ラッキー・ブレイク (Lucky Break)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_054693.jpg
【あらすじ】 いつも失敗ばかりの冴えない泥棒Jimmy(James Nesbitt)は、今度もドジを踏んで刑務所行きとなった。そこで再会したかつての相棒Rud(Lennie James)と2人で、脱獄を目論む。
 そんなある日、無類のミュージカル好きのMortimer所長(Christopher Plummer)が、自作のミュージカル公演を催すことを発表した。公演のどさくさに紛れて脱走を企てるJimmyは、千載一遇のチャンスとばかりに出演を承諾し、仲間集めに奔走する。主役に抜擢されたJimmyの相手役が美人カウンセラーのAnnabel(Olivia Williams)ときて、すっかり気をよくした彼は、さっそく舞台の準備と同時に脱獄の計画を練り始めるのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_061514.jpg
ずいぶん突飛な話で突っ込み所満載だけれど、コメディタッチで最後まで楽しめる。ゆるくて小さな笑いがふんだんに用意されているお陰で、ちょっぴりシリアスなシーンも登場するが、深刻になり過ぎないのも、さらっと観るにはちょうどいい。

まず冒頭で銀行強盗に失敗するJimmyとRudのお粗末な2人、こんなコンビで果たして脱獄計画が成功するのか?この時点で既に視聴者はかなり心配になり、行方が気になってくる。彼らに続いて登場する人々が、これまた個性的で、ミュージカルに紛れた脱獄計画に向かって一致団結し、悲喜こもごものドラマを見せてくれるのだ。


e0059574_06549.jpg
この作品を観たかったのは、『手紙は憶えている』同様、Christopher Plummerがピアノを弾いているから。そのシーンも堪能したけれど(短すぎる!もっと観たかった&聴きたかった)、端正な容貌に似合わないお茶目な所作に萌えました(*^^*) 彼の自作ミュージカルが、『ネルソン提督』って…(爆) しかも囚人たちの演技が小学生レベルなのに、公演終了後、所長ったら感極まって涙を流してるし、ププッ。Christopherのやり過ぎない2枚目半が、チャーミングで素敵だ。


e0059574_07631.jpg
e0059574_07189.jpg
ミュージカルに出演する囚人たちも、個性の強い人たちばかり。火遊び大好きな青年、出所したら家族3人で幸せな家庭を夢見るCliff(Timothy Spall)、自分が育てるトマトに異常な愛を示す男、荒々しく乱暴な大男、計画を横取りしようとする奴。

それからそこにいるだけでおかしいRog(Bill Nighy:物腰が柔らかく上品で頭は切れるが、腕力ゼロな役柄がピッタリ。圧倒的な存在感があるわけではないのに、何となく印象に残る)、演技指導する?気弱なメガネ男(Julian Barratt:オタク系イケメン?気になる)、囚人たちに目を光らせ彼らの行く手を阻む看守(Ron Cook)、そして美しいカウンセラーAnnabel。それぞれの役割や立ち位置がはっきりしているので、とても分かりやすく、私向きの作品だった。ところでPeter Cattaneo監督は、英国TVドラマ『REV』の監督だったんですね。


[PR]
by amore_spacey | 2017-05-05 00:11 | - Other film | Comments(2)
Commented by canned_cat at 2017-05-09 16:47
こんにちは。
なんと、この映画ビル・ナイとクリストファー・プラマーが共演してるんですね! これは絶対観なくてはっ。
レヴューを拝見する限り、肩の力を抜いて観られそうな作品のようですので、観るのを楽しみにしたいと思います。他の脇役の人達も面白そう。
ビル・ナイ良いですよね~、わたしもそれ程多くの出演作を観ているわけではありませんが、『パイレーツ・ロック』や『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』あたりがお薦めです。もし未見でいらっしゃるなら、是非。
Commented by amore_spacey at 2017-05-12 02:08
☆ canned_catさんへ。
そう、2人が共演しているんですよ~。クリストファーが目的で観たのですが、途中ビルに気づきました。彼はさりげなく登場して、くすっと笑わせてくれる。クールで知的な中に、人間味を感じさせてくれますね。他にもユニークな脇役がたくさん出てくるので、最後まで楽しくご覧になれると思います。お勧めの作品、探してみますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 愛のために戦地へ (In gu... 海よりもまだ深く >>