デート~恋とはどんなものかしら~ 2015夏 秘湯

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_3451770.jpg
【あらすじ】 ある日、山下公園で待ち合わせをしていた依子(杏)は、鷲尾豊(中島裕翔)の車に乗り込んだ。同じ頃、谷口巧(長谷川博己)は、和服姿の橋本彦乃(芦名星)と、温泉街を歩いていた。その1カ月前、依子と巧は「結婚契約書」の作成を続けていた。「浮気」に関する項目を入れ忘れていたと気づくが、自分たちには不要だと結論し、ようやく出来上がった結婚契約書を、身内の前で発表する。
 しかし依子の前に現れた母・小夜子(和久井映見)から、本当は依子は燃えるような愛欲を味わいたいと思っているのではないか、とハッパをかけられる。その言葉が響いた依子は、結婚前に予行練習期間を設けようと巧に提案、半同棲がスタートした。(作品の詳細はこちら


e0059574_3453481.jpg
e0059574_3455137.jpg
ハセヒロ1人祭り。待ってました、『デート…』SP!オープニングでいきなり、ハセヒロ不倫か?と思わせるシーンに、「うわぁ、また面倒くさい展開になるか?こりゃ楽しみだわぁ」と、物凄く盛り上がってしまった。しかも和服のハセヒロが、エロい。割烹着姿のハセヒロにも、萌え~♪ 色んな小物で、違ったハセヒロを見せてくれて、本当にありがとう!そんな彼に、「月が綺麗ですね」なんて言われてみたい。一緒に温泉旅行にも連れてって!


e0059574_346633.jpg
e0059574_3463422.jpg
半同棲生活にあたって、依子が決めたルールやタイムテーブルは、確かに細かすぎて息苦しい。分刻みのスケジュールやピラミッド型に盛り付けた正方形の煮物って、あり得ない(爆) と言って笑っていたんだけど、曜日ごとに決めたメニューをうっかり変えられ、「今日(土曜日)が金曜日のように思えるから嫌」と依子が愚痴ったシーンには、思わず首を縦に振った。私も曜日ごとに家事を決めているから、何かの都合で変更を余儀なくさせられると、一日中何だか落ち着かないのだ。私も軽い依子症候群に罹っている模様。


e0059574_3464667.jpg
そんな彼女は、「2人の間に不倫なんてありえない、あーっはっはっは!」と笑い飛ばしたくせに、他の女性に目移した巧に対して、「よそ見をするのはやめて!」と、包丁を持ち出すほど愛に貪欲だ。「心の全部が欲しい」この台詞は、直球ど真ん中ストライクでした。ロボット・依子がどんどん人間味を帯びて、劇的な変化を遂げていく様は、感動的だった。思い込んだら突っ走る依子に、「月が綺麗ですね」と高等遊民らしい感性で迫る巧。なんてロマンチックなんでしょう。実を言うと最初は、ハセヒロと杏の組み合わせに、「大丈夫なのかなぁ」「このカップルは、似合わない」と思っていた。いやいや、愛すべき最強のカップルです。


[PR]
by amore_spacey | 2017-07-03 03:47 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ラブ&ピース ハウス・オブ・カード 野望の階... >>