<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

マッチ・ポイント(Match Point)

私のお気に入り度 ★★★★☆(90点)

e0059574_16435762.jpg
家柄も学歴もコネもない「ないないづくし」、持っているものはテニスのタイトルだけのアイルランド出身の青年が、幸運の女神に後押しされてイギリス社会の中で成功への階段を着実に歩み始める。タイプは全く違うものの、この映画を観ながらアラン・ドロンの『太陽がいっぱい』がダブった。クリス(ジョナサン)の顔にふっと表れる自嘲気味の笑いや、鬱々とさせる野卑な翳が、フィリップ(モーリス・ロネ)に媚びるトム(アラン)の下卑た表情や仕草を思い出させるのですね。以下ネタバレあり(今日の記事は長いぞ~)。

マッチ・ポイントを迎えた試合。
打ったボールがネットタッチで一度上に浮き上がる。そのボールが相手のコートに落下すれば勝利!自分のコートに落ちたら敗退。その最も象徴的なシーン、クリスの毒牙にかかった被害者の結婚指輪。証拠隠滅のためにテムズ川へ投げ込んだはずなのに、指輪は大きくカーブを描きながらフェンスに当たる。そして指輪はこちら側にカランと空しい音をたてて落下。あのシーンを観た時、「ああ、太陽がいっぱいと同じ結末になるんだぁ。クリスも警察の目は欺けない運命にある不幸な男なんだ」と思った私。大間違ーい!!


e0059574_188414.jpg
何気ない出会いや交友関係。これが階級社会や実業界の成功への鍵。



e0059574_189879.jpg
ふっとした男女の出会い。運命の悪戯?



e0059574_189338.jpg
湧き上がる思いを抑えることが出来ないクリス。それを拒むノア。



e0059574_1895394.jpg
階級社会・実業界へ一歩踏み出したクリス。



e0059574_18101298.jpg
挑戦的なノラのまなざし。どっちに転がるか?心中複雑なクリス。



クリスを演じたジョナサン・リース‐マイヤーズ。
レイ・リオッタと若い頃のエリック・ロバーツを足して2で割った表情に、元テイク・ザットのロビー・ウィリアムのまなざしをほんの少し加えた、複雑な顔を持つ役者でした。陽⇔陰、善⇔悪、白⇔黒の間を常に行き来する。が、最後には、表向きは陽でありながら、陰を引きずる道を選ぶことになる。『ベッカムに恋して』では、若いサッカー監督を演じていました。あの時はサッカーをこよなく愛する陽性な青年でした。いやぁぁぁ、味のある役者になりましたね。

21歳のスカーレット・ヨハンソン。
官能的な唇に瑞々しい肉体、そして男性の視線を釘付けにする、はちきれるような弾力のある胸(あ、触ったことありませんけど、そんな感じに見えますぅ)。女優や女優を目指す卵たちにありがちな、自由奔放さとわがままと退廃的な雰囲気。トムとの婚約が破棄されたあたりから、彼女の仕草やまなざしや声にトゲが加わる。謎めいた微笑を浮かべる官能的な女性が、敵陣に乗り込んでわめき散らすタダのヒステリックな女に。『ゴーストワールド』や『ロスト・イン・トランスレーション』の頃から、古典的な美人ではないけれど、心に残る役者さんだと観ていました。今後大輪の花を咲かせて欲しい若手女優の1人です。

畳みかけるようなサスペンスでありながら、しっとり落ち着いた、そしてゆるぎないイギリス社会というものを感じさせたのは、冒頭のセピア色の映像であり、随所に使われたオペラの曲が蓄音機から流れる、適度に古びた音色であり、さらりと見せた上流階級の日常生活でありました。

そんな中クスッと笑わせるシーンが。
お子様のいらっしゃるご夫婦には大なり小なりこんな風景が、過去の日常生活にあったことでしょう。どうしても若いうちに子どもが欲しいと頑張るクリスの妻が基礎体温を測って、「今日は100パーセント当たり日だから」と迫るシーン。事件の謎解きに奔走する刑事が真夜中に、「分かった~!!!彼が殺(や)ったんだ!」飛び起きるシーン。あの刑事の明快な答えを裏づける強力な証拠がなく、真実は空しくもみ消されました。公式サイト

製作年:2004年
製作国:アメリカ
監督:Woody Allen
キャスト:Jonathan Rhys-Meyers, Scarlett Johansson, Emily Mortimer, Matthew Goode, Penelope Wilton...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2006-01-29 18:25 | - Other film | Comments(10)

L.A.コンフィデンシャル (L.A.Confidential)

私のお気に入り度 ★★★★☆(92点)

e0059574_22171983.jpg
華やかなL.A.に潜む暗黒の世界。娼婦・麻薬・腐敗体質の役所。勧善懲悪もののサスペンスドラマで、見ていて気持ちがスカッとさわやかコカコーラ(^^).。o○ 何度観てもよい作品ですね。キム・ベイシンガーの存在感と美しさが際立っていました。


e0059574_22174841.jpg
3人の個性的な刑事のキャスティングがお見事~!!!!! そしてそれに応えた、ケヴィンやラッセルやガイの素晴らしい演技が見所でした。「『L.A.コンフィデンシャル』にラッセル・クロウが2人出てるよね(笑)」と?友人に言われて「はっ?!」な私。よくよく聞いてみたら、あの時のケヴィはぷくぷく丸い・ラッセルが割合スリムなので、見分けがつかなかったと(▼m▼;) 「何だとー!!!」と声を荒げたけれど、よく見たら双子のような2人でありました。姿なき冷酷非情な黒幕が、実は腐敗したL.A.の警察署長だったとは。。。


e0059574_22181311.jpg
「僕自身思ったし、皆にも言われたんだが、死のシーンというのは静かで唐突で劇的じゃない方が、よりショッキングだってね。」Kevinがアクターズ・スタジオのインタビューにも答えていましたが、あの銃殺シーンはあまりにも突然で息が止まりました。そして時間が経つほどあの瞬間が生きてくるのを実感しました。生から死に向かう間の微妙な表情の変化を出すのもKevinはうまかった。因みに『ビッグ・カウナ』や『オースティン・パワー3』でも共演しているデヴィートとは、私生活でも仲良しコンビ(^^)

製作年 : 1997年
製作国 : アメリカ
配給 : 日本ヘラルド映画配給
監督 : Curtis Hanson
キャスト : Kevin Spacey, Russell Crowe, Guy Pearce, Kim Basinger, Danny DeVito, James Cromwell, Simon Baker ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2006-01-27 00:09 | Kevin Spacey | Comments(16)

Le Chiavi di Casa (家の鍵)

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_23412126.jpg
心の状態がよくないと、この作品を観ることができないだろうなぁと思いつつ、今日になってしまった。CGや特殊効果のある映像を見慣れた目には、ルカ・ビガッツィの撮影が非常に心優しく感じられた。キムがインタビューの中で語るように、ルカは役者の動きをかなり長いスタンスで撮影している。役者の一瞬の心の動きをも取り逃がさないかのように。


e0059574_2341382.jpg
バスを待つ2人。重度の障害を持つ二十歳の娘の母親(シャーロット・ランプリング)と、15年の空白を経て障害のある息子に会うことを決心した父親(キム・ロッシ・スチュワート)の会話。「あの子の身体を優しくマッサージしてやりながら時々思うの。この子が死んでしまえばいいのにって。」彼女の鋭い一言に答えが見つからない。語学力堪能なシャーロットは、この映画でもイタリア語を話している。「そのほうが会話がより自然だわ」と。その役者魂に惚れ直しました、シャーロットさま。


e0059574_2342172.jpg
ノルウェーにいるメール友だちの彼女に会いに行くのに、こんな杖があるんじゃかっこ悪いよ、という息子。「簡単だよ。ほらっ」と言って父親が海に杖を放り投げてしまったあとの2人は大笑い。2人の笑い声がフェリーの上で高らかに響き渡る。


e0059574_23422850.jpg
彼女への手土産にケーキを買ったのはいいが、今日は日曜日で学校に彼女はいない。さて、このケーキをどうしようか?「2人で食べちゃおうよ」と提案する父親に大きく頷く息子。キムの長い指がナイフになってケーキカット。なんて美味しそうに食べるんだろう(^^) キムのあの長い指で、でこピンしてぇ!同じものを一緒に食べる、一緒に生活してみる。そういう地道な積み重ねでしか、心の溝は埋められないだろう。公式サイト

製作年:2004年
製作国:伊・独・仏
配給:01 Distribution
監督:Gianni Amelio
キャスト:Kim Rossi Stuart, Charlotte Rampling, Andrea Rossi, Pierfrancesco Favino ...
[PR]
by amore_spacey | 2006-01-25 00:03 | - Italian film | Comments(16)

好感度№1 Attore favorito

新春から嬉しいニュースがイギリスの映画雑誌EMPIREに掲載されました。読者のアンケート結果によると、好感度№1の男優にケヴィン、女優にはケイト・ウィンスレットが選ばれました。ケヴィン=好感度№1☆ このアンケートが『セブン』公開直後に行われていたら、随分違った結果になっていたでしょうね?^^; これはロンドンOld Vic劇場での彼の活躍が評価されているということなのでしょう。パチパチパチ…


e0059574_1505628.jpg
ということで、この記事が掲載されたEMPIREを買うつもりで行ったのですが、見つかったのが2月号。当然この記事はなかった、ガーーン☆ 1月号だったのかぁ。しかし2月号にもケヴィの麗しい写真と記事が出ていました~(^^)!!


e0059574_1514538.jpg
EMPIRE200号記念特集【過去16年間に公開された映画・俳優のインタビュー・映画祭などのイヴェントの中から読者が選んだベスト200】 ケヴィ記事が2つエントリー!!(^^) 31位に入ったこのインタビューはEMPIREの1992年10月号のもの。スリムでしなやかです。それに表情がとてもさわやか少年(^^) ロンドン郊外のバールでちょっと一息…なケヴィにインタビューをしたのかな?



e0059574_152980.jpg39位に入ったこの記事はEMPIREの1995年8月号のもの。ヴァーバル・キントの役作りをする上での、ケヴィが監督に全てを委ねた(信頼した)インタビューでした。伝説のカイザー・ソゼとヴァーバル・キントの関係は見ごたえがありましたね。果たして続編はあるのか?噂だけが一人歩きしているようですが、本当のところはどうなんでしょうか?

*ベスト1に輝いたのは『ロード・オブ・ザ・リング』3部作。圧倒的な強さです


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2006-01-21 02:03 | Kevin Spacey | Comments(10)

バットマン・リターンズ (Batman Returns)

私のお気に入り度 ★★★★☆(87点)

e0059574_18421770.jpg
アメリカはニュージャージー州の架空の都市ゴッサム・シティが舞台。ブルース・ウェイン(M・キートン)。昼はウェイン・エンタープライズの筆頭株主、大富豪でプレイボーイにして慈善事業家。夜はバットマンとしての二重生活を送る。


e0059574_18434957.jpg
今回の宿敵その1はペンギン(D・デヴィート)。本名チェスター・オズワルド・コブルポット。太った矮躯にタキシードと雨傘がトレードマーク。デヴィート、あそこまでよくやったね。立派!! あひるのおまるのような彼の愛車 vs 七変化するバットマンのハイテク車も見物だった。あんな車が欲しいね(^^)


e0059574_18444420.jpg
下水道に生息するペンギンたちが彼の忠実な家来であるね。



e0059574_1845929.jpg
このペンギンがマックス・シュレック(C・ウォーケン)と手を組んで、ゴッサム・シティ市長の座を狙う。バットマン・シリーズの中でこれが一番好きな理由はただ1つ。大好きなクリストファー・ウォーケンさまが出ているから。悪の帝王ウォーケンさまが真面目になればなるほど、可笑しいのはなぜなんだ?仮装パーティでの蜂の巣頭もよかった、ヒヒッ(≧∇≦)


e0059574_18452890.jpg
宿敵その2はキャットウーマン(M・ファイファー)。バットマンとは愛憎半ばする関係となる。地味な秘書の生まれ変わりという設定はよくあるけれど、ファイファーがとても妖艶でありました。惚れ惚れ。

製作年:1992年
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース
監督:ティム・バートン
キャスト:マイケル・キートン ダニー・デヴィート ミッシェル・ファイファー クリストファー・ウォーケン...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2006-01-17 18:53 | - Other film | Comments(2)

25時 la 25a ora

私のお気に入り度 ★★★☆☆(69点)

e0059574_18131273.jpg
アクターズ・スタジオに出演したエドワード・ノートンに惹かれて、初めて彼の出演作を観る。戌年にちなんでワンコが冒頭に登場したのは偶然なのだけれど(笑)、ワンコは本当に忠実な動物なのでしょうか?飼ったことがないので分かりません。でも忠犬ハチ公っていましたね。


e0059574_18133117.jpg
何者かが警察にモンティ(=エド)の麻薬密売をタレ込んだせいで、ムショ入りになる彼に残されたシャバでの1日を追い続ける。過去と現在の交錯。9月11日のNYツインタワー爆破テロ事件後の建築現場を見下ろしながら、「7年後モンティがシャバに出てくる頃には、俺たちの友情なんてかけらもないよなぁ」、モンティが親友と信じている2人の会話。そうかもしれない。女の友情は男関係が絡んでくると、プッツリ切れるコトが多い。男の友情は熱くて堅くていいね、と思う。その男の友情も長続きしないのか。



↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)

続きを読む
[PR]
by amore_spacey | 2006-01-11 18:39 | - Other film | Comments(6)

十六歳の合衆国 The United States of Leland

私のお気に入り度 ★★☆☆☆(45点)

e0059574_1884654.jpg
「あれこれ理由を探したり理由をつけたり枠組みにはめようとしても、本当のところは誰にも分からない」と語るリーランド少年の言葉を借りるなら、この作品は私にはよく分かりませんでした。


e0059574_18104131.jpg
(この先ネタばれ)
リーランド少年の語りに今ひとつ響いてくるものがなかったのは、少年を演じたライアン・ゴズリングの表情や語り口や声に、最後まで馴染めなかった。説得力がなかった。これは好き嫌いがあるので致し方がない、としか言いようがない。話の展開にも納得できないものがある。彼女の弟、ハンディのある少年を殺害するに至った背景が曖昧。リーランド少年の両親の冷え切った関係も、殺害された少年の家族の描き方も甘い。最後にアレンがリーランドを殺害するに至っては理解不可能でありました。

この作品を観ながら、自分の16歳を思い出してみることができたのは唯一の収穫であったかもしれません。「世界は哀しみにあふれている」 あの年代は喜びも哀しみも憎しみも、自分の意思に関係なく強く吸収してしまう。ことに哀しみや闇の部分には、神経が研ぎ澄まされ深く感じ入る。そういった傾向は本や音楽や映画にも影響され、形而上的なものに惹かれながら、ますます心の闇に落ち込んでいく、そしてそんな自分に陶酔することさえある。私にもそんな時期がありました。自分というものがどんどん分かり始め、家族の関係が見え、世の中の汚れた部分に嫌悪しつつも、如何ともし難い無力さに打ちひしがれもがく。もがけばもがくほど、アリ地獄に足をとられる。悪循環。もがきの時代でした。光が見えなかった。それを乗り越えることができたのは、「自分を信じていれば何とかなる」という傲慢で尊大な気持ちだったような気がします。



↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)

続きを読む
[PR]
by amore_spacey | 2006-01-10 18:55 | Kevin Spacey | Comments(6)

ビヨンド the シー (Beyond the Sea)

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_1515422.jpg
アクターズ・スタジオにゲスト出演した時、「歌と踊りのある作品をやってみたい」とケヴィンは語っていました。それが5年ほど前のこと。すでに彼の頭にはこの作品の構想があったのでしょう。オープニングからエンディングまで一気に観ました。これを舞台でやっても面白いだろうなぁと思いました。


e0059574_2314069.jpg
ヅラやつけ鼻や黒縁メガネがケヴィの容貌をかなり変えていたので、それが若干気にはなったものの、彼の歌と踊りと演技を心行くまでたっぷり味わうことができる作品でした。音楽の素晴らしさを再認識した作品でありました♪ 何よりもケヴィン自身が楽しんでやっていましたね。長年やりたい!と思っていたものを実現する時の人の表情というのは、逆に気負いがなく自然体でより輝いて見えるものですね。ああ、ケヴィの嬉しい気持ちがひしひしと伝わってきます(^^)

母だと思っていた女性が祖母、姉だと思っていたニーナが実母だった。その衝撃的な事実を受け入れられずに現実逃避したボビーの心の葛藤、これも時がゆっくり癒し解決してくれたのでしょう。ラスベガスでのショーで「自分を育ててくれた母を紹介しましょう」と言った彼と、思いがけない息子の言葉に戸惑い嬉し泣きに涙するニーナ。このシーンには涙がじわじわ、胸があつくなりました。


e0059574_1581562.jpg
サントラ・カバーにも記載されているように、この作品のためにケヴィは朝から晩まで歌って歌って歌い込んだのですね。ボビーの時代のレコードを聞きながら育ったケヴィ少年が、しかし、まさか自分がボビーの生涯を演ずることになるとは。  

グレーやダーク・ブルーやストライプ地のスーツをぴたりと決めるケヴィが、今回は様々な色彩の衣装に挑戦しました。原色の赤や黄にアロハシャツちっくなヒッピーシャツ。似合う!!!あんなに似合ってしまうのは、スリムなボディをキープ&常にシェイプアップしているケヴィだからね(^^) 歌って踊る作品だから、体力が必要であります。今回も事前トレーニングに励んだのでしょう。愛犬と一緒に毎日ジョギングしたのかなぁ?



↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2006-01-08 02:15 | Kevin Spacey | Comments(8)

ムーラン・ルージュ Moulin Rouge

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_2141220.jpg
舞台はパリ。
キューピッドの悪戯で、高級娼婦と作家を志す若者が恋におちるお話。
古典的なラブストーリーの舞台がアンニュイなパリ、そして超アメリカ的ゴージャスでキンキラな舞台装置に、ユアンとニコールの美しい&柔らかいハーモニー。いやぁぁぁ、何の気なしに観始めたのですがのめり込みました。くうちゃんも好きなんです、ミュージカル。


e0059574_215590.jpg
「あんた、何様やねん!!!顔がちょっと綺麗やっちゅーだけでお高くとまって。ほんまにいけずな女やで。」 つい最近までニコール・キッドマンのことを嫌味な女だと思っていました。が「ザ・インタープリター」の素晴らしい&気負いのない自然な演技を観て「ムーラン・ルージュ」の歌声を聞いて…、前言撤回しま~す。ニコールは女優の中の女優であります。ニコールの美しさは禁断の木の実、この世のものとは思えない際立ち方で目を奪われました。


e0059574_2161685.jpg
もう一つはCGの美しさ。
年末CGばりばりの「キング・コング」で船酔いとめまいを覚えたのですが、ラブロマンスにこんな素敵に使われるCGがとてもロマンチックでよかった。見直しました、CG効果。



↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)

続きを読む
[PR]
by amore_spacey | 2006-01-04 21:17 | - Other film | Comments(12)

ザ・プロデューサー Il Prezzo di Hollywood

ネタばれあり

私のお気に入り度 ★★★★★(95点)

e0059574_131931.jpg
これは凄かったですねぇ。SMちっくなシーンにケヴィの機関銃的メチャ喋りに、ハリウッドの内幕を暴いたかなりスキャンダラスな作品でした。日本語タイトルは『ザ・プロデューサー』とごく普通ですが、イタリア語タイトルIl Prezzo di Hollywoodは、ハリウッドの代償とでも訳したらよいのでしょうか。オリジナルはSwimming with Sharks… タイトルに食いつかれそうで怖っっ。


e0059574_1372778.jpge0059574_1374444.jpg
回想シーンを交えつつ現在進行形のシーンを挟む作品構成が、色々な意味で凄みを増幅させている。このシーンがどんどん血生臭くなってエスカレートしていくので、この先の画像はケヴィが可哀想すぎてアップできません、うるうる。意気揚々として入社した新人のガイを待ち受けていたものが、生き馬の目をくり抜くような世界であった、その中を何とか生き延びようと懸命に戦うガイ、そしてついに切れてしまうガイ。彼の気持ちも分かる。でもあそこまでやらんでもいいだろう?! それで最後はあれかよ?やっぱりハリウッドってとこは、コワイねー。


e0059574_14141100.jpg
バディは映画会社のエグゼクティブ。自分の名誉と出世のためなら他人のアイデアを頂戴するのは朝めし前だし、女を寝取ることなんざ屁のカッパ。


e0059574_1422737.jpg
嫌味なヤツなんだけど、どんなスーツもぴったり決まるし、オープンカーで出勤なんてカッコええ~。


e0059574_1424449.jpg
会社でも辣腕振るうバディだけど、コーヒーに入れる砂糖へのあの鬼のようなコダワリって何なのだァ?ベニーチョ・デルトロが、とってもいい雰囲気を醸し出していたな(^^) ハードな上司を持ったら、ベニーチョのようなゆる~いペースで行かないと、長続きしないからね。


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2006-01-03 01:57 | Kevin Spacey | Comments(6)