Melissa P. (メリッサ・P ~青い蕾~)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_23225100.jpg
Melissaは15才の思春期の少女。パーティーで知り合いそのまま初体験をしたDanieleに恋するが、彼は彼女の体だけが目当てだった。Melissaは彼への復讐のために、好きでもない男たちに身を委ねてしまう。イタリアに実在する作家が、17才の女子高生の時に書いた小説『Cento colpi di spazzola prima di andare a dormire(おやすみ前にブラッシング100回)』を映画化。小説は口コミでイタリア全土に伝播、そして全世界150万部のヒットを記録する。その原作を読んでいないが、巷の噂を聞くと映画の仕上がりのほうがよいらしい。



e0059574_2334261.jpg
過激な性体験だけがクローズアップされ、センセーショナル&スキャンダラスな女の子というレッテルが貼られたが、書籍の販売数や観客動員数を増やすには、このキャッチフレーズはとても都合がよかった違いない。



e0059574_234068.jpg
心の底で彼女は、どこまでも受け止めてくれる祖母Elviraのような深い愛情を求めていた。遠くに行った父親とは偶にメール交換をするだけ。母は全く分かってくれない。それどころか唯一の拠り所だった祖母を、相談もなく老人ホームに入れてしまう。友人のManuelaとも喧嘩別れ。Melissaは孤独に押し潰されそうだった。そんな彼女をずっと遠くから見守っていたMarco。彼ならきっとMelissaを包み込んでくれるだろう。Elviraばあちゃんを演じたGeraldine Chaplin、昔から好きになれなかった女優だったが、この作品で見た彼女の可憐さや艶っぽさにはっとした。



e0059574_2341883.jpg
Jack Frusciante e' uscito dal gruppoに登場する17歳のAlexとAidiのもどかしいような純粋な恋と、一人でいたら壊れてしまいそうな孤独と人肌恋しさに身を焦がす15歳のMelissa。Alexは1990年代の男子高生、Melissaは2000年代に生きる女子高生。思春期真っ只中の男女が抱える淡い恋心・やるせなさ・危うさ、それを越えてほんの少し大人に近づく彼らを、Marcoのように私も遠くからそっと見守りたい。

製作国:Italy,Spain USA
初公開年:2005年
監督:Luca Guadagnino
キャスト:María Valverde, Letizia Ciampa, Primo Reggiani, Nilo Mur, Geraldine Chaplin, Claudio Santamaria, Alba Rohrwacher, Elio Germano ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-05-22 00:12 | - Italian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Patrick Dempsey... レッドカーペットの香川さん >>