カテゴリ:- TV series( 125 )

トラスト・ミー (Trust Me) 全4話

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (75点)

ネタばれあり!!!

e0059574_1561910.jpg
【あらすじ】 心臓外科病棟で働くCath Hardacre(Jodie Whittaker)は、勤勉な熟練看護師だったが、ある告発を受けて職を失った。そこでCathは親友Ally Sutton医師(Andrea Lowe)のアイデンティティを盗み出し、救急部の医師になりすまして、1人娘とエジンバラで新しい人生を始める。Allyとして生きるウソで固めたCathの新しい人生に、果たして未来はあるのか?(作品の詳細はこちら


e0059574_1563185.jpg
e0059574_1564558.jpg
えぇー、こんな話あり得ない!と思った。が、30年以上も無資格で医師として働いていた、しかも有能な名医として知られていたという事件が実際にあったというから、事実はTVドラマよりも奇なり。ハセヒロ主演の『雲の階段』は無資格の外科医が登場し、『太陽がいっぱい』では殺した友人になりすますが、どちらも最後にはバレてしまう。しかしこのドラマのCathは、危うい場面を何とかやりすごして、うまく逃げ切ってしまう。驚いたなぁ、絶対に逮捕されると思ったのに。こういう結末のドラマもありなのか。


e0059574_1565769.jpg
e0059574_157867.jpg
e0059574_1571919.jpg
何度も出てくる絶体絶命のシーンになると、「これ、絶対にヤバいよね。バレるよね」ドキドキハラハラする自分と、「いや、でも、バレたら、面白いことになりそう、フフッ」という意地悪な自分が、心の中でせめぎあい、ムダにエネルギーを消耗して疲れました(苦笑) 無資格医は論外、その事実を知りつつ隠蔽に手を貸すAndy(Emun Elliott)や、酔った状態で勤務するBrigitte(Sharon Small)のような人たちって、医師としてどうなの?と言いたい。ただでさえイタリアの病院は不祥事が多いのに、こんなドラマを観てしまうと、ますます病院から足が遠のいてしまいます。『トラスト・ミー』って・・・悪い冗談ですよね?(Ф_Ф;)  


[PR]
by amore_spacey | 2018-01-10 05:10 | - TV series | Comments(0)

ピーキー・ブラインダーズ シーズン4 全6話 (Peaky Blinders Season 4 6 episodes)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (85点)

ネタばれあり!!!

e0059574_2034355.jpg
【あらすじ】 逮捕されたShelby家の面々は、辛くも絞首刑を免れて自宅に帰って来た。その年のクリスマス、彼らのもとに不気味なクリスマス・カードが届く。Arthur(Paul Anderson)によって一員を殺害されたシチリア・マフィアのLuca Changretta(Adrian Brody)が、復讐のためニューヨークからやって来たのだった。最初の襲撃でJohn(Joe Cole)が殺され、Michael(Finn Cole)も瀕死の重傷を負う。何が何でもThomas(Cillian Murphy)の命が欲しいLucaは、Polly(Helen McCrory)に裏取引を持ちかけた。(作品の詳細はこちら


e0059574_2035628.jpg
シーズン4も波乱含みで、1話1話がドラマチックな展開でした。Thomasの作戦でShelby家のメンバーは逮捕されたが、絞首刑が執行される直前に、中止の指示が出て取りやめになり、死刑台から奇跡的に生還した。それは分かった。でもこれがShelby家にどんな効果(得)をもたらしたのか、その辺りのカラクリが未だによく分からなくて、もやもや~。


e0059574_204923.jpg
e0059574_2042451.jpg
さて今シーズンのThomasの宿敵は、冷酷なマフィアのボスLuca。イギリス上陸後の入国審査で、「オレたちゃ、アメリカ人なんだぜっ」のドヤ顔や、マッチ棒をくわえながら喋る相手を舐めた態度に、ああ、また嫌なヤツが登場したなぁと、暗い気持ちになった。神経質&粘着気質で、狙った敵は必ず仕留める凄腕の持ち主だ。因にどうでもいい細かいことだけど、Lucaたちの話すシチリア訛りのイタリア語が、まぁ、かなり微妙な発音で、緊迫した場面なのにふっと笑いが出ちゃったりしました。

背ェ高ノッポのやせっぽちで「ハ」の字の眉毛、見るからに儚(はかな)げなAdrian Brodyは、ずっとピアノを弾いているのかと思ったら、今度はマフィアのボスですかァ。頼りなさそう&体温が低そう&低血圧に悩まされているように見えるが、こういうのに限って、切れたらめちゃくちゃ残虐で怖い。彼は着痩せするタイプですかね。筋肉質の締まったナイスバディに、びっくりぽんや。


e0059574_2043523.jpg
今シリーズ2人目のニューエントリーは、ジプシーのAberama Gold(Aidan Gillen) Shelby家の助っ人になるはずなんだけど、どう見ても胡散臭いヤツ、100パーセント信頼できる人物とは思えない。いずれは消される運命でしょうか?


e0059574_2044528.jpg
e0059574_205282.jpg
蓋を開いてみれば、Thomasが一枚も二枚も上手だった。LucaとAlfie Solomons(Tom Hardy)をさっさと始末して、暗黒街の頂点にまた一歩近づいた。合法的&組織的に競馬や武器売買を行い、昔のようなストリート・ギャング団とは、もはや格が違います(まぁ、やってることは同じなんだが)。

しかし勢力をさらに拡大するためには、民衆からの好感度を上げるような、社会的なタイトルが必要だ。Thomasはイギリス労働党の議員にも選出され、念願の社会的ステータスをも手に入れた。このあとShelby家はどうなるのだろう? 個々の私利私欲が噴出して、SMAPのように突然解散…なんてことになるかもしれません。


[PR]
by amore_spacey | 2018-01-02 20:15 | - TV series | Comments(0)

ピーキー・ブラインダーズ シーズン3 全6話 (Peaky Blinders Season 3 6 episodes)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

ネタばれあり!!!

e0059574_0141417.jpg
【あらすじ】 1924年。Shelby家はイングランド中部のWarwickshire州に引越し、広大な屋敷を構えた。そこでThomas(Cillian Murphy)とGrace(Annabelle Wallis)の結婚式が行われる。Churchill首相から仕事を依頼されたThomasは、共産主義者に対抗するロシア人に武器売買を始めた。(作品の詳細はこちら


e0059574_0142882.jpg
e0059574_0143984.jpg
シーズン3もどんでん返しの連続で、内容がとても濃い。やはりりGraceと結婚するのかぁ。彼女も魅力的だけど、個人的にはMay Carleton(Charlotte Riley)と一緒になって欲しかった。でもあっという間にGracegが退場したので、今後の展開の中で、Mayと結婚する可能性もあるかも。


e0059574_015224.jpg
今シーズンのThomasの宿敵は、不気味で粘り気のあるJohn Hughes神父(Paddy Considine)だった。彼の悪魔っぷりに憎悪は、はらわたが煮えくり返った。凶悪すぎる。聖職者の闇も、暗くてとことん深いのです。


e0059574_0152886.jpg
e0059574_015403.jpg
陰のあるイケメンThomasは、どこにいっても女性にモテモテ。ロシア貴族の姪っ子Tatiana Petrovna(Gaite Jansen)も彼と取り引きをしつつ、女の武器をちらつかせながら、予想通り男女の関係に持ち込みました。綺麗でしたたかな女、油断ならない。


e0059574_0155251.jpg
e0059574_016725.jpg
Pollyと肖像画家Ruben Oliver(Alexander Siddig)のラブストーリーは、Pollyの女の部分がチラ見えして、微笑ましかったが、エレガントなドレスより、ジプシーっぽい服を着て、啖呵を切っていたほうが彼女らしくて好きです。


e0059574_0162058.jpg
Arthur(Paul Anderson)ってイケメンじゃないのに、いつの間にか好きなキャラの1人いになりつつある。ちょっと間抜けで喧嘩っ早くて、後先考えずに手が出てしまう。単純で分かりやすい、やんちゃな兄ちゃんだ。放っておけないところが、母性本能を刺激するのかしら?Thomasは回が進むにつれ、どんどん男前になっていきますねぇ。ただのギャングから、組織的犯罪集団のボスの顔になってきた。Cillianはこのドラマのために、長年続けてきた菜食主義を返上して、身体を鍛えたというじゃないですか。ブルーの瞳以上に、引き締まったナイスバディも目の保養になります。


e0059574_0172281.jpg
Pollyの息子Michael(Finn Cole 画像左)も、短期間でぐんと成長して、いい青年になってきた。彼の野心的な一面が、今後のBlindersにどう影響していくのか、気になるところです。因みにSherby家の3番目のJohn(Joe Cole 画像右)と彼は、実生活で兄弟。

今回も衝撃のラストでした。Thomas以外のShelby家のメンバーが、警察に連行されるって、どういうこと?こんな大きな賭けに出て大丈夫?Thomasが練った奇策だから、絶対にうまく行くとは思うんだけど…。


[PR]
by amore_spacey | 2017-12-27 00:21 | - TV series | Comments(0)

ピーキー・ブラインダーズ シーズン2 全6話 (Peaky Blinders Season 2 6 episodes)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

ネタばれあり!!!

e0059574_2335871.jpg
【あらすじ】 1921年。病死したFreddie Thorne(Iddo Goldberg)の葬儀に、Shelby家が集った。ちょうどその時、Pub「Gasoline」が何者かに爆破される。しかもThomas Shelby(Cillian Murphy)は爆破を指示した人物から、アイルランド反体制派のライバルの暗殺を依頼され、やむなく実行した。一方ロンドンを支配するDarby Sabini(Noah Taylor)が経営するクラブに行ったShelby兄弟は、そこで大乱闘を起こしてしまう。その仕返しにSabiniは、Thomasに暴行を加えAda Shelby(Sophie Rundle)を誘拐させた。
 界隈の治安維持のため、再びCampbell警部(Sam Neill)が派遣される。重傷を負ったThomasの見舞いに訪れた警部は、自分のスパイとして動くよう要求した。Thomasは病院を抜け出てロンドンに向かい、裏社会を牛耳るユダヤ系ギャング団のリーダーAlfie Solomons(Tom Hardy)と同盟を結ぶのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_2341390.jpg
どんでん返しのサプライズが続く、波乱万丈のシーズン2、最後まで気が抜けませんでした。もっさりしたTom Hardyの登場で、面白くなってきた。存在感がありますなぁ。表の顔はパン屋のおっちゃんだけど、裏社会では大物泣かせの切れ者で、地雷がどこにあるか分からない。ガラが悪いわ、弁舌巧みでのらりくらり相手を焦(じ)らせるわ、都合の悪いことはトボけるわ。敵にまわしたくないです。彼にとって、金が全て。そんな輩だから、最初はThomasも戦々恐々としていたが、相手の懐に入って扱い方さえ分かればこっちのもの。一世一代の大芝居を打って、Thomasが危機を抜け出すシーン。あれは手に汗を握ったが、スカッとした。Thomas、よくやった!


e0059574_2343343.jpg
e0059574_2344928.jpg
実生活でTom Hardyの嫁であるCharlotte Rileyが、貴族の未亡人でThomasの馬の調教師を買って出るMay Carletonを演じる。MayとThomasは、次第に深い仲になっていくんだけど、ThomasはGrace(Annabelle Wallis)のことが忘れられない。不妊治療でロンドンに来ている彼女と、感動の再会になるはずだったのに、どよーんと沈んだあの空気の中で、Thomasの子が彼女のお腹に宿っている、という爆弾発言…。


e0059574_2355282.jpg
さてThomasが手を尽くしたお陰で、Pollyの子どもたちのその後が分かった。娘はすでに死亡、しかし息子Michael(Finn Cole)は生きていた。間もなく18歳になる。バーミンガムで感動の再会です。Michaelは自分もShelby家の一員として加わり、母の反対を押し切ってBlindersと行動をともにする。Michaelを演じるFinnがなかなか良い青年で、Blindersの経理担当として大活躍してくれるに違いない。


e0059574_2361034.png
気丈で男前なPolly(Helen McCrory)も、息子Michaelのことになると、母性愛全開でメロメロ。息子をムショから釈放させるためなら、Campbell警部(Sam Neill)に強要された肉体関係も受け入れる。でもそこで泣き寝入りするような柔(やわ)な女じゃない。レース場できっちり片を付けさせて頂きました。にしても、Lizzieが可哀相すぎる。いつまでも利用されるだけの都合のいい女で、娼婦あがりとは言え、あの扱いはあんまりだわ。

兄Arthur(Paul Anderson)は悪いヒトではないんだけど、肝っ玉が小さいくせに、気分屋で喧嘩っ早いから、後先考えず問題を起こしてしまう。感情に任せて余計なことをするから、Thomas がやっと軌道に乗せたビジネスも台無しになるし、ロンドン進出の計画も頓挫しちゃったじゃないか。長男だろ?しっかりしてくれよ。


e0059574_237348.jpg
e0059574_2371438.jpg
肝心のThomasは、Campbell警部に始末を依頼されたUlster義勇軍のメンバーに、拉致されてしまう。でもここで主役が殺されたら、シリーズは終わり。絶対絶命のエンディングだったけど、Thomasは絶対に助かるわよねっ。


[PR]
by amore_spacey | 2017-12-18 02:37 | - TV series | Comments(0)

ピーキー・ブラインダーズ シーズン1 全6話 (Peaky Blinders Season 1 6 episodes)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_1113023.jpg
【あらすじ】 第一次世界大戦後の1919年、悪名高いジプシーのPeaky Blindersを率いるリーダーThomas Shelby(Cillian Murphy)は、地元バーミンガムの武器工場から盗まれた大量の銃を偶然手に入れた。彼はこれが勢力拡大のチャンスになると考え、銃や弾薬を横取りして隠す。
 消えた銃の行方を追って、アイルランドからCampbell警部(Sam Neill)が派遣され、Blindersを激しく追及した。また潜入捜査官としてGrace(Annabelle Wallis)を、Blindersのたまり場となっているパブに、スパイとして送り込んだ。ある日Blindersとジプシー集団Lee一家との抗争が勃発したため、Thomasは界隈の裏社会を取り仕切るBilly Kimber(Charlie Creed-Miles)に、同盟を結ぶことを提案する。果たして暗黒街の頂点を極めるのは誰か?(作品の詳細はこちら


e0059574_1115254.jpg
e0059574_112420.jpg
何と言ってもまず、オープニングのこの音楽(←音が出ます!)が、心を鷲づかみにする。タイトで渋くてカッコイイのだ。そしてギャングたちの出で立ちが、ツィードのスーツにハンチング帽と、これまた渋い。ハンチング帽のツバには、剃刀の刃が2枚。カッパのようなヘアスタイルは、かなり微妙ですが、今の若者の間で流行っているスタイルに似ているから、当時もイケてたのでしょう。ワンシーズン6話で、1話がとても濃厚です。


e0059574_1122766.jpg
何が私をこんなに魅了したかって、ギャングのリーダーThomasを演じるCillian Murphyが、まぁ、とてつもなくカッコよかったことなんです。個性的な顔立ちに透き通った美しい瞳。ビー玉のように無表情な瞳が、Graceを見つめると、ほんのり熱を帯びる。『インセプション』『ダンケルク』の彼は、何か不穏な空気をまとった得体の知れない人物だったり、ネガティブなオーラを放つ、あまり好きになれないキャラだったが、もう、このドラマのカッコよさにはたまげた。一気にファンになりました。


e0059574_1123875.jpg
カッコイイと言えば、Shelby兄弟の叔母Pollyもその1人。見るからにすれっからしで、一筋縄ではいかない女です。15年ほど前に幼い2人の子どもを警察に連れ去られ、生きているのか死んでいるのかさえ分からない。そんな悲しい過去を抱えながら、普段はおくびにも出さない。飴とムチを使い分けつつ、組織をがっちり支える、陰の実力者です。この先もPeaky Blindersは数々の抗争に巻き込まれるに違いないが、彼女がいる限りきっと大丈夫という、根拠のない確信があります。


e0059574_1124973.jpg
e0059574_113388.jpg
Campbell警部、あなたには一杯食わされましたよ。正義感溢れるダンディな紳士かと思ったら、いやいや、とんでもない。本性が出てくるにつれ、視聴者の憎悪を一身に受け止めるクズ人間に徹する。そんな狂った役をSam Neillがやると、これがまた憎らしいくらい上手い。部下のことなど全く馬鹿にしているし、Thomasとの裏取引もしらばっくれるし、挙句の果てにはあのタイミングでGraceに求婚?周到に婚約指輪まで用意して、ったく頭の中どーなってる?で、Noと言われて逆上して?列車を待つGraceに、銃口を向けるなんて…。ラストシーンの銃声は?えーっ(絶叫)?誰が誰を撃ったの?まさか......。早くシーズン2を観なきゃ、落ち着いて眠れません。


[PR]
by amore_spacey | 2017-12-01 01:13 | - TV series | Comments(2)

フライデー・ナイト・ライツ 全5シーズン全 76話 (Friday Night Lights Season 1-5 76 episodes)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (75点)

e0059574_2311335.jpg
【あらすじ】 テキサスの小さな町にあるDillon高校のアメリカン・フットボールチームPanthersの新コーチに、元スター選手Eric Taylor (Kyle Chandler)が就任した。毎週金曜日の夜、アメフトに青春の全てを賭ける選手たちや、試合の勝敗に一喜一憂する町の人々。高校アメフト部の勝利に情熱を燃やすコーチと選手たちの交流や、激しくも儚(はかな)い至高の瞬間を生きる人々の光と影を描く、ピュリッツァー賞ジャーナリストH.G. Bissingerの原作をドラマ化。(作品の詳細はこちら


e0059574_2313142.jpg
e0059574_2314519.jpg
Taylor Kitsch1人祭り、まだやってます。5シーズン全76話を一気に観る予定でしたが、シーズン5に入ってからTaylorの出番が少なく、モチベーションが下がりっぱなしで、シーズン5の第2話まで観た後、1年半以上も放置状態だったことに気がつきました。鑑賞途中ですが、一区切りつけるため、レビューを残しておきます。


e0059574_232344.jpg
e0059574_232539.jpg
チームの花形選手であるTim Riggins(Taylor Kitsch)は、Jason Street(Scott Porter)の無二の親友だが、Jasonの彼女Lyla Garrity(Minka Kelly)を好きになってしまう。そんなTimはアルコール依存症で、兄のBilly Riggins(Derek Phillips)と暮らしていた。という具合に話は始まります。このTVドラマはアメフトなしには語れません。アメリカ人にとってアメフトは、イタリア人のサッカーや日本人の野球と同じで、切っても切れないスポーツ。生活の一部、いえ、身体の一部のように馴染んでいるのです。


e0059574_232955.jpg
e0059574_2343481.jpg
保守的な田舎町が一丸となって、高校のフットボールに熱狂する姿は、純粋に楽しい。試合の勝敗だけでなく、選手たちの学園生活や恋愛や家族が抱える問題の行方も大いに気になる。中でもTimとLylaの関係には、ハラハラしっ放し。この2人に限らずティーンの恋愛って、眩しくて初々しくて新鮮なんだけど…ったく、まどろっこしい。素直になれないから、丸く収まる話も空中分解するし、あっちこっち回り道をしては、またふりだしに逆戻り。


e0059574_2345543.jpg
e0059574_2352387.jpg
e0059574_235344.jpg
このドラマでTaylor Kitschは一躍有名になり(セミロングの髪型も)、役者としても大きく成長した。チームの中では超イケメンの花形選手だけど、私生活はとっ散らかってメチャクチャ。アルコール依存症だし、兄は無職に近い下衆(げす)な男だし、兄弟は住所不定ときている。この設定がすでにドラマチックじゃありませんか。彼らを取り巻く友情や裏切り、コーチ一家の夫婦や娘との関係、また登場人物それぞれの生き方に、2000年前半のアメリカ社会が垣間見えてくるかも。アメフトのルールを知らなくても、若き日のTaylor Kitschを観たい方なら、十分に楽しめるドラマです。


[PR]
by amore_spacey | 2017-11-17 02:36 | - TV series | Comments(0)

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7 第3話~第7話 (Game of Thrones season 7 3-7 episodes)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (98点)

e0059574_063262.jpg
【あらすじ】 Euron Greyjoy(Pilou Asbæk)の捕虜となったYara(Gemma Whelan)たち3人は、Cersei(Lena Headey)に引き渡された。Jon Snow(Kit Harington)とDaenerys(Emilia Clarke)の初会談は、Tyrion(Peter Dinklage)の計らいにより、DaenaerysがJonたちを援護することを約束する。Jaime(Nikolaj Coster-Waldau)率いるLannister軍を襲撃したDothrakiの大軍は、Daenaerysが乗るドラゴンの炎によって焼き尽くされた。
   一方Stark家には、Bran(Isaac Hempstead Wright)やArya(Maisie Williams)やSam(John Bradley)が帰って来た。AryaとSansa(Sophie Turner)を仲違いさせ、Stark家の自滅を画策したLittlefinger(Aidan Gillen)は、Aryaの手で始末される。BranはSamに、Jonの出生の秘密を明かす。
  Daenerysの援護により、Jonたちは死闘の末、死の軍団の1人を捕え、White Walkersから辛くも生還する。しかしDaenerysのドラゴンの1匹が、彼らの手に渡ってしまう。DaenerysはCerceiと初会談し、White Walkersの大軍が押し寄せてくる中、今は王国間で争っている場合ではないと力説した。CerceiはDaenerysたちと同盟を組み、White Walkersに立ち向かうことを宣言する。その頃Eastwatchでは、死のドラゴンが氷の炎で壁をなぎ倒し、死の軍団たちが攻め入って来た。(作品の詳細はこちら) 


e0059574_064774.jpg
戦乱の世には、Tyrionのような参謀が必要ですのね。頭脳明晰で、常に冷静。譲歩したり、賭けに出るタイミングを心得ている。しかし彼も人の子。燃え盛るLannisterの光景を、どんな気持ちで見ていたのでしょう。Jaimeの安否も気になる。死ぬな。血を分けた異母兄弟なのに、今や敵対関係になってしまった。Lannister家の兄弟関係も複雑で、切ないもんですね。


e0059574_07332.jpg
Cersei姐御は、性懲りもなくJaimeの子を御懐妊 ┐( ̄∇ ̄;)┌ 人間性や倫理や善とは対極に生きている彼女の、1ミクロンもブレない邪悪ぶりが、潔くてあっぱれ。地獄の果てまで突っ走って下さい。Cerceiを見限ったJaimeは、何処へ?背中が寂しかった。


e0059574_07204.jpg
e0059574_073675.jpg
AryaとSansaがようやく再会できたというのに、Littlefingerの奴め、ろくなことを考えない。が、もはや彼女たちに敵うわけがない。彼のノドを真一文字に掻き切るArya、その一部始終を涼しげな瞳で見つめるSansa。邪魔者がまた1人退場、フフッ。


e0059574_075024.jpg
ところで、北の壁に行ったJonのメンバーの中で、Brienne(Gwendoline Christie)が同行せず、寂しがっていたThormund(Kristofer Hivju)が、お茶目全開で可愛すぎました。「まだそんな関係じゃないけど、俺を見る目で、彼女の気持ちが分かるよ。」「子どもを作って、俺たち2人で世界征服するんだ」なんて、子どもみたいにはしゃぐ彼が、無邪気で可愛い。こういう箸休め的なエピソードが、すごく好きよ。ムードメーカーのThormundが、一瞬死んだか?とあの時は焦ったが、生きていてくれて本当によかった。


e0059574_083546.jpg
DaenerysとJonの初対面が、意外にあっさりしていて拍子抜けしました。Daenerysの下に戻ったJorahも、劇的な再会を期待していたと思うが、傍らにいるJonを見て、「何だ、コイツは?」って、1ミリくらい敵意を抱いたのを、私は見逃さなかった。背は低いけど、自分より若くてイケメンだし。ムゥ、畜生っ!昼のメロドラマのような微妙な空気が、3人の間にさっと流れました(笑) 彼らは未だ知らないけど、Jonは落とし子でなく、本当の名はAegon Targaryen、正統な鉄の玉座の後継者ですから。SamとBranが、Winterfellの参謀として活躍してくれそうです。


e0059574_085554.jpg
Jonを救出して看護するDaenerysを、Danyと呼ぶJon…(*^^*) いきなり打ち解けた雰囲気に、視聴者がほんの一瞬置いてきぼり。2人の熱い視線が絡み合い、ついに、ああなりました。Jonのプリップリのお尻は、眼福もの。叔母と甥っ子だけど、Targaryen家では(昔はよくあった)日常茶飯事なことだから、問題ありません。


e0059574_091311.jpg
DaenerysとCerceiの初会談は、大御所2人の御出座(おでま)しとあって、一触即発の緊迫した空気に包まれ、一戦交えるかもな?と心配したが、Tyrion、ありがとう!貴方がいなかったら、とうの昔にこのドラマは終わっていたよ。Daenerysらしい華麗な登場に、「あたくしを待たせるなんて、何様気取り?」とイラつくCercei。でも巨大なドラゴンにビビり、死の軍団の捕虜に度肝を抜かれた彼女の頭は、お腹の中の世継ぎのことだけ。


e0059574_093187.jpg
それにしても、ゾンビ軍団が多過ぎて、勝てる気が全くしないんですけど。White Walkerの組長Night Kingは、記憶違いでなければTargaryenかStarkの血を引いていたはずだから、次シーズンの展開は、ドラゴンに乗った組長とDaenerysが、真っ向から激突?組長が和解を申し入れてくる?それとも意表を突く第3の候補が、玉座をかっさらっていくのか?

今シーズンはさらにダイナミック&見所満載で、毎回ドキドキハラハラしているうちに、あっという間に終わってしまった。戦闘シーンは圧巻。主要なキャラが再会したり集結していくのをみると、このシリーズも終盤に入ったなぁと、涼しい風がそよぎ始める晩夏のように、一抹の寂しさを覚えました。玉座につくのは?来シーズンで終わっちゃうなんて…GOTロス、確定!(号泣) 


[PR]
by amore_spacey | 2017-09-02 00:09 | - TV series | Comments(0)

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7 第2話 (Game of Thrones season 7 episode 2)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (98点)

e0059574_20421053.jpg
【あらすじ】 Dragonstoneに戻ったDaenerys(Emilia Clarke)は、歴代の王を裏切ってきたVarys(Conleth Hill)を許し、もし彼女が民衆の意に反するようなことがあれば、諌めるように誓わせた。そこへMelisandre(Carice van Houten)が到着して、Jon Snow(Kit Harington)を味方にするべきだと言う。Daenaerysに招かれたOlenna(Diana Rigg)やEllaria(Indira Varma)、Yara(Gemma Whelan)やTheon (Alfie Allen)姉弟は、Cersei(Lena Headey)から鉄の玉座を奪う作戦を話し合った。一方Cerseiの参謀Qyburn(Anton Lesser)は、Daenerysとドラゴンを迎え撃つため、ドラゴンをも倒せる巨大な武器を準備した。

JonがWinterfellの王に昇格したことを知ったArya(Maisie Williams)は、Winterfellに戻ることにした。SamやDaenerysから手紙を受け取ったJonは、White Walkersに対するDaenerysの支援を得るため、WinterfellをSansa(Sophie Turner)に任せ、Dragonstoneに出発した。Sam(John Bradley)は灰麟病に侵されているJorah(Iain Glen)のため、禁止された治療を極秘で始める。
 Euron Greyjoy(Pilou Asbæk)の艦隊は、Yaraたちに奇襲攻撃をかけた。Ellariaの2人の娘は殺され、Ellaria・Tyene・Yaraの3人は捕えられてしまう。Euronの挑発に怖気ついたTheonは、姉を残して海に飛び込み、大虐殺から逃れた。(作品の詳細はこちら


e0059574_13501738.jpg
e0059574_13502952.jpg
久々の戦闘シーンに、血が騒ぎました。EuronがCerseiに言った手土産って、Yara・Ellaria・Tyeneのことだったのか。で、もしかして、EuronとCerseiが結婚?いや、それはないでしょう。Euronのことなど、Cerseiの眼中にないはずだから。殺戮シーンのあとには、Grey WormとMissandeiの濡れ場。ムダに長かった気もするが、若い2人の絡み合いを見るのも、悪くない。私が監督だったら演技指導と称して、Wormの身体のあちこちをベタベタ触りながら、何回も撮り直します、ぐふふっ。職権乱用。


e0059574_13504230.jpg
e0059574_13505374.jpg
e0059574_1351662.jpg
AryaとJonは、いつもすれ違い。イライラするわぁ。LINEがあったら、ちゃちゃっと再会できるのに。ああ、じれったいったら。ヒヨッコだったJonが、統治者の威厳を備えてきて、どんどん素敵になっている。DaenaerysやCerseiに負けないくらい、Sansaにも女帝らしい貫禄が出てきました。彼女を見るLittlefinger(Aidan Gillen)の嫌らしい目つきに、ゾワゾワ。手を出したら、Jonに殺されるからね。


e0059574_13511921.jpg
e0059574_13513128.jpg
灰麟病の治療って、ザクザク皮膚を削いでいくことだったのね、ひーっ。登場人物が多すぎて、誰がどこでどう関わっているのか、分からなくなってきているが、JorahとSamはそこで繋がっていたのか。それにしても、Samって本当にいいヤツだな。

Yaraたちは捕虜になったし、忠誠を誓ったとはいえ、Varysも寝返りそうな雰囲気があって、Daenaerysたちは本当に大丈夫?「敵は味方のフリをする」と言うから、同盟軍とはいえ、どこまで信じることができるのやら。彼女の応援団長として、私がイタリア軍を率いて出向くとしようか(爆) ここは気弱で軟弱なTheonが、頼みの綱。何かしてくれることを祈るばかり。


[PR]
by amore_spacey | 2017-07-25 20:49 | - TV series | Comments(0)

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7 第1話 (Game of Thrones season 7 episode 1)

ネタばれあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (98点)

e0059574_1725569.jpg
【あらすじ】 TwinsでArya(Maisie Williams)は、Frey一家を毒殺して復讐を果たした。White Walkersはウォールに向かって前進、Eddison(Ben Crompton)は、ウォールにやってきたBran(Isaac Hempstead Wright)とMeera(Ellie Kendrick)を迎え入れた。Winterfellでは、Stark一家を裏切った一族に対する処遇を巡り、Jon(Kit Harington)とSansa(Sophie Turner)の意見が食い違う。城砦のSam(John Bradley)は、DragonstoneにWhite Walkersとの対戦に有効なドラゴングラスが大量に埋まっているのを発見し、Jonに伝えた。その後Samは、独房でJorah(Iain Glen)を見つけるのだった。
 
一方無人の一軒家についたHound(Rory McCann)は、炎の中にWhite Walkersの軍勢を見る。King's Landingでは、Euron Greyjoy(Pilou Asbæk)が、水艦隊と引き換えにCersei((Lena Headey)との結婚を要求するが、彼女は却下した。Daenerys(Emilia Clarke)やTyrion Lannister(Peter Dinklage)たちは、かつてStannisが占領していたTargaryenの家であるDoragonstonに上陸した。(作品の詳細はこちら


e0059574_17253782.jpg
e0059574_1727835.jpg
e0059574_17254929.jpg
Arya、めっちゃカッコいい!仮面を剥ぐあの瞬間は、鳥肌モノ。シリーズ最強です。そのスキルを駆使して、ガンガン暴れてください。3匹(3羽?)のドラゴンたちと一緒に、Daenerysもしなやかにしたたかに前進して欲しい。JonとSansaに生じた不協和音に便乗して、またLittlefinger(Aidan Gillen)が何か画策しそう。でも日和見主義のLittlefingerが、嫌いじゃなかったりします。Sansaを演じるSophieちゃんが、すらりと背が高くなり、一段と美しくエレガントな女性になって、私もドキドキ。


e0059574_17262064.jpg
e0059574_17264030.jpg
e0059574_17265137.jpg
四面楚歌的なCerseiたちだけど、相変わらず強気だ。でもJaime(Nikolaj Coster-Waldau)の手で殺されそうな、なんだかとても嫌な予感がする。


e0059574_17272859.jpg
e0059574_17452873.jpg
e0059574_17273982.jpg
カレーライスを見るたびに、Samの簡易便器のシーンを思い出しそう(苦笑) ところでラストシーンですが、Jorahだと知ったのは、これを観た翌日のこと。友人と話していて、やっと気づいたのでした。Jorahのことが、すっかり記憶から飛んでいました。

Lannister家の兵士としてカメオ出演したEd Sheeran。Aryaを演じるMaisieが彼の大ファンだったので実現したようです。Maisieったらすごく嬉しそう。普通の女の子になってる。Brienne(Gwendoline Christie)に向けたThormund(Kristofer Hivju)の思わせぶりなまなざしに、いつも和ませてもらってます。


[PR]
by amore_spacey | 2017-07-22 17:31 | - TV series | Comments(0)

マスター・オブ・ゼロ シーズン2 第1話&第2話 (Master of None season2 episode 1-2)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (72点)

e0059574_58724.jpg
【あらすじ】 イタリアへパスタ修行に来たDev(Aziz Ansari)は、モデナにアパートを見つけて暮らしている。ある日見知らぬ女性(Clare-Hope Ashitey)が困っているのを助けた彼は、彼女と一緒に食事をすることになった。しかしうっかり油断した隙に、携帯電話を盗まれてしまう。携帯を取り戻すため、泥棒をおいかけていくが、なかなか見つからない。ドタバタしながら暮らすDavは、友人の結婚式のために来伊した親友Arnold(Eric Wareheim)と、バッタリ町中で出会い、久々の再会に大喜びした。(作品の詳細はこちら


e0059574_5105234.jpg
e0059574_511448.jpg
e0059574_5112241.jpg
シーズン1をまとめて一気に観たが、イマイチ面白さが分からず、何だかなぁな気持ちだった。が、シーズン2の舞台は、ここモデナ。しかもRiccardo Scamarcioが出てるし、前市長もカメオ出演。こりゃ、観ない訳にはいかないじゃありませんか。因みにモデナが舞台になったのは、第1話と第2話。第1話はモノクロ仕立てで、Vittorio De Sica監督の『自転車泥棒』を彷彿させるシーンがいくつかありました。


e0059574_5114047.jpg
e0059574_5115460.jpg
e0059574_5121398.jpg
このシリーズは、多民族国家アメリカならではの人種問題を、インド系アメリカ人Devの目線で、自虐的なギャグを絡めながら明るく風刺したコメディ。シーズン1はエミー賞に輝き、巷でもすごく面白い!と言われているんだけど、うーん、その面白さが今一つ分からない。たぶんあそこが笑うところなんだろうなというのは、ぼんやり分かるが、生暖かい目で見守っただけでした。というわけで、第1~2話だけ観みて、途中下車。申し訳ありません。


e0059574_513215.jpg
e0059574_5134737.jpg
e0059574_514186.jpg
e0059574_514169.jpg
おまけは休憩中のRiccardoの画像。デビュー当時はやんちゃ坊主で、何様?な発言を乱発して炎上したこともあったが、年月とともに味のある素敵な役者になりました。世界の舞台で、もっともっと活躍して欲しいと思います。


[PR]
by amore_spacey | 2017-06-03 05:16 | - TV series | Comments(0)