幸せのレシピ (No Reservations)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

ネタばれあり?

e0059574_2454536.jpg
2001年のドイツ映画『マーサの幸せレシピ』を、大好きなキャサリン・Z=ジョーンズ姐の主演でリメイクしたラブコメディ。料理の腕は一流だけれど人付き合いの下手なヒロインが、図らずも直面した新たな人間関係の中で次第に頑なな心を解きほぐしていく姿を描く。結末は容易に見えるし意外性はない代わりに、ハッピーな気分になれる作品だった。オリジナル作品ではジャズとイタリアン・ポップスが流れるが、リメイク版ではイタリア・オペラの名曲が各シーンを彩り盛り上げてくれる♪


e0059574_2561545.jpg
マンハッタンの高級レストランの料理長を務めるケイト(キャサリン)は、一流の腕前と妥協のない仕事ぶりで知られる。しかし完璧主義が過ぎて独善的なところもあり、厨房の雰囲気はピリピリ、時には客と喧嘩してしまうこともあった。慌しい厨房の描写やお料理&デザート、そしてレストランのシーンは、TVドラマ『バンビーノ』をちらりと思い出させる。
実生活のキャサリンは、「マイケル(夫)は私の作ったものを黙って食べてくれるの。でもね、私は本当にお料理が下手なの。いつだったか?忍耐強いマイケルも“今日はレストランに行こうよ”と言った事があったのよ」 とある雑誌のインタビューに笑いながら語っている。


e0059574_246417.jpg
さてそんなある日、たった一人の肉親だった姉が事故で亡くなり、遺された9歳の姪ゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)を引き取り、一緒に暮らすことになった。しかし子どもへの接し方が全く分からず、なかなか心を開いてくれないゾーイに苦悩するケイト。そんな折、副料理長としてニック(アーロン・エッカート)がケイトの厨房で働くことになる。陽気でフレンドリーなニックに、ケイトは嫌悪感をいだくが……。

ラブコメの触れ込みではあるが、ケイトとゾーイの心の距離が徐々に縮まり、少しずつ本物の家族となっていく過程を描いた人間ドラマという印象のほうが強かった。そのドラマ展開を支えるのは、アビゲイルちゃんの演技力だ。ソープオペラを賑わせている安っぽい演技の暑苦しいイタ男たちに比べると、彼女はよほど地に足がついていて、大人顔負けの落ち着きぶり。 この先が楽しみだ。


e0059574_247278.jpg
ラブコメにイタリア・オペラ、これが不思議なほど合う。ただニックが来た厨房で、パヴァロッティ氏が歌う「誰も寝てはならぬ」(『トゥーランドット』)が流れた時には、愉快なシーンでありながら、トリノオリンピックの開幕で歌ったパヴァロッティ氏を思い、亡き人となってしまった寂しい事実に胸が痛みました。

厳格なクラシック&オペラ愛好家や関係者の中には、オペラとポップスの融合を試みた彼を酷評する人がいるけれど、オペラを一部のスノッブな人たちだけの高価な所有物に留めないで、一般の人々にも馴染みのあるものにし、浸透させた彼の功績は大きく評価したいと思う。彼のお陰で今まで敬遠していた私も、オペラの入り口に立つことが出来たのだから。この作品では彼が歌う「清きアイーダ」(『アイーダ』)を聞くこともできる。その他「ある晴れた日に」(『蝶々夫人』)や「わたしのお父さん」(『ジャンニ・スキッキ』)や「乾杯の歌」(『椿姫』)など、オペラを知らない人でもどこかで聞いたことのある名曲が、鍵になるシーンを盛り上げてくれる。

製作国:USA
製作年:2007年
監督:Scott Hicks
キャスト:Catherine Zeta-Jones, Aaron Eckhart, Abigail Breslin, Patricia Clarkson, Jenny Wade,
[PR]
by amore_spacey | 2007-09-24 02:50 | - Other film | Comments(16)
Commented by dim at 2007-09-24 07:25 x
ごぶさたしてます。
最近は読み逃げ専門ですいません(汗)。

この映画、アビゲイルちゃんの独壇場でしたね。
アビゲイルちゃんのお蔭で、あのキャサゼタねーさんの強烈な印象もやわらいでよかったのではないでせうか。

そして忘れてならないのが、われらがアーロン。
厨房でオペラってのはどーよ!料理にツバとばすんじゃねえ!
と思いながら見てましたが、ま、アーロンのツバなら許すわん♪
職場が楽しいのはいーことだ。

オペラもさりげなく使われていてよかったですね。
オペラに馴染みのないワタシでも、すんなり耳に入ってきましたもの。
ちょっくらオペラにも興味がわいてパヴァロッティさんのCD買っちゃったのですけどね、わはははは。
Commented by melocoton1 at 2007-09-24 15:47
あー、これやっぱり"マーサ"のリメイクなんですね。 オリジナルは大好きな映画です♪
Commented by margot2005 at 2007-09-24 17:26
こんにちは、こちらこそお邪魔します。
ドイツ版よりお洒落で素敵でしたね。
ラブコメにイタリア・オペラ....
いや合いますね!大賛成です!
アビゲイル・ブレスリンは大物になりそうな予感ありの子役ちゃんだと感じますわ。
Commented by 赤メガネ☆ at 2007-09-25 00:24 x
おぉ、やっぱリメイクだったのか!
CM見てて似てるなぁ~って思ってたんだぁ(苦笑)
私はオリジナル結構好きだよん♪
そう言えば、さっきスマスマにキャサリンが出てたよ。
色っぽいんだけど、とってもキュートでしたわん♪
Commented by たまやん at 2007-09-30 19:16 x
おひさです〜♪ これは私も観てませんが、DVDでも出たら観てみたいですね・・キャサリンと言えば、来日インタビューでも料理の腕が上がったとかで喜々として話してましたね、そして、レターマンでテーブルクロスを引っ張る妙技(サイトに行くと部分的に観れますので)を披露してましたが・・完全に失敗してました(^^;
レターマンと言えば、この間のゲスト出演した渦中の人パリス・ヒルトンにしつこく、視聴者が喜びそうな質問浴びせてましたけど、反対に妙にわたし感心してしまいました。。。 

日本ではまだ未公開のボーン・アルティメイタム・・YouTubeでは全編スペイン語字幕で観れてしまいますね・・あれって捕まんないのかなぁ・・?
Commented by amore_spacey at 2007-10-02 03:34
♡ dimさんへ。
こちらこそ本当にご無沙汰しておりま~す。なかなか記事が更新できなくて…(汗)

そうなんですよね、アビゲイルちゃんのペースに巻き込まれて、キャサリン姐もオタオタ。いつものキャリア・ウーマンや高ピーな(死語?)お姐の印象が和らいでましたよね。そんなキャサリン姐も好きョ。

アーロンはG・パルトロウと共演の『抱擁』以来のご対面で~す♪
ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、老けた?無精ひげのせい???
でもケツアゴは健在で何だかほっとしたりして(笑)
あのちょいとワイルドな中に秘められた本音の優しさが、パルトロウやキャサリンの氷のような心をゆっくりとかすのですね~♪
はい、オペラの使い方がとてもよい作品でした!私も「誰も寝てはならぬ」をガンガン聞いてますよ。
Commented by amore_spacey at 2007-10-02 03:40
♡ melocoton1さんへ。
やはりオリジナルもチェックせねば。
みなさん、オリジナルがよかったと仰ってますから(^^)
リメイクもそれなりに楽しめると思いますよ。
Commented by amore_spacey at 2007-10-02 03:43
♡ margot2005さん、いらっしゃいませ~♪
オリジナル&リメイクの両方をご覧になったのですね。
こちらのほうがお洒落に出来上がってますか?それはキャストのせい?
アビゲイルちゃん、すごいですね。見ていて自然だから尚すごい。
力みがないんだもん。ちょっと無表情になった時なんて、小さい頃のジョディ・フォスターに少しだけ似てるかな?だとしたら大物女優になりそうですね。
Commented by amore_spacey at 2007-10-02 03:47
♡ 赤メガネ☆ちゃんへ。
オリジナル作品を観ている人って、多いですね~。
実はこれがリメイク版だったって知らなくて、映画雑誌を読んでいて
気づいたの。そっかー、私もオリジナル作品を探して見なくちゃ。

えーーっ、スマスマに姐が出ていたの~?
見たかったなぁぁぁ。 2人子どもができてからとげとげしさがとれて、ますます輝いてるよね。姐としての貫禄も嫌味のない存在感も(^^)v
Commented by amore_spacey at 2007-10-02 03:53
♡ たまやんさんへ。
こちらこそご無沙汰しっぱなしですみません(滝汗)
こちらの映画雑誌には、キャサリン姐はゆで卵すら出来ない女、と書かれていましたが、そりゃないでしょー。そりゃちょっと大袈裟なんでは?
あのテーブルクロスを引っ張るシーン、最初姐はCGで何とかならないか?と監督に交渉したのですが、監督からはNO。仕方なく毎日机にプラスチックの食器を並べて練習を重ねたんだそうです。あのシーンも本当に偶然うまくいったものだったとか。姐なりに苦労したんすね(^^)

もうもう最近のYouTubeは何でもあり~なとこがあって、視聴者としてはバリエーションがあって嬉しいのだけれど、明らかに違法行為ですよね(><)
Commented by たまやん at 2007-10-05 21:21 x
YouTubeで観てきましたよ、キャサリン♪ かなりグルメで、タダの食べ物には目がないようです(笑)。 

何故かしら、日本に来る俳優さん達って、みんなリラックスしてて、物腰も柔らかくなっていいですよねぇ♪ もうすぐ来日するマット・デイモンもまたおもしろいかも?レターマンのも凄く楽しかったんで、これまた楽しみデス♪
Commented by 小夏 at 2007-10-12 23:23 x
アビゲイルちゃんって、どこかで見たことあると思ってたら『リトル・ミス・サンシャイン』に出てた女の子ですねー。ポスト・ダコタ・ファニングと評判だそうですが、こっちの方が断然かわい、、、(以下略)
ちなみに、私もオリジナル観ました。いいですよ、オリジナル。ちょっと感動します。
けど私は、アーロン様が出ているリメイク版に一票、かな。(観てないけど。^^;)
Commented by amore_spacey at 2007-10-24 00:45
♡ たまやんさんへ。
お返事がとんでもなく遅くなってごめんなさいね~。
シェフ・キャサリンもなかなかのものでしょ。でもやっぱり姐は
ワイルドぶりが発揮されたゾロの時のが一番よかったな、わたし的には。

レターマンさんは俳優さんの素顔を引き出すのがうまいですね。
Commented by amore_spacey at 2007-10-24 00:47
♡ 小夏さんへ。
お返事がすごーく遅くなってごめんなさいね~。

そうらしいですね、私もダコタちゃんよりアビゲイルちゃんのほうが好きだなぁ。ちょっとひねくれて?クールで、でもうれしいときのはじけぶりは、年齢相応の表情になって、アビちゃんは自然体ですね。
Commented by ikupukko at 2008-02-27 23:35 x
こんにちわ。幸せのレシピで検索してたら引っかかってきたサイトに急に失礼します。以前、何かのショート番組(メイン番組の間にやっているもの)で幸せのレシピで使っている食器について触れていたのですが、どこのブランドのものかご存知ですか?
Commented by amore_spacey at 2008-03-07 01:41
♡ ikupukkoさん、いらっしゃいませ~♪
残念ながら、どこのブランドの食器かは分かりません。
ごめんなさいね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Ratatouille (レミ... Narcisista? (ナル... >>