「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:- Italian film( 224 )

Non essere cattivo

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_343173.jpg
【あらすじ】 1995年ローマ近郊の海の町オスティア。貧困と暴力がのさばる界隈で育った幼なじみのCesare(Luca Marinelli)とVittorio(Alessandro Borghi)は、20歳を過ぎた今でも兄弟のように仲がいい。毎日中古の車を乗り回し、昼間はドラッグや酒や喧嘩、夜はディスコで憂さ晴らし、日雇いの左官作業やケチな盗みやコカインの密売で、何とか暮らしている。しかしLinda(Roberta Mattei)に出会ってからVittorioは、こんなすさんだ生活から足を洗い、彼女と連れ子の3人で真っ当な暮らしをしたいと思うようになる。同じ頃Viviana(Silvia D'Amico)と親しくなったCesareも、きちんとした家庭を作りたいと考えるのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_3433359.jpg
e0059574_3441321.jpg
うわーーっ、この生々しい臨場感は何なのだ!ドラッグ絡みのシーンは何度も観ているのに、本作品にはその場に居合わせたようなリアルな空気があり、嫌でも緊張感が高まる。錠剤を潰して粉にし、それをトランプのカードで1包みずつ分ける。細いストロー状にした紙を鼻に近づけて、テーブルに広げた白い粉を吸い込んだり、粉を指で歯茎に塗ったりする。ドラッグでトリップ状態になった表情が、そりゃもう怖過ぎて、固まっちゃいました。本物の薬物中毒者よりリアルかも。


e0059574_3434637.jpg
e0059574_3435823.jpg
そんなCesareやVittorioなんだけど、優しくていいところがそれぞれにある。病気で寝たきりの姪っ子に、クマのぬいぐるみ(店先からかすめてきたものだけどね)をプレゼントするCesareは、まるで彼女の兄貴のようにいいヤツだし、Vittorioは結局Cesareを見捨てることができなかった。だって兄弟のように育ってきたんだから、アイツのことを放っておく訳にはいかないじゃないか。善と悪の間で振り子が大きく揺れるように悶々としながら、悪のスパイラルから抜け出せない2人を見ていると苦々しく思うが、本人たちにその気がなければ、状況改善は不可能だ。荒んだ暮らしを続けるのも、その生活に終止符を打つのも、本人次第だから。


e0059574_3442483.jpg
最悪の結末を予想していただけに、あのフィナーレに救われた。ホッとした。良くも悪くも、私たちの人生は続く。Luca MarinelliとAlessandro Borghi、迫真に迫る2人の演技に拍手喝采。


[PR]
by amore_spacey | 2016-06-20 03:44 | - Italian film | Comments(0)

Lo chiamavano Jeeg Robot (皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」)

ネタばれあり!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_0462182.jpg
【あらすじ】 ローマ。盗品の売買で小銭を稼ぐEnzo(Claudio Santamaria)は、盗みが見つかり警察に追われている最中に、ひょんなことから超人的パワーを手に入れた。初めはこのパワーを犯罪に悪用していたが、『鋼鉄ジーグ』の大ファンというAlessia(Ilenia Pastorelli)に出会って、彼の中にヒーローの心が芽生えていくのだった。1970年代に日本で公開されていた永井豪のロボット・アニメ『鋼鉄ジーグ』にインスパイアされた作品。2016年David di Donatello賞で新人監督賞・主演男女優賞・助演男女優賞など7部門を受賞。(作品の詳細はこちら


e0059574_0463269.jpg
e0059574_0464232.jpg
e0059574_0465239.jpg
公開前から、「これは面白い作品だ!」「イタリア初のスーパー・ヒーロー」「コミックを映画化したイタリア初の作品」「イタリア映画にも希望の兆しが見えてきた」と、評判は上々だったので、観に行ってきた。いやぁ、面白かった。皆はこう呼んだ「鋼鉄ジーグ」という日本語タイトルが、伊語タイトルの何倍も大きくスクリーンにバーンと出てきたのには驚いた。

ハリウッド的なスーパーヒーローを期待して行くと、面食らうかもしれない。何しろEnzoときたら超人的パワーを持ったあとも、ぼってり太った冴えない男のままだし(Claudio Santamariaは役作りのため20kg増量)、ヒーローとして活躍するときも、防空頭巾のような子供騙しの変身道具を身につけるだけだから。殴られたり刺されたりすれば、痣が出来たり血が流れたりする。喜びや悲しみの感情もある。隣の兄ちゃんが、ここぞというときに身体を張って守ってくれるような存在で、血も涙もないサイボーグやロボットとは違うのだ。因みにClaudioは映画の中のアニメの吹き替えも担当し、エンド・ロールで流れる「鋼鉄ジーグのテーマ」も歌ってる。


e0059574_047654.jpg
e0059574_0472794.jpg
e0059574_0474212.jpg
ヨーグルトとAV以外には、何の関心もなかったEnzo。その彼を変えたのはAlessiaの一途で無垢な心だった。母を失ったことで心を病み、夢と現実がごちゃまぜの中をふわふわ生きている女の子だが、当初はお荷物的な存在だった彼女のお陰で、Enzoは人間的な感情を取り戻すのだ。Alessiaを悲しませたくない、誰かの役に立ちたい、Enzoは生まれて初めてそんな気持ちに駆られる。Alessia役のIlenia Pastorelliの演技は素晴らしかったが、語尾を飲み込むような超コテコテなローマ弁が殆ど聞き取れず、激しくもやもや~~~。字幕をつけて下さーい!


e0059574_0475139.jpg
e0059574_048333.jpg
さて、登場人物の中で一番濃い滑稽なキャラで笑わせてくれたのは、Lo Zingaro=Fabio Cannizzaroだ。悪党ぶりといいキレっぷりといい、一度見たら忘れられない強烈な容貌や目元といい、どれをとっても可笑しくて仕方がない。Luca Marinelliの怪演が光っていた。イカレまくっている頭の中はお子ちゃまレベルで、ひたすら有名になりたくてしょうがない。いかにして自分の存在を世間にアピールするか?が最重要課題だから、ボクちゃんもEnzoの超人パワーが欲しいよぉーってな訳です。彼も愛情に飢えた寂しい人なんですね。


[PR]
by amore_spacey | 2016-05-17 00:50 | - Italian film | Comments(2)

Veloce come il vento (Italian Race)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (85点)

e0059574_1115191.jpg
【あらすじ】 代々ラリーのチャンピオンを出した家に生まれたGiulia(Matilda De Angelis)は、有望なツーリングカーのドライバーである。父の指導の下、たった17歳でGiuliaは、GT選手権参加を目標に、数々のレースに参加して腕を磨いた。しかし父の死によって全てが一変し、Giuliaはレースも自分の人生も、1人で立ち向かわねばならなくなる。
 ところが父の葬式当日、10年も顔を見せなかった兄Loris(Stefano Accorsi)が、彼女を連れてひょっこり帰ってきた。数々のラリーに優勝した輝かしい過去をもつLorisだが、薬物依存に陥り、いまや見る影もない。そんな兄が父に代わってGiuliaのコーチとして指導することになった。元ラリードライバーCarlo Caponeの半生からインスピレーションを受けて映画化された。(作品の詳細はこちら


e0059574_1135465.jpg
e0059574_1141735.jpg
うわぁぁ、最初から最後までテンションが高くて、アドレナリン上昇しっ放し。車やレースに全く興味がない人も、レースの詳細が分からない人も、あっと言うまに引き込まれ、まるで自分がドライバーになったかのような、臨場感あふれる素晴らしいカメラアングル&演出&フィルム編集に唸るはず。スポーツ(と言っても色々あるが、今回は自動車レース)を軸に家族のあり方を描いたイタリア映画は、これが最初かもしれない。しかもウェットじゃない。突き抜けた感のある潔いドラマ展開が、家族をテーマにした従来のイタリア映画とは一線を画している。

自動車産業が盛んで、F1王国でもあるエミリア・ロマーニャ地方を舞台にしたアクション・ムービー、しかもStefano Accorsiが出ていると聞いて、公開初日に観にいった。イモラの町やサーキットを舞台に、スピード&躍動感あり、束の間の静寂あり、アイロニーを含んだ笑いありの、期待を裏切らないドラマチックな作品だった。監督は弱冠34歳のMatteo Rovere。監督としては7本目の作品。


e0059574_1125213.jpg
e0059574_1131110.jpg
e0059574_1143164.jpg
いや、それにしてもAccorsiが登場したときには、場内一同唖然でした。全く別人&別キャラですもん。壊れ方が半端ない。完全にイッちゃってます。クールだったあのAccorsiはどこへ?しかもモデナ方言そっくりのイモラ方言で話すAccorsiがおかしくて、場内爆笑。久しぶりにエミリア・ロマーニャ地方を舞台にした作品に、ボローニャ生まれのAccorsiは懐かしさと郷土愛から、オファーを速攻でOKしたという。Lorisを演じるため、12キロ以上体重を落とし髪も伸ばした。目の下には隈がくっきり。目はうつろで、焦点もあわない。じっと立っていられず、いつもゆらゆら状態。そんな彼が一度(ひとたび)妹のコーチになると、見る間に本領を発揮し、自分らしさを取り戻していくのだ。


e0059574_1145587.jpg
e0059574_1153558.jpg
e0059574_1195730.jpg
Giuliaを演じたMatilda De Angelisは、本作品で主役デビューだが、あの落ち着きやしなやかさを、一体どこで身につけたんだろう?20歳とは思えない迫力に圧倒された。ありがちな恋愛物ではなく、男の世界を描いた作品で開花するなんてすごい。男勝りで負けず嫌いだけど、凹んだ時は年齢相応の無邪気な顔を覗かせる。キュートでカッコいい。彼女が歌う♪ SEVENTEEN ♪(音!)もタイトでカッコいい。どんな女優になっていくのか、楽しみだ。


[PR]
by amore_spacey | 2016-04-14 01:16 | - Italian film | Comments(0)

La cena (星降る夜のリストランテ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_21284238.jpg
【あらすじ】  ローマの街角にある小さなリストランテ。病気療養中の夫に代わって女主人Flora(Fanny Ardant)が切り盛りしている。冬の夕暮れ、いつものように店先に明かりが灯り、開店を告げる。ここに来る客たちは十人十色。さっそく常連の老詩人Maestro Pezzullo(Vittorio Gassman)がやってきた。(作品の詳細はこちら


e0059574_21285427.jpg
e0059574_2129932.jpg
夜のリストランテに集う人々の人間模様を、開店から閉店までの間に起こる、テーブルごとの様々なエピソードと共に描かれたグランド・ホテル方式の会話劇。この店の客層は幅広く、シングルやカップルや友人や家族のほかに、インチキ占い師や不倫カップルなど、様々な客がやってくる。それぞれのテーブルで喋る他愛のない話や痴話喧嘩やホラ話が、途切れることなく流れる。

喋るために生まれてきたイタリア人だから、ごくありふれた話でも、彼らにかかると面白おかしいエピソードに早代わりする。この他愛のない話の積み重ねが人生そのものなのだ。この作品に大きな事件は登場しないが、テーブルごとの話から人々の暮らしを垣間見ることができる。


e0059574_21291823.jpg
e0059574_21292918.jpg
起承転結のないドタバタコメディを引き締めているのが、濃いキャラクターを演じたGiancarlo Giannini やVittorio GassmanやStefania Sandrelliなど存在感のある役者たちや軟派なカメリエレ、そしてリストランテの女主人を演じるFanny Ardantの泰然自若としたホステス振りに尽きる。客と付かず離れずの絶妙な距離感や、客への暖かい言葉やまなざしなど、Fanny Ardantならではの雰囲気やオーラが、心地よかった。Ettore Scola監督と音楽担当のArmando Trovajoliが、Good job!


[PR]
by amore_spacey | 2016-04-01 21:29 | - Italian film | Comments(0)

Perfetti sconosciuti

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_2302397.jpg
【あらすじ】 長年の友人である7人。Lele(Valerio Mastandrea)とCarlotta(Anna Foglietta)、Cosimo(Edoardo Leo)と Bianca(Alba Rohrwacher)の2組の夫婦とPeppe(Giuseppe Battiston)は、皆既月食の夜、Eva(Kasia Smutniak)とRocco(Marco Giallini)夫婦の家で開かれた夕食会に集まった。食事が始まって間もなくEvaが、親友や夫婦の間に秘密はないはずだから、全員携帯電話をテーブルに出して、夕食中に受信するメッセージや電話を、皆にオープンにするゲームをしようと提案する。その場の成り行きで、ゲームをすることになったが…。(作品の詳細はこちら


e0059574_2303628.jpg
e0059574_2305077.jpg
本作品は夕食会の席で繰り広げられる辛口コメディの舞台劇で、『おとなのけんか』を彷彿させる。和やかに始まった夕食会で、あんな変なゲームをやってみない?なんて言い出すEvaってどうなの?実際にあんなことを言う人は、まぁ、いないでしょうが、やってみたら怖面白いかも。


e0059574_231215.jpg
e0059574_2311643.jpg
e0059574_2312814.jpg
私たちの誰もが公的な顔とプライベートな顔を持ち、さらに自分だけの秘密を持って暮らしている。秘密の程度はピンきりで、人それぞれ。携帯電話の登場によって、この秘密(たとえば浮気)に拍車がかかったかもしれない。そう考えると、携帯と秘密の関係って、なんとなく隠微よね、うふふっ。固定電話の時代より、浮気のハードルが確実に下がった。

みんなの携帯電話には、一体どんなメッセージが届いているのかな?それが誰かの目に触れたら…。本作品でも息をつく間もなく、次々に小さなハプニングが起きる。そのたびに7人の間にはさざなみが立ち、次第に大きなうねりとなっていく。視聴者も、ハラハラ&ドキドキ。そして、「ああ、もう、絶体絶命!」な事件の勃発で、修復不可能なところまで行ってしまう。さあ、どうする?どうなる?いや、その前に、時間の長短はあるものの、それぞれのカップルは、一緒に暮らしてきた相手のことを、そこそこ知っていたつもりでいたのに、小さな亀裂によって、突然見知らぬ他人になってしまう怖さが、そこに隠されている。最後の1分に用意された、意外などんでん返しに、色々思うところがあり、面白かった。


e0059574_2314063.jpg
e0059574_2315235.jpg
ゲームの行方以上に気になったのが、夕食会に登場したメニュー。スティック野菜やポルペッタ(肉団子)、ズッキーニの肉詰め?やじゃがいものニョッキのトマトソース、ミーとローフにローストポテト、そしてティラミス。お腹が空いたときに、観るもんじゃないわぁ。辛かった。


[PR]
by amore_spacey | 2016-03-16 02:32 | - Italian film | Comments(0)

Estate Violenta (激しい季節)

ネタばれあり

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_0251419.jpg
【あらすじ】 1943年夏。アドリア海沿岸の避暑地リッチョーネでは、兵役を逃れた上流社会の若者グループが青春を享楽していた。戦火を避けて帰ってきた、ファシスト党高官(Enrico Maria Salerno)の息子Carlo(Jean-Louis Trintignant)も、当然のようにこのグループに加わる。グループの中の幼なじみRosanna(Jacqueline Sassard)は、物静かなCarloに恋心を抱いていた。一方Carloは幼い少女を助けたことから、その母親Roberta(Eleonora Rossi Drago)に出会う。彼女は海軍将校の夫を、戦場で失ったばかりの未亡人だった。Robertaの美しさに、Carloは激しく惹かれていく。(作品の詳細はこちら


e0059574_025285.jpg
e0059574_0254846.jpg
e0059574_02559100.jpg
大傑作ではないけれど、ふっとまた観てみたくなる作品である。『女ともだち』で、仕事に生きる女Cleliaを演じた、Eleonora Rossi Dragoの代表作と言われる。Catherine DeneuveやGrace KellyやIngrid Bergmanのような、気品と官能に満ちた美貌に恵まれた彼女が、当時としては大胆なベッドシーン(DVDではカット)を演じたことでも話題になった。日本で公開された昭和35年当時、主演女優がベッドシーンでヌードになったのは空前のことだったため、噂を聞きつけた殿方は映画館に殺到し、リピーターになったらしい。

いやぁ、女性の私もEleonoraの美しさに頭がクラクラしました。成熟した女性のエレガンスや余裕を感じさせ、彼女(当時34歳)より遥かに年上なのに、大人になりきれない中途半端な自分が恥ずかしい。


e0059574_0261252.jpg
e0059574_0262328.jpg
Jean-Louis Trintignantは、形容し難い不思議な魅力のある役者だ。彼のまなざしには、動物的な感覚を呼び覚ます野生的なエロティズムがあり、抗えない魔力を持っている。不穏な空気を漂わせ、人の心をざわざわさせる。好きなタイプではないが、どこか気になる役者。逃亡中の列車がドイツ軍の爆撃を受けて、Carloは目が覚めた。祖国の若者が国のために戦っているというのに、自分は一体何をしているんだ?自分の人生だけでなく、未亡人の人生をも台無しにするといころだった。ラストシーンは本当に切ない。


e0059574_0264323.png
一度見たら忘れない、目鼻立ちがはっきりしたJacqueline Sassard(当時19歳)。みんなにちやほやして欲しい、自分が女王様でないと気がすまない。Rosannaに嫉妬し、嫌がらせをしたり、冷たく当たったり、Carloの前では拗ねてみせたり、ほんとに面倒くさい子。


e0059574_0265240.jpg
Robertaの母親(Lilla Brignone)の容貌も、脳裏に焼きついて離れない。大のファシスト嫌いで、愛想のない女だ。『レベッカ』に出てくるDanvers夫人のごとく、無表情で不気味。表情や喋り方も堅苦しく、女性特有の丸みが全くない。サボテンやカメを相手に喋っていたほうが、ずっと楽しくて心和むことでしょう。


[PR]
by amore_spacey | 2016-03-03 00:28 | - Italian film | Comments(0)

Suburra (暗黒街)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (84点)

e0059574_0141771.jpg
【あらすじ】 ローマ。2011年11月5日、第三次Berlusconi政権が退陣表明を出す1週間前。裏社会に強力なコネを持つ汚職政治家Filippo Malgradi(Pierfrancesco Favino)、父親の多額の負債を返済しなければならないVip専用ディスコの支配人Sebastiano(Elio Germano)、ローマ一帯を取り仕切る犯罪組織の若きボスNumero 8(Alessandro Borghi)、犯罪組織の昇格を目論むジプシー一族のボスManfredi Anacleti(Adamo Dionisi)、政界や裏社会やバチカンに顔が利き、ローマの犯罪組織の中で最も恐れられている帝王Samurai(Claudio Amendola)。
  ある事件をきっかけに交錯する彼らの人生を軸に、政界と裏社会のつながりや犯罪組織同士の反目、またそれらに巻き込まれる人々の人間模様を描く。Giancarlo De CataldoとCarlo Boniniの小説を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_0142944.jpg
緊張感が途切れることなく、最後まで目が離せなかった。やられたな。あの時の興奮や高揚感が未だに覚めやらず。タイトルのSuburraはローマ時代の地名で、権力と犯罪勢力が水面下でせめぎ合っていた区域を指す。


e0059574_0144146.jpg
e0059574_0145221.jpg
e0059574_0152142.jpg
根回し・ドラッグ・娼婦たちと3P・全裸でホテルのベランダから放尿・スキャンダルとその揉み消し・権力と金への執着・・・。人間のクズ、国民の敵、税金泥棒!鑑賞者の憎悪が、彼を集中砲撃する。そんな腐りきった政治家を、文字通り身体を張って熱演したPierfrancesco!本当に素晴らしかった。渾身の演技に感動。


e0059574_0154899.png
e0059574_016074.jpg
e0059574_0161171.jpg
Elioが演じた、爬虫類のような冷たい皮膚で覆われたディスコの支配人。自分可愛さと保身のためなら、簡単に彼女を犯罪組織に売る。イケメンで優しいが、窮地に追い込まれると、この手の男は簡単に裏切る。錯乱状態に陥って、何をするか分からない。怖いノダ。


e0059574_0163482.jpg
e0059574_0164718.jpg
義理人情や礼儀を重んじたかつての裏社会の、最後の生き残りと言われる男Samuraiを演じたAmendola。登場回数はそれほど多くないが、あの存在感を何と表現したらいいんだろう。圧倒的なカリスマを備えた役者だ。


e0059574_0172010.jpg
特筆すべき脇役たち。ジプシーのボスManfrediを演じたAdamo Dionisi、目ぢからが半端ないNumero 8(Alessandro Borghi)、そしてこの作品の中ではたぶん唯一、真っ当な愛の形を見せてくれたViola(Greta Scarano)にも拍手。


[PR]
by amore_spacey | 2015-10-22 00:27 | - Italian film | Comments(0)

Lo straniero (異邦人)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_2431569.jpg
【あらすじ】 平凡な会社員Arthur Meursault(Marcello Mastroianni)のもとに、養老院に預けていた母の死の知らせが届いた。葬儀で涙も流さない彼は、翌日、元同僚のMarie Cardona(Anna Karina)とコメディ映画を観に行き、そのまま夜を共にした。そんな彼は「太陽がまぶしかったから」という理由で、人を撃ち殺してしまい、断頭台による死刑を宣告される。Albert Camusの小説『異邦人』を映画化。(作品の詳細はこちら


e0059574_2432735.jpg
原作を読んだのは遠い昔のことで、詳細は忘れてしまったが、あまりにも有名な「きょう、ママンが死んだ。」「太陽がまぶしかったから。」は、おバカな私も覚えている。そして作品を観ているうちに、細部を思い出してきた。真夏のぎらぎらした太陽や蜃気楼のみえる町やよどんだ空気。全体に流れる虚無感や無関心や不条理。もうひたすらだるくて、人生どーでもよくなる。投げやりになっちゃうね。名作と言われようが、こんなタイプの小説は苦手で気力が続かず、最後まで読まなかったんじゃないかなぁ。


e0059574_2444177.jpg
母の死も恋人の存在もアパートの住人も友だちも、Meursaultにとっては全てが虚しい。そういう感覚は分からないでもないが、にしても現実味の薄い人だ。食べるコトすら面倒かもしれない。殺人理由を聞かれて、「太陽がまぶしかったから」なんてシレッと答える彼が、唯一声を荒げたのは、死刑前夜のムショの中。「神の言葉が一体なんなのだ!母の死が、アラビア人の死が、一体なんなのだろう?いつかは誰れもが死ぬんだ!」って、それ言っちゃお終い。これじゃ、身も蓋もないですぞ。


e0059574_2445263.jpg
そんな訳の分からんMeursaultを演じたMastroianni。女たらしでちょっぴりお調子者のヤサ男のイメージが拭いきれないため、最初から最後まで違和感があり、作品に入り込めなかった。若い頃のJean-Louis TrintignantやMontgomery Cliftにやらせたら、も少し説得力があったかも。んーー、でもVisconti監督好みじゃないか。ところで、当時の男性用水着(上下つなぎ型)って・・・(爆) これを着ると男前のMastroianniも、あちゃーーっ、子どもみたい。


[PR]
by amore_spacey | 2015-04-09 02:46 | - Italian film | Comments(0)

Il giovane favoloso (Leopardi)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_4243563.jpg
【あらすじ】 Marche州の小さな町Recanatiの伯爵家に、3人兄弟の長男として生まれたGiacomo Leopard(Elio Germano)は、厳格で教育熱心な父親と信心深いが子どもへの愛情の薄い母親に育てられる。しかし窮屈で閉塞した家庭は牢獄でしかなく、24歳のとき自由を求めて保守的なRecanatiの町を飛び出した。
  あちこち転々としたが、Firenzeで生涯の友となるNapoli出身のAntonio Ranieri(Michele Riondino)と出会う。その後Romaに居を移すが、持病の脊椎カリエスが悪化し、日常生活にも支障が出てきたため、気候のよいAntonioの故郷Napoliに移り、Antonioの妹Paolina(Federica De Cola)と3人で暮らすようになった。思想家・哲学者としても知られる、19世紀前半のイタリア文学を代表する詩人Giacomo Leopardi(1798-1837)の半生を描く。(作品の詳細はこちら


e0059574_424472.jpg
Leopardiといえば、Alessando Manzoniと共にイタリア人なら知らない人はいない。この偉大な詩人をElio Germano演じると聞いて、「イケメンな若手役者が、脊椎カリエスで背中が醜く曲がったせむし男をやるなんて、こりゃまた意表をついた挑戦(抜擢)だな」と思った。身体にハンディのある難しい役どころはマスコミ受けが良いし、人々の関心を集めやすいからね。本作品はそれにとどまらず、監督やElioの作り上げたLeopardi像がきちんと描かれていた。偏屈で変わり者でせむし男という不幸なレッテルを貼られた詩人に、労わりと尊敬を込めた暖かいまなざしをそそぎ、天才詩人もまた苦悩を抱えた一人の人間であったという解釈に親近感が湧いた。余韻に浸りながら、娘の教科書を借りて、Leopardiの詩篇を読んでみたわ~♪


e0059574_426112.jpg
育った家庭環境や思うようにならない身体に因るところが大きいとは言え、天才にありがちな凸凹の多いかなり歪(いびつ)な側面が、Leopardiにもあった。子供のように傷つきやすく純心であり、頑固で気難しく僻(ひが)みっぽい。女性や恋愛には臆病&晩熟(おくて)で、告白なんてとんでもない!好きな女性を遠くから眺めるだけで、ボクは満足なんです(*^^*)


e0059574_425310.jpg
と言いながら、官能的な人妻Fanny(Anna Mouglalis)を巡って、男前な友人Antonio Ranieriに嫉妬を隠そうともしない。また自分を支持しない文壇仲間に議論をふっかけて、ますます村八分にされる。父親の前では、熱く激しくたぎる思いを心の奥底に押し込め、平静で従順な息子を装う。そんな静&動の対比や心の濃淡をElioが演じると、心憎いまでに上手いのね。どんなに偏屈でも変わり者でも、Elioなら許せるわぁ。舞台劇的な演出のお陰で、成熟したElioの魅力を堪能できた。映像がこれまた素晴らしく、台詞はなくとも映像が語っていた。


e0059574_4262412.jpg
この作品は色んな意味で、太っ腹&大盤振る舞いだ。まずRecanatiに残るLeopardiの生家が、ロケ地として使われている。床から天井まで書物がぎっしり詰まった、図書館のような館。また彼の代表的な詩篇が随所に登場するので、イタリア文学通やLeopardiファンにはたまらない。ところで、、、下世話なことなんだけど、Anna Mouglalisが残念な老け方で、大ショックです。考えてみれば、あれから9年経ってるもんなぁ。って、自分はどーなの?


[PR]
by amore_spacey | 2015-02-26 04:28 | - Italian film | Comments(2)

Padri e figli (父と息子たち)  

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (72点)

e0059574_161815.jpg
【あらすじ】 男手一つで息子Carlo(Riccardo Garrone)と娘Marcella(Lorella De Luca)を育ててきた仕立て屋のVincenzo (Vittorio De Sica)。長男と次男Sandro(Gabriele Antonini)に、「勉強、勉強」といつも口やかましいBacci医師(Ruggero Marchi)。同級生のMarcellaとSandroは、親に内緒で付き合っていたのがバレてしまう。5人目の子どもの誕生を待つGuido Blasi(Franco Interlenghi)とGiulia(Antonella Lualdi)夫婦、そしてGiuliaの面倒を見る看護婦Ines(Marisa Merlini)。子どもを望めずすれ違いの生活を強いられるCesare(Marcello Mastroianni)とRita(Fiorella Mari)夫婦。ローマに暮らす4つの家族を、父親の視点から見た息子や娘の成長、親子の関係をユーモアと笑いで描いたオムニバス映画。第7回ベルリン映画祭で銀熊賞(監督賞)受賞。


e0059574_162952.jpg
イタリアといえばマンマ。マンマは家庭のなかで、一目置かれた存在である。だからマンマは主役でよく登場するが、パパは家族の一員以上でも以下でもない扱いが多い。この作品では子どもたちのことに、外野の男親が口出しする。余計なことをするから、話がややこしくなっていく。


e0059574_17105.jpg
「そっちの育て方が悪いからだ」と、2人の男親は相手に責任をなすりつけ、大喧嘩に発展するのだが、やがて仲直りしたあと、男同士の仲間意識が芽生える。外野で勝手に喧嘩して勝手に仲直りし、同期の桜になってしまうなんて、滑稽というか男ならではの展開なんだろうなぁと思う。


e0059574_172085.jpg
夫婦関係が冷え切った家庭で、一人スパゲッティをすするMarcello Mastroianniは、哀愁が漂う冴えない男を演じているんだけど、どうしたってこうしたってMarcelloの粋な雰囲気が隠し切れず、なーんか違和感がある。とりあえず、そのパンチ頭をどうにかして下さい。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-10-23 01:07 | - Italian film | Comments(0)