<   2006年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Festival di cinema (カンヌ映画祭)

e0059574_19511832.jpg
カンヌ映画祭では期待の呼び声の高かったキム・ロッシ・スチュワートの初監督作品『Anche libero va bene』が、5月20日に会場で上映されました。終了後、関係者の拍手喝采は5分以上続き、それが大きな波となってスタンディング・オヴェーションへ。思ってもみなかった会場の反応に、「いやぁぁ、正直言ってこれは予想もしていなかったのでびっくりだけれど、やはりとても嬉しいですね。」とキムの率直なコメント(^^) 彼のほかには、母親役のBarbora Bobulovaやトミー少年役のAlessandro Moraceが出席していました。詳細はこちら。なお『Anche libero va bene』の上映権はすでにフランスのMK2が獲得したので、フランスでは年内に11ヶ所で上映される予定です。

e0059574_20245.jpg
キムの両親は彼が子どもの頃に離婚。日々絶えない彼らの激しい言い争いが、今も耳から離れない。ののしり合う二人の姿が脳裏から消えない。それを今も引きずっているし、この先もきっと忘れないだろう。自分の成長過程に及ぼした家庭環境、とくに親のあり方についてずっと考えていた。が、自叙伝としてではなく、また同情を買おうというつもりでもなく、あの頃の自分と同じ年頃の一人の少年を主人公にして、純粋に彼の心の動きを追ってみたかった。この映画はそんなキムの気持ちから生まれたものでした。そうすることで、あの頃の両親くらいの歳になったキムが、心の中で両親との和解を果たそうと、また子どもには理解できなかった両親の事情に近づこうと試みたのでしょう。

監督になったことに対して彼は、「ベニンニ監督の『Pinocchio』やプラチド監督の『Romanzo Criminale』に出演している頃から、カメラを通したシーンを常に頭に描いて演じていた。あの頃から監督をやってみたいと思うようになっていた。『Le chiave di casa(家の鍵)』のアメリオ監督には、本当にお世話になり、感謝しても仕切れないくらいである。特に監督への道を歩むに際して、あらゆる助言をくれ、そっと後押ししてくれた。」

さて次のキムの主演作は、38歳で自死したジャズのLuca Floresの半生を描いたもの。こちらも内面の葛藤にスポットをあてた作品で、キムは役作りに意欲的に取り組んでいるところだそうですョ(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2006-05-22 20:02 | - Italian film | Comments(4)

A Moon For The Misbegotten

e0059574_1818233.jpge0059574_18184246.jpg
e0059574_1819110.jpge0059574_181917100.jpge0059574_18193313.jpg
2006年9月15日~12月23日Old Vic劇場での上演スケジュールが決まりましたね。5月10日からは会員優先のチケット販売が開始され、続いて5月22日から一般販売もスタートします。楽しみだなぁぁぁ(^^) この写真のケヴィ、少々お疲れ気味に見えるのですが…。すでに役柄に入ってます?
[PR]
by amore_spacey | 2006-05-19 18:23 | Theatre | Comments(4)

Anche libero va bene (気ままに生きて)

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

e0059574_2043765.jpg
キム・ロッシ・スチュワートの初監督作品。完成を目前にした昨年12月に彼は交通事故に遭い、入院&手術を余儀なくされました。自宅療養中は映写機を持ち込んで、フィルム編集と最後の仕上げに没頭したという。主人公のトミー少年役を見つけるために、キム自身がローマの公園や中学を歩き回ったのですョ。こだわりの人…です。


e0059574_20434726.jpg
11歳のトミー少年は、姉のヴィオラとTVのフリー・カメラマンのパパ・レナートとママ・ステファニアの4人家族。が、今まで何度もふらっと家を出てはそのまま行方不明になり、気が向けばふっと帰ってくるような自分勝手なママは、いないも同然。パパの仕事は不定期で収入も少なく、そこそこの暮らしではあるが、3人力を合わせて何とか楽しく毎日を送っている。



e0059574_2044187.jpg
そこへまた突然ママが帰ってくる。父子家庭で3人の歯車がうまくかみ合う頃、いつも母親が乱入して家族のバランスが崩れる。「今までのことは許して欲しい。私が家庭のことは何でもやるから。あなたたちなしでは生きていけないのよ~」 レナートの足元で泣き崩れる。こんなシーンも何度も繰り返された。



e0059574_20444233.jpg
ママにはうちにいて欲しいヴィオラ、パパを気遣って素直にママが好きになれないトミー。



e0059574_2045389.jpg
妻に振り回され、ほとほと愛想をつかしたレナート。気が短く頑固で思い込みが激しい性格が災いして、せっかく手にした仕事もボツになる。家計はますます苦しく、彼の気持ちはどんどんすさんでいく。そんな父を間近に見ながら、トミー少年の心に変化があらわれる。


「人間形成の上で思春期に子どもたちが体験するものは、良かれ悪しかれその後もずっと引きずっていくことになる。人生の上で要になる時期。ガラス細工のような壊れやすい家庭を舞台に、そんな家庭環境に育つ少年の目から見た親や家庭や自分の世界といったものを描きたかった」 キム・ロッシ新監督の弁。が、場面のつなぎ方といいストーリー展開といい、かなり唐突で無理があったのでは?人生に絶望した夫が、八つ当たりで吠えまくるシーンだけが、やけに心に残っています(汗) ということで、期待した割りには何だかなぁ?な作品でした。残念。

《気になったシーン》
①大きめのTシャツにTバック?のキムがアイロンをかけている。おしりが見えそうで見えない…うぅぅ、見、見たいっ。 ②トミーは朝食をとらないで中学に行くんだけど、ダメよ、ちゃんと朝ご飯を食べていかなくちゃ。 ③ひょっとするとキム自身も気が短くて、荒っぽい&ののしり言葉を頻繁に口にしてます?板についてたよな( ̄∇ ̄;) ④トミー少年が心を寄せる同級生の女の子の教科書に、「好きだよ」と書いた紙切れをはさむ。うふっ♡ ⑤屋根の上にあるトミー少年の秘密基地。ここが彼の心を癒してくれる唯一の場所。 ⑥〆はヒゲ大魔王のキム様でしょう(^^)

製作国:Itaty
製作年:2005年
監督:Kim Rossi Stuart
キャスト:Barbora Bobulova, Tommaso Ragno, Kim Rossi Stuart...
[PR]
by amore_spacey | 2006-05-10 20:53 | - Italian film | Comments(10)

L'era Graciale 2 (Ice Age: The Meltdown )

私のお気に入り度 ★★★☆☆(74点)

e0059574_22172230.jpg
マニー(マンモス)・シド(ナマケモノ)・ディエゴ(サーベルタイガー)が再び登場。氷河期から一転、温暖化による大洪水の危険が迫る中、3匹は地球の動物たちを救うため、ノアの箱舟を目指して新たな大冒険の旅に出るのであります。


e0059574_22183121.jpg
第一作目に比べると、かなり間延びしていましたが、スクラット(りす)が大好きな私は、あの子さえいればご機嫌。前回に比べると登場回数が格段に増えて、嬉しかったなぁ♡


e0059574_22185899.jpg
ストーリーにはこれといった山場がなく単調なだけに、どんぐりと大格闘するスクラットを何度も登場させることによって、最後まで何とか持たせていたなぁ、というのは言い過ぎ?? 愛するどんぐりを手にするため、あの手この手を使うのだけれど、スクラットちゃんを邪魔するものが、なぜかいつも待ち受けているのですよね。あの巨大などんぐりには、私もびっくりした~(笑)


e0059574_0245246.jpg
今回の目玉商品は何と言っても、クラッシュ(フクロネズミの兄弟)と3匹の動物たちとの掛け合い漫才でございますョ。

製作国:USA
製作年:2006年
監督:Carlos Saldanha
[PR]
by amore_spacey | 2006-05-05 22:20 | - Other film | Comments(4)