手紙

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_1255119.jpg
東野圭吾の同名小説を映画化した社会派ドラマ。兄が強盗殺人を犯したために、いわれなき差別に苦しむ主人公の姿を通して、加害者の家族をとりまく社会のあり様を真摯なまなざしで見つめる。



e0059574_126744.jpg
事件の被害者や加害者の家族の手記を読んだことがある。それはこの作品に描かれているより、もっと過酷で真綿で首を絞められるような、心身の苦しみが赤裸々に綴られていた。東野圭吾の著作がそれほど好きでないこと、主役の山田孝之がどーも苦手なこと、それらが災いして?この作品には最初から最後までのめりこむことができなかった。残念である。

兄の犯した罪が弟に影響を及ぼす。犯罪者の家族という括りで、差別は偏見を持たれ社会から隔離されていく。自分は何もしていないではないか!運命を呪い世の中の不平等を嘆き、終いには兄貴の存在そのものを否定する。兄貴がいる限り、俺の人生はハズレなのだ。兄貴を演じる玉山鉄二が素晴らしかった。

製作国:Japan
初公開年:2006年
監督:生野慈朗
キャスト:山田孝之, 玉山鉄二, 沢尻エリカ, 吹石一恵, 田中要次, 山田スミ子, 吹越満, 風間杜夫, 杉浦直樹...
[PR]
by amore_spacey | 2008-06-10 01:42 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 転々 Giorni e nuvole... >>