ハウルの動く城 Il Castello Errante di Howl

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (58点)
e0059574_3563179.jpg去年のヴェネチア映画祭の入賞作品なので、当然すぐに公開されると思っていたのですが、甘かった。結局イタリアでは昨日からやっとロードショー、長いこと待たせてくれました。 

『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『千と千尋』…など、今までの宮崎スタイルを思い出させる場面や人物がぎっしりでした。隠されたテーマなんてのはまたゆっくり考えることにして、個人的にものすごく気に入ったのが…

e0059574_424727.jpg
e0059574_18295752.jpg炎のカルシファーくん。本気になるとスゴイところなんかは、『Mr.インクレディブル』のジャックジャック坊やの子分にしたいようなヤツなんですよね(笑) それからどうしても目が離せなかったのは、ハウルの動く城のどこでもドア! わがやの玄関横にも色分け(行き先も書いて)した丸い円盤をつけて、このうちを自由自在に移動できたら楽しいなぁ~♪

原作がスタジオ・ジブリのオリジナルではなかったからか?!息を呑むような、スクリーンにはりつくようなあの迫力が、今回の作品には足りなかったよな。いきなりエンドクレジットが流れてきたときには、「え゛ーっ、これで終わり~???」 なんだかスッキリ納得できなかった。他の作品も強引にハッピーエンドに持ち込んだりしていますが、納得できる強引さなんですね。みなさんはどう思われたのかしら?
公式サイト
[PR]
by amore_spacey | 2005-09-11 04:15 | - Japanese film | Comments(2)
Commented by otto at 2005-09-17 15:10 x
Pensavo meglio.

otto semideluso
Commented by amore_spacey at 2005-09-18 21:17
Semipelato otto,
Anch'io...
beh, fa lo stesso.
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< イタリアのケヴィ スーパーマン (Superman) >>