ゴースト・ワールド (Ghost World)

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)
e0059574_23625100.jpg
『アメリカン・ビューティー』で心に残ったソーラ・バーチ(イーニド)が、ここでも摩訶不思議な女の子として登場していること、そして『ロスト・トランスレーション』や『マッチ・ポイント』の魅惑的なスカーレット・ヨハンソン(レベッカ)が、田舎くさいスタイルでDVDのカバーに出ているのがとても気になりました。私が描くハイスクール卒業のアメリカの女の子のイメージ=チアーガールのようなキャピキャピ明るいイメージからかけ離れているこの2人の行方が知りたくなったのです。


e0059574_1283245.jpg
あの年頃の女の子の心模様は、この作品全般に流れるまとまりのない雰囲気・自分でもとらえどころがない・はけ口が見つからず鬱々悶々と暮らす日々・人生を投げたわけではないけれど全てがうざったい…。一言では語ることのできない思いが渦巻いている。しかもイードニには、自分が信じる絶対的なもの以外は排除する・受け付けない、頑なな傲慢が巣食っている。きっと彼女自身も持て余していたのでしょう、そんな自分を。


e0059574_1285078.jpg
イーニドもレベッカも、最後の最後まで見事に表情のない仏頂面なんですよね。イーニドが2回ほど泣くシーンが唯一の劇的感情表現だったかな?あとは「一体何を考えてるんだろ?」ってな言動が延々と。↑こんなとこにジーンズ捨てたの、誰だ?


e0059574_1291065.jpg
そんな彼女に振り回されるシーモア(スティーブ・ブシェミ)。ちょっと偏屈で不健康そうなオタク中年のブシェミが、おたおたオロオロ振り回される。その狼狽ぶりと気の弱さと彼のほんのりとした優しさが心に沁みました。母性本能をくすぐられますね。そんな彼にそっくりな女性がここにいるんです(^ー^;) それはくうちゃんの同級生のお母さん。痩せ方といい大きな目といい…全てが似ている。そんなことを彼女に言ったら、二度と口を利いてもらえないだろうなぁ( ̄∇ ̄;)

ポップな色使いやちょいと普通でない人々やシーン&サントラが、不器用で不均衡な心模様を色濃く描き出していました。色使いが『アメリ』に重なる部分も。

製作国 : Usa/Uk/Germania
製作年 : 2001年
配給 : Fandango
監督:Terry Zwigoff
キャスト:Thora Birch, Scarlett Johansson, Steve Buscemi, Brad Renfro, Illeana Douglas...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2006-02-18 01:32 | - Other film | Comments(8)
Commented by nouilles-sautees at 2006-02-20 07:15
大好きな映画です!

スカーレット・ヨハンソンを最初に見たのもこの映画。

カフェでいやな同級生が来たときの、彼女に対する態度・表情が最高でした。

ブシェミ様もよかったですね~。

原作コミックもなかなかよさそうでしたよ。
Commented by otto at 2006-02-20 21:01 x
Gran film, gran gnocche.......

otto sbavaz
Commented by amore_spacey at 2006-02-20 23:54
■nouilles-sauteesさんへ。
実はタイトルだけ見て、ホラー映画かと思っていた私(^^ゞ
このヴィヴィッドの色使いは、原作コミックの味や雰囲気を出すため
だったのかな?でも違和感が全然ありませんでしたよね~。
『アメリカン・ビューティ』でソーラ・バーチの巨乳を見てしまってから
この作品でもどーしても彼女の胸元に目が…。ヨハンソンも立派な胸を
お持ちですぅぅ(欲しい!)
ブシェミさんは不気味な人のイメージがありますけれど
母性本能をくすぐる何かがあるんですよ。歳上だなんて思えない。
Commented by amore_spacey at 2006-02-20 23:54
■Caro 8,
Come me... ahahahaha!!!
Commented by fookin at 2006-02-22 08:28 x
コメントありがとうございます。
ブシェミが主役級の出演をやってるのがすごい!
いつも脇役やチョイ役なのに
そういった意味でも見ごたえたっぷりですね
Commented by Gran ミミヅク ボーノ at 2006-02-23 01:07 x
くうちゃんの同級生のママさん、なんとなく想像してしまいました。ゴミン。「シャイニング」に出てるシェリー・デュバルとか・・・? 雰囲気。ソーラ・バーチすごすぎ。バス来たね~。どこへいくんだか。。
Commented by amore_spacey at 2006-02-24 01:16
■fookinさん、いらっしゃいませ~♪
コメント&TBありがとうございます。
ブシェミさん、脇役やチョイ役でも強烈な印象を残しますよね。
この作品のような彼っていいなぁと思いましたョ。
Commented by amore_spacey at 2006-02-24 01:18
■Gran ミミヅク ボーノちゃんへ。
「ブシェミさんにそっくりですねー」
↑やっぱり褒め言葉ぢゃないよね?こんなこと言われたら
誰でもむっとするよねーー。あのバスは今頃トリノのスケートリンクで
フリー演技の仕上げをしてるんぢゃ??^^;
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイ・アム・サム (Mi ch... アランに関する10の質問 >>