<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『シカゴ7裁判』(The Trial of the Chicago 7)

~スティーブン・スピルバーグ監督の新作「The Trial of the Chicago 7(シカゴ7裁判)」に、ケビン・スペイシーやウィル・スミス、フィリップ・シーモア・ホフマンらオールスターキャストが結集することになりそうだ。

e0059574_5164255.jpge0059574_5165893.jpge0059574_5171430.jpg
e0059574_5173470.jpge0059574_5175672.jpge0059574_5181123.jpg

同作は、1968年の米民主党全国大会において、ベトナム反戦デモを行って、逮捕された7人の被告の裁判を描くもので、人気脚本家のアーロン・ソーキン(「ザ・ホワイトハウス」「ア・フュー・グッドメン」)が脚本を執筆。ソーキンが米バニティ・フェア誌に語ったところによれば、今年3月からのクランクインを予定。「ボラット」として知られるサシャ・バロン・コーエンの出演はすでに決まっており、ケビン・スペイシー、ウィル・スミス、フィリップ・シーモア・ホフマン、テイ・ディグス、アラン・アーキンらが出演を熱望しているという。~
[eiga.com 映画ニュース]より。

こちらには配役概要も記されています。実現は秒読み…か?^^
[PR]
by amore_spacey | 2008-02-27 05:28 | Kevin Spacey | Comments(2)

Caravaggio (カラヴァッジョ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

でも久し振りに大好きなAlessio様に会えたので、私のAlessio度★★★★☆(86点)


e0059574_29165.jpg
先月からTV雑誌に出ていた「2月中旬に2夜連続放映決定!」を気に留めて、カレンダーに○印までつけておいたのに、(ええ、もちろんAlessio様に会うためですとも、うふふっ) なんと言う失態を!一夜目は見逃し、二夜目は番組開始30分経過後にしてようやく、
「あーーーっ、カラヴァッジョ!!! Alessio様~!」 はっと気づいてTVをつけたような有様でした。バカ、バカ、バカーッ★

初めてカラヴァッジョの名前を耳にしたのは、大学1年の西洋美術史の時間に、今は亡き若桑みどり先生が、つばを飛ばしながら当時としては特異な写実的宗教画や徹底したリアリズム、光と闇(とりわけ光の道筋)のバランスや色彩への拘りなどを、スライドを見ながら丁寧に情熱的に講義して下さったものでした。
再び彼の名前を耳にしたのは、ケヴィ様主演の『私が愛したギャングスター』。ケヴィ様のあの不敵な笑いのお陰で、カラヴァッジョは私の脳裏にしっかり刻印されております(^^)v



e0059574_293843.jpg
しかし、まぁ、作品からは想像もしていなかったのは、彼があんなにも激情型であったということだ。気に入らないことがあればすぐ剣に手がかかる、人に切りかかる、自分の作品をメッタ突きにする…。もう少し要領よくやればいいものを、直情型だから後先考えない。それが自ら破滅に招き、投獄から放浪の末、行き倒れに近い最期を迎える。

Alessio様を筆頭に脇を固めるキャストもよかったのですが、TVドラマだからなのか?資金不足だったからなのか?カラヴァッジョの全生涯をたった2晩に凝縮させようとしたことに無理があったからなのか?…安易なセットに陳腐で薄っぺらな台詞の連続で、平坦なドラマに終わったのはつくづく残念。(6割強も見逃しておきながら…ですが。滝汗)

ああ、Alessio様は健在でした。激昂型のカラヴァッジョを演じようが、殺人犯として投獄されようが、彼本来の優しさが視線や唇や手先の動きに滲み出ておりました(*^^*)

《豆知識》
1. 本名はミケランジェロ・メリージ(Michelangelo Merisi)
2. 「殺人の前科がある人物を起用するとは何事か!」各方面で物議を醸したが、結局イタリアの旧10万リラ紙幣に彼の肖像が採用された。


製作国:Italy (TV Rai Uno)
初公開年:2008年
監督:Angelo Longoni
キャスト:Alessio Boni, Claire Keim, Elena Sofia Ricci, Sara Felberbaum ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-02-20 02:10 | - Italian film | Comments(8)

プラトニック・セックス ウォーターボーイズ いま、会いにゆきます

『プラトニック・セックス』

私のお気に入り度 ★★★★☆(76点)

e0059574_2284272.jpg
《一言感想》 初期の頃のオダジョーが見たかったの。いいね、いいねぇ。『帰ってきた時効警察』と同一人物だとは思えなかった。インパクト強し!恐るべし、阿部寛☆ 気骨&味のある役者になってきて嬉しいな。TV連続ドラマの『結婚できない男』でも、彼は強烈なオーラを放っていたから。これって飯島愛の半生を描いたものだったね。

製作国:Japan
初公開年:2001年
監督:松浦雅子
キャスト:加賀美早紀, オダギリジョー, 阿部寛, 加勢大周, 石丸謙二郎, 根岸季衣, 田中要次 ...

………………………………………………………………………………………………………
『ウォーターボーイズ』

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_2291454.jpg
《一言感想》 『スウィングガールズ』の男の子ヴァージョンね。玉木宏がいることに気づいたのは、中盤も過ぎてから。「あれぇ~?あれっ?彼?彼なのー?」 アフロ髪が火事になってるし(笑) 男子団体シンクロナイズドも中々いいじゃないですか(^^) こういうノリって好きだぁ。

製作国:Japan
初公開年:2001年
監督:矢口史靖
キャスト:妻夫木聡, 玉木宏, 三浦哲郎, 竹中直人, 杉本哲太, 谷啓, 平山綾, 田中要次 ...

………………………………………………………………………………………………………
『いま、会いにゆきます』

私のお気に入り度 ★★★★☆(70点)

e0059574_229435.jpg
《一言感想》 極道な雰囲気を漂わせる中村獅童に似つかわしくない役柄を、あそこまで演じきったのは意外、少し見直しました。残念なのは竹内結子。彼女には全く感情移入が出来ないまま終わってしまった。少しも嬉しそうではないし、生き生きしていない。お願いだから台詞の棒読みはやめて下さい!

製作国:Japan
初公開年:2004年
監督:土井裕泰
キャスト:竹内結子, 中村獅童, 武井証, 中村嘉葎雄, YOU, 小日向文世 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-02-14 22:10 | - Japanese film | Comments(0)

誰も知らない GO ドライブ

『誰も知らない』

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_22524697.jpg
《一言感想》 柳楽少年には不思議な雰囲気が漂っていた。少年とは思えないような大人びた表情には、くら~といってしまいそうでした。苦手なYOUですが、これははまり役ですね。普段の彼女のままだった(笑) これから私は空港へ行くたびに、この子たちのことをふっと思い出すのだろうなぁ。ああ、アポロチョコが懐かしい。

製作国:Japan
初公開年:2005年
監督:是枝裕和
キャスト:柳楽優弥, 北浦愛, 木村飛影, 清水萌々子, 韓英恵, YOU, 寺島進 ...

………………………………………………………………………………………………………
『GO』

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_22531212.jpg
《一言感想》 日本における韓国のあり方。底辺に深刻なテーマを抱えていながら、2人の若い主人公たちのうまい台詞や演技のおかげで、違った見方ができた。「オレって日韓2つの言葉が話せるバイリンガルなんだよね」とか。窪塚くんはちょい苦手なの。脇を固める山崎努&大竹しのぶの両親役が絶妙だった。

製作国:Japan
初公開年:2001年
監督:行定勲
キャスト:窪塚洋介, 柴咲コウ, 大竹しのぶ, 山崎努, 山本太郎, 新井浩文, 大杉漣, 萩原聖人, 田中要次 ...

………………………………………………………………………………………………………
『ドライブ』

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_22533792.jpg
《一言感想》 導入部分で随分期待した分だけ、侍が出てくる中盤あたりの中弛み?意味のないシーンの連続に眠気が襲ってきたけれど、あの大金を銀行に返すシーンでは、実直・堅実で生真面目な主人公のキャラクターが滲み出ていてよかったなぁ。こんな終わり方もいいね。堤さん、目が血走っているけれど素敵♪

製作国:Japan
初公開年:2003年
監督:SABU
キャスト:堤真一, 柴咲コウ, 安藤政信, 筧利夫, 寺島進, 松雪泰子, 松重豊 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-02-08 22:58 | - Japanese film | Comments(2)

ジョゼと虎と魚たち ALWAYS三丁目の夕日 青の炎

『ジョゼと虎と魚たち』

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_2241047.jpg

《一言感想》 背負ってくれる男がいなくなり、電動車いすでひた走るジョゼの姿が印象的だった。一人分の魚の切り身を焼く。女一人元気でなくちゃ生きていけない。そしてその元気さがどこか物悲しいんだなぁ。のだめの横ビンタ、ををを!!!すげーっ。

製作国:Japan
製作年:2002年
監督:犬童一心
キャスト:妻夫木聡, 池脇千鶴, 新井浩文, 上野樹里...

………………………………………………………………………………………………………
『ALWAYS三丁目の夕日』

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_226937.jpg
《一言感想》 昭和30年代の東京下町ってあんなだったんだぁ。薬師丸ひろ子が、いい味を出していました。模範的な小雪は、あの役柄を無理して演じているように見えたのだけれど。「脱皮しよう、しよう」という健気な姿がかえって痛々しい。

製作国:Japan
初公開年:2005年
監督:山崎貴
キャスト:吉岡秀隆, 堤真一, 小雪, 三浦友和, もたいまさこ, 麻木久仁子, 松尾貴史, 小日向文世, 薬師丸ひろ子...

………………………………………………………………………………………………………
『青の炎』

私のお気に入り度 ★★★☆☆(74点)

e0059574_2265584.jpg
《一言感想》 主人公があまりにも淡々としていたせいなのか?、苦悩が伝わってこなかった。二宮くんではどーも力不足で物足りない。彼、役者としてどーなの?

製作国:Japan
初公開年:2003年
監督:蜷川幸雄
キャスト:二宮和也, 松浦亜弥, 鈴木杏, 秋吉久美子, 中村梅雀, 山本寛斎, 竹中直人 ..
[PR]
by amore_spacey | 2008-02-03 22:11 | - Japanese film | Comments(0)