La Bestia nel Cuore (心の中の獣)

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

ネタばれあり。

e0059574_331787.jpg
声優の仕事を持ち、同僚のFrancoと一緒に暮らすSabina。何の問題もない幸せそうな2人に見えるが、Sabinaが妊娠に気づいた頃から、幼少時代の傷跡が蘇る。
家族問題を取り上げた作品が最近イタリアで増えているが、この作品では、子どもが育つ環境、幼い頃はそれが普通だと思っていた環境が、成長と共に、実は醜く歪んだもの、他人には語れないものであったと知り、愕然とする。さらに傷を深めてしまう。その傷が生涯彼らを苦しめ続けるのか?それとも新しい環境の中でこの呪縛から逃れることができるのか?新しい命の誕生によって、一筋の希望が投げかけられ、それぞれの状況が好転しつつある余韻を残して終わっている。

e0059574_3313195.jpg
わぁ~、こんなところにAlessio Boniさまがいらっしゃる~
今回は『La Meglio Gioventu'』の時ほど精神的に追い詰められた役柄でなく、Sabinaを優しく見つめる視線や、彼女の身体を慈しみ愛する仕草がとても柔らかくて、またまたAlessio様に目がピターーッと吸い付いてしまいました。こんな上向き加減の視線も、真っ直ぐ投げかける視線も、何もかも、あああああ~!!!


e0059574_3315184.jpg
あれは悪夢だったのか?実際に起きたことなのか?近親相姦という、他言できない痛手を負う兄妹が成長し、家庭を築き子どもをもうけることになってから、過去の傷跡に再び塩を塗りこむような苦悩に苛(さいな)まれる。私は親になる資格がない、自信もない。兄Danieleと1対1で初めてパンドラの箱をあけるSabina。
やはりあれは現実の出来事だった。しかも兄は兄なりにずっと苦しみ続け、泥沼から這い上がろうとあがいていたのだ。自分より深いところで兄はもがいていた。可哀想な私たち2人。優等生で人生の成功者に見えた兄が、嗚咽しながら心の内を吐露してくれた。その衝撃と「苦しんでいたのは私一人ではなかったのだ」という安堵。この対話がきっかけで、Sabinaは前向きに考えるようになる。
をっ!『La Meglio Gioventu'』のLuigi Lo Cascioですね。 彼は医師や大学教授といった、割と分別くさい役柄がピッタリ。


e0059574_3321927.jpg
Sabinaを取り巻く人々がとても魅力的で、こちらも目がはなせませんョ。
幼馴染で目が不自由なEmiliaはSabinaを女友だち以上に慕い、心の拠り所にしている。それ以外の世間との接触はいっさい断ち、地下室のような一室でダックスフンドと暮らす。その彼女もある日散歩に出たことから、徐々閉ざした心を開き、外の世界に出て行けるように…。

Sabinaの同僚のMariaは、夫が自分の娘ほどの女の子と恋に落ちたことで、結婚生活は破局し世の中の男という男に愛想をつかす。そんな自分の中に、同性を愛する気持ちが芽生えるのを知る。Maria演じるAngela Finocchiaroは、TVドラマでも味のある会話と演技で、素晴らしい脇役を務めてくれる。彼女のような女優さんが増えると嬉しいです。

Sabinaの婚約者のFrancoが出演するTVドラマシリーズの監督Andreaが、これまた一風変わった男。格調高い映画を撮りたいという長年の夢も、経済的な理由から、安っぽいTVドラマの監督に甘んじる自分を自嘲。『Pane e tulipani』でユニークな探偵を演じていた彼。このキャラがとっても好きだわ~。

重いテーマを扱いながら湿っぽくならなかったのは、EmiliaやMariaやAndrea監督のちょっぴりシニカルでウィットに富んだやりとりによるところが大きいでしょう。

製作国:Italy・UK・France・Spain
製作年:2005年
監督:Cristina Comencini
キャスト:Giovanna Mezzogiorno, Alessio Boni, Stefania Rocca, Angela Finocchiaro, Giuseppe Battiston, Luigi Lo Cascio, Francesca Inaudi ...
[PR]
by amore_spacey | 2007-05-31 03:34 | - Italian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Pirati dei Cara... ゆれる >>