Sotto falso nome (そして、デブノーの森へ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(87点)

ネタばれありあり。

e0059574_17345878.jpg
ベストセラー作家Serge Novakとしての正体を隠して作家生活を送るDaniel(Daniel Auteuil)は、義理の息子の結婚式に出席するため、カプリ島へ向かうフェリーの中で、Milla(Anna Mouglalis)という美しい女性に出会い、誘われるまま一夜を共にする。翌日の結婚式に花嫁として現れたのはMillaだった。ジュネーブに戻った後も、Millaは執拗にDanielを誘惑し、2人は許されぬ情事にのめりこんでゆく。しかし関係が深まれば深まるほどMillaの存在は謎に包まれ、逆にDanielのNovakとしての存在がさらけ出されることに…。



e0059574_17325898.jpg
前半だけ観ると、息子の嫁に手を出し愛欲に溺れた2人が崩壊の道を辿る、Jeremy IronsとJuliette Binocheの『ダメージ』を彷彿させるが、単なる中年の色恋モノに終わらず、DanielやMillaの過去が明らかになるにつれ、友をそして自分自身を裏切らない頑なな誠意や、事実の下に秘められた真実の重みをつきつけられるのである。



e0059574_17331897.jpg
3回目にしてようやくストーリーが分かったワタクシ(滝汗)、初めて観た時には、『ダメージ』に漂う愛欲の世界や、MillaとEwaの友情以上の関係が伏線になっているものとばかり思い込み、本筋から全く離れたところに行き着いてしまった。だから最後に自死の道を選んだDanielの行為が、全く理解できませんでしたわ、トホホッ。



e0059574_17334232.jpg
Serge Novakとしての正体を公表することを決意した時点で、Danielはすでに生きる意味を失っていたのだ。自分の中にある絶対的な誠実を守り通したかった。彼は頑なで生き難い人間なのだ。20歳の時に自死したDanielの友人の遺言、それに従って綴った小説がベストセラーになる。Danielと友人の関係、そしてDanielが最期に求めたもの、そこに至るまでに私はかなりの時間を要した。自死の道を選んだのは、友人や家族やMillaへのDanielの愛だったのか?何と哀れで潔いのだろう。もしMillaが彼の前に現れなければ、あのまま地位や名誉や幸せを手に入れて、温和な人生を送ったのだろうか?

相変わらず官能的なムグラリスですね。女の私でさえクラクラ~ッとするような官能的な視線や眉間の小さなシワや美しい首筋にしなやかな肢体…、シャネルの看板娘は持っているものが違いますなぁ。

製作国:France, Switzerland, Italy
初公開年:2004年
監督:Roberto Andò
キャスト:Daniel Auteuil, Greta Scacchi, Anna Mouglalis, Giorgio Lupano, Magdalena Mielcarz ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-03-29 17:36 | - Other film | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< Il papa' di... おくりびと >>