茶の味

ネタばれあり。 

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_20421180.jpg
山間いの小さな町に住む春野家の人々は、それぞれモヤモヤとした小さな何かを心に抱えている。長男の一(佐藤貴広)は、片思いの女の子が転校してしまったショックに打ちひしがれていた。小学校に入学したばかりの妹春野幸子(坂野真弥)の悩みは、ときどき巨大な自分の分身が勝手に出現し、家の庭先や学校の校庭で、自分のことをじっと見下ろしていることだった。「一体いつになったら、あの大きな自分が目の前から消えてくれるのだろう。」 子育てが一段落した母の美子(手塚理美)は、再開したアニメータの仕事に没頭し、他のことは上の空。引退したアニメーターであり春野家の祖父アキラおじい(我修院達也)の指導のもと、日夜アニメ『スーパーBIG』のキャラクターポーズ研究に余念がない。催眠治療士である父のノブオ(三浦友和)は、アキラおじいと美子が自分に分からない世界で仲良くしているのが面白くなく、夫婦間に微妙なミゾを感じている。それぞれの小さな葛藤が穏やかに収束していく中で、家族をやさしく見守っていたのは、アキラおじいであった。葬式が終わり、おじいの居た離れの間で家族が発見したものは…。



e0059574_20424962.jpg
ちょっぴり現実を離れながらも、ほのぼのとした雰囲気が最後まで漂い、気持ちが潤う作品でした。キャラクターポーズ研究に没頭する、美子とアキラおじいもいいし、突然にゅぅっと出現する巨大な幸子もいいわぁ(^^) おじいが家族4人の夫々に残してくれた画集に込められた眼差しがとても温かくほっこりするのです。

製作国:Japan
初公開年:2003年
監督:和泉聖治
キャスト:坂野真弥, 佐藤貴広, 浅野忠信, 中嶋朋子, 手塚里美, 三浦友和, 田中要次, 寺島進 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-12-29 20:44 | - Japanese film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Godfather I~III... Leverage >>