2017年 02月 14日 ( 1 )

谷口ジローさん、安らかに (Jiro Taniguchi)

e0059574_0544088.jpg
谷口ジローさんが絵を担当した、久住昌之氏原作の「孤独のグルメ」は、原作とイタリア語版を読み、B級グルメが満載のTVドラマも、毎回とても楽しみだった。


e0059574_0545435.jpg
e0059574_0551332.jpg
日本の普通の暮らしを描いた文学風の作品、とりわけ静的で一つ一つの絵を丁寧に描き込んだ精密な作風が人気を呼び、20作品以上がイタリア語に訳されている。「69歳だなんて、あまりにも若すぎるじゃないか(涙)」と夫。彼が描く絵やストーリーは、すっかり忘れてしまった、懐かしくも切なく、甘酸っぱくそしてほろ苦い思い出を、心のタイムカプセルの中から、大切にそっと取り出してくれる。彼が描く昭和の風景は、胸が苦しくなるほど懐かしい。


e0059574_0571766.jpg
e0059574_0573118.jpg
彼が描いた絵を眺めていたら、またヴェネツィアの町を散策したくなってきました。谷口さん、どうぞ安らかにお眠り下さい。合掌。


[PR]
by amore_spacey | 2017-02-14 01:00 | My talk | Comments(0)