ローマの休日 その2 (Roman Holiday) 

私のお気に入り度 ★★★★☆ (94点)

e0059574_0344942.jpg
【あらすじ】 翌朝、彼女がAnn王女(Audrey Hepburn)であることを知ったJoe(Gregory Peck)はスクープをものにするチャンス喜び、ローマ見物の案内役をひきうけた。Joeの魂胆も知らず、王女はまず床屋で髪を短く切り、1日中のびのびと遊び歩いた。
 Joeの同僚のカメラマンIrving Radovich(Eddie Albert)は、隠し持った小型カメラで、ぬけ目なく王女の行動をスナップした。一方、王女失踪で大使館は、上を下への大騒ぎ。しかし世間に公表するわけにも行かず、本国から秘密探偵をよびよせて、捜査に当らせた。(作品の詳細はこちら


e0059574_0352544.jpg
その1では脇役について書いたが、今回は王女とJoeのロマンチックなシーンを取り上げる。パジャマを着ているのに、喉元まで上げた掛け布団を、しっかり手で押さえる王女。


e0059574_0353669.jpg
この理容室はなくなり、普通の店になっていた気がする。当時は彼女のショートカットが大流行した。前髪パッツンが良く似合う。


e0059574_0355217.jpg
ジェラート・ブームに火をつけた、スペイン階段のシーン。王女はジェラートを舐め終わったあと、コーンは捨ててしまう。撮影当時40℃をこえる暑さで、あっという間にとけてドロドロになってしまう。内心焦りながらジェラートを舐めてたかも?


e0059574_03659.jpg
王女とJoeとIrvingの3人は、映画史上(たぶん)最強のトリオ。ミニチュア・フェチの私は、ライター式のカメラに目がくぎづけになった。Bar Roccaも、今はもうない。


e0059574_0364674.jpg
ヴェスパやフィアットの500の売り上げが増大。このあと警察のお世話になるが、Joeの咄嗟のウソ「結婚ほやほやの夫婦」で釈放。被害届けも取り下げられ、皆から祝福されるという展開。ええ、確かに事情があれば、見逃してくれることもある。女性警官の場合は、まずムリだけど。


e0059574_03731.jpg
このシーンがなかったら、真実の口は今ほど注目されなかったでしょう。映画のお陰で、ローマを訪れる観光客が激増した。


e0059574_038168.jpg
とてもいい雰囲気で踊る2人。


e0059574_0381356.jpg
びしょぬれの2人が、初めてのキスをかわす。とても自然なキスに、胸きゅん。


e0059574_0382978.jpg
Joeのアパートのバスルームから出てくる王女が、とても大人っぽくしっとりした雰囲気に包まれて、ドキッとしたんだけど、2人は身も心も結ばれたのでしょうか。


e0059574_0385545.jpg
このシーンは…もう、何と言っていいのか…。これで2度と会うことはないのよ、永遠に。こんな出会いも、もう2度とないの。言いたいことはたくさんあるのに、言葉にできない2人。ええい、もう、駆け落ちしちゃえーーー!


e0059574_0403342.jpg
たった一日で見違える成長を遂げた王女。ラストシーンの凛とした姿が忘れられない。そして名残惜しそうに立ち去るJoe。この作品の成功には、Dalton Trumboによる脚本も一役買っている。世界中の人々に、永遠に愛され続ける作品の1つになるだろう。


e0059574_041075.jpg
オフの時間に、トランプで遊ぶ2人。彼らの交友は長く続いた。Audreyが亡くなったときGregoryは、彼女が大好きだったインドの詩人・思想家Rabindranath TagoreのUnending Loveを朗読して、最期のお別れをした。


[PR]
by amore_spacey | 2017-07-14 00:41 | - Other film | Comments(2)
Commented by petapeta_adeliae at 2017-07-16 03:38
たぶん小学生の頃だったと思いますが、
王女は袖をまくり上げているブラウスを着てるのに
背広をキチンと着用しているジョーを見て、父に
「何で汗かいてないの?」
父の答えは
「背広の脇には汗染みができてるよ」でした。
父、リアルすぎ
Commented by amore_spacey at 2017-07-17 19:40
☆ ソーニャさんへ。
40度以上の気温で背広って、拷問ですよね。一時帰国のときに就活する学生さんを見かけますが、猛暑の中、本当に大変だなと思います。お父様、鋭い(爆) 脇の汗には気がつきませんでした。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 小さな巨人 第2部・豊洲署編 ... ローマの休日 その1 (Rom... >>