<   2005年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Xmas懸賞クイズ

今年も残すところ1ヶ月になりましたね。何かと気忙しい日々ですが、ちょいと一息ついて頂くために、こちらのブログにいらして下さる方々には懸賞クイズを企画いたしました。正解者にはXmasのお菓子が当たりますョ(^^) お気軽にどしどし応募下さいね。


e0059574_169635.jpge0059574_1692311.jpge0059574_1693771.jpge0059574_169543.jpg


【問題】…①②③の俳優は誰? ④のシーンが出てくる映画のタイトルは?
【ヒント】…①②は男性③は女性です。④は私が初めて映画館で見た洋画
【応募方法】…コメント欄に解答を記入。
【締め切り】…2005年12月20日(火)の午後11時(日本時間)です。
【解答の得点】…①正解5点 ②正解10点 ③正解10点 ④正解20点 
【当選者発表…】…合計得点の一番高い方をブログ上で発表させて頂きます。接戦の場合には抽選で1名様を選ばせて頂きますのでどうぞご了承下さいませ。


賞品は私がいただき~っ!という意気込みの方は
↑これをぽちっと(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2005-11-29 04:49 | My talk | Comments(21)

皇帝ペンギン La Marcia dei Pinguini

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_2153157.jpg
撮影条件といいそれに費やした時間といい、途方もないものだったのでしょう。ふつうに生活していたらこんな映像にはおめにかかれないなぁという貴重なドキュメンタリー映画でした。皇帝ペンギンは育児のために3ヶ月も絶食して伴侶の帰りを待ち、今度は餌を求めて約1ヶ月も歩くのですね。親の深い毛の中にうずくまった雛ぺんぎんの可愛いこと(^^) 映画製作のために、BGMや効果音やナレーション(伊語版はフィオレッロ)をつけたり画像を切り貼りしたりと、人工的になってしまう大自然の営みが、遠い地球のどこかで静かに繰り返されているという事実に感動を覚えました。この作品自体は…う~ん(^^;)


南極に行ってみたいなぁと思う方は
↑これをぽちっと(*^^*)

し、しかし…
[PR]
by amore_spacey | 2005-11-28 02:24 | - Other film | Comments(6)

BEYOND the SEA(サントラ)

私のお気に入り度 ★★★★★(94点)

e0059574_19335321.jpg
もう本当にラッキーとしか言いようがない。
ただでさえサントラの品揃えが少ないこのレコード店で、クマが偶然見つけたケヴィの「BEYOND the SEA」サントラ。一枚しかなかったんだって。全18曲。アップテンポからスローテンポまで、ケヴィは実にのびのびと歌っています♪^^
ああ、映画が観たい、観たい、観た~い!!


e0059574_1935726.jpg
「両親が持っていたレコードコレクションには、70年代初期に活躍していたデューク・エリントンやボビー・ダーリンやビング・クロスビーがあった。僕はそれを聞きながら口ずさみながら育ったんだよ」とケヴィ。


e0059574_193631100.jpg
e0059574_19442735.jpg


ケヴィとデュエットしたい方は
↑これをぽちっと(^^)

は、鼻が…┌( ̄. ̄)┘
[PR]
by amore_spacey | 2005-11-27 19:41 | Kevin Spacey | Comments(10)

ユージュアル・サスペクツ I Soliti Sospetti

私のお気に入り度 ★★★★★(100点)

e0059574_23474217.jpg
この作品をご覧になっていない方は、何も言わずにとにかく見て下さい。思い入れのある作品なので、コメントは控えていくつか画像を添えるだけにします。あ、これだけは言っておかなくちゃ。ラストシーンはぞくぞく鳥肌モノです。


e0059574_072189.jpge0059574_074074.jpge0059574_075774.jpg
e0059574_081875.jpg
ヴァーバル・キントの様々な表情。うわっ、ジュード・ロウなんか問題外のM字デコ。




ヴァーバル・キントの足になりたい方は
↑これをぽちっと1万回(*^^*)

Mr.コバヤシ…
[PR]
by amore_spacey | 2005-11-25 00:02 | Kevin Spacey | Comments(12)

ハッとするまなざし(男優編)

【日本代表】

e0059574_5344996.jpge0059574_535922.jpge0059574_5352948.jpg
e0059574_5354793.jpge0059574_5361257.jpge0059574_5362922.jpg

滝沢秀明
「義経」の視聴率ガタ落ちでもいい、稽古の時に台本の漢字が読めなくてマツケンに怒鳴られても仕方がない。口を開けばパーちくりんなことばかり喋って大ベテランを仰け反らせても聞かなかったことにしよう。私は彼が好き・好き・大好き~(*^^*)
唐沢寿明「白い巨塔」とネスカフェのCMでは別人ですなー。
村上弘明…時代劇ドラマがぴったり。ちょんまげが似あう男っていいね。
渡辺謙…眼力もあるけれど、あの優しい目で見つめられたら、うふふっ(*^^*)
草刈正雄…大昔の「新選組」の沖田総司は超よかった。イケ面のはしり?
松平健…まつけんサンバ~♪ 彼もちょんまげが似合うええ男やのぉ。


こんなにたくさんの瞳に見つめられて
ちょいと酔ってしまいましたわという方は
↑これをふふっと1万回(*^^*)

【海外代表】
[PR]
by amore_spacey | 2005-11-23 05:41 | My talk | Comments(16)

アメリ Amelie

私のお気に入り度 ★★★★☆(90点)

e0059574_22524569.jpg
ものすごく薄幸な少女で、人生のどん底を歩んできたわけではないけれど、家族の愛情をたっぷり受けて育ったわけでもないアメリ。空想と現実の世界を行き来する彼女は、全てにおいてとてもエキセントリック。服もヘアスタイルも靴も、彼女の視線も趣味もこだわりも。そして同じマンションの住人に対する洞察力や観察力然り。彼女ならではの伏線が至るところに用意され、ある程度のオチは分かってしまうが、その描き方(画像の早送りは面白かった^^)がシュールで、「ああ、結末が知りたい!」という期待に胸が高鳴る。

音楽担当がYann Tiersen♪ って誰だっけ?どこかでこんなメロディー(←音が出ます!)を聞いたことがあるなぁ、と思ったら、『グッバイ、レーニン!』の音楽も担当していた。孤独な中にもオシャレ心とちょっとした悪戯心が混ざり合った、そんな雰囲気が伝わってくる。


e0059574_22531244.jpg
原色がやたら多かったのも、エキセントリックな雰囲気を増幅していた。それにしてもこんな真っ赤な寝室では、何だか落ち着かない。壁の色はもう少し穏やかな色が好きだなぁ。
 

e0059574_22534168.jpg
この小人のように、世界各国行きたいときに気軽にふっと出かけられたらいいな。どの役者さんも個性的でよかったけれど、この小人には、特別親近感賞を進呈したい。


e0059574_2254360.jpg
この作品の舞台となったアメリが働くモンマルトルのバールや、意地悪なおっちゃんあの八百屋さんに行ってみたい。噂によると、すでにパリの名所の1つになっているらしい。

製作国:France, Germany
初公開年:2002年
監督:Jean-Pierre Jeunet
音楽:Yann Tiersen
キャスト:Audrey Tautou, Mathieu Kassovitz, Rufus, Lorella Cravotta, Serge Merlin, Jamel Debbouze ...
[PR]
by amore_spacey | 2005-11-21 22:58 | - Other film | Comments(16)

ハッとするまなざし(女優編)

【日本代表】

e0059574_21505394.jpge0059574_2151944.jpge0059574_21512620.jpg
e0059574_2151459.jpge0059574_2152015.jpge0059574_21522140.jpg
e0059574_1918458.jpg

大後寿々花「SAYURI」ではさゆりの幼少期を大熱演♪イタリアで公開されるか?
中嶋朋子「北の国から」の頃を知る人は、まぁ、何と大人になったことか。
宮沢りえ…激やせしたりえちゃんは凄みがあった。最近ますます美しさに磨きが。
黒木瞳…瞳ちゃんは歳とりませんね。くるんとしたどんぐりのような瞳と声が魅力。
加賀まりこ…若いときのまりこちゃんて色っぽくて可愛いのね、うふっ。
吉永小百合…日本映画界の大御所。なのにいつも野に咲く百合のように清楚(^^)
小雪「ラスト・サムライ」で世界中に彼女の名を轟かせました。クール&綺麗♪


あなたはどのまなざしに悩殺?
こんな瞳に見つめられて
メロメロになりた~いという方は
↑これをうっふん1万回(*^^*)

【海外代表】
[PR]
by amore_spacey | 2005-11-19 22:06 | My talk | Comments(12)

Edison City

そ、そんなバカなことって!!!

e0059574_03313.jpg
先週の木曜日からロードショーの「Edison City」がたった一週間の上映で、次の映画に差し替えられていた、がびびーーーん。そんなことってある?週末はローマに居て観られなかった。今週は何かと忙しくて映画どころではなかった。でも今週末は「Edison City」を観るんだ~♪^^って楽しみにしていたら、この仕打ち(涙)


e0059574_05267.jpge0059574_054736.jpg
e0059574_061431.jpg

バックストリート・ボーイズのジャスティン・ティンバーレイクが熱演しているというので、彼とケヴィの初顔合わせがとっても楽しみだったのに。
e0059574_084640.gif

そういえば客入りが悪くてインドの映画が3日で上映打ち切りになったことがあった。


まったくそんなバカな!!!と
映画館支配人にひとこと言いたい方は
↑これをガツンと1万回(^^ゞ

ホントに同一人物?!
[PR]
by amore_spacey | 2005-11-19 00:12 | Kevin Spacey | Comments(12)

ヒュー・グラント

e0059574_22523095.jpg【印象に残った言葉】
コメディは嫌だ。
舞台コメディは自分も一緒に笑っちゃうから(と言ってリプトン氏と一緒に笑う) カメラの前で人を笑わせる演技をするなんて最悪だ、辛過ぎるよ。人を笑わせることは大好きなんだけど、カメラの前で「ああしろ、こうしろ」と言われながらやるコメディというのは、絶対に好きになれない。

【10の質問】
①好きな言葉は? 作り話 
②嫌いな言葉は? 部分
③胸が躍るのは? 女性のうなじ
④気が滅入るのは? 鼻をかんだハンカチを袖口にいれて持ち歩く  
⑤好きな音は? ミニバーの扉が開く音 
⑥嫌いな音は? ミニバーの扉が閉まる音
⑦好きな悪態は? …
⑧やってみたい職業は? 体育の先生
⑨絶対に就きたくない職業は? スタンドなどの座席の掃除係
⑩天国の門に着いたら、まず神様に何と言われたい? キミは最高だよ

【私のひとりごと】
「人は僕のことを軽薄とか薄っぺらい奴なんて言うけれど、それじゃ、深みのある人間ってどんな人のことを言うの?」と逆にリプトン氏に突っ込むヒュー。映画の役柄のせいか随分誤解されている部分がある。事実私も彼のことを「要領がよくうわべだけの軽い男で、中身は?」な人だと思っていた一人だから。

45度の角度で垂れ下がったロンパリ気味の目が、急に険しく不気味に光るのは、本当に思い入れのある映画のエピソードを語るとき。実は私が思っているよりずっと彼は、内気ではにかみ屋で、下手をすると要領がいいどころか、ちょっと天然なのかも。インタビュー中、しょっちゅうアゴや首を撫でたり水を飲んだり、ジョークを飛ばしたりするのは、気持ちの動揺が大きいから?!それだけ自分の気持ちに素直な人なのかもしれません。アクターズ・スタジオをみて、ぐっと親近感が沸きました(^^)


ヒュー様の
たれパンダ目になりたい方は
↑これをぽちっと1万回(^^)

これよ、これ!
[PR]
by amore_spacey | 2005-11-15 23:05 | Actors Studio | Comments(16)

ザ・インタープリター The Interpreter

私のお気に入り度 ★★★★★(95点)

e0059574_16335110.jpg
ショーン・ペンとニコール・キッドマンという意外な組み合わせにひかれて観ました。2人が持つ新たな部分をお互いにうまく引き出しあって、彼らの素晴らしい競演は非常に見ごたえがありました。ニコールとショーンの関係は恋愛ではありませんでした。同じような苦い経験をした二人だからこそ、言葉を超えたところで分かり合える何かがある。じーん・・・


e0059574_16364447.jpg
ほろりとしたりドキドキしたりハッとしたり息を呑むシーンがありましたが、一番心に残っているのは、ニコールの部屋のソファで二人がで無言のまま抱擁するシーン。ニコールの顔についた血糊を、ショーンが自分のハンカチで丁寧にふき取る。そのまま2人は自然に見つめあうアングルになり、スローモーションでニコールがショーンの胸の中に崩れ落ちるように倒れていく。感動しました。こうした大人の関係がしっかりと描かれた作品は最近珍しいですね。

e0059574_16374632.jpgいつもながらニコールの美しさには凄みすら感じますが、今回の彼女は本当に綺麗でした。様々な映画祭やパーティーにドレスアップして登場する彼女はもちろん美しいのですが、今回のように、無造作に髪を束ね、カジュアルな服に身を包んだナチュラルメイクのニコールって、コワイくらいに綺麗。白い磁器のように肌がきめ細かくて透き通って、シミもシワも眼の下の隈もなく完璧!!
彼女が20代の頃はこの完璧な美しさが鼻についたもので、「美しけりゃいいってもんじゃない!!」と思っていましたが、最近はコメディにも出演するなど、芸域を広げようという意気込みが見られ、歳を重ねるごとに演技にも深みが出てきたような気がします。


ニコールの美しさに勝ったと思う方は
↑これをぽちっと1万回(^^)

ペン夫妻
[PR]
by amore_spacey | 2005-11-14 16:02 | - Other film | Comments(8)