La Finestra di fronte (向かいの窓)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

ネタばれあり。

e0059574_436462.jpg
鶏肉工場で働くGiovannaは、子煩悩ながら彼女には少々ぶっきらぼうな夫Filippoと2人の子供に恵まれるが、今の生活に満足できないでいる。向かいの窓に若い男性の姿が見える瞬間だけが、彼女を現実から引き離してくれる甘美なひととき。その若い男性Lorenzoもまた窓越しに彼女の姿を追っていたのだった。
ある日橋の上で立ち尽くしていた記憶喪失の老人「Simone」を自宅に保護することから、Giovannaの心情や身辺に微妙な変化が生じる。



e0059574_4371294.jpg
人は自分の生活が少し落ち着くと、むずむずくすぶり始める。不満はないが、今のままでは嫌だ。何かしいことがしたい。自分の夢を実現したい。Giovannaが常にイライラして、ちょっとした言葉尻を捉えてFilippoと言い争いになる彼女の気持ちがよく分かる。そのGiovannaがアパートの「向かいの窓」のエリート銀行員Lorenzoとひょんなことから顔見知りになり、物語は甘美な不倫の悲恋物語の様相を保ちつつ、記憶喪失の老人の身元確認へと展開されている。

Massimo Girotti扮する記憶喪失の老人は、「Simone」が実はDavideという名前であること、ユダヤ人収容所から生還し、遠い過去の深い傷を背負ったまま歳月を重ねて心を閉ざした日々を送る世捨て人のようでありながら、Giovannaと出会ったことで若かりし日々を思い起こし、彼女と静かに踊りながら、かつて心を寄せていた青年Simoneの面影や、腕の良い菓子職人であった輝かしい過去を思い、徐々に傷が癒される。初老の男性と若い女性が踊るシーンは『Pane e Tulipani(ベニスで恋して)』にも登場したけれど、今回の作品でもDavideとGiovannaの踊りは心に小波(さざなみ)が立つような静かな感動を得た。


e0059574_4373966.jpg
Davideが作った数々のお菓子が大テーブルに並べられたシーンは、もうため息もの。撮影が終わった後スタッフみんなで山分けしたのかしら?^^ 転勤によりLorenzoとは離れ離れになるが、Giovannaはあの甘い思い出を胸に秘めながら、Davideとの出会いにより彼女の中で何かがふっきれる。静かに新しい一歩を踏み出すGiovannaの歩みに重なるようにして流れるメロディー♪ 作品中そしてエンディングに流れるGiorgiaのGocce di Memoriaが、とても甘美で切なく寂しく美しいメロディーである。リメイク版では私の好きなLaura Pausiniが歌っている。こちらも素敵ョ♡ Massimo Girottiにはこれが遺作となった。

製作国:Italy/UK/Turkey/Portugal
製作年:2003年
監督:Ferzan Ozpetek
キャスト:Giovanna Mezzogiorno, Massimo Girotti, Raoul Bova, Filippo Nigro, Serra Yilmaz ...
[PR]
by amore_spacey | 2007-03-17 04:44 | - Italian film | Comments(10)
Commented by マダムS at 2007-03-27 21:38 x
こんにちは! 
わぁ~い!Raoul Bovaだっ!!お向かいの銀行員の役ですか?
日本では私の大好きな映画「トスカーナの休日」('03米)で、ヒロインがよろめくイケメンのイタリア男♪役でして、素敵素敵と主婦仲間と騒いだものでした~♪ でもそれ以来なかなかスクリーンではお目にかかれず・・どうしているかなぁ~と思ってたんですが、そちらでは人気はあるのでしょうか? 同じ年の作品ですね、これ。
内容もなかなか良さそうですね! 『Pane e Tulipani』も思い出しますねぇ ふむふむ。。(^^)v  こちらでは2004年のイタリア映画祭で上映されたらしいんですが、その後一般公開はされず、CSTVで放送されたらしいんですが、私は観れなかったす。残念ー!DVDになってくれないかな~~
GWの恒例となった”イタリア映画祭” 今年もまた4/28から始まります♪ 私も最新のイタリア映画を何本か楽しむ予定で~す(^^)/
Commented by amore_spacey at 2007-03-29 01:04
♡ マダムSさんへ。
そうなんですョ
Raoul扮する黒縁メガネをかけたお向かいのエリート銀行員
とても様になっていました。彼はハリウッド進出しているので
最近イタリア作品が少ないのですが、つい最近TVドラマに出ていました。
俳優の力量は…うーーーーーーん。
昔は好きな方だったのですが、インタビューの彼にちょっとガッカリ。
あ、彼のぬうどのカレンダーを持ってました(*^^*)
Commented by コロすけ at 2008-08-30 19:49 x
こんにちは。
raoul bova を検索しててたどり着きました。
インタビューの彼にちょっとガッカリ、というのが気になったのですが、どういうことなのでしょうか。教えていただけると嬉しいです。
Commented by amore_spacey at 2008-09-01 02:27
♡ コロすけさん、いらっしゃいませ~(^^)
はっきり言ってしまえば…
観賞用にはいいけれど、一旦口を開くとバカっぽいんですぅぅぅ。
自分の出演した作品についての説明が、ちっとも的を得てなくて
聞いていてイライラするんですねぇ(汗)
でもこれも聞き方次第、好みの問題かもしれません。
聞き流して下さいね~。。。
Commented by コロすけ at 2008-09-01 18:29 x
あらー、そうなんですか。
私はイタリア語全く分からないので、そこまで分からなかった...
でもまあ、おっしゃる通り、観賞用にはいいかもしれませんね。
お答え頂きありがとうございました。
Commented by amore_spacey at 2008-09-07 19:11
♡ コロすけさんへ。
私の独断&偏見が思い切り入ってますので
さらっと読み流して下さいませねぇ(汗、汗)
最近は割と気骨ある役にも挑戦してるんですけれどね。
何だか…な感じです。
Commented by 台湾人 at 2008-09-15 12:27 x
モニカ・ベルッチ、ソフィア・ローレン、ヴィルナ・リージ、Raoul Bovaなどイタリアは多くの美男美女を輩出しますね。

フランス映画やイタリア映画などのヨーロッパ映画は大好きで興味津々の私です。
Commented by amore_spacey at 2008-09-20 00:46
♡ 台湾人さま、いらっしゃいませ~!!!!!
お返事が遅くなって申し訳ありません。
こちらのブログは気が向いたときだけやっているので
とーーっても不定期なのです。ゴメンなさい。

ヨーロッパ映画をよくご覧になるのですね。
私はイタリアに来てからイタリア映画を見るようになりましたが
ヴィスコンティとデシーカの作品は、むかしから好んでよく観ていました。
イタリア映画は家族愛や家族の絆を取り扱ったものが多いですね。
それだけに観終わったあと、重苦しい空気を抱え込んでしまうことも
ありますが…。
Commented by 台湾人 at 2008-09-21 01:01 x
リグーリア州のラ・スペツィア、サンレモ、ポルトフィーノ、ジェノヴァやマルケ州のアンコーナ、リミニ県のリミニやリッチョーネやピエモンテ州のトリノ、北部のトリエステなどの町に興味津々の私です。

私は英語は下手だしドイツ語、イタリア語、フランス語やロシア語などの外国語は全くできないのでトホホです。

私は結構マイナーで台湾人に余り知られていないイタリアの州と都市に着目しています。

しかし海外旅行や留学や長く外国で生活するのは後進国の台湾人である私にとっては遥か遠い不可能な夢です。

よくウィキペディア日本語版で海外旅行をしている私です。(苦笑い&涙)
Commented by amore_spacey at 2008-10-06 03:30
♡ 台湾人さまへ。
お返事が大変遅くなって申し訳ありません。

それにしても日本語が堪能ですね。素晴らしいです。
ネットのお陰で、自宅にいながら世界旅行ができる時代になりましたね。
私もいろんなブログやHPにお邪魔しては、お料理や旅を楽しんでいるん
ですよ。
いつか台湾人さんの夢が実現するといいですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< THE 有頂天ホテル  クジラの島の少女 (La Ra... >>