Uno bianca

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_0341271.jpg
1987年から7年以上に渡ってエミリア・ロマーニャ州~マルケ州を震撼させた、冷酷非情な連続殺人・強盗事件をTVドラマ化したもの。震源地はボローニャであった。犯人グループは5人の警官。彼らは7年間に103回の事件を引き起こし、24人の犠牲者と102人負傷者を出した。捜査は難航を極め、決定的な証拠がないまま事件に無関係な50人以上の市民が拘束される。



e0059574_0343124.jpg事件にはいつも白(bianca)のフィアット・ウーノが使われたことから、これら一連の事件はUno biancaと呼ばれる。




e0059574_0345170.jpg
リミニ警察署の警官だったValerio(Kim)は、犯人グループに銃撃されて殉死した同僚の本意に報いるためにも、一旦捜査が打ち切られたこの事件を、同僚のRocco(Dino)と共に再び解明に乗り出す。きゃぁぁぁ、キム様ァ!もっとアタシに近づいて~♡



e0059574_03572.jpg
コレといった手がかりが全く見つからず諦めかけた時、思いもよらないところから解明の糸口が見つかる。


ああ、キム様。お顔アップシーン満載で、ファン冥利に尽きました(^^) 鼻筋の通った綺麗な形の鼻に、その中に入って泳ぎたくなるような青い瞳が美しかった。この青い瞳がいつも心なしか寂しげなのは、親の愛情を一番欲したであろう幼年期に生じた家庭内の混乱によるものなのでしょうか?『ピノッキオ』を除く殆どの作品で、苦悩に満ちた人生を歩む役柄であるのも、そこに理由があるからなのでしょうか?

今回のぷちヒゲ大魔王もよくお似合いでした。そして今回の新発見は…胸毛もじゃもじゃのキム様。はれれっ?オリンポスの神々のような裸身を披露なさった『愛のめぐりあい』『犯罪小説』でも、あんなに胸毛もじゃもじゃだったっけ?もう一度DVDを見直さねばっっ!


製作国:Italy (TV)
初公開年:2001年
監督:Michele Soavi
キャスト:Kim Rossi Stuart, Dino Abbrescia, Bruno Armando, Pietro Bontempo, Giorgio Crisafi, Emanuele Secci ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-03-13 00:37 | - Italian film | Comments(2)
Commented by マヤ at 2008-03-26 21:32 x
ぎゃああっ、ちゅてき!やっぱり何をやっても美しいキムさまですねっ
Commented by amore_spacey at 2008-03-29 03:56
♡ マヤさんへ。
お嬢、落ち着いて下さいっ!!!
ちゅてきって… うちのゴマたん(ハムスター)のような
日本語になってまちゅよ~(爆)
キムさまがいっぱい!!の記事も見てね。
マヤさんのために書いたんだからァ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Speed-the-Plow 2 涙そうそう ロミオとジュリエット >>