Puccini

私のお気に入り度 ★★★★☆(65点)

e0059574_23573090.jpg
昨年放映の予定がなぜか年越してようやくTV放映された。生誕150年を記念したGiacomo Puccini(1858~1924)の生涯を、回想シーンを織り込みながら描いたものである。



e0059574_23574894.jpg
予告を見てかなり期待していたのだけれど、、、5時間足らずに彼の生涯を詰め込むなんてのが無理な話。脚本や演出があんまりじゃないかい?と言いたい。
Pucciniを演じたAlessio Boni、う~~~ん、『輝ける青春』で一目惚れ、前回のRai unoのTVドラマ『カラヴァッジョ』でも好演していたというのに、今回はただもう画一的な演技で退屈なだけ。久々にAlessio様に会えたと言うのに、がっかり。恋は盲目というように、好きな役者を過大評価するのはありがちだけれど、今回のAlessio様はまんまとバカな監督の口車に乗せられたか?「いや、もともと彼はそれだけの役者でしかないんだよ」横で夫が余計なことを言うから、気持ちがかき乱されて集中して観ることができないじゃないか!母親Albina役の大ベテランStefania Sandrelliも何~だか冴えなかった。



e0059574_23581368.jpg
音楽出版会社Ricordiの主Giulio Ricordi、こちらも薄っぺらくて見ていて情けなく辛かった。実物を知る由もありませんが、本当にあんなだったんでしゅか?涙



e0059574_23583760.jpg
唯一感情移入できたのは妻Elviraを演じたSophie Von Kasselである。初めて見る役者で新鮮味があったのだろう。大人しく従順で健気な妻だと思いきや嫉妬に狂うとその炎を心の奥底でメラメラ燃やし続け、最後には女中を服毒自殺(死亡)に追い込んだ罪で訴えられてしまう。
全体的に何かが空回りして拍子抜けだったが、彼の縁の地であるLuccaやTorre del Lago PucciniやViareggio近郊の街をもう一度訪ねてみたい。


製作国:Italy (Raiuno)
初公開年:2009年
監督:Giorgio Capitani
キャスト:Alessio Boni, Stefania Sandrelli, Sophie Von Kassel, Andrea Giordana, Franco Castellano, Massimiliano Buzzanca ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-03-05 00:02 | - Italian film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 20世紀少年〈第1章〉終わりの始まり Il Mare (イルマーレ) >>