カテゴリ:- Japanese film( 308 )

かもめ食堂 バトル・ロワイアル インストール タンポポ

『かもめ食堂』

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

e0059574_5113632.jpg

《一言感想》 やっぱり炊き立てのご飯で作った真っ白なおむすびに熱いお茶!だよね。

製作国:Japan
製作年:2005年
監督:荻上直子
フードスタイリスト:飯島奈美
キャスト:小林聡美, 片桐はいり, もたいまさこ ...

............................................................................................................
『バトル・ロワイアル』 (Battle Royale)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_5122522.jpg

《一言感想》 日本の教師はここまで追い詰められているのか?

製作国:Japan
製作年:2001年
監督:深作欣二
キャスト:藤原竜也, 前田亜季, 山本太郎, 栗山千明, 塚本高史, 北野武 ...

............................................................................................................
『インストール』 (Install)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_5131514.jpg

《一言感想》 上戸彩ちゃんのたらこ唇がぷち淫靡で愛らしいわ~♡

製作国:Japan
製作年:2004年
監督:片岡K
キャスト:上戸彩, 神木隆之介, 中村七之助, 菊川怜, 小島聖, 田中好子 ...

............................................................................................................
『タンポポ』

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_514123.jpg

《一言感想》 もおーーーーーーっ、らーめん食べたいっ!

製作国:Japan
製作年:1985年
監督:伊丹十三
キャスト:山崎努, 宮本信子, 役所広司, 渡辺謙, 安岡力也, 加藤嘉, 大滝秀治, 津川雅彦, 井川比佐志, 三田和代, 岡田茉莉子...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2007-12-01 05:19 | - Japanese film | Comments(0)

嫌われ松子の一生

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_17373530.jpg
不器用ゆえに転落の一途を辿る壮絶な人生の中にあっても、どこもまでもまっすぐで一生懸命に生きようとするヒロインの姿を、CGでカラフルかつポップに描き出している。


e0059574_1738047.jpg
TVヴァージョンの『電車男』で見た中谷美紀は、無表情で演技力もたいしたことないなぁと思ったけれど、歌って踊る嫌われ松子の熱演にぐいーんと引きこまれました。この作品では彼女の無頓着な無表情ぶりが、かえって引き立っていたかな?

何気にちらっと出ている香川照之氏、いいなぁ。存在感絶大です。うんうん、絶対にいいですよね~、彼♡


e0059574_17382276.jpg
とことん救いのない堕ちっぷりにもかかわらず、ティム・バートン風にデフォルメしたポップ・ミュージカル調演出のお陰で、不思議と暗くはなかった。ま、あそこまで不幸が続くと、「私、まっとうな人間やめます」って切れちゃって、腹が据わるってもんなのかも。

コレ、実話ですか?

製作国:Japan
製作年:2006年
監督:中島哲也
キャスト:中谷美紀, 瑛太, 香川照之, 柄本明, 片平なぎさ, 黒沢あすか, 伊勢谷友介 ...
[PR]
by amore_spacey | 2007-08-19 17:40 | - Japanese film | Comments(0)

のだめカンタービレ

私のお気に入り度 ★★★★☆(90点)

第1話から最終回まで2回に分けて娘と一緒に一気に観ました。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番やベートーヴェンの交響曲第7番や、ブラームスやガーシュインや、モーツァルトやシューベルト…が、寝ても覚めても頭の中で鳴り響いています♪♪♪~

e0059574_33272.jpg
千秋とのだめのコンビがいいですね~ のだめが千秋に、フライパンで殴られ、ストッキングで首を絞められ、布団で太巻きにされ、突き飛ばされたり、顔をぐちゃぐちゃに弄ばれ、頭に空手チョップを受けても、のだめは千秋を諦めない。のだめも意地を見せる。「どうして自由にピアノを弾いちゃいけないの?」



e0059574_334882.jpg
最終回のこのシーンに胸きゅーーーん 千秋カッコイイ!そして料理がうまい。実生活でもレストランでバイトしていた経験から、彼は料理上手なのよね(*^^*) 爽やかな青年なのに、白目剥いちゃったり、目元や口元をヒクヒク痙攣させる、コミカルなのにいきなりシリアスになる「オレ様」な千秋、大好きだよ~♪

第1話で千秋がのだめの髪を洗ってドライヤーで乾かすシーン。
ぐわーーーん、私の髪もその長い指で撫でて乾かして~(^ε ^)-☆ その長くて綺麗な指はキム様と勝負ができますわ。千秋さま、私もファンになりました。千秋さま~~~♪ あんなに可愛くて憎めないのだめちゃんなのに、掃除ができない&汚い女なのねー(◎o◎) 人は見かけによらないっ。しかしピアノにかける情熱はすごい。


e0059574_344059.jpg竹中直人のシュトレーゼマン。ドイツ人?ありえね~(⌒▽⌒)アハハ! 彼は何にでも化けるが、ここまでやる?観ているのも楽しかったけれど、あれは本人が一番楽しかったでしょうね。


e0059574_35446.jpgロック野郎だったヴァイオリン弾きの龍太郎くん、あの金髪爆発ヘアーは、コミックの原作を忠実に再現したのね。単なるロック野郎かと思ったら、とても純粋な気持ちの持ち主と知って…、弟にしたいわぁ。


e0059574_352280.jpg『ゆれる』では堅気で頑固な親父だった伊武雅刀、ここではノリのいい話の分かる中華裏軒のおやじ&息子の龍太郎の強力な味方。中華料理のシーンは目の毒だった。おいしそう、じゅるっ。


e0059574_354837.jpgティンパニーの真澄ちゃんも、最後までのだめと張り合って、千秋を取り合いしたんだけど…ね。こんなキャラもありね。


e0059574_36592.jpgハリセン教師の江藤先生。『電車男』の時には、超コミックなのになぜか貧乏くじばかり引くキャラクターだったけれど、ここではハリセン振り回す鬼教授。のだめを見守る視線が温かくて、彼の関西弁がこれまたよかった(^^)


e0059574_362957.jpg
このバッグ欲し~~~い!

製作国:Japan
製作年:2006年
演出:武内英樹
プロデュース:若松央樹, 清水一幸
原作 :二ノ宮知子『のだめカンタービレ』(講談社刊)
キャスト:上野樹里(野田恵), 玉木宏(千秋真一), 瑛太(峰龍太郎), 伊武雅刀(峰龍見), 小出恵介(真澄), 秋吉久美子(理事長), 豊原功補(江藤耕造), 竹中直人(フランツ・シュトレーゼマン) ...
[PR]
by amore_spacey | 2007-06-10 03:14 | - Japanese film | Comments(4)

ゆれる

私のお気に入り度 ★★★★☆(95点)

ネタばれあり。


e0059574_4493690.jpg
ある出来事をきっかけに対照的な兄(香川照之)と弟(オダギリジョー)の間に起こる心理的葛藤が巧みな構成で描かれている。観始めて5分が経過、「なぁんだ、東京で活躍する若手写真家の、ちょっとお洒落で口当たりの良い恋愛物語かぁ」 見るのをやめようかと思っていたら、あれよあれよと言う間に本題に突入。ポテトチップスをつまみながら見ていた私は、姿勢を正して作品に向かいました。

兄弟はガソリンスタンドで働く幼なじみの智恵子と3人で近くの渓谷に足をのばす。ところが、川に架かる細い吊り橋で、智恵子が眼下の渓流へと落下してしまう。そして、橋の上には呆然とする稔の姿が。橋の下にいた猛は惨事に気づき、動揺する稔のもとに駆け寄り落ち着かせる。兄弟の証言から、最初は不幸な転落事故と思われたが、数日後、稔が突然“自分が突き落とした”と自供したことから、事件の真相を巡って裁判へともつれ込む。猛は弁護士である伯父を立て、稔の無実を晴らそうと努めるが…。


e0059574_4501717.jpg
母の葬式にも顔を出さなかった弟の猛が、その一周忌に久々に帰郷し、そこで父と共にガソリンスタンドを経営する兄の稔と再会する。仏壇の前で説教をするお坊様、真摯に耳を傾ける一族、広い座敷、障子から射す光、儀式が終わった後、座敷に一族が集まってお膳を前に座る、家族は酌をしながら親戚に挨拶…という一周忌のシーンは、子どもの頃わがやでも日常的に繰り広げられていた、懐かしい場面の数々だった。「ああ、お経がもっと短かったらいいのに。」 長時間の正座で感覚がなくなった足先をむずむず動かしながら思ったものでした。


e0059574_4505548.jpg
香川照之はうまい。文句なくうまい!TVドラマで犯罪者を演じていた彼を見た時、その刻々と微妙に変化する表情や口調に圧倒された。大声で彼(兄)を呼びとめる弟に気づいたバス停の彼が、固く張り付いたような表情からふわっと力が抜けて、一瞬笑いかける、あのラストシーンの表情を見ていたら、『L.A.コンフィデンシャル』で唐突に銃で撃たれて死ぬケヴィンの生から死への移り変わりが、現実よりリアルだったあの表情を思い出しました。また裁判所での彼(兄)にも、ケヴィンにかぶるものが多々ありドッキリ★ オダジョーを観るための作品だったのだけれど、香川照之の不思議な魅力にぐっと惹かれました~♪^^


e0059574_4511726.jpg
オダジョーも大健闘だったでしょう。『有頂天ホテル』での彼は、かなり神経質で摩訶不思議な仕事人間でありながら、感情の起伏が見られず、オダジョーの素顔がよく分からなかったのですが、この作品ではやり切れなさや哀しみや切ない気持ちを色んな表情で伝えてくれた。

同じ女性を好きになったことで、その女性が事故なのか他殺なのか?不明瞭な状況で死んだことによって、兄弟の本音が一気に吐露される。同じ環境のもとに育ち、本質的な部分では似通っているように(分かり合えるように)見えるが、外には表れない兄弟の確執や、譲りがたく許しがたい本音の部分が、年月を重ねるごとに根強く残り、それが何かの拍子で着火すると決定的な破局を迎えることもありえるのだ。ラストシーンの兄の微笑みは、事件の無実を信じることによって弟がありのままの自分を受け容れてくれたのであろうという、安堵の気持ちの表れであったと思いたい。あれは決して薄笑いなどではないのだと。

製作国:Japan
製作年:2006年
監督:西川美和
キャスト:オダギリジョー, 香川照之, 伊武雅刀, 真木よう子, 蟹江敬三, 新井浩文 ...
[PR]
by amore_spacey | 2007-05-24 04:54 | - Japanese film | Comments(10)

THE 有頂天ホテル 

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_21502353.jpg
【あらすじ】 都内の高級ホテル「ホテルアバンティ」の大晦日を舞台に、従業員や宿泊客それぞれが織りなす多彩なエピソードを描く。従業員と“訳あり”宿泊客たちを次々に襲うハプニング、果たして彼らは無事に新年を迎えることができるのか?


e0059574_2202649.jpg
豪華キャストです。が、冒頭で色んなハプニングを仕掛けて期待させておきながら、どれも拍子抜けの結末に終わっているのが残念でした。個性派俳優たちの味をどんな風にしてまとめるのだろう?私が勝手に期待しすぎていたのですが、それにしても…。


e0059574_222297.jpg
久し振りに見た役所広司・佐藤浩市・YOU・唐沢寿明・津川雅彦・伊東四朗・西田敏行。役所広司は以前より優しい表情になりましたね。『白い巨塔』で財前教授だった唐沢くん、シリアスでクールなイメージがあったのだけど、コメディもできますね(^^) ツボにハマったのが筆耕係の右近の強烈なキャラクターでした。あ・れ・がオダギリジョーなのか~。いいなぁ、あのキャラ(^0^) 招待状の大きさの字しか書かない彼には、ホテルの垂れ幕用の大きな大きな字がどうしても書けない。その後の爆発ぶりが凄かった~(⌒▽⌒)アハハ!

副支配人の新堂平吉と2人3脚のアシスタントマネージャー矢部登紀子を演じた戸田恵子は、TVドラマ『電車男』の最終回?で、電車男のお母さんとして初めて姿を現したあの方ですよね。あの時は肝っ玉母さん風だったけれど、この作品ではとっても可愛らしい&頼れるお姉さんでした。

製作国:Japan
製作年:2006年
監督:三谷幸喜
キャスト:役所広司 松たか子 佐藤浩市 香取慎吾 篠原涼子 戸田恵子 オダギリジョー
YOU 唐沢寿明 津川雅彦 伊東四朗 西田敏行 ...
[PR]
by amore_spacey | 2007-03-23 22:11 | - Japanese film | Comments(4)

電車男 TVドラマ版

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_19281176.jpg
12話に渡るドラマ版は、映画に比べると膨らみを持たせることができるので、余分な逸話が入って間延びした場面もありますが、概ね納得の行く流れになって、これはなかなか楽しめました。



e0059574_19454641.jpg
主役及び脇を固める役者たちがまたよかった。
TVドラマ版の伊東美咲(エルメス)や伊藤淳史(電車男)の2主人公は、コミックを読みながら描いた人物像にかなり近し。電車男の「すみません」連発や泣きがやや気になったものの、こんな人なら実際にいそう。
そして特筆したいのが、電車男のお父っつぁんの岸辺シロー師匠(^^)


e0059574_19462468.jpg
こ、これはすごい!!!



e0059574_19474930.jpgネットの住人たちの中にいた彼。
どこかで見たことがあるなぁ、と思ったら、NHK大河ドラマ『義経』で梶原景季を演じていた方ではありませぬか~♡
TVドラマ版は、ネットの住人たちの暮らしを垣間見せながら、電車男とともに彼らも変貌しつつある過程をゆっくり見ることができますね。


しかし、青山家の面々…
伊東美咲・速水もこみち・秋吉久美子・山田真司 って?! 
こんなイケ面揃いはありえねぇ~!!ヅラ~( ̄∇ ̄;)

私の順位は… コミック漫画>TVドラマ>映画


製作国:日本(フジテレビ/関西テレビ)
製作年:2005年
演出:武内英樹 西浦正記 小林和宏
キャスト:伊東美咲 伊藤淳史 白石美帆 小栗旬 岸部シロー 秋吉久美子...
[PR]
by amore_spacey | 2006-12-27 19:39 | - Japanese film | Comments(2)

電車男 映画版

私のお気に入り度 ★★★★☆(58点)

e0059574_16593451.jpg
2ちゃんねるの掲示板を舞台に展開し、その後書籍化されて大ヒットとなり大きな話題を集めた純情オタク青年の感動初恋物語を映画化。主人公の電車男役に「ドラゴンヘッド」の山田孝之、電車男の憧れの美女エルメス役には「ホテル ビーナス」の中谷美紀。監督はテレビドラマを中心に活躍する村上正典。

残念ながら最後の最後まで作品の中に入ることができなかった。共感できませんでした。先に読んだコミック版から私の中に生まれた車男やエルメスのイメージを、映画版で無残に崩されたのが最大の理由ではあるけれど、他に…



e0059574_18195648.jpg電車男のヲタぶりや内気な性格や、大袈裟で取ってつけた雑な演技にイライラ☆ コミック版の電車男は現実世界にいるヲタのイメージに比べると、かなり美化されているかもしれない。映画版の電車男のほうが現実味があるかもしれない。でも、観ていてとても辛いものが… orz 山田孝之、苦手だァーーッ。



e0059574_18241532.jpgそしてエルメスの中谷美紀。老けてるじょ~。あれじゃ、痩せたマダム岸田今日子と見間違っちゃう(汗) 髪をアップにしないでさらりと自然に流していた方が、この映画の雰囲気に合っているのに、と私は思うのです。それから声が冷たい・冷たすぎる。あの声を聞いたら、アタクシはもう北極まで一直線ですわ ============>バビューン☆


製作国:日本
製作年:2005年
監督:村上正典
キャスト:山田孝之, 中谷美紀, 国仲涼子, 西田尚美, 大杉漣 ...
[PR]
by amore_spacey | 2006-12-27 18:31 | - Japanese film | Comments(0)

東京ゴッドファーザーズ

私のお気に入り度 ★★★★☆(90点)

e0059574_3423029.jpg
現代の東京を舞台に、元競輪選手のギンちゃん・元ドラッグ・クイーンのハナちゃん・家出少女のミユキのホームレス3人が、クリスマスの夜に偶然見つけた捨て子の親探しに奮闘するドラマ。


e0059574_3425275.jpg
まず映像の美しさや繊細さに驚いた。
これはもうアニメの領域を超えている。あまりのうまさに唸りました。
「いやぁ、これはないだろう?」というような展開はありますが
アニメならではの流れで納得。

3人それぞれが歩んできた過去をフラッシュバックさせながら
東京の街やホームレスや彼らに対する世間の反応など
大都会の闇の部分もストレートに描いている。


e0059574_3432174.jpg
ホームレスのお爺ちゃんたら、目を閉じさせて死んだかに見せておいて
「最後のお願い…」と言って唐突にまた開眼。まったく驚くなぁ(爆)

幸せ一杯のハッピーエンドではないけれど
観終わってから心の中に温かいものがじわっと湧き上がった。
この続きも見てみたい気がする。宝くじやミユキの行方を描いたら
よい続編ができそうな気がしますがどうでしょうか。

製作国:Japan
製作年:2003年
監督:今敏
声の出演:江守徹, 梅垣義明, 岡本綾 ...
[PR]
by amore_spacey | 2006-04-06 19:27 | - Japanese film | Comments(4)