「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:My talk( 95 )

サンレモ音楽祭のキアヌ・リーブス (Keanu Reeves al festival di Sanremo)

e0059574_2354416.jpg
第67回サンレモ音楽祭2日目のゲストは、Keanu Reeves。2009年にはKevin Spacey様がゲスト出演している。KeanuはJohn Wick Chapter 2(ローマロケで、Riccardo Scamarcioも出演)のプロモーションを兼ねて、イタリアにやって来ましたが、あいかわらず大物俳優らしくない庶民的な雰囲気に、とっても親近感が沸きます。


e0059574_236088.jpg
司会者のMaria De Filippiから若い頃の話を振られると、何度も椅子に座り直したり腕を組み直したりしながら(こういう場が落ち着かないんでしょうね)、高校時代はアイスホッケー一筋だっただったこと、トロントではイタリア食品店でパスタを作っていたこと、大好きなバイクの事故で何度も病院にお世話になったこと、薄幸な少女との出会いがきっかけで詩集を出版したこと、そして最近ついに家を買ったことなどを話した。しきりに照れるKeanuが可愛い!


e0059574_2361497.jpg
e0059574_2362816.jpg
オーケストラボックスから受け取ったベースギターで、ちょっとだけ演奏もしてくれた。


e0059574_2365333.jpg
e0059574_237462.jpg
もう1人の司会者Carlo Contiは普通に握手しただけなのに、MariaはKeanuのアゴをがっちり固定して、強引にキスした。(● _ ●)エッ…、ちょっと待ってよ。司会者の特権って…そりゃそうかもしれないけど、それってずるーい。John Wick Chapter 2、早く観たい。


[PR]
by amore_spacey | 2017-02-17 02:39 | My talk | Comments(0)

谷口ジローさん、安らかに (Jiro Taniguchi)

e0059574_0544088.jpg
谷口ジローさんが絵を担当した、久住昌之氏原作の「孤独のグルメ」は、原作とイタリア語版を読み、B級グルメが満載のTVドラマも、毎回とても楽しみだった。


e0059574_0545435.jpg
e0059574_0551332.jpg
日本の普通の暮らしを描いた文学風の作品、とりわけ静的で一つ一つの絵を丁寧に描き込んだ精密な作風が人気を呼び、20作品以上がイタリア語に訳されている。「69歳だなんて、あまりにも若すぎるじゃないか(涙)」と夫。彼が描く絵やストーリーは、すっかり忘れてしまった、懐かしくも切なく、甘酸っぱくそしてほろ苦い思い出を、心のタイムカプセルの中から、大切にそっと取り出してくれる。彼が描く昭和の風景は、胸が苦しくなるほど懐かしい。


e0059574_0571766.jpg
e0059574_0573118.jpg
彼が描いた絵を眺めていたら、またヴェネツィアの町を散策したくなってきました。谷口さん、どうぞ安らかにお眠り下さい。合掌。


[PR]
by amore_spacey | 2017-02-14 01:00 | My talk | Comments(0)

2017年いい男に囲まれた暮らし Matt Damon その3

e0059574_003431.jpg
e0059574_005192.jpg
小さい頃から夫はメガネをかけているせいか、メガネやサングラスにはちょっとした拘りがあるらしい。メガネフェチの私には最高に嬉しい話で、サングラスの彼を見ると、今でも初デートの時のようにドキドキときめいてしまう(*^^*)


e0059574_014251.jpg
e0059574_015688.jpg
奇抜な色や形にはほとんど興味がなく、基本的には黒・茶・銀の3色&細くて軽いフレームが好きなんだって言ってた。


e0059574_0314100.jpg
e0059574_0104628.jpg
e0059574_011262.jpg
だから今年のバレンタインデーは、チョコメガネに決定。でも倹約家の彼に、「何でこんな無駄遣いするんだァ?」「豆腐屋、不景気なんだぞ~!」って一喝されるかも。機嫌がいい時を狙って、渡そ。最悪の場合、私が食べればいいんだもんね。(Mattシリーズ、これにて終了)


[PR]
by amore_spacey | 2017-02-12 00:14 | My talk | Comments(2)

マット・ボマーとサイモン・ホールズ (Matt & Simon)

e0059574_354346.jpg
今さらですが、MattとSimonのことをおさらい。Matt Bomer(1977年10月11日)の夫Simon Halls(1964年12月1日生まれ)は、Stephen Huvaneと共に設立した広報会社を経営し、ハリウッドでは有力な実業家として知られている。年の差13歳のMattとSimonは、いつどこで出会ったのか?謎に包まれている部分が多い。このサイトによると、2人は2004年ごろから付き合っていたらしい。(↑↑2008年撮影の画像)


e0059574_3541561.jpg
e0059574_354282.jpg
e0059574_3544221.jpg
彼らは2011年に結婚、だからあの時、指輪をしていたのね。2012年2月にMattがカミングアウト、そして結婚を正式に公表したのが2014年。この頃から公式の場に、2人揃って現れるようになる。全てを公にしたMattだからこそ、『ノーマル・ハート』では凄みのある迫真の演技で、私たちの心を揺さぶることができたのでしょう。


e0059574_3545553.jpg
e0059574_355477.jpg
Mattは俳優業と並行して、HIVエイズ撲滅や同性婚のなどのボランティア活動にも参加している。今後も公私ともに、Mattから目が離せません。


[PR]
by amore_spacey | 2017-01-26 04:14 | My talk | Comments(0)

2017年いい男に囲まれた暮らし Matt Damon その2

e0059574_18433550.jpg
わがやの家庭菜園では、夫(Matt)が栽培した大根や白菜やブロッコリーが、収穫真っ盛り。季節の野菜を育てるのが、とても上手い。農家の次男坊だから、当然なんだけどね。自分で育てたじゃがいもを食べる夫に、「うわぁ、共食いしてる!」なんて言っても、ニコニコ。


e0059574_18434678.jpg
役者になりたかった彼は、学生時代、俳優養成所に通っていた。けっきょく豆腐屋のオヤジになってしまったが、役者の夢が捨てきれず、この商店街の夏祭りや新年会の出し物には、嬉々として参加、脚本からキャスティングまで、彼が仕切っている。この間の新年会は、オネエ役だった。


e0059574_1844565.jpg
こういうノリが好きで、子どもたちが小さかった頃は、それぞれの友だちを呼んだ誕生日会に、自分で作った着ぐるみを着て、盛り上げてくれたものだった。


e0059574_18442172.jpg
次男が小学生の時、PTAの役員だった彼は、打ち上げの飲み会でヅラを被って、コントをやった。それが馬鹿ウケで、今でも飲み会の席に呼ばれる。

昨日のトランプ氏の大統領就任のパーティーでも、余興をやるはずだったが、時間切れで出られず、温厚なMattが珍しく切れて、まわりを凍りつかせてしまった。出たかったのよね、本業そちのけで、張り切って余興の練習をしてたから。2020年の東京オリンピックの開会式には、出られるといいね。


[PR]
by amore_spacey | 2017-01-21 18:47 | My talk | Comments(0)

2017年いい男に囲まれた暮らし Matt Damon その1

このシリーズも恒例になってきましたが、今年のニューエントリーはMatt Damon。これから書くことは、全て妄想の世界です。

e0059574_361747.jpg
Mattと出会ったのは、真夏のある暑い土曜日。当時大学生だった私は、冷奴が食べたくて近所の豆腐屋に行った。そしたらバイトしていた彼が、器用な手つきで豆腐をすくい出し、容器に入れてくれたっけ。味が濃くておいしかったなぁ。豆腐が取り持つ縁でお互いに一目惚れ、出会って3ヶ月でスピード結婚した。あれから25年が経ち、私たちには4人の子がいる。


e0059574_363752.jpg
小4の4男。末っ子というのもあるけれど、いつも笑顔で本当に気立てが良く、みんなに可愛がられる。パパの手伝いも進んでやってくれるので、豆腐屋を継いでくれるのは、ひょっとしたらこの子かしら?


e0059574_364966.jpg
中2の3男。最近彼女が出来たらしく、洗面所にいる時間がやたら長い。家族が6人もいるんだから、朝のバタバタしている時ぐらい、気をきかせてチャチャッと済ませてくれればいいのに。そのうち彼女を連れてきてよ。かあさん、会ってみたいから。


e0059574_37458.jpg
高校3年の次男。友だちと組んだバンドでは、ベースを担当している。受験勉強そっちのけで、バンドとバイトばかりやってるから、浪人確定ね。


e0059574_371525.jpg
去年大学を卒業した長男。4人の子どもたちの中では、彼の顔立ちが一番夫に似ていると思うが…。豆腐屋を継ぐ気はさらさらなくて、結局大学院に進んだ。いまどき大学院を出ても、仕事が見つかるかどうか? 本当は彼に家業を継いで欲しいんですけどねェ。


[PR]
by amore_spacey | 2017-01-16 03:14 | My talk | Comments(2)

Matt DamonとJimmy Kimmelの長い闘い

ひょんなことからJimmy Kimmel Live!の動画にたどり着き、そこでMatt DamonとJimmy Kimmelの間に、長い確執があることを知った。彼ら2人はもちろんこと、何の脈絡もない役者たちまで、面白がってわらわら動画に参加しているのが、ナンセンスでバカバカしいのに、可笑しくて仕方がない(爆) と、今さらな話題ですが、動画を見て久しぶりに大笑いしたので、記事にしておきます。

事の発端は、Jimmyが司会を務めるABCのトークライブ番組Jimmy Kimmel Live!で、あるとき番組終了時に、“Apologies to Matt Damon, we ran out of time.” 「Matt Damon、大変申し訳ないんだけど、時間がなくなってしまいました。」と、出演予定のないMattをネタにして言ってみた・・・ことらしい。最初は観客に全くウケなかったこのギャグが、やがて番組終了時の決まり文句として定着し、この番組も人気が出てきた。

e0059574_23543477.jpg
そして2006年、ついにMatt本人がゲスト出演となったのだが、Jimmyは長々とMattの略歴を紹介したため、ギャグ通りスタジオに登場しただけで、時間切れ。この仕打ちにMattは烈火のごとく怒り、Fワードを連発しながら退場した。もちろんこれはヤラセで、打ち合わせ済みの演技だったと言うが、血管ブチ切れそうな勢いで、実はマジ切れだったかも?


e0059574_23544772.jpg
これが引き金となって、MattとJimmyの長い闘いが始まった。激怒したMattは、Jimmyの実際の元カノSarah Silvermanを巻き込み、ビデオでJimmyに報復する。


e0059574_23545939.jpg
Mattに彼女を寝取られたJimmyは、Mattの幼馴染みで大親友のBen Affleckを利用し、これまたビデオで仕返しをした。ふざけたこの動画に、Brad PittやCameron DiazやHarrison FordやRobin Williams(彼も参加してたのね、うるうる)など、大勢の大物スターたちも便乗している。ったく、彼らのこのノリの良さって・・・(爆)


e0059574_23562950.jpg
2人の関係は更に悪化し、しまいにはMattがJimmyを拉致して、彼の番組を乗っ取るという事態に発展した。このビデオにも豪華なスターが多数出演し、Mattと一緒にJimmyにダメ出しをしている。


e0059574_2356413.jpg
2016年9月18日の第68回エミー賞授賞式には、Mattがりんごをかじりながら乱入し、当然のごとくダメ出し。 宿敵の突然の登場に、司会のJimmyもたじたじ。

それにしてもこの確執というか?ふざけたゲームは、いつまで続くんだろう?エンドレス?(≧∇≦) 飽きない人たちだ(笑) それを観て笑ってる私もだけど、ププッ。


e0059574_23565396.jpg
若い頃のMattは、ゴリラ顔のジミー大西とかぶって、1ミリも好きではなかった。それどころか生理的嫌悪感すら抱いていたのに、いつの間にか大好きな役者の1人に昇格していました。

あの純朴な雰囲気がイイ。黙々と仕事に打ち込む姿は、寡黙で口下手な職人のようだが、素顔はフランクで親しみやすく、そばにいて安心できる。弄られキャラに徹し、ユーモアとサービス精神旺盛で、チャーミングに応酬できるあの余裕が素晴らしいじゃないか。素朴でイモっぽいキャラを逆手にとって、人気をさらっていく才能、彼は本当に頭がいいのだ。茶目っ気たっぷりで、子どものように喜んだり楽しんだりできる。歳とともに人柄の良さが滲み出てきて、役者としても1人の人間としても魅力満載の彼から、目が離せなくなってきた。


[PR]
by amore_spacey | 2016-11-28 00:00 | My talk | Comments(8)

『アメリ』のロケ地めぐり

e0059574_285357.jpg
久しぶりのパリ旅行で、『アメリ』のロケ地めぐりをしてきた。まずはシテ島にあるノートルダム大聖堂。この上から落ちてきた観光客の下敷きになって、アメリの母親は即死☆


e0059574_291085.jpg
ここから一気にパリ北駅へ移動。近くにあるサン・マルタン運河は、ぼっちなアメリの憩いの場。運河の水面に小石を投げて、水切り遊びして和んでいたカワイイ子。

再びパリ北駅に戻り、そのままモンマルトルの丘へ向かった。坂道+長い石の階段が続いて、息は途切れるし膝はガクガク。ケーブルカーで一気に上がる手もあるが、頑張って歩いた。サクレクール寺院からパリの街を見下ろすが、小雨で遠くまで見えない。アメリがニノに電話をかけるシーンに登場する公衆電話は映画のセットで、実際にはありませんでした。


e0059574_210283.jpg
e0059574_2102891.jpg
サクレクール寺院内をささっと見てからモンマルトルの丘をおりて、トロワ・フレール通りに入る。テクテク歩いていくと、八百屋「コリニョンの店」が見えてきた。今にも彼らが出てきそうな雰囲気^^


e0059574_2104227.jpg
この映画で有名になり、たくさんの観光客が立ち寄るようになった。「アメリ、ありがとう!」といったアメリ関連の記事の切り抜きが、窓一面にびっしり。


e0059574_211231.jpg
最後はアメリが働いていたカフェ・デ・ドゥー・ムーラン。ここで様々な人間模様が繰り広げられたっけ。中には入らなかったが、アメリ・グッズが飾ってあるらしい。

パリ滞在中私の頭には、Romain Durisのような素敵なフランス男と、出会いがしらに衝突して、それが縁で恋が芽生えて、そのままカフェで話し込んで、その夜はうふふ...なストーリが用意されていた。が、現実といえば歩きすぎて(一日平均10km)足の裏に水ぶくれが出来、帰宅したら胃腸炎性のインフルエンザで2日寝込んでしまったという体たらく。ま、こんなものね。でも懲りずにまたパリにお出かけしたいです。


 
[PR]
by amore_spacey | 2016-11-03 02:12 | My talk | Comments(2)

Di Caprio、念願の受賞!第88回アカデミー賞

e0059574_17454387.jpg
e0059574_17455475.jpg
Titanicでの共演以来、姉弟(実際にはKate Winsletが1歳下)のような、母息子のようなLeoとKate。素敵な関係にある微笑ましい2人。(受賞者の詳細はこちら


e0059574_17492579.jpg
助演男優賞
Mark Rylance(右)


e0059574_2413335.jpg
助演女優賞
Alicia Vikander(右)
Michael Fassbenderから「おめでとう」のキス。
So sweetemoticon-0152-heart.gif


e0059574_17511546.jpg
作曲賞
Ennio Morricone(右)


e0059574_17571169.png
e0059574_17572110.jpg
ビョン吉ィ、お久しぶり!!!
Sofia Vergaraと2人で
外国語映画賞のプレゼンターを務めた。


e0059574_17565465.jpg
外国語映画賞
Son of Saul


[PR]
by amore_spacey | 2016-02-29 18:03 | My talk | Comments(0)

Taylor Kitsch (ショートなテイラー・キッチュ)

e0059574_111530.jpg
ブロンドも似合うけれど
何だかビンとこない。

e0059574_111178.jpg
e0059574_1115639.jpg
e0059574_112766.jpg
e0059574_1123113.jpg
e0059574_1124025.jpg
若い頃のHelmut Berger?

e0059574_113119.jpg
ぎゃっぽーん!
まっすぐ見つめられると
鼻血が出てくる。

Taylorのヘアスタイル1人祭りは、これで終わりです。長々と超下らない企画にお付き合い下さいまして、ありがとうございました。



[PR]
by amore_spacey | 2016-02-12 01:13 | My talk | Comments(6)