2017年 10月 09日 ( 1 )

昨日、今日、明日(Ieri oggi domani)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_1162755.jpg
【あらすじ】 Sophia LorenとMarcello MastroianniがW主演で共演する、3話からなるオムニバス。第1話Adelinaはナポリを舞台に、妊娠中の女性は法を犯しても罪を免れられるため、夫Carmineに頑張らせて妊娠し続ける主人公を、第2話Annaはミラノを舞台に、富豪の有閑マダムと若い小説家の卵Renzoとの浮気の代償を、そして第3話Maraはローマを舞台に、美しい高級コールガールに思いを寄せる隣家の神学生Umbertoの顛末を描く。第37回アカデミー賞で外国語映画部門を受賞した。(作品の詳細はこちら


e0059574_1164595.jpg
e0059574_11706.jpg
Sophia LorenとMarcello MastroianniとVittorio De Sica監督の、ゴールデントリオが織り成す、コミカルな人生劇場。そこにどっしり根を張った、下町の女の逞(たくま)しさや強(したた)かさや厚い人情に、大笑いしたりほろりと涙したり、わがままな金持ちマダムの鼻持ちならない態度に辟易したり。一番面白かったのは、第1話のAdelinaでした。刑務所に入りたくないがため妊娠し続ける妻と、それに答える夫の大奮闘ぶり。7人の子どもと失業中の夫を支える貫禄あるSophiaと、ヨレヨレにくたびれた影の薄いMarcelloの夫婦が、コントのように対照的で可笑しい。

界隈の住人の野次馬根性っぷりや大らかさも、2人の暮らしの一端を支えている。夫婦の身辺に事件が起きるたびに、彼らは夫婦の家にどっと押し寄せて、大騒ぎ。コントのような夫婦だから、お祭り騒ぎのネタには事欠かない。傍から見ればすこぶるいい加減な夫婦だが、この2人は互いに心底惚れ合っている。強い夫婦愛によって、がっちりと結ばれているのだ。


e0059574_11714100.jpg
e0059574_1173080.jpg
第2話は、あまり楽しくないエピソードだった。当時のイタリア映画音楽を一手に引き受けていた作曲家Armando Trovajoli)が、Sophiaたちの乗っている車が故障するシーンで、ちらっと登場する。


e0059574_1174681.jpg
e0059574_118228.jpg
e0059574_1181414.jpg
e0059574_1184398.jpg
第3話のMaraも愉快痛快。神に捧げる身でありながら、コールガールなんぞに思いを寄せる孫を見て、Maraに逆切れするUmbertoのばあちゃん(Tina Pica)。けれど孫を思うばあちゃんの涙にMaraは心を動かされ、「それじゃ、ここは、私が何とかしてみせますわ」と一肌脱いでみせる。そのとばっちりを受けるのが、常連客のAugusto(Marcello Mastroianni)だ。Maraの部屋にいそいそと訪れるが、いつも隣家の神学生絡みの騒動で、お預けを食ってしまう。


e0059574_1191382.jpg
e0059574_119195.jpg
さぁ、そのお楽しみが始まりますよ。軽い曲にあわせて、黒のストッキングをくるくると脱ぎ捨てるMara、それを子供ような仕草で嬉しそうに見つめるMarcelloのラストシーンは、まるで休憩時間にセットの片隅でふざけあっている様子を、隠しカメラで撮ったかのように自然で、2人の演技はもちろんのこと、彼らの魅力を最大限に引き出したDe Sica監督の手腕ならでは、の愛情に満ちたフィナーレだ。大柄なSophiaが、軽やかな身のこなしで踊ったり、愛する人をぎゅっと抱きしめたり、ここぞと言うときには一家の大黒柱になって踏ん張る。まことにゴージャスで可憐な女優でございます。


[PR]
by amore_spacey | 2017-10-09 01:26 | Comments(2)