カテゴリ:- Japanese film( 306 )

シン・ゴジラ (Shin Godzilla)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (62点)

e0059574_1222915.jpg
【あらすじ】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していった。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが…。(作品の詳細はこちら


e0059574_1224291.jpg
この手の映画は観ないのですが、楽しみにしている映画ブログでほぼ満点がついていたのと、ハセヒロが出ているのを知って、それじゃまぁという感じで観たのですが・・・、全くダメでした。映画ブログのレビューがとても面白く、それに釣られてしまった。苦笑

噂どおり、ホントに会議ばかりしてましたね。緊迫した現場と、バカみたいに冷静な会議の、見事な対比。悲しいかな、これってかなり現実に近い状況ですよね。想定外の事態が発生したとき、地獄と化した現地のことなど、官僚たちにとってはテレビの向こう側の出来事でしかない。一刻一秒を争う状況なのに、尤もらしい顔して、結論の出ない無駄な会議ばかり。役者たちの早口も、癇に障る。非常事態なのにお行儀がよろしく、緊迫感が全く伝わってこない。避難訓練だって、もう少し差し迫った雰囲気がある。石原さとみ演じるカヨコに至っては、客寄せパンダ以外の何ものでもなく、思い切り笑わせて頂きました。


e0059574_123212.jpg
東京を炎の海にした最強の破壊力をもつゴジラが、意外に可愛い顔立ちで、これには拍子抜でした。凍結作戦は成功したものの、あれだけ巨大だと、処理が大変です。不思議の国のアリスのように、食べると身体が小さくなるお菓子を、ゴジラに食べさせたら、後始末だけでも楽だったのに。という冗談はさておき、自衛隊の活躍や日本も武器を!なニュアンス、そしてアメリカ様様な台詞や描き方に、きな臭いプロパガンダが作品に織り込まれているような気が、しないでもありませんでした。いや、考えすぎね。


e0059574_1232258.jpg
e0059574_1384881.jpg
何日もシャワーを浴びず同じYシャツで、「服も部屋も少々臭います。」と言われて、脇をクンクンするハセヒロの仕草が、ゴジラのまんまるなお目目と同じくらい可愛らしい。でも他には取り立ててこれといったものがなかったな。彼は善人よりやや悪人っぽい役柄のほうが、見応えあります。


[PR]
by amore_spacey | 2017-04-14 01:28 | - Japanese film | Comments(4)

後妻業の女

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (68点)

e0059574_1281297.jpg
【あらすじ】 小夜子(大竹しのぶ)と結婚相談所所長の柏木(豊川悦司)は、「老い先短い資産家の老人と結婚し、殺害して資産をそっくり頂戴する」後妻業ビジネスをやっている。小夜子は8番目のターゲットとして、元女子短大教授の中瀬耕造(津川雅彦)を狙い、上手く資産を手にした。が、父の死に疑念を抱く次女・朋美(尾野真千子)は、探偵・本多(永瀬正敏)を雇い、調査に乗り出す。(作品の詳細はこちら


e0059574_1282543.jpg
思っていたのと全く違ってがっかり。小夜子と柏木が手を組んで、犯罪スレスレのところを巧みに切り抜けながら、うまく騙して資産を手に入れていくが、調子にのりすぎて、2人は騙される側になり窮地に追い込まれた。さあ、どうする?豊悦と大竹の軽妙なやりとりが展開される、のような軽いブラックコメディを期待していたから、思い切り肩透かしを食らった。

毒のあるコメディ調の軽快な滑り出しだったのに、中盤以降は歯切れが悪く、どこに向かっているのかよく分からない。「お父さんを放っておいた私たちにも非があるわね」などと、妙にしんみりした台詞を次女の朋美に言わせてみたり(朋美もすっかりイイ人になってるし)、殺人を犯した小夜子と柏木の罪は全くスルーで(コメディ路線で突っ走るならスルーでも構わないけど)、ラストシーンがハッピーエンドの少女漫画よろしく、殺人を犯した小夜子と柏木が仲良く登場して爽やかに終了って・・・ 。何が言いたかったの、この映画?小夜子と柏木の醸し出す黒い空気が、フィナーレでいきなり浄化されているチグハグな部分にも、ついていけない。加えて作品に漂うじっとりとした生々しさに、吐き気を伴う気持ちの悪さが残った。大竹しのぶや豊悦の演技は、凄まじくリアルで説得力があり、今回は彼らのパワーに気圧され、後味も気分も悪くなりました。


e0059574_1285737.jpg
e0059574_1292848.jpg
せめて探偵が白黒はっきりつけてくれるかと、心の端っこで期待していたのに、これが金目当てのクズ人間。死んだと思った小夜子が、なぜかあの状況で生き返ったりするし(このあたりからエンディングまで、グダグダ一直線)。若い女と柏木の濡れ場や、鶴瓶のアレのサイズ云々(鶴瓶が超苦手!)の件(くだり)は、見たくなかった。伏線と思われた話も、とっちらかったまま放置で無理矢理終わらせた感が強い。唯一、画面を食い入るようにして観たのは、大竹 vs 尾野の取っ組み合いの喧嘩シーンでした。


[PR]
by amore_spacey | 2017-04-06 01:30 | - Japanese film | Comments(2)

バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役者がシェアハウスで暮らしたら~

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

e0059574_1355069.jpg
【あらすじ】 「中国の動画配信サイトが『七人の侍』のリメイク版を制作する。待遇もギャラも破格な大型プロジェクトなので、主要キャストとして出演して欲しい」と、遠藤憲一・大杉漣・田口トモロヲ・寺島進・松重豊・光石研の6人にオファーがきた。監督は中国映画界の巨匠・張芸謀監督で、役所広司の出演も予定しているという。クランクインするまで、絆を深めるためにシェアハウスで3ヶ月間共同生活を送ることが出演条件だった。当初は戸惑うが、俳優間では絶大な信頼と尊敬を寄せられる役所の名前を出されたこともあり、6人は条件を受け入れ、大杉が所有する館山の別荘で共同生活をスタートさせた。(作品の詳細はこちら


e0059574_1361991.jpg
面白そうな予感がしたんだけど、どこか中途半端で微妙。6人の絡みを楽しみにしていたのに、苦手な大杉漣が仕切っているのを見て、嫌な予感がしたのです。無理矢理ねじ込んだテープ盗難事件(どーでもいい)やそのショボすぎる真相に、テンション急降下。大杉漣ではなくて、國村隼や浅野和之や岩松了だったら、もっと味のあるドラマになっていたかもしれない。


e0059574_1364151.jpg
6人の名脇役をメインに引っ張り出した企画はよかったが、個性派も集団になるとダメなのかな。脚本や演出が手抜きでいい加減だったのは確かです。会話や台詞で笑わせて(勝負して)欲しかったのに、ウミガメ鑑賞会や制服ダンスやフラフープで、安っぽいコントをやらせたり(私が知らない小ネタで、日本ではバカ受けしたのかもしれないけど)、何度も自嘲気味に「おじさん」と言わせて彼らをおちょくるような演出など、寒い小ネタが多すぎて、ノリ切れなかった。変なテンションの中国人の女の子も、必要あった?バイプレトークは面白かった。フリートーク(もしくはバラエティ番組)か、リメイク版『七人の侍』にしたほうが、良かった気がする。


e0059574_137213.jpg
e0059574_1372312.jpg
ボサボサの役所広司(九州弁がしっくり馴染んで、なーんかいいおやじだ)や、ぐうぜん通りがかった平田満(もっと絡んでいって欲しかった)や、相変わらずキャラが濃い竹中直人がいい。滝藤賢一の不倫騒動は妙に生々しくリアル過ぎて、この次どこかのドラマで彼を見かけたら、不倫騒動からちゃんと立ち直れたのかなぁ、なんて本気で心配しそうです。頑張って第8話まで観たけれど、たぶんリタイア。


[PR]
by amore_spacey | 2017-03-22 01:37 | - Japanese film | Comments(2)

侠飯 ~おとこめし~

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_1644770.jpg
【あらすじ】 就職活動に難航しながらもそれほどやる気も出ない大学4年生の若水良太(柄本時生)は、大学で模擬面接を終えた帰り道、自宅のマンションの前でヤクザの抗争に巻き込まれるが、ヤクザの組長・柳刃竜一(生瀬勝久)に庇われ事なきを得た。柳刃の手下の男・火野(三浦誠己)に「助けてやったのだから、ひとまずお前の部屋でやり過ごさせろ」と脅され、良太のアパートに2人のヤクザが居候することになってしまう。福澤徹三の小説(2014年)・週間ヤングマガジン(2016年)に連載された漫画をドラマ化。(作品の詳細はこちら


e0059574_16442976.jpg
e0059574_16445385.jpg
孤独のグルメ深夜食堂のような、B級グルメが登場するドラマが大好き。いや、しかし、例のごとく放映時間が深夜って、視聴者の胃袋をガンガン刺激してくれるじゃないか、この野郎!夜食テロとは、上手く言ったもんだ。ありがちなストーリーだけど、毎回登場するB級グルメや料理上手な柳刃がぼそっと語る人生の格言に釣られて、最終回まで観てしまった。江本時生の顔芸やTKOのボケ&突っ込みも、さらっと笑える。


e0059574_1645651.jpg
e0059574_1645178.jpg
すぐに作ってみたいのが、ナポリタン焼きそばミルフィーユ風侠の極旨ハムカツ。でも焼きそばの麺が、イタリアにはないんだァ(泣)


e0059574_1646547.jpg
e0059574_16462358.jpg
毎回登場した味噌汁もよかった。かつおぶしをそのまま具として使うなんて、目からウロコ的なワザだった。


e0059574_1646372.jpg
e0059574_16465151.jpg
柳刃組の若頭・火野を演じた三浦誠己が、昔の上司にそっくりだよ!火野が唯一知っている奇跡のレシピ、火を使わないジェイルライスやきゅうりとナッツの和え物、これだって立派なB級グルメだな。


e0059574_16475766.jpg
ごはんと味噌汁と沢庵。最終回のシンプルな食卓が、私の空っぽの胃袋を直撃した。日本酒のお茶漬けは、贅沢な食べ方でしょう。 「地球最後の日、何が食べたい?」と言われたら、梅干しごはん(又はおにぎり)に味噌汁と答えます。


[PR]
by amore_spacey | 2016-09-29 16:51 | - Japanese film | Comments(2)

Merry Christmas Mr. Lawrence (戦場のメリークリスマス)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_1372793.jpg
【あらすじ】 1942年、ジャワ山中にある600名を収容する日本軍俘虜収容所には、厳格で規律を重んじる所長のヨノイ大尉(坂本龍一)の管理下、武士道の精神に生きるハラ軍曹(ビートたけし)や彼が信頼を寄せる俘虜であり英国軍中佐Lawrence(Tom Conti)がいた。そんなある日反抗的なJack Celliers(David Bowie)が、収容所に送られてくる。しかし過ぎ行く日々の中で、ヨノイは次第にCelliersの言動に心奪われていく。(作品の詳細はこちら


e0059574_1373653.jpg
e0059574_1374715.jpg
e0059574_138274.jpg
e0059574_1381369.jpg
公開から33年も経っているなんて、信じられない。そんな昔の作品をなんでまた観たかというと、Bowie1人祭りをやりたくて。この作品には、戦闘シーンも女性も登場しない。ハラとLawrenceの奇妙な友情関係、ヨノイとCelliersの淡い同性愛的な関係、この2つを軸に展開していく。

ハラもLawrenceも、生身の人間らしさを感じさせる。終戦後ハラが敗戦国の死刑囚となり、立場が逆転しても、彼らの間には敵味方をこえた人間愛があった。人間同士なんだもん、戦時下で敵味方に分かれていたとはいえ、共感できることがあれば、一緒に笑ったり、そこに友情らしきものが芽生えても不思議はない。いや、それにしても、ビートたけしが地のままで、面白すぎる。ロケ現場で、たけちゃんマンとか「コマネチー!」とか、やってそう(爆)


e0059574_1382451.jpg
e0059574_1383482.jpg
e0059574_1384644.jpg
Celliersの美しさに魅了されたヨノイは、何かにつけCelliersに寛大になる。そんなヨノイの気持ちを見透かしてなのか?いつもの反抗的な態度の延長上にあったのか?Celliersはヨノイの頬にキスをする、という暴挙に出る。ほんの一瞬のシーンなのに、何だろう、あの衝撃は!当時BLシーンは竹宮恵子の漫画ぐらいしか知らず、大スクリーンにいきなりこんなシーンが出てきて、頭の中はグルグル、心はドキドキ&ざわざわ。軍事裁判でCelliersが服を脱いで背中を見せるシーンも、官能的だったなぁ。


e0059574_1385815.jpg
大島監督は、人間の相容れない感情にも、光を当てている。ヨノイはCelliersの美しさに惹かれながらも、規律を守らない彼に憎悪の念を抱くが、実は自由奔放なCelliersが羨ましかったのかもしれない。軍人という立場上、ハラは武士道を重んじつつ、個人的には欧州の思想や人に惹かれる。自由奔放に見えるCellieresも、学生時代いじめにあった弟を助けなかったことが、心のシコリとなって、ずっと罪の意識に苛まれている。誰もが様々な感情を抱えて生きている。それをなかったことにすれば楽だけど、そう簡単にはできない。だから面倒くさいんだ。


[PR]
by amore_spacey | 2016-07-17 01:41 | - Japanese film | Comments(2)

猫侍 シーズン2

バカバカしいけれど好き度 ★★★★★ (100点)

e0059574_0443880.jpg
【あらすじ】 元・加賀藩剣術指南役、斑目久太郎(北村一輝)。かつては“まだら鬼”と呼ばれ、剣豪として名を馳せていたが、一匹の白猫・玉之丞との出会いで人生が変わった。一度は里に残していた妻子の元に戻ったが、武士としてのプライドと家族と玉之丞の為、再び江戸へ。以前暮らしていたほおずき長屋へ玉之丞と共に戻ってくる。新しい大家の菊乃(森カンナ)は、戻ってきた久太郎に、「猫は禁止」と早速釘を刺す。(作品の詳細はこちら


e0059574_0444763.jpg
e0059574_0445769.jpg
e0059574_045661.jpg
可愛らしいエプロンが似合う男!
e0059574_0473617.jpg
実写版ねこあつめ(爆)


e0059574_0483514.jpg
猫見屋のお七(高橋かおり)は、久太郎のことが好き。

e0059574_0492879.jpg
e0059574_0494090.jpg
隣人の小助(佐野泰臣)のお陰で、久太郎は玉之丞との暮らしを謳歌していたが、大家の菊野(森カンナ)に玉之丞のことがバレてしまった。


e0059574_0502269.jpg
e0059574_050327.jpg
変な脇役たち。


e0059574_0512739.jpg
e0059574_0513847.jpg
e0059574_0514723.jpg
そこに居るだけで和む玉之丞。


e0059574_0522796.jpg
e0059574_0523926.jpg
男勝りの姑タエ(木野花)から、猫との気ままな暮らしを叱責され「離縁」を突きつけられた久太郎は、タエが用意した薩摩藩の参勤交代要員の話を受ける。でもどこまでも玉之丞と一緒だよ。


[PR]
by amore_spacey | 2016-07-12 00:54 | - Japanese film | Comments(0)

猫侍 映画版

ナンセンスだけど好き度 ★★★★★ (100点)

e0059574_0413394.jpg
【あらすじ】 江戸時代末期、かつて一流の剣の使い手と恐れられた斑目久太郎(北村一輝)も、今やしがない浪人暮らし。ある日、彼の元に久しぶりに仕事の話が舞い込むが、何とそれは対立する一家の親分がかわいがっている猫を暗殺せよとの命令だった。久太郎はやむを得ず仕事を引き受けるが、踏み込んだ屋敷で彼を待っていたのは愛らしい白猫だった。(作品の詳細はこちら


e0059574_0414299.jpg
e0059574_0415436.jpg
e0059574_042332.jpg
TVドラマ版を切り貼りして作った?この映画版も、負けず劣らずナンセンスでばかばかしい。でも玉之丞の可愛らしさったらなくて、この子ばかり見ていた。あ、いえ、大好きな北村一輝とセットで見ていました。これは猫ファンだけでなく、多くの人のハートを鷲づかみにしたことでしょう。


e0059574_0421539.jpg
e0059574_0422481.jpg
撮影現場での主役も、当然猫ちゃんたちだったんでしょうね。玉之丞の愛くるしい瞳でじっと見つめられたら、誰でも落ちるわね(*^^*) 玉之丞をこんなに素晴らしい女優にしたアニマルトレーナーの、愛情や忍耐力に頭が下がる。


e0059574_0423745.jpg
e0059574_0424879.jpg
ヒッピーな侍の小野寺昭の壊れっぷりに爆笑。彼のワンコも可愛かったな。


[PR]
by amore_spacey | 2016-07-04 00:42 | - Japanese film | Comments(0)

リトル・フォレスト 夏・秋 冬・春

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_0394469.jpg
【あらすじ】 都会で暮らしてみたものの、その生活に馴染めず、生まれ故郷の岩手の小さな集落・小森に帰ってきたいち子(橋本愛)は、田畑を耕し自ら作物を育て、野山で採ってきた季節の食材で日々の食事を作り、自給自足の生活を送っている。友人のユウ太(三浦貴大)もまた、都会から戻ってきていた。子供時代のエピソードや5年前に突然失踪した母・福子(桐島かれん)のことなどを懐かしく思い出しながら、いち子は生きる活力を蓄えていく。五十嵐大介の同名漫画を映画化。(作品の詳細はこちらこちら


e0059574_0401095.jpg
e0059574_0402148.jpg
「頭を使いたくない、疲れているときに観るといい」「食べるシーンがたくさん出てくる」と聞いて、観はじめてみると、冒頭からぐっと引き込まれた。自転車を漕ぐいち子、豊かな緑に包まれた山間の村、田植え、グミやあけびのえぴソード、とれたてのトマトにかぶりつくいち子、くるみごはん、自分でさばいた合鴨の料理、手ぬぐいを首に巻いて畑仕事に精を出すいち子、垂れる稲穂、芋類や玉ねぎやあずきの収穫と保存法、わらびやフキノトウ…。


e0059574_0395412.jpg
e0059574_0403487.jpg
ああ、こんな風景の中に、私もいたことがある。子どものころ妹と一緒に亡き祖父母について畑や田んぼへ行き、彼らの仕事ぶりを飽きもせず眺めていたものだった。あの時の土のにおいや、採れたてのいちごやトマトやきゅうりのぬくもりを、今この瞬間リアルに思い出すことができる。なんて懐かしいんだろう。こんな映画を観ると、今すぐにでも日本に帰りたくなる。


e0059574_0434996.jpg

e0059574_044777.jpg
季節の移ろいを感じ、四季折々の恵みを自然から頂きながら生きていく。そんないち子の暮らしは、少し昔の日本人なら誰でもやっていた。「生きるために他の生き物を殺生する」という行為も、ごく普通に行われていた。人間は動植物の命を奪って、自分たちの命を繋いでいる現実を、普段はほとんど忘れてしまっているが、この映画を観て再認識した。生きていくには、エネルギーが要るのだ。

低く抑えた橋本愛のひとり言のようなナレーション、採れたての野菜を刻んだりすり鉢でクルミを擂る音、フライパンで炒めたり搔き揚げを揚げる音、出来立てのお菓子や料理を頬張るいち子の口元…が、目にも耳にも心地よかった。ちょっと疲れちゃったときに、また観たくなるなぁ。


[PR]
by amore_spacey | 2016-06-16 00:47 | - Japanese film | Comments(0)

柘榴坂の仇討

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (75点)

e0059574_23235980.jpg
【あらすじ】 安政7年、彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は、主君である大老・井伊直弼(中村吉右衛門)に仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまった。その後あだ討ちの密命を受けた金吾は、敵を捜し続けて13年が経過。明治6年、時代が変わり、時の政府があだ討ちを禁止する中、金吾は最後の敵である佐橋十兵衛(阿部寛)を捜し出した。浅田次郎原作の同名小説を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_23241077.jpg
阿部ちゃんと中井氏の共演だなんて、願ったり叶ったり。2人の安定した演技は期待通りだったが、両者とも少々抑えすぎで地味だった感が残る。途中のテンポも、緩かったような?阿部ちゃんファンとしては、井伊直弼を暗殺した後、名前を変え逃亡生活に至った経緯を、もっと描いて欲しかった。 ・・・ それはさておき、あの背丈に濃い風貌では、あまりに目立ちすぎて、隠遁生活なんざムリってもんでしょう(笑) 


e0059574_23242374.jpg
それにしても、13年間も探し求めた仇に出会ったのが、何と!仇討禁止令の出たその日だなんて、そりゃ、あんまりじゃありませんか。桜田門外の変の後、日本は江戸から明治に変り、新しい時代を迎えて混乱の真っ只中。しかし時代が変わっても、武士は武士の精神を決して捨ててはならぬと考える志村金吾は、仇を討ったあと、切腹して主君への忠誠を表明するつもりだった。一方の佐橋十兵衛は、暗殺を成功させたにもかかわらず、次々と仲間が処罰されたり切腹したりしていく中で、 結局1人生き残ってしまい、名を変え身を隠して暮らしながら、いつか仇討に来る敵側の武士を待っていた。13年前の呪縛に囚われた2人は、何らかの形で決着をつけなければ、新しい時代に踏み出すことができなかったんだな。

その辺りの両者の葛藤が、ラスト15分に凝縮され、一触即発かと思わせつつ、井伊直弼が残した「死ぬときは死ぬ。それで生かされたのなら、生きろということなのだ」「死ぬ運命が来るときまで、精一杯生きればいいのだ」という言葉の重みを、敵対するはずの2人が雪の中で噛み締める姿に、心動かされる。


e0059574_23243443.jpg
男たちを陰で支える女性たちの存在は大きい。中堅どころの広末涼子ちゃんが、なかなかよかった。慎ましやかな中に凛とした雰囲気を漂わせ、着物がこれまたよく似合う。私も着物を着たくなってきたー。


e0059574_23262089.jpg
この女の子がホントに可愛らしかったなぁ。阿部ちゃんの口の中に金平糖を入れるシーン、それ、私にもやらせてェ。


e0059574_23264877.jpg
ちょんまげを切り落としてザンギリ頭になったとはいえ、寝癖がついたような藤竜也の頭は、情けなくて残念。それに引き換え中村吉衛門は、幾つになってもある種のオーラを放ち、時代劇を引き締めてくれる。さすがは歌舞伎役者の大御所でございますな。



[PR]
by amore_spacey | 2016-06-06 00:16 | - Japanese film | Comments(0)

草刈正雄・船長率いる真田丸 第1~20話

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_2244970.jpg
【あらすじ】 天正10年(1582年)、甲斐の名門・武田家は宿敵・織田信長(吉田鋼太郎)の軍勢の前に滅亡の危機に瀕していた。その頃、駿河と甲斐の国境で徳川家の兵に追われるひとりの若者がいた。彼はこれより33年後、大坂夏の陣で徳川家康(内野聖陽)を自害寸前まで追い込み、後世「日ノ本一の兵(つわもの)」と称えられることとなる。彼の名は真田源次郎信繁(堺雅人)。(作品の詳細はこちら


e0059574_22441985.jpg
脚本が三谷幸喜と来れば、お約束の超豪華キャスト。中でも光っているのが、真田昌幸に扮する草刈正雄。かつて『新選組始末記』で見た、イケメン沖田総司が忘れられない。もしかして、彼はハーフのイケメン第1号?


e0059574_22443468.jpg
父ちゃんの存在感がありすぎて、主役の真田信繁(堺雅人)の影が何とも薄い。半沢の勢いはどこへ行っちゃった?兄貴・信幸(大泉洋)もまじめ路線で、何だかなぁ。真田家の家臣・高梨内記の娘・きりは、場の空気が読めないお嬢ちゃまという設定なので、長澤まさみが適役。


e0059574_2245387.jpg
真田昌幸とその重臣・出浦昌相(寺島進)の関係が愉快で面白い。脇役とは言え、重要なポジションに寺島さんが抜擢されて、とても嬉しい。


e0059574_2251391.jpg
戦国の世をたくましく生きる、真田家の長女・松(木村佳乃)。


e0059574_22511413.jpg
織田信長(吉田鋼太郎)があっけなく退場。もっと弾けたコータローを見たかった。


e0059574_22523812.jpg
徳川家康と言えば、肖像画や『鳴かぬなら 鳴くまでまとう ホトトギス』や狸おやじの呼び名などから、忍耐強く飄々として戦乱の世を潜り抜けた、喰えないオヤジを想像する。が、内野聖陽バージョンは、臆病で気が小さく、狼狽したり取り乱したり…見ていて飽きない家康だ。内野さん、ますます素敵(*^^*) 側室の阿茶局(斉藤由貴)がどっしり落ち着いているお陰で、家康は業務に専念できる。


e0059574_2304524.jpg
家康の重臣&名参謀の本多正信(近藤正臣)。かつてはイケメン№1だった近藤さんも、74歳ですかぁ(驚)


e0059574_2361627.jpg
喰えないオヤジと言ったら、やはり、この人、豊臣秀吉(小日向文世)でしょう。秀吉のキャラは、小日向さんそのまんま。表と裏の顔にギャップがありすぎる上、彼の頭の中が読めず、ただ短気なだけの織田信長と違って、なかなかコワい。側室・茶々(竹内結子)と一緒のときは、こんなにデレデレなのに。


e0059574_239316.jpg
山南敬助と土方歳三・・・ではなく、真田信繁と石田三成(山本耕史)。山本耕史もNHK御用達役者?


e0059574_2312107.jpg
汁かけご飯ばかり食っている北条氏政(高嶋政伸)が、不気味すぎる。


e0059574_2312192.jpg
義父・謙信のように「義」を貫き通す実力がなく、高い理想と現実の狭間で悶々とする上杉景勝(遠藤憲一)。遠藤憲一もNHKの常連さんですね。

真田昌幸の正室・薫(高畑淳子)や昌幸の母・とり(草笛光子)や秀吉の妹・旭(清水ミチコ)など、ユニークな脇役陣も忘れてはなりませぬ。徳川家重臣の本多忠勝に扮する藤岡弘、。年をとっても顔は濃いし、もみ上げが暑苦しい。で、名前の最後に「、」って?武田勝頼を演じた平岳大は、平幹二朗の息子なんですね。言われてみれば、目元がパパそっくり。クールで素敵☆ そんな彼も退場して、寂しくなった。



[PR]
by amore_spacey | 2016-05-29 23:17 | - Japanese film | Comments(0)