『交渉人』

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

『交渉人』と言ったら、アタシとケヴィ様の運命の出会いがあった、クリス・セービアンのコレしかないでしょ?今更何をとぼけたこと言ってるんですか~?と思ったら、とんでもない私の勘違い(滝汗) 本日の作品は2003年にWOWWOWにてdramaW第5弾として放映されたものでした。

e0059574_2141112.jpg
7月7日の七夕の日、コンビニ強盗が逃走途中に患者と医者を人質にとって、ある病院に立てこもった。事件の解決のためにアメリカFBI仕込みの辣腕交渉人・石田修平(三上博史)が担当となるが、その病院には彼の妻が癌治療で入院していた。石田はかつての部下であり、優秀な交渉人でありながら石田との不倫を疑われ、資料室に左遷転属になった女刑事・遠野麻衣子(鶴田真由)に協力を依頼する。久々に再会した二人は、あらゆる交渉テクニックを駆使し、犯人側との交渉にあたるのだが…。

いや~、面白かった!見応えありました。あの結末には参りました。
「ん?」「な…なんで?」「どうしてそうなるの?」途中から予想不可能な展開に戸惑い、画面にペッタリ張り付いておりました。 … ああ、そういう絡みがあったのか。彼らはこんな人生を共に歩んでいたのか。単なるミステリーではなく、割り切れない思いが沸々と沸き上がる人間の奥深いドラマが描かれているのでした。

少しねじれたキャラクターで主役&脇役で大活躍の佐野史郎や、彼がいると何故か安心できる田中要次や、硬派な石橋蓮司や伊武雅刀らの好演も光っておりました。

それにしても…、ラスト10分のシーンに気持ちがほっこりしたところへ、唐突に流れる吉川晃司のエンディングは、ミス・チョイスじゃありませんでしょうか?あれは「…しかし現実はそれほど甘く美しくはない!」という監督からのメッセージだったのかしらん?

私はこの石田周平を、ぜひとも香川照之様に演じて頂きたい。

製作国:Japan
製作年:2003年
監督:三池崇史
キャスト:三上博史, 鶴田真由, 佐野史郎, 田中要次, 石橋蓮司, 伊武雅刀...





ここからはネタばれです。
石田(三上)の奥さんが印象的でした。影が薄い人だなぁ、と思ったのは大きな間違い。潔い女性でしたね。死ぬ間際に結婚指輪を外して,「ありがとう」と夫に手渡す。また遠野(鶴田)への手紙には「お幸せに」と書き添える。とても真似のできないオンナッぷりでした。

疑問に思ったこと。
卵子提供者のリストは、匿名ではなく顔写真つきなのですか?
そこからプライバシーの侵害などの問題は生じないのでしょうか~?

[PR]
by amore_spacey | 2007-12-17 02:20 | - Japanese film | Comments(2)
Commented by kaioko at 2008-01-03 14:30
あけましておめでとうございます!!
「エミリアからの便り」同様、こちらも毎回楽しませていただいてます。
今年もエミリアさんらしい視点で素敵な映画を紹介してくださいね。

さて、「交渉人」。私は小説で読んだだけで、ドラマは未見なのですが、ストーリーにはぶったまげました^^;面白かったです。
でも、三上博史は石田役にはちょっと艶っぽすぎるかなーと。
もうちょっと骨太な泥臭いイメージだったのです。かつ、やっぱり交渉人ということで、知性も感じさせつつ・・・。
そこで、我らが香川照之様が石田役って・・・すんばらしいキャスティングじゃないですか!考えただけで、ゾクゾクしてきました(笑)
Commented by amore_spacey at 2008-01-05 04:06
♡ kaiokoさんへ。
Buon Anno Nuovo~♪
表裏の両ブログに足を運んで下さってどうもありがとうね。
こちらのほうはゆるゆるモードですが、楽しんでやっているので
気分的にはこっちが表ブログ…かな?今年もよろしくね。

この作品を観て原作を読んでみたくなりました。
原作のラストは作品とは幾分違った展開になっているそうなので
その点も含めてとても興味があります。
そーなんですよ、三上さんも決して薄っぺらな演技ではないのですが
色んな意味で綺麗すぎる。生活臭がない。汚れた部分をやらせると
何か無理してるな、というのが伝わってきて、見ていてこっちが辛くなる。
ああ、でも香川照之様が石田をやらなかったからこそ
こうして想像の上でこの作品を2度も3度もゾクゾクしながら楽しめてしまう
そんな意図が隠されていたのでしょうか~?(なわけないな) 

もしケヴィ様の『交渉人』が未見でしたら、そちらのほうもどうぞ~(^^)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< MONDAY UDON カタクリ家の幸福 スウィングガールズ >>