プルートで朝食を (Breakfast On Pluto)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

ネタばれあり!

e0059574_2354961.jpg
【あらすじ】 親から捨てられた乳飲み子のPatrick(Cillian Murphy)は、Liam Neeson神父(Liam Neeson)に助けられBraden家の養子になる。美しく中性的な青年Kittenへと成長したPatrickは、アイルランドの田舎町では浮いた存在だった。ひょんなことから自分は孤児だと知り、実の母(Eva Birthistle)を探す旅に出る。Patrick McCabeの同名の小説を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_236038.jpg
e0059574_2362134.jpg
e0059574_2364239.jpg
e0059574_2391464.jpg
Cillian Murphy1人祭り。これ、いいわぁ。すごく良かった。各エピソードにタイトルがついて、夢のようなおとぎ話のような、ふんわりした雰囲気に包まれている。けれどそこかしこにKittenの悲しみや孤独が垣間見えて、笑いながら心のどこかがきゅんと痛む。風に揺れる柳のように、どんな事件に巻き込まれても抗わず、あるがままを受け止めて乗り越えていく。自分の気持ちにウソがつけないから、傷ついたり面倒なことに巻き込まれると分かっていながら、困難な道を選んでしまう。ええ、そういう人っていますね。


e0059574_2365336.jpg
e0059574_237678.jpg
e0059574_2372593.jpg
e0059574_2373648.jpg
飄々と生きているように見えるが、抱えきれないほどの悲しい思いがあり、他人には優しくできても、自分のことになるとどうしていいのか分からない。一大決心をして実の母に会いに行ったのに、自分の正体を告げることなく立ち去るなんて、何やってんの?ここ、一番大事なトコでしょ?ずっとずっと会いたかったんじゃなかったの?ったく、切なすぎるじゃありませんか。あのシーンは、画面に飛び込んで行って、ぎゅっとハグしてあげたかった(T^T)


e0059574_2381287.jpg
e0059574_2375955.jpg
e0059574_2384297.jpg
e0059574_2385720.jpg
70年代のサイケな衣装や音楽が懐かしくて、動画で音楽(←音が出ます)をさがしてしまいました。あの頃のファッションやヘアスタイルも満載で、色んなCillianが堪能できます。無邪気で可愛いだけでなく、しなやかで妖艶な姿を惜しみなく見せてくれる。当時29歳ですかァ?女よりずっと女らしくて、悩まし過ぎ。もう、何なんですか、あの色気は! IRAにもさらっと触れつつ、それは本作品のテーマではないので掘下げることなく、はいっ、次!ってな具合に、話は淡々と進んでいく。ポップでクールな中に、誰にも言えない深い悲しみが紛れ込んでいるのでした。


[PR]
by amore_spacey | 2018-01-05 02:41 | - Other film | Comments(6)
Commented by canned_cat at 2018-01-05 11:15
こんにちは。
わたしもこの作品、好きです。キトゥンちゃんを見ていると、元気を貰えます。どんな時でもめげず、陽のパワーを撒き散らして堂々と我が道を突き進む、その能力というかいっそ矜持には、ほとほと感服します。
でも彼女は言いますよね、人生なんて物語だと思わなければ辛すぎる、って。一体どれだけの痛みと涙を飲み込んで生きて来たのかと思うと、わたしも、彼女をぎゅっとハグしてあげたくなります。
キリアンの女装姿は、『Peacock』でも再び拝む事が出来ます。彼、女性の出で立ちをする時は、表情や仕草だけでなく骨格の動かし方まで変えている感じで、上手いんですよねぇ。
Commented by amore_spacey at 2018-01-07 00:40
☆ canned_catさんへ。
キリアン1人祭り続行中です。クスッと笑えるたくさんのエピソードが、70年代の音楽に乗って軽やかに展開していくのですが、うっかりしていると聞き逃してしまいそうなキトゥンの本音もあちこちに織り込まれ、顔で笑って心で泣いての物語ですね。家出したあと、実父リアム・ニーソンと再会するシーンが、あんなとんでもないシチュエーションだったり(滝汗)、事件に無関係なキトゥンが警察にフルボッコされたりして、運命の女神様は彼/彼女にとことん無慈悲。というより、不幸な生い立ちのせいで、自分は幸せになっちゃいけないって思い込んでいるところがあったのかも。

さっそくPeacockをDLしたのですが、作品を見る前にうっかり動画で、Peacockの役作りのシーンを観てしまいました。あそこまで役に入ってしまうと、膨大なエネルギーを消耗するんじゃないか?ま、それが役者の醍醐味であり役者冥利に尽きるとは思いますが、キリアン、恐るべし!明日にでも観る予定です。
Commented by 松たけ子 at 2018-01-07 15:46 x
amoreさん、こんにちは!
いろんな作品に出てるキリアンですが、このプルートが今のところmt best of キリアンです!キリアンasキトゥンちゃん、めっちゃチャーミングなヒロインですよね~。女より女の子らしくて、同時に強い信念と勇気は誰よりも男らしくて。ちょっとキレイなだけの男優では演じられない役。キリアンはやっぱ稀有な役者だと思います。当時のアイルランドの世情も興味深かったです。ファッションも音楽も秀逸。また観たくなってきました。
Commented by gabbyna at 2018-01-07 20:34
Feliz Ano Novo. のんびりペースですが、今年もよろしくお願いします。しかし、知らない間に(気づいていないだけ)キリアン君いい感じに出演していますね。私も彼大好きです。
この映画もみたいなぁ、日本でみれるかしら?!駄目ならまた手がありますが・・・・。(笑)
今年もいろいろな映画を紹介してくださいね。楽しみにしています。
Commented by amore_spacey at 2018-01-09 02:31
☆ 松たけ子さんへ。
そうなんですよ、結構あちこちでキリアンを観ていたのですが、何となく得体の知れないキャラが苦手で、ずっと敬遠していたのでした。この作品でキリアンに出会っていたら、全く印象が違ったのに…ね。とにかくすごく良かった。これを観て私は、本気で女をやめたくなりました。あの色気や仕草、一体どこでどうやって身につけたのか、教えて欲しいもんです。女性を演じた男優の中で、たぶん彼がピカイチではないでしょうか?何回も見直したい作品ですよね。
Commented by amore_spacey at 2018-01-09 02:34
☆ gabbynaさんへ。
Felice Anno Nuovo!
ご無沙汰しております。ただいま、遡って若い頃のキリアンの作品も観ていますが、もう、見惚れてしまう美しさ(特にブルーの瞳)ですね。ずっと苦手だったのに、彼が主演のTVドラマを観て一気にハマッてしまいました。こちらこそ今年もよろしくお願いします。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< チャンオクからの手紙 (Cha... ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣... >>