残念なケヴィン・スペイシー

e0059574_372038.jpg
ハリウッドの大物プロデューサーHarvey Weinsteinのセクハラ問題で大揺れの映画界だが、30年以上前に当時26歳のKevin Spaceyが、Anthony Rapp(当時14歳の未成年)に対して性的アプローチをかけたとの疑惑が持ち上がった。これについてKevinはAnthonyに、Twitter上で謝罪したが、その直後に、「男性と女性のどちらとも関係を持ったことがあり、男性とロマンチックな出会いもありました。男性をも愛してきました。これからは、ゲイとして生きることを選択します。」と告白・宣言を(今さら?)している。

いやいや、このタイミングでカミングアウトはない。問題のすり替えと批判されても、仕方がありません。それにしても、何でこんな馬鹿げた謝罪しか出来なかったんだ?やはり謝罪原稿は、腹心の部下Dougや作家Thomasに任せるべきだったよ、Frankくん。


e0059574_374754.jpg
この疑惑を受けて国際テレビ芸術科学協会は、今月ニューヨークで開催される第45回国際Emmy賞のパーティーで、同賞をKevinに授与すると6月の段階で発表していたが、10月30日に取り消しが決定した。(詳細) またKevinが主演の人気TVドラマHouse of Cardsを配信するNetflixは、次のシーズン6で打ち切ることを発表、シクシク。(詳細


e0059574_39563.jpg
告発は続く。「KevinがOld Vic劇場の芸術監督時代に、彼から性的アプローチを受けたが、何とか逃れた。彼は30歳以下の若い男優にはほぼ全員に手を出している。この先Harvey Weinstein級のスキャンダルになったとしても、私は驚かない」と、メキシコ人俳優Roberto CavazosはFacebookに書いている。(詳細) 黒いエピソードが芋づる式に出てきそうで、色々なことが残念すぎる。
---
Anthony Rappが口火を切ったKevinのセクハラ疑惑はさらに広がり、告発者が続々と名乗り出てきた。Anthony同様、その当時未成年(14~15歳)だった人もいるという。CNN(音声あり!)によると、House of Cardsの現場で8人の男性スタッフが、Kevinからセクハラ被害を受けたと告発した。

これら一連の疑惑問題に対してNetflixは、11月2日の夜、House of Cardsをシーズン6で打ち切り(Robin Wrightをメインにし、Kevinの登場はない)、予定していたKevin主役のTVドラマ『Gore』も製作を中止し、今後NetflixはKevinと仕事をすることはないと発表。またKevinが所属するエージェンシーは彼との契約を打ち切り、広報担当者は辞職したと伝えた。Kevin、孤立。ぽつん・・・。「現在Kevinは、新たな治療プログラムを受ける準備をしているところだ」と彼の弁護人はコメントしている。(詳細) 11月4日加筆


[PR]
by amore_spacey | 2017-11-02 03:10 | Kevin Spacey | Comments(6)
Commented by petapeta_adeliae at 2017-11-06 05:50
ワインスタインから広がるわ、広がるわ。
有名人が告発すれば、無名の人もこんな時に便乗しないと
泣き寝入りになりますものね。
またこの事件に便乗なのかと思うケビンの事。
告発した元少年はどれだけ認知された俳優なんですか?
また片っ端からというのが悲しい。
Commented by 松たけ子 at 2017-11-06 20:35 x
amoreさん、こんばんは!
スペイシー氏、あれよあれよの閉店ガラガラ状態に追い込まれちゃいましたね~…セクハラに加えて、少年愛だもんね~。誰も擁護できません。彼ほどの名優が、卑劣な変態の烙印を押されて仕事ができなくなるなんて、映画界の大損失。残念無念です。
過去のセクハラを暴き立ててバッシングの嵐が大流行みたいだけど、芸能界で叩けばホコリの出ない人なんて、ほとんどいないのでは?戦々恐々としてる大物俳優、いっぱいいそう。セクハラだけでなく、大物女優とかの豊田真由子ちっくな非道いパワハラも、そのうち槍玉にあげられるのかな。きりがないですね。うんざり。映画製作に支障が出ないことを祈ります。
Commented by amore_spacey at 2017-11-10 01:21
☆ ソーニャさんへ。
Weinsteinのスキャンダルに便乗して?芋づる式に出てくる出てくる芸能界の醜聞。イタリアでも「某監督に性的アプローチをされた」という女優(もどき?)が出てきましたが、こうなると売名行為としか思えませんね。Kevinのあの謝罪には、全く誠意が感じられないどころか、開き直っていますね。未成年に手を出すって、あり得ません。
Commented by amore_spacey at 2017-11-10 01:28
☆ 松たけ子さんへ。
毎日Kevinの新情報が入ってくる今日この頃、2週間後に公開予定だった映画も、彼が登場する部分は全て削除し、代役にChristopher Plummerを抜擢して撮り直すとRidly Scott監督は言ってます。映画製作にも支障をきたしてしまいましたね。Kevinは今、Weinsteinもお世話になった施設で「リハビリ」と「治療」をしているそうですが、これってマスコミから逃げる常套手段?リハビリって??? これで彼も暫くの間は干されますねェ。本当に残念です。
Commented by chiaro at 2017-11-11 17:41 x
amoreさま。
ずいぶん前からちょこちょこと訪問させていただき、私がまだ観ていない映画の情報を頂いて、参考にしたり、勉強させていただいておりました。
イタリアに住んでいたこともあり、イタリア映画の情報がとても新しいものが多いので助かっています!楽しいし、観たい映画が増えます!

ケビンスペイシーが前はとてもお好きだったのを記憶していたので、今回の事件ではさぞamoreさんは気を落とされているのでは・・と思っていました。。
人間、悪いことすると必ず自分に遅かれ早かれ戻ってくるものですよね。
あまり気を落とさずに、これからも知らない新しい俳優情報や、映画情報、お待ちしています。
amoreさんの切り口楽しく読ませていただきます。
ありがとうございます。
Commented by amore_spacey at 2017-11-17 03:13
☆ chiaroさんへ。
いらっしゃいませ~♪&初コメありがとうございます。
最近のイタリア映画は、若手から中堅の役者や監督たちの新しい試みのお陰で、面白くなってきているなと思います。家族や社会問題など深刻なテーマを取り扱った従来のスタイルはちょっと横に置いて、楽しめる映画&世界に通用するような内容を盛り込んだ作品が増え、肩の力を抜いて気軽に鑑賞することが出来るのは、とっても嬉しいことですよね。

Kevinスキャンダルは、誠に残念です。この業界の人を叩けばほこりが出るのは、周知の事実で特に驚きませんし、Kevinの特異な性癖も、彼が放つオーラから何となくは嗅ぎ取っていました。いや、しかし、暴走し過ぎましたね。素晴らしい役者で大好きだっただけに、落胆も大きかったです。昨日ネットのニュースには、施設に入って性依存症から脱するためのプログラムに参加している彼の写真が掲載されていました。何とか軌道修正できるといいのですが、どうでしょうか。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< テルマエ・ロマエ II 特捜部Q 檻の中の女 (Kvi... >>