Caravaggio (カラヴァッジョ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

でも久し振りに大好きなAlessio様に会えたので、私のAlessio度★★★★☆(86点)


e0059574_29165.jpg
先月からTV雑誌に出ていた「2月中旬に2夜連続放映決定!」を気に留めて、カレンダーに○印までつけておいたのに、(ええ、もちろんAlessio様に会うためですとも、うふふっ) なんと言う失態を!一夜目は見逃し、二夜目は番組開始30分経過後にしてようやく、
「あーーーっ、カラヴァッジョ!!! Alessio様~!」 はっと気づいてTVをつけたような有様でした。バカ、バカ、バカーッ★

初めてカラヴァッジョの名前を耳にしたのは、大学1年の西洋美術史の時間に、今は亡き若桑みどり先生が、つばを飛ばしながら当時としては特異な写実的宗教画や徹底したリアリズム、光と闇(とりわけ光の道筋)のバランスや色彩への拘りなどを、スライドを見ながら丁寧に情熱的に講義して下さったものでした。
再び彼の名前を耳にしたのは、ケヴィ様主演の『私が愛したギャングスター』。ケヴィ様のあの不敵な笑いのお陰で、カラヴァッジョは私の脳裏にしっかり刻印されております(^^)v



e0059574_293843.jpg
しかし、まぁ、作品からは想像もしていなかったのは、彼があんなにも激情型であったということだ。気に入らないことがあればすぐ剣に手がかかる、人に切りかかる、自分の作品をメッタ突きにする…。もう少し要領よくやればいいものを、直情型だから後先考えない。それが自ら破滅に招き、投獄から放浪の末、行き倒れに近い最期を迎える。

Alessio様を筆頭に脇を固めるキャストもよかったのですが、TVドラマだからなのか?資金不足だったからなのか?カラヴァッジョの全生涯をたった2晩に凝縮させようとしたことに無理があったからなのか?…安易なセットに陳腐で薄っぺらな台詞の連続で、平坦なドラマに終わったのはつくづく残念。(6割強も見逃しておきながら…ですが。滝汗)

ああ、Alessio様は健在でした。激昂型のカラヴァッジョを演じようが、殺人犯として投獄されようが、彼本来の優しさが視線や唇や手先の動きに滲み出ておりました(*^^*)

《豆知識》
1. 本名はミケランジェロ・メリージ(Michelangelo Merisi)
2. 「殺人の前科がある人物を起用するとは何事か!」各方面で物議を醸したが、結局イタリアの旧10万リラ紙幣に彼の肖像が採用された。


製作国:Italy (TV Rai Uno)
初公開年:2008年
監督:Angelo Longoni
キャスト:Alessio Boni, Claire Keim, Elena Sofia Ricci, Sara Felberbaum ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-02-20 02:10 | - Italian film | Comments(8)
Commented by マヤ at 2008-03-08 22:28 x
わわわわわ、すっかりご無沙汰しております。
ええええええええっ、これって映画じゃなくてテレビドラマなんですか?!
それが日本では映画公開!?
そんなこと珍しいと思いますが、そーなんですか。
画面スカスカなのに、公開なんだ(笑)

いずれにせよ、もしアレッシオ様が来日されたら(また意味不明の敬語)また婦女子たちが大変だぁ~。
Commented by amore_spacey at 2008-03-09 02:57
♡ マヤさんへ。
こちらこそすーーっかりご無沙汰を…。
そうなんですよ、これ、TVドラマなんです。
でもこれを大スクリーンで観たら、迫力あるだろうなぁ。

ちゃんと2夜連続完璧に観てから、記事かけよってお叱り受けるのを
覚悟で言ってもいいですか~?
スカスカじゃなくて、何と言うのか、舞台で演技してるなぁって雰囲気が
強かったから、最後まで作品の中に入って行けなかったんです。
去年はキム様、今年はアレッシオ様って、朝○新聞、気前いいっすね。
Commented by 豆酢 at 2008-03-12 13:18 x
大変ご無沙汰しまくってからに、本当に申し訳ありません。豆酢です<(_ _)>。

“カラヴァッジオ”の文字で、条件反射的にコメントさせていただいております。もちろんこのアレッシオ様のカラヴァッジオは未見です(爆)。
自分にとって、カラヴァッジオはナイジェル・テリー、ラヌッチオはショーンなものですから、一瞬「どしてショーンが出てないの?!」と錯乱いたしました(^_^;)。落ち着けよ、自分。

2夜連続ということは、上映時間は割りと長いのでしょうか。
この人も激動人生を歩んだかたですから、語っても語っても時間が足りないぐらいエピソードに事欠かないのでしょうね。アレッシオ・ボーニの激情演技も観てみたいですわ。
Commented by amore_spacey at 2008-03-13 00:48
♡ 豆酢さま、お久し振りで~す♪^^
こちらこそ大変ご無沙汰しておりまして…
いえ、読み逃げ常習犯でして、こっそり豆酢館に遊びに行ってるんです。

えー、別ヴァージョンの『カラバッジョ』もあるのね、んで、それには
豆さまがいらっしゃるのねぇ。彼はコスチューム物(歴史物ってことです)が
お似合いですよね(^^)
こちらはイタリア版なので、豆様にはお引取り頂きました(爆)

上映時間は計4時間くらい…かな?6割強も見逃しておりますので
正確なところは分かりませんが(汗だらだら) 作品そのものは何だかなぁ
でしたけれど、久し振りにアレッシオ王子に会えたので、嬉しかったです。
Commented by マダムS at 2008-05-07 12:20 x
ぼんじょるの~~♪
先ほどはコメントを有難うございました! TBは停止中なのですゴメンナサイ!m(_ _)m  でもコメント下さった方のところはちゃんと訪問させて頂きますので許してくださいねー♪
先ほどはまだ記事が未完成でしたが、なんとか頑張って全部書き上げましたのでお邪魔しました~ お暇な折にでも読んでみてくださいませね(^^)V
さてさて、アレッシオ様のカラヴァッジョ!! 実はこちらで記事読んでまして(笑) すんごく楽しみにしてましたところ、運よくイタリア映画祭でプレミア上映してくれたので、鑑賞出来て良かったです~ しかしですね、会場が元もと映画用ではないので(有楽町朝日ホール)スクリーンが小さくて・・(^^;) でもあの映像には堪能しましたですよーー!
結構なボリュームで絵画も(良く出来てました 笑)出てきたりしたので、それだけでも満足ー 確かに作りとしてはオーソドックスな感じでしたから(音楽もうるさいし)映画としてはどうよ?って感じですが、とにかく大きなスクリーンで観る価値はあると思います~
そちらではTV放送のみになってしまうんですか?
映画館で鑑賞出来るといいですね!!
Commented by margot2005 at 2008-05-07 21:42
こんばんは、こちらこそご無沙汰でございました!
コメントありがとうございました!
さてイタリア映画祭というのかまとめて有楽町でイタリア映画を観たようなもので...
私もアレッシオ大好きで、携帯待ち受けは彼の画像ですわ。
映画祭で映画が始める前にちょっと宣伝がありましてRai Clickの案内を何度も見たのですが、これって下のサイトですね?
http://www.raiclicktv.it/raiclickpc/secure/homePage.srv
イタリアTVのwebsiteなのですか?
ここの小さな画面で「Caravaggio」を見れるようですね?
ちょっと見てみたのですが、最初幼いカラヴァッジョが描かれていますね(東京での上映では幼いカラヴァッジョの部分は、彼が思い出すシーンとして少し登場してました。)?
イタリア語は理解出来ないので、せめて英語字幕でもついていればと残念です。
そういえばTBは送れないのでしょうか??
Commented by amore_spacey at 2008-05-08 02:55
♡ マダムSさまへ。
あたしったらフライングしちゃったようですね(汗)
完成後の記事をさっそく拝見させて頂きましたョ。

この記事が果たして参考になったのでしょうか?
3割ぐらいしか観ないで書いたふざけたレビューなので(滝汗)
しかもアレッシオ様や作品への文句まで書いている大胆不敵なヤツです。

嗚呼、そちらでも大スクリーンではなかったのですかぁぁぁぁぁぁ。
映画用に編集しなおしてロードショーにしてくれればいいのになぁ。
別の記事にも書いているのですが、アレッシオ様は歴史物より現代物の
ほうが自然体で演技に全力投球できるような?気がします。
歴史物はどうしても演出が舞台っぽくってわざとらしさが目に付くんです
よねー。ってろくろく作品も観てないのに。第一夜は見逃したくせに。
Commented by amore_spacey at 2008-05-08 03:00
♡ margotさまへ。
うわぁ、Raiのサイトをありがとうございまーす。大感謝~♪
最初の5分くらいと途中と終わりを観ましたが、カラヴァッジョの作品が
盛りだくさんに惜しみなく登場しますね。そういえば去年ローマに行った時
ボルゲーゼ美術館(要事前予約)で彼の作品をたんまり観ました。
土っぽい色合いと大きな瞳の自画像には独特の雰囲気が漂っていました。
何となく駄々っ子っぽいところが滲み出ています(^^)
待ちうけ画面がアレッシオ様だなんて、大ファンなんですね。
私はケヴィ様大ファンなんですが、待ちうけ画面はうちのハムスターっす。
ごめんなさい、TB欄を外しているので私からそちらに一方的にしか
TBできないんです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 『シカゴ7裁判』(The Tr... プラトニック・セックス ウォー... >>