アイ・アム・サム (Mi chiamo Sam)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(62点)

e0059574_2133116.jpg
娘の名前ルーシー・ダイアモンドは、ビートルズの歌から。残念ながらビートルズ・ソングが苦手な私には、全般に流れる彼らの歌にどうしても馴染めず、したがってお気に入り度も。別のサントラ仕立てであれば、もっと作品にのめり込めたのかも。


e0059574_2141356.jpge0059574_2143994.jpg
『ミスティック・リバー』でショーン・ペンを見直し、ニコール・キッドマンとの共演作『ザ・インタープリター』で唸った!彼との出会いはケヴィと共演した『キャスティング・ディレクター』。チョビひげのショーンのだるそうな表情しか残っておらず×。この作品で彼は1998年のヴェネチア映画祭主演男優賞に輝いたのですよねー。(意外) ダコタ・ファニングちゃんは、透き通るような白さ+お目目ぱっちり美少女というだけでなく、表情が豊か、参ったね。


e0059574_2151046.jpge0059574_2153266.jpg
このシーン(左)はビートルズのアルバム『Abbey Road』(右)へのオマージュですね。


e0059574_216566.jpg
子育てに悩む有能弁護士リタ(ミッシェル・ファイファー)がサム(ショーン)の純粋で優しい心に触れ、自身も助けられていく姿が描かれているのですが、う~ん、ミッシェルのおどけぶりが不自然でずっと気になり、彼女の心の動きがつかみにくかった。


e0059574_216321.jpg
隣人アニー演ずるダイアン・ウィーストは、いつもながら味のある脇役。『シザーズ・ハンズ』ではジョニ・デップとぴったり息が合い、お見事でした。


この作品では知的障害があるために、父親としての養育能力がないと判断を下され、娘を里親に引き取らせるか?という設定ですが、様々な事情で子どもを施設にあずけざるを得ない家庭環境がイタリアにもあります。父子家庭で父親がアル中(または薬中)・失業中、母子家庭で母親が重度の心の病、両親揃った4人家族で親の暴力が繰り返される。これらの事実がソーシャル・ワーカーの耳に届く場合には、ホームドクターや精神科医などと連携をとって、子どもの成育に適切な環境であるか否か判断されますが、世の中の目に触れず一家心中や母子心中の悲劇に終わることも多々あり。親子を引き剥がすなんて…言うのはたやすいのですが、長い目で見たらお互いの幸せに繋がるということも…。それはのみぞ知る。


製作国 : アメリカ
製作年 : 2001年
配給 : Nexo
監督:Jessie Nelson
キャスト:Sean Penn, Michelle Pfeiffer, Dianne Wiest Dakota Fanning Richard Schiff...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2006-02-26 21:07 | - Other film | Comments(4)
Commented by けろにあ at 2006-03-01 00:31 x
あもーれさん、こんにちは。お久しぶりです。
この作品、確かにビートルズがダメな人には厳しいかもですね。私はファンなので懐かしかったですが。
知的障害者の父とデキた娘の話・・・って、いかにもなお涙頂戴作品になりそうな設定なのに、そうじゃなかったところを私は評価しています。
ということで、TBさせていただきました。
Commented by amore_spacey at 2006-03-03 04:24
■けろにあさんへ。
ビートルズで好きな曲が2~3しかないのと
根本的にビートルズが好きになれない…のが残念。
たぶんお涙頂戴にならなかったのも、ビートルズの曲が
そういう雰囲気作りに一役買ったのかもしれませんね。
ダコタちゃん、本当にすごい。どんな大人になるんだろー?
Commented by ホーギー at 2008-06-04 21:07 x
はじめまして、ホーギーと言います。
この映画は、愛することの素晴らしさと大切さをあらためて感じさせる感動の名作ですよね。
そして、知的障害のある父親という難しい役を完璧なまでに演じたショ
ーン・ペンが素晴らしかったです。
オスカー主演男優賞にノミネートされるだけの演技だったと思います。
また、個人的にビートルズ&スターバックスのファンなので、そういう
意味でも楽しめました。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by amore_spacey at 2008-06-05 00:21
♡ ホーギーさん、いらっしゃいませ~♪^^
ショーン・ペンという役者さんは、どこか謎めいていて
つかみ所がないなぁ、と思っていたのですが、この作品や
『ミスティック・リバー』で、おぉ、これはなかなかすごい!と見直しました。
先日のカンヌ映画祭にも来ていましたね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< The Life of Da... ゴースト・ワールド (Ghos... >>