La ragazza del lago (湖のほとりで)

私のお気に入り度 ★★★★☆(89点)

e0059574_2431022.jpg
原作はノルウェーを舞台にした小説だが、北イタリアはフリウリ州の小さな湖畔の村に移して描かれている。人々がひっそりと暮す小さな村の湖のほとりで見つかった若い女性の遺体。捜査と共に浮かび上がるごく普通の人々の人間模様。静けさの中で、静かな水面下でコトが淡々と進んでいく。



e0059574_2432672.jpg
今にも水の精が出てきそうな湖。湖水に立つさざなみのように、この事件は小さな村に暮す人々が抱える大小の問題を、一筋縄ではいかない人間関係や家族のありかたを浮き彫りにするのだった。



e0059574_2434439.jpg
事件の捜査にあたる刑事Sanzioは、まさにこの時家族の問題を抱え、暗澹たる思いで日々を過ごしていたのだ。彼には施設で暮す若年性痴呆症の妻と、何を考えているのやらさっぱり分からない年頃の娘Francescaがいた。



e0059574_2435847.jpg
重要参考人として尋問される村人たちや被害者Annaの両親から、逆にSanzioが問われる。「あんたは結婚しているのか?」「子どもはいるのか?」「あんたの娘がどんな思いでいるのか、考えたことはあるのか?」 言葉が見つからずうろたえてしまうSanzio。そうなのだ、自分は問題を抱え込んでいるばかりで、解決しようと一歩踏み出そうとしたことはあったのか?娘と真正面から向き合おうと試みたことはあったのか?



e0059574_244194.jpg
事件解明の中でSanzioは気づき始める。小さな村だから、どんなことでもすぐに知れ渡ってしまう。しかし一人一人が抱える深刻な問題には、一番近くにいる人すら知らない、気づかない。Annaが脳腫瘍で余命数ヶ月であったことを、一体誰が知っていたというのか?何事もないかのように淡々と過ぎる日々の中で、Sanzioを含めた誰もが何らかの問題を抱えて生きているのだ。その現実をまずはしっかり見つめること。

娘と一緒に施設を訪ねて行ったとき、家族のことすら忘れてしまった妻が、ふっと足を止めほんの一瞬だが娘に微笑みを投げかけてくれた。そのことが「辛いことや片付けなくてはならない問題が山積みだけれど、気を取り直して今日のこの一日を何とか過ごそうではないか」心に希望をもたらしてくれるのだ。それはごくささやかでありふれた幸せかもしれない。それを感じることができるか?見逃してしまうか?それはその人次第。

製作国:Italy
初公開年:2007年
監督:Andrea Molaioli
キャスト:Toni Servillo, Nello Mascia, Fabrizio Gifuni, Anna Bonaiuto, Heidi Caldart, Sara D'Amario, Valeria Golino ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-05-26 02:48 | - Italian film | Comments(3)
Commented by マダムS at 2008-06-02 07:43 x
コンニチワ! ご覧になりましたか! 劇場の入りはどうですか?
こちらでも先日のイタリア映画祭で、いち早くこのダビット・ドナテッロ賞受賞作品を鑑賞出来て嬉しかったです。

それぞれ色々な問題を抱えている村人たちを必要以上にドラマチックに盛り上げようとしてないところが好感が持てました。
そうですね、ラストの病院でのシーンはアモーレさんと同じようなこと思いながら観ていましたよ^^
下から2番目のパパ役の彼は「輝ける青春」で、”イタリア銀行”と呼ばれていた主人公の親友役の人ですよね~? 懐かしかったですわ(笑)
Toni Servillo氏は大活躍なんですね~ 大きな賞を受賞した作品に立て続けに出演されているとは! 信頼されている俳優さんの証拠ですよねえ! カンヌ受賞作2本もご覧になったら感想聞かせて下さいね♪
Commented by amore_spacey at 2008-06-05 00:12
♡ マダムSさまへ。
実はこれは某所でDLしたものを自宅で観たのですぅ。
ちょうどロードショーになっていたのですが、最近映画館に行くのが
どうも億劫で…。あの大スクリーンで観たらまた違った乾燥になった
かもしれません。

実は寝不足の頭で見始めたので、1回目は開始後15分くらいして
爆睡しておりました。静か過ぎて眠りを誘い込まれてしまいました。不覚!
2回目は万全の態勢で臨みました(って試合じゃないってば)

無理やり盛り上げちゃったりすると、却って不自然でリアルな味が
薄れてしまったでしょう。あれがいいんですよね。
私も大小の問題の前で立ち止まってしまうばかりで、それを越えようと
しないことが多いので、Sanzioの気持ちがよく分かるんです。
何とか回避できないか?逃げることばかり考える私が、こーんな偉そうな
レビューを書く資格はないのですが、それとコレは別モノってことで(滝汗)
Commented by amore_spacey at 2008-06-05 00:13
♡ マダムSさまへ。(続き)
Fabrizio Gifuni、容姿は地味ながら、素晴らしい演技を見せてくれますね。
「輝ける青春」の彼も覚えていますよぉ(^^)
カンヌ作品も映画館に足を運ばないと観ることができませんが
気力が萎えてしまったらまたDLしたものを観て、レビューを書こうと
思ってます。気長にお待ちくださいね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< のだめカンタービレ in ヨーロッパ Patrick Dempsey... >>