになるにつれ、気難しい頑固な表情がどんどん柔和になり、とても素敵な男性に生まれ変わっていく過程は、微笑ましいものだ。

Federico Fellini監督の『甘い生活』へのオマージュという形をとりつつ、ローマのトレヴィの泉のシーン(Shirleyのヅラ+ドレス姿は、うーん)は、心憎い演出でした。素敵な衣装に身を包んで、男性にエスコートして欲しい。愛の言葉を囁いて欲しい。幾つになっても、女性は夢見る少女です。Elisaらしいエンディングに、またクスッと笑い、余韻を噛み締めました。タイトルが、残念。


[PR]
by amore_spacey | 2017-04-05 02:01 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 後妻業の女 おめでとう、ステファノ・アッコルシ! >>