Il Generale della Rovere (ロヴェレ将軍)

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_219967.jpg
第二次大戦末期の1944年。連合軍は南伊を解放し、ナチスの支配する北伊に迫っていた。ナチス占領下のGenova市に、Grimaldi大佐と自称する中年男がいた。本名をVictorio Emanuele Bardone(Vittorio De Sica)という彼は、バクチと女に身をもちくずし、ナチス司令部の下士官と結託して、イタリア・パルチザンを釈放してやると称して家族から金をせしめている詐欺師だった。

その頃連合軍は北伊のパルチザンと連絡をとるため、イタリア人のRovere将軍を秘かに南伊に潜入させたが、ナチスに発見され射殺された。そこでナチスの司令官は偽のRovere将軍を仕立て、彼をオトリにパルチザン組織を探ることを思いつく。替え玉に選ばれたGrimaldiはRovere将軍になりすましてミラノの刑務所に送りこまれる。しかしナチスの手先となり国のために闘うパルチザンを裏切って卑怯者の密告者として生きるより、勇敢な愛国者Rovere将軍として銃殺の刑に処せられることを選ぶのだ。



e0059574_219321.jpg
この作品はVittorio De Sicaの独壇場でしょう。人の弱みに付け込んで甘い言葉をささやく詐欺師から将軍になりすましたナチスのスパイという複雑な役まで、、、お見事でございましたっっ。あんな素敵なオジサマに耳元でささやかれたら、ありったけのものを貢いでしまいますわ。それが詐欺だと分かって一文無しになっても、「いい夢見させてくれたから」許してあげられるわ、きっと。

ところでここまで書いてきてふっと疑問が湧いてきました。ナチとナチスの違いって何?

製作国:Italy
初公開年:1959年
監督:Roberto Rossellini
キャスト:Vittorio De Sica, Hannes Messemer, Vittorio Caprioli, Sandra Milo, Giovanna Ralli, Anne Vernon ...
[PR]
by amore_spacey | 2009-02-06 02:20 | - Italian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 歩いても歩いても 空中庭園 >>