Tutta la vita davanti (見わたすかぎり人生)

私のお気に入り度 ★★★★☆(90点)

e0059574_23441100.jpg
大学の哲学科を優秀な成績で卒業し、夢と希望を抱いて社会に出たものの、Marta(Isabella Ragonese)が得た職はコールセンター。ひょんなことから知り合ったシングルマザー(Micaela Ramazzotti)の紹介だった。こんな仕事には納得できないが、ここで彼女は腐らず、会社の方針や鬼上司Daniela(Sabrina Ferilli)のOJTにも素直に従い、あっと言う間に月間予約件数№1社員に選ばれる。



e0059574_23442014.jpg
それぞれのキャラクターに適した的確なキャスティングが素晴らしかった。



e0059574_23455841.jpg
大抜擢のIsabella Ragoneseの持つ、あの若さにもかかわらず人生の酸いも甘いも知った(ような?)包容力や寛容さと、抜けるような楽天性は、Pane e tulipaniのLicia Magliettaの持つ雰囲気に似ている。有望な役者さんです。怒った時の歩き方はチャップリンみたいでとってもお茶目なのよん。



e0059574_23445770.jpg
Sabrina Ferilli様、おみそれしました。あなたにあんな演技力があるとは知らず、過小評価していました。TVドラマより映画の世界のほうが本来の力が発揮できますね。模範的な人物より小意地の悪い一癖も二癖もあるようなキャラクターのほうがあなたらしさが滲み出ています。実力派Massimo Ghiniの顔の使い分けもうまっ!



e0059574_23461555.jpg
話題になっているIsabellaとElio Germanoの車中での♡シーンや…



e0059574_23464387.jpg
Micaelaのセミヌードもそれなりに楽しめますが…



e0059574_23465870.jpg
労働組合の活動にエネルギーを費やす不器用なGiorgio(Valerio Mastandrea)の、懸命な姿に惚れました。ふっとしたアングルが、阿部寛に瓜二つ(^^)

ラストシーンにほろり。先のことは誰にも分からない。でもこの大切なひとときをみんなで分かち合おう、一緒に食べて語り合おう。明日のことはそのあとで考えればいいのだ。こんな世の中だけれど、まんざら捨てたものではない。山あり谷あり、でも今はこの優しい時間をこの人たちと過ごそう。

気になったのは、Laura Moranteのナレーション。役者としては大好きだけれど、舌をかみそうな非常に聞き辛いナレーションがちょっぴり耳障りだった。


製作国:Italy
初公開年:2008年
監督:Paolo Virzì
キャスト:Isabella Ragonese, Sabrina Ferilli, Elio Germano, Valerio Mastandrea, Massimo Ghini, Micaela Ramazzotti, (voce Laura Morante) ... 
[PR]
by amore_spacey | 2008-05-06 00:03 | - Italian film | Comments(6)
Commented by beata at 2008-05-07 01:30 x
GW中、イタリア映画祭が催され、Valerio Mastandreaがゲストで来日しておりました。その場を盛り上げるジョ-クに溢れ、好感が持てました。
Commented by amore_spacey at 2008-05-08 02:49
♡ beataさん、いらっしゃいませ~♪^^
イタリア映画祭に行かれたのですね。
Valerioにもお会いになったのですね~(羨)(*^^*)
TVのインタビューなどに答える彼は、どこまでがマジなのか
飄々としているところなんぞは、まさに阿部寛そのものなんです。
彼の軽い辛口ジョークも好きですね。ファンサービス精神に
富んでいる、プロに徹した方ですね。そんなエピソードを聞いてますます
好きになりました。
Commented by ミッキー at 2008-05-09 04:45 x
こちらのサイトにも遊びに来ました♪ 日本にいたときには、月に2回くらい映画を見に行ってたんですが、スウェーデンにきてからは、めっきりいかなくなっしまった。。。私は、イタリアの俳優はあまり知らないのですが、モニカ ベルッチはすきです。あのグラマーなボディはいつも感心してしまう。ところでValerio Mastandreaのこの写真、阿部寛に似てる!
Commented by amore_spacey at 2008-05-10 00:13
♡ ミッキーさん、いらっしゃいませ~♪^^
私もイタリアに来て間もない頃は、99%イタリア語吹き替えの映画を
みるどころの語学力も精神的な余裕もなく、しばらく遠ざかっていましたが
映画館も通い出すと続けて行きますね。最近はロードショーのあと
比較的すぐにネット上に流れるので、もっぱらそちらを利用しております。

パリ在住のイタリア女優と言えば
モニカとカルラ・ブルーニー(サルコジ夫人)が超有名ですね。
アタシはどちらもあまり好きになれません…。

でしょーーー、ヴァレーリオ=阿部ちゃんって感じですよぉ(^^)
彼らは兄弟だったのか?笑
Commented by マダムS at 2009-05-08 23:56 x
ぼなせーら♪
これほんとうに楽しかったですねー 私も今年のイタリア映画祭で見ることが出来ましたよ! キム様の写真に見とれつつしっかりこちらのリンクに飛んで来ました。

>こんな仕事には納得できないが、ここで彼女は腐らず
そうそう!そこが彼女の良いところですねいい子ですよね~
でも健気に頑張ってた緊張の糸が優しいおばあさんの前でプツンと切れちゃうラスト、うるうる来ましたね。  
マリオ君が出ること知らないで観たので、びっくり!最初わからなかったですよ! ちょっとオジさん化しているのが気になりましたが、色々な役が出来るのね^^
マスタンドレア=阿部寛 に 一票! (爆)
Commented by amore_spacey at 2009-05-11 04:25
☆ マダムSさんへ。
ぼなせーら♪♪♪ 今夜は暑いです。

わ~い、キム様のところから飛んでくださったなんて嬉しいです(^^)
楽しかったでしょ?イタリア映画祭の上演映画リストをざざーーっと見ましたが
その中でもこの作品は一際輝いていたのではないでしょうか?
あとのは結構現実直視で重かったり深刻だったり…でね。
ヒロインのIsabellaちゃんが、そちらで舞台挨拶をしたそうですね。
長い髪をばっさり切ったショートヘアも似合っていたとか。

そうなんです、阿部寛がとうとうイタリア進出ですよぉぉぉ(爆)
私はMastandreaも阿部ちゃんもどっちも好きです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 東京タワー ~オカンとボクと、... Piano, solo >>