カテゴリ:- Italian film( 246 )

ローマの恋 (Un amore a Roma)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (72点)

e0059574_0143233.jpg
【あらすじ】 斜陽貴族の息子で文芸評論を書いているMarcello(Peter Baldwin)は婚約者のFulvia(Elsa Martinelli)との関係が少々わずらわしくなり、一切を清算しようと喧嘩別れする。その夜たまたま、女優志願の少女Anna(Mylène Demongeot)に会い、強引に彼女のアパートに泊ってしまう。数日後Marcelloはある寄席でAnnaの姿を見つけ、彼女と過した夜を思い出して、すぐに撮影所にかけつける。が、Annaの周囲は実業家Curtatoniや俳優のTonyなどが取り巻き、彼女に近づくことができなかった。(作品の詳細はこちら


e0059574_0154740.jpg
e0059574_017246.jpg
この作品が作られた1960年当時の生き生きとしたローマが素晴らしく、ストーリーより町角の風景が魅力的だった。『ローマの休日』(1953年)に登場するローマは観光スポットが多く、これはこれで楽しい。本作品では、享楽的・刹那的な斜陽貴族の社交の場としてのローマや、リアルな日常風景に迫っていたのが嬉しい。


e0059574_0163289.jpg
e0059574_0164359.jpg
遊びのつもりだったのに、MarcelloはAnnaにハマッてしまう。よくある話です。純真で無邪気に見えたAnnaを知れば知るほど、Marcelloは嫉妬や屈辱に苦しみ、暴力をふるい涙まで流す。最初と最後のシーンを見比べると、Marcelloはまるで別人のような変わり様である。あれほど感情を剥き出しにしたのは、たぶん人生初めてでしょう。


e0059574_016144.jpg
ちょい役でAnnaが出演する映画の撮影シーンに、Vittorio De Sicaが監督として登場する。安っぽいB級史劇映画で、本来の彼の作品とはジャンルも趣向も全く違うのが笑える。哀愁漂うCarlo Rustichelliの音楽が、傷ついたMarcelloの切ない思いを際立たせていた。


[PR]
by amore_spacey | 2017-07-25 00:21 | - Italian film | Comments(0)

マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶 (Marcello, una vita dolce)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (86点)

e0059574_23473450.jpg
【あらすじ】 1996年に亡くなったMarcello Mastroianniにオマージュを捧げたドキュメンタリー。彼の二人の娘(異母姉妹)BarbaraとChiaraを中心に、生前交流があった映画監督や俳優やスタッフ、そして本人が“俳優Mastroianni”についてのエピソードを披露する。160本余りの作品に出演し、ViscontiやFelliniやDe Sicaなどの巨匠たちに愛されながらも決しておごらず、ひょうひょうと自分らしく生きた内気な大物俳優の姿が感動を呼ぶ。
 1924年に生まれ、俳優デビューは1948年。その後初めて手を組んだFellini監督の『甘い生活』で世界的スターとなり、その後も世界中の巨匠たちの作品に出演した。ナレーターは、Sergio Castellitto。(作品の詳細はこちら

e0059574_23483754.jpg
e0059574_23484858.jpg
e0059574_23485866.jpg
e0059574_2349910.jpg
e0059574_23493495.png
e0059574_23494675.jpg
Marcello Mastroianni1人祭り。「何だってあんなに評価されるのか分からなかったが、時間が経つにつれ、彼の偉大さにやっと気づいた」とSergio Rubiniがインタビューに答えている。皮肉屋の彼らしい言葉だが、私もMarcelloの根強い人気を、ずっと不思議に思っていた1人だ。


e0059574_2350139.jpg
e0059574_23501620.jpg
e0059574_23505527.jpg
e0059574_23511323.jpg
ところがひょんなことから彼の作品を観るようになり、そのへんにいる市井の人を演じると、実にうまい。人間臭く、怒りや嫉妬など醜い感情にとりつかれた時の演技ときたら、表向きはクールでありながら、ドロドロとした黒い感情を独特の方法で表出するのが、うまいのだ。遅ればせながら、彼の魅力にハマった。


e0059574_23514688.png
e0059574_2352165.jpg
共演した役者や監督、脚本や音楽や衣装や撮影担当者、そして2人の異母姉妹が語るエピソードは、どれも私を心地よく幸せにしてくれるものばかりだった。数々のイタリア映画の音楽を手掛けたArmando Trovajoliの、ピアノ演奏が見られるという嬉しいサプライズもある。Flora Carabella(妻)やCatherine Deneuve(同居)の談話がないのは残念だが、娘たちが代弁しているのかもしれない。朝寝坊で、電話と煙草が何よりも好きなMarcello。


[PR]
by amore_spacey | 2017-07-24 00:01 | - Italian film | Comments(2)

私は彼女をよく知っていた (Io la conoscevo bene)

ネタバレあり!

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (75点)

e0059574_0375171.jpg
【あらすじ】 女優になることを夢見て、トスカーナの農家からローマに出てきたAdriana(Stefania Sandrelli)は、美容サロンのマニキュア師や映画館内の案内嬢や安っぽいファッションショーのモデルなどを経て、やっとエキストラの役を手にした。花形役者の受賞パーティーに出席した彼女は、大物役者らと顔見知りになり、そこでCM撮影まですることになる。しかし加工されて流されたCMは、Adrianaにとって屈辱的なものだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_038839.jpg
e0059574_038404.jpg
Adrianaはトスカーナの農家で育った、どこにでもいる素朴な女の子で、負傷したボクサーや自動車修理工との淡く優しい関係を見ていると、打算のない純粋な心をもっている。彼らのような人々に囲まれていたなら、穏やかな日々を送ることもできたはず。しかし彼女はそこからするりと抜け、成り行きにまかせて、華やかなものや楽しいものについて行った。「楽しく過ごせるなら、それでいいの。」 女優志願なのに、そのための努力というものは全くしない。

若者の間で「しらけ」という言葉が、日本でも流行していた。しらけ世代(1950年~1960年代前半生まれの世代)や、「無気力・無関心・無責任」という三無主義の風潮もあった。世界的な現象だったのかもね。その一方で、権力や富を手にするためなら、どんなに汚いこともやる集団がいる。政財界や芸能界は、その最たるもので、虚栄と空虚の巣窟だ。胡散臭く、醜悪で物悲しい。


e0059574_0385972.jpg
e0059574_0391718.jpg
この作品は、何の説明も脈絡もないまま、淡々と新しいエピソードに移っていく。さっきまでビーチに寝そべっていたAdrianaが、美容院に駆け込んでマダムの爪を磨いている。しかし次の瞬間には映画館の案内嬢をやり、画面が変わったお次は、チャラ男(Jean-Claude Brialy)と遊びまくっている。かと思えば、ボクシングの合間のファッションショーでモデルをつとめたり、年上の作家(Joachim Fuchsberger)と仲良くなったり、警察(Turi Ferro)で事情聴取されたり…。こうして成り行き任せに、ふわふわと流されていくAdrianaだったが…


e0059574_0393542.jpg
e0059574_0394927.jpg
ショッキングなラストシーンに、凍り付いた。Adrianaはちょっと散歩にでも行くようなかんじで、高いマンションの窓からふわっと身を投げる。しかし次の瞬間には、冒頭にも使われた楽しいテーマ曲が流れ、「ちょっと、待って。大変なことが起きたのよ!」という観客の気持ちに、少しも寄り添ってはくれない。この突き放した無関心が、人の心をじわじわと蝕んでいくのだ。

自動車修理工を演じたFranco Neroが、めちゃくちゃ若くてイケメン!少年の面影すら残っていて、可愛い。Nino Manfredi、Enrico Maria Salerno、Ugo Tognazzi(タップダンスは見ごたえあり)、Franco Fabriziなど、脇を固める名優も、超豪華な顔ぶれだ。


[PR]
by amore_spacey | 2017-07-22 00:44 | - Italian film | Comments(0)

ローマのアメリカ人 (Un americano a Roma)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (73点)

e0059574_117257.jpg
【あらすじ】 1950年代のローマ。Nando Moriconi(Alberto Sordi)はアメリカに憧れる若者で、変なアメリカ英語を話しながら、コーンフレークにケチャップをかけて食べたり、John Wayneの歩き方を真似たりする。彼の夢は、アメリカに行くこと。しかし渡米するにはビザが必要だ。そこで彼はコロッセオのてっぺんにのぼり、アメリカ大使館がビザを出してくれなければ、ここから飛び降りる!と駄々をこねるのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_11755100.jpg
ローマを歩いていると、この写真が必ず目に飛び込んでくる。とても有名なシーンだ。イケメンとはかけ離れ、いかにも労働者といった雰囲気のあるAlbertoが、ローマ訛りのおかしなアメリカ英語を気取って話す姿は、ルー大柴や長嶋茂雄のように、滑稽で愉快・痛快。


e0059574_118733.jpg
e0059574_1181833.jpg
e0059574_1183297.jpg
アメリカにぞっこんのNandoは、衣食住すべてをアメリカっぽくしたいが、それには限界がある。その中途半端さや思い込みが、バカバカしいやら可笑しいやら。しかし本人は大真面目なのだ。変な英語で相手を煙に巻きながら、あちこちで事件を起こし、界隈でもお騒がせ男として有名だ。

彼のアメリカかぶれっぷりは、ドイツ兵やアメリカ兵が相手でも変わらず、挙げ句の果て逮捕されてしまう。ローマの下町を舞台に、あり得ないシチュエーションで話は展開していくが、人懐こいAlbertoを見ているだけで笑いがこみあげ、気持ちが和む。


[PR]
by amore_spacey | 2017-07-19 01:19 | - Italian film | Comments(2)

追い越し野郎 (Il Sorpasso)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

ネタばれあり!

e0059574_19253680.jpg
【あらすじ】 聖母被昇天の日(8月15日)のローマ。生真面目で内気な法学部の学生Roberto(Jean-Louis Trintignant)は、通りがかりの見知らぬ中年の男(Bruno= Vittorio Gassman)に電話を貸したことから、2人のドライブ珍道中が始まった。Robertoの叔父を訪ね、ナイトクラブに立ち寄り、Brunoの別居中の妻と娘に会いに出かける。強引でお調子者のBrunoに嫌気がさしつつも、どこかで惹かれる正反対のRoberto。そんな矢先、思いもかけない出来事がふたりを待ち受ける。(作品の詳細はこちら


e0059574_19254836.jpg
e0059574_1926066.jpg
Brunoに振り回されっぱなしのRobertoが、『地獄でなぜ悪い』の星野源のようで、Noと言えないためにBrunoのペースから逃れられなくなり、ずるずると巻き込まれていく。『激しい季節』 のJean-Louisもそうだったが、生真面目で世間擦れしていない役どころがピッタリ。当時32歳だが、法学部の学生の設定に違和感がない。年齢不詳だ。


e0059574_19261214.jpg
e0059574_19262529.png
e0059574_19263581.jpg
チャラいBrunoだが、別れた妻の家へ転がり込めば、年頃の娘Lilli(Catherine Spaak)に軽く扱われ、彼なりの葛藤があったりする。「人生色々あるけれど、楽しんだもん勝ちじゃないか?」というBrunoのような生き方は、自分の力ではどうしようもない人生に、あえて逆らおうとしない。良い意味で諦めていると言ったらいいのか。しかしラストの悲劇で、全てが一転する。絶望に打ちひしがれたBrunoの姿が、目に焼き付いて忘れられない。Robertoが初めて自分を解放できたというのに、それが人生最後の日だったなんて…。


[PR]
by amore_spacey | 2017-07-17 19:26 | - Italian film | Comments(0)

フェリーニのローマ (Fellini Roma)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_23375032.jpg
【あらすじ】 リミニで生まれ育ったFederico Fellini(Peter Gonzales Falcon)は、第二次世界大戦中ローマに初めて出て、アパート暮らしを始める。監督の第二の故郷となった、愛するローマへの映像オマージュを編んだ作品。(作品の詳細はこちら


e0059574_23381094.jpg
e0059574_2338221.jpg
e0059574_23383980.jpg
e0059574_23385485.jpg
ストーリーはほとんどないが、それ自体にあまり意味はない。監督の少年時代・青年期・現在を通して、彼の心に映るローマの風景が、断片的に映し出される。性に享楽する若者、社会問題、雑然としたアパートやその界隈、淫乱な女たち、下町の劇場や娼館、ヴァチカンでの俗悪なファッションショー、夜のローマを疾走する暴走族…。映像や音や人々の喧騒に身を委ねて観るくらいが、ちょうどいいかもしれない。監督自身も作品の中で、「映画は理論ではない」と明言している。


e0059574_2339636.jpg
e0059574_23391765.jpg
庶民の暮らしぶりが生き生きとリアルに描かれ、これはやはり人間が好きな監督ならではの手腕だ。女たちが実に貪欲で逞しい。人々が集い、よく喋り飲んで食べて、踊って歌う。同じテーブルにつけば、もうあなたは家族も同然。

路面電車の線路を挟んで並べられたテーブル。あのシーンはロケではなく、当時のAppio Tuscolano界隈を、スタジオで忠実に再現したという。ちょうど6月下旬のSan Giovanniの日で、店の主(あるじ)がカタツムリの料理を皿に盛ったり、女の客がFellini青年に食べ方を教えるシーンが出てくる。この日はカタツムリを食べて(カタツムリの角から悪魔を連想し、その悪魔を追い払う意味で食べるらしい)お祝いするのだ。猥雑な下町で繰り広げられる人間の営みに、監督は愛情と郷愁の眼差しを注ぐ。このシーンは、何度みても飽きない。彼の人間愛の根本は、マンマへの愛に尽きるだろう。


e0059574_23392966.jpg
さてヴァチカンでのファッションショーは、絶対にあり得ないシチュエーションと、そこに登場する斬新なデザインの法衣が、意表を突いている。カトリックの総本山を抱えるイタリアならではの、唸るような面白おかしいエピソードだ。教会を冒涜する意図はなく、天上の存在と崇め奉るのでもない。敬意を表しつつも、聖職者の世俗的な部分に光を当てただけ。天皇の人間宣言のように、聖職者もまた人間なのです。

ローマを丸ごとひっくるめて愛するFellini。Nino Rotaの音楽がこれまた素晴らしい。Anna Magnani、Gore Vidal、Marcello Mastroianni、Alberto Sordi、Alvaro Amiciらのカメオ出演も、嬉しいサプライズだった。


[PR]
by amore_spacey | 2017-07-08 00:00 | - Italian film | Comments(0)

イタリア式離婚狂想曲 (Divorzio all’italiana)

ネタばれあり

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_015989.jpg
【あらすじ】 シチリアの没落貴族Ferdinando(Marcello Mastroianni)は、連れ添って12年になる妻Rosalia(Daniela Rocca)に飽き飽きし、彼女が何度も死ぬ妄想にかられる。その上17歳の従妹Angela(Stefania Sandrelli)と恋仲になるが、妻と死別するほか再婚の望みはない。しかしイタリアでは、離婚が認められていなかった。そこで不貞した妻を殺害しても刑が極端に軽いという法律を悪用し、Ferdinandoは妻をそそのかして不貞を働かせ、名誉のために殺害したことにしようと計画する。1962年度カンヌ映画祭で最優秀喜劇映画賞、1963年アカデミー賞で脚本賞、同年のGolden Globe賞で主演男優賞(Marcello)を受賞。(作品の詳細はこちら


e0059574_0152943.jpg
e0059574_0154841.jpg
封建的な色彩の強いシチリアを舞台に、地方色豊かな人間模様が生き生きと描かれている。それにしても、当時世界中の女性をときめかせたMarcello Mascroianni、その彼がこんなクズ男を演じるなんて、ビックリ。そりゃ、17歳のAngelaを前に、気持ちが浮ついても仕方がない。若くて美しく可憐で純真無垢の少女なんだもん、男なら気持ちがムラムラするじゃないか。女の私でも、当時15歳のStefania Sandrelliの美しさには、ため息が出る。だけどいい歳した男なんだから、心の中でひっそり恋愛を楽しめばいいものを、Angelaと結婚するために殺人を計画してしまう。中年オヤジが暴走すると、最強無敵。四六時中、殺すことばかり考えている。本作品でイケメンMarcelloが、飄々とした3枚目キャラで、滑稽な姿を晒してくれる。


e0059574_0161450.jpg
e0059574_0162839.png
e0059574_0164982.jpg
まぁ、しかし、倦怠期の夫婦って、こんなもんでしょうか。妻(または夫)がどんなに甲斐甲斐しく仕えても、夜の寝室で可愛らしく甘えてみても、夫(または妻)にとってはただ鬱陶しいだけ。古女房の存在そのものが、腹立たしいのだ。なるほど妻を演じたDaniela Roccaには、圧倒的な存在感があって暑苦しい。決して悪い人ではないけれど、一本に繋がった眉毛や、ヅラのような髪型が重苦しく、Ferdinandoの気持ちが分からないでもない。が、それで殺人って…。


e0059574_01721.png
彼らを取り巻く脇役も、ユニークなキャラが揃っている。絵描きCarmeloを演じたLeopoldo Triesteの、困惑した表情やオドオドぶりが、時代も国籍も全く違うのに、なぜか滝藤賢一を彷彿させる。Ferdinandoのパパも助平で、女中の尻を撫でたり、自宅の窓からAngelaを双眼鏡で見たり。男はいくつになっても男だ。それからこの家のやる気のない若い女中や、時代遅れの貞操観念をもったAngelaのパパ、ゴシップ大好きな村の人々など、誰もが主役のような濃いキャラで目が離せない。あのラストシーンに、ニヤリ( ̄ー ̄)


[PR]
by amore_spacey | 2017-06-28 00:17 | - Italian film | Comments(0)

いつもの見知らぬ男たち (I Soliti Ignoti)

ネタばれあり!

私のお気に入り度 ★★★★☆ (80点)

e0059574_233069.jpg
【あらすじ】 Peppe(Vittorio Gassman)、Mario(Renato Salvatori)、Cosimo(Memmo Carotenuto)、Campanelle(Carlo Pisacane)、Ferribotte(Tiberio Murgia)、Tiberio(Marcello Mastroianni)の与太者たちは、簡単に金を稼ぐ方法を考えながら暮らしている。ある時、刑務所から出てきたばかりのPeppeは、質屋の金庫を奪う計画を思いついた。老獪な盗人のプロDante Cruciani(Totò)に指南を仰ぎ、何とか質屋の隣のアパートに侵入はできたのだが…。(作品の詳細はこちら


e0059574_2331839.jpg
e0059574_2333171.jpg
まるで漫才を映画化したような作品で、笑いどころ満載。ワザや捻りがない、子どもレベルの笑いなので、笑いどころやオチはすぐに分かってしまうのに、釣られて笑ってしまう。それまでのイタリア映画は、敗戦後の社会問題を真正面から見つめたネオリアリズモ真っ只中の、暗くて絶望的なものばかりだったから、Mario Monicelli監督のこの作品は、当時の庶民には新鮮に映ったに違いない。しかし知識人たちは、「現実から目をそらして、こんな子供騙しのギャグで笑いをとるとは、けしからん!」と批判。Monicelliに続き、Luigi ComenciniやAntonio Pietrangeli、Dino Risi、Nanni Loy、Pietro Germi、Ettore Scolaらが起こした、イタリア式コメディ(Commedia all'italiana)のムーブメントが過小評価され、軽蔑的な意図で使われていたなんて、ね。この種の笑いは、イタリア人のDNAに組み込まれたものだと思う。

周到に計画を立てるのだが、どうも詰めが甘く、大事なところが抜けたりして、どんどんおかしな方向に流れていく。金庫破り決行に向かって緊張は高まるが、クライマックスで大崩壊!そしてそれまでの緊張感が、プッツンと切れてしまう。こりゃ、もう、笑うしかない。しかし金庫破りに失敗したんだから、これはやばい。現場からとっとと逃げるかと思いきや、台所で見つけたパスタと豆を、泥棒仲間で食べはじめて、すっかりくつろいでいる。計画が大失敗に終わって、皆プッツンです、あははっ。


e0059574_2334520.png
e0059574_2335919.jpg
どうしようもない与太者たちの脇で、ひっそり楚々と咲く花。それは嫉妬深い兄を持つCarmelinaを演じたClaudia Cardinaleや、情報収集のためPeppeに誘惑されたNicolettaに扮したCarla Gravina。可憐で、綺麗でした。


[PR]
by amore_spacey | 2017-06-23 23:04 | - Italian film | Comments(0)

カビリアの夜 (Le notti di Cabiria)

ネタばれあり

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_234947.jpg
【あらすじ】 貧しい暮らしの娼婦のMaria 'Cabiria' Ceccarelli(Giulietta Masina)は、いつか全うな人生を歩みたいと思っているが、その願いはなかなか叶わない。ある時は恋人に鞄を奪われたばかりか、川に突き落とされ、またある時は有名な映画俳優(Amedeo Nazzari)の気まぐれで、彼の屋敷に招かれるという千載一遇のチャンスに恵まれるが、愛人Jessy(Dorian Gray)の登場で冷たい扱いを受けてしまう。宗教にすがってみるが、これも役に立たず。そんなある日、ふらりと立ち寄った劇場で、Oscar D'Onofrio(François Périer)という男性に声を掛けられ、結婚を申し込まれる。(作品の詳細はこちら


e0059574_23491691.jpg
e0059574_23492980.jpg
e0059574_23494593.jpg
Cabiriaは、つくづく男運の悪い女だ。今度こそうまく行くかに見えるのに、最後に必ず裏切られる。冒頭のシーンからしてああだから、今までにも色んな目に遭ったんだろう。私だったら、川でのうのうと溺れてなんかいない。あの男をとっつかまえ、娼婦仲間たちの前で公開処刑です。映画俳優との一夜は、普通あり得ない話だから、残念な結果になったのは仕方がないでしょう。が、Oscarの仕打ちは断じて許せない。プロポーズのシーンで、「今度こそ大丈夫かな?幸せになってね」と思ったのに。ところでクズ男Oscarを演じたFrançois Périer、目元の涼しいイケメンですね。


e0059574_23501783.jpg
Cabiriaは打たれ強い女だ。どんな悲惨な状況にあっても立ち上がって、前を向いて進んでいく。生きているだけで、まるもうけってヤツです。彼女自身の強さもあるが、彼女だって1人で生きている訳ではない。頼りになるWanda(Franca Marzi)や娼婦仲間たち、毎日の暮らしの中で出会う人々のお陰で、苦しくったって、悲しくったって、生きていけるってもんです。


e0059574_2350363.jpg
Giulietta Masinaは決して目を見張るような美人ではなく、少年のような身体つきから中性的なイメージが強い。が、くっきりした眉毛やくるくるした瞳が愛らしく、揺るぎのない自分軸を持った表情に、はっとさせられる。映画俳優(Amedeo Nazzari)の屋敷に招かれたCabiriaの、好奇心に満ちた表情がとても印象的だ。またどの衣装も素敵で、セーラーカラーのワンピースは、よく似合っていた。Giulietta Masinaのように小柄で、気働きができる、そんな人を知っている。彼女も芯が強く、腹が据っている。


[PR]
by amore_spacey | 2017-06-22 00:53 | - Italian film | Comments(0)

愛のために戦地へ (In guerra per amore) 

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (74点)

e0059574_185124.jpg
【あらすじ】 戦時中の1943年。ニューヨークのレストランで働くパレルモ出身のArturo(Pif)は、店のオーナーの姪Flora(Miriam Leone)と愛し合っている。だがFloraは在米マフィアの大物の一味の若い男と結婚を強いられている。愛し合う2人の結婚を可能にするのは、彼女の父親だけ。そこでArturoは、シチリアに住むFloraの父から、結婚の許可を得るため、シチリアに上陸しようと画策する米軍に入隊し、シチリアに赴任する。ところが米軍はシチリア占領をスムーズに進めるため、地元のマフィアと密約を結んでいたのだった。(作品の詳細はこちら


e0059574_161150.jpg
ArturoとFloraのラブストーリーに、マフィアをめぐる激動のイタリア近現代史を絡め、アメリカ軍のシチリア上陸がもたらした影響にも触れている。

とても真面目で誠実なんだけど、どこか抜けていて今一つ頼りなさそうなArturoを見ていると、まどろっこしくやきもきして、「大丈夫か?」「頑張れよ!」と、つい応援したくなる。コメディ路線を貫きながらも、彼を取り巻くコミカルな空気の端々から、当時の不安定な国情(イタリアは、色んな意味でいつも不安定ですが)やシチリアの暮らしやマフィア・米軍・市民の関係が垣間見えてくる。


e0059574_164576.jpg
マフィアの存在は、あくまでも脇役に過ぎない。アイロニーを込めた目線で捉え、マフィアの滑稽な道化師っぷりは、乾いた笑いを誘う。が、この道化師たちは、うまく立ち回って政治家と癒着し、じわじわとシチリアに根を張っていくのだ。そういった土壌にストーリーが展開していくので、口当たりの良いラブコメとは若干異なっている。ただマフィアの暗部に深く切り込んだ訳ではないので、ぽーんと問題提起はされたものの、「で?」と、もやもやが残るのは否めない。ま、娯楽作品としてなら重すぎず、これくらいがちょうどいいのだろう。


e0059574_17064.jpg
e0059574_171384.jpg
史実とフィクションの絡ませ方がうまく、また視聴者を笑いに誘いながら、シチリアのマフィア問題にさりげなく触れる手法は、コメディ出身のPif監督らしい。目の見えない男と足の悪い男のコソ泥コンビや、空襲警報のたびにマリア像やムッソリーニ像を抱えて逃げる人々など、脇役たちが個性的で愉快だ。Philip中尉(Andrea Di Stefano)がまるでArturoの兄貴のような2人の関係が微笑ましく、彼らの友情は心温まるものだった。  


[PR]
by amore_spacey | 2017-05-12 01:14 | - Italian film | Comments(0)