<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

茶の味

ネタばれあり。 

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_20421180.jpg
山間いの小さな町に住む春野家の人々は、それぞれモヤモヤとした小さな何かを心に抱えている。長男の一(佐藤貴広)は、片思いの女の子が転校してしまったショックに打ちひしがれていた。小学校に入学したばかりの妹春野幸子(坂野真弥)の悩みは、ときどき巨大な自分の分身が勝手に出現し、家の庭先や学校の校庭で、自分のことをじっと見下ろしていることだった。「一体いつになったら、あの大きな自分が目の前から消えてくれるのだろう。」 子育てが一段落した母の美子(手塚理美)は、再開したアニメータの仕事に没頭し、他のことは上の空。引退したアニメーターであり春野家の祖父アキラおじい(我修院達也)の指導のもと、日夜アニメ『スーパーBIG』のキャラクターポーズ研究に余念がない。催眠治療士である父のノブオ(三浦友和)は、アキラおじいと美子が自分に分からない世界で仲良くしているのが面白くなく、夫婦間に微妙なミゾを感じている。それぞれの小さな葛藤が穏やかに収束していく中で、家族をやさしく見守っていたのは、アキラおじいであった。葬式が終わり、おじいの居た離れの間で家族が発見したものは…。



e0059574_20424962.jpg
ちょっぴり現実を離れながらも、ほのぼのとした雰囲気が最後まで漂い、気持ちが潤う作品でした。キャラクターポーズ研究に没頭する、美子とアキラおじいもいいし、突然にゅぅっと出現する巨大な幸子もいいわぁ(^^) おじいが家族4人の夫々に残してくれた画集に込められた眼差しがとても温かくほっこりするのです。

製作国:Japan
初公開年:2003年
監督:和泉聖治
キャスト:坂野真弥, 佐藤貴広, 浅野忠信, 中嶋朋子, 手塚里美, 三浦友和, 田中要次, 寺島進 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-12-29 20:44 | - Japanese film | Comments(0)

Leverage

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_23131520.jpg
Timothy Hutton扮するNathan Fordが5人組グループのリーダーとなって、社会的弱者や被害者を助け、加害者はそれ相応の報いを受ける、という勧善懲悪物。21世紀の米国版『水戸黄門』『暴れん坊将軍』なのであーる。腹黒い政治家や弁護士や医者などのホワイトカラー層や悪徳業者がのさばり私腹を肥やすような腐った世の中、先行き灰色な世界情勢の中で悶々としながら生きる我々にとって、勧善懲悪物は心身のカタルシスに繋がり、鑑賞後とてもすっきりするのございますね。

製作国:USA
初公開年:2008年
制作者:Chris Downey, John Rogers
キャスト:Timothy Hutton, Aldis Hodge, Christian Kane, Beth Riesgraf, Gina Bellman ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-12-28 23:23 | - TV series | Comments(0)

My Own Worst Enemy

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_19352894.jpg
Christian Slater扮する二重人格のスパイを描いたドラマ。片や妻と二人の子供がいる平凡な男Henry Spivery、片や13ヶ国語を操る殺人スパイEdward Albright。2つの人格があることに気づいた二人は、ビデオを使ってお互いのコミュニケーションを図る、現代版Jykill&Hydeですな。


e0059574_19354994.jpg
シーズン1第9話をもって打ち切りですかぁ?泣 地味ながらも私の中では徐々にテンションがあがって、毎回楽しみにしていたのに。でも曰くありげな終わり方をしたので、ひょっとしたら続編ありかも?淡い期待を抱いております。先日ロンドンのVipパーティーでChristianは、私のケヴィ様と何やら親しげに言葉を交わしていましたけれど、お仕事の話だったのかすら?

製作国:USA
初公開年:2008年
監督:Jason Smilovic
キャスト:Christian Slater, Mädchen Amick, Alfre Woodard, James Cromwell, Taylor Lautner ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-12-27 19:36 | - TV series | Comments(0)

『築地魚河岸三代目』

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_0534154.jpg
エリート商社マンの旬太郎は、リストラの陣頭指揮を任され思い悩んでいた。そんな時恋人の明日香が、家業である築地市場の仲卸「魚辰」と装飾デザイナーの仕事を、掛け持ちで奮闘していることを知る。明日香を助けたい一心で「魚辰」を手伝い始めたものの、素人の身では足手まといになるばかりだった。それでも、活気に満ちた魚河岸に心惹かれるようになった旬太郎は、生き方を変える大きな決断をする。



e0059574_054850.jpg
ああ、新鮮な刺し身が食べたい。回る寿司屋ではなくて、カウンターで寿司食いてぇよぉ。これを見ていたら、口の中に生唾がじゅるじゅる。カツオを叩いて、玉ねぎとしょうがと醤油とだし汁を入れてかき混ぜ、最後に氷を浮かべて、炊きたてご飯と一緒に食べるあの一品が、やけにおいしそうだった。マグロのコロッケも家で作ってみたくなったけれど、マグロは寿司か刺し身で食べたいねぇ。

おっと、作品にも少しは触れておかなくちゃいけませんね(^^;) 大沢くん&田中麗奈ちゃんもよかったが、重鎮で固められていた脇役陣のお陰で、軽くなりすぎず、かと言って渋く説教臭くなりすぎず楽しめた。伊原剛志さまは芸域が広くなりましたね。何気に好感が持てる役者だったりします(*^^*)

製作国:Japan
初公開年:2008年
監督:松原信吾
キャスト:大沢たかお, 田中麗奈, 伊原剛志, 森口瑤子, 柄本明, 伊東四朗 ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-12-22 00:56 | - Japanese film | Comments(2)

Prison Break Season 4 episode 15 (プリズン・ブレイク  シーズン4 第15話)

ネタばれあり。

e0059574_23285267.jpg
またプリズンねたですみません。どっぷりハマっちゃってるの(^^;) シーズン4に入ってから、気のせいか話が急展開★ こんなのありえねぇ!なシチュエーションがてんこ盛りなので、いちいち突っ込み入れながら観てます、うははっ。今回嫌な予感が的中して、とうとうSucreが抜けました。「もう逃げ回る生活はゴメンだ。家族を大切に平凡な生活に戻りたい」という台詞を残して。うぅぅ、ラテン系の気さくで誠実な男だったのに、舞台から退場しちゃったよ、ぐすん。役者自身が「ちょっともう勘弁してよぉ、この役降ろして下さい」って頼み込んだのかもしれない。逃げてばかりだもんなぁ。



e0059574_23293555.jpg
e0059574_23295746.jpge0059574_23301478.jpge0059574_23302848.jpg
e0059574_23304278.jpge0059574_23305774.jpge0059574_23311170.jpg
さて、相変わらずScyllaを巡る攻防戦であります。今度はCompanyの黒幕Jonathan Krantzの娘を向こうに回して、JonathanはMichael&Lincoln兄弟、Michaelの彼女Sara、元FBI敏腕捜査官Alexander、義手のTheodore "T-Bag" Bagwell、そしてDonald "Don" Selfと元Company工作員のGretchenの7人で新たなグループを編成して、娘が手にしたScyllaを奪い取る計画を立てる。うぅぅ、昨日の敵が今日の味方。戦国時代のように入り乱れ、思わぬどんでん返しがあるから、気をつけて観ていないと話の流れについていけない。そのせいでプリズン・ブレイクを観た夜は、複雑難解な夢をたくさん見て、朝起きるとぐったり疲れております。来週の1話をもって年内はお終い。年明けはまた2月ごろに復活かしら?待ち遠しいのだわ。

ところでMichaelを演じるWentworth Millerが来日したそうですね。来日中も笑いの少ない冷静でニヒルなMichaelを演じ続けていたのでしょうかぁ?タットゥーは?

製作国:USA
初公開年:2008年
制作総指揮:Paul Scheuring
キャスト:Wentworth Miller, Dominic Purcell, Sarah Wayne Callies, William Fichtner, Robert Knepper, Amaury Nolasco, Michael Rapaport, Cress Williams, Leon Russom ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-12-19 23:34 | - TV series | Comments(4)

Centochiodi (百本の釘)

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★★☆(90点)

e0059574_256197.jpg
Ermanno監督の作品はこれが初めてである。神の言葉が綴られた書物。何百冊という分厚い古書には、太い楔が深く打ち込まれている。ショッキングで背徳的な冒頭のシーンが『ダヴィンチ・コード』を彷彿させ、「これは謎解きサスペンスなのか?」思わず身構えたのだが、話は意外な展開をみせた。台詞が少ない。殆どの登場人物に名前がないのも一風変わっている。観終わったあと、キツネにつままれたようなほんのわずかな戸惑いと、心の奥底がほのかに丸く温まるような余韻が残り、いつかまた川のほとりに座ってポー川の悠々たる流れを終日眺めていたいと思うのだ。



e0059574_2564197.jpg
人肌の温もりを感じさせるシーンがあり、ポー川の流れと同じように、そのほとりで日々の生活が淡々と営まれている。その情景は静かで底力があり、ポー川の懐に抱かれて暮す村人は、全てを放り出してこの村に辿り着いた1人の男を「キリスト」の愛称で呼び、何も言わず何も聞かずそっと受け入れるのである。かつてはボローニャ大学哲学科のエリート教授であった。日常から隔絶された机上で、形而上の本質や真理を追究する限界と虚しさゆえに、全てを放り出したはずであったが、迎え入れられたこの村での自分といったらどうだ?それこそ神のような扱いではないか。自分の中に相反するものを見い出し戸惑う。違う、自分が求めているのはこれではないはずだ。では一体何なのか?監督はこの問いをわれわれにも投げかける。



e0059574_257215.jpg
へっぽこ役者だと思っていたRaz Deganを久々に見ましたが、なかなかよいわぁ。って最近こればっか(苦笑) あの風貌がこの作品にハマっているのは間違いないのですが、彼の魅力を最大限に引き出した監督によるところが大きいのは当然でしょう。台詞が少なかったお陰で、Razのボロが出なかっただけなのかも、という見方は意地悪すぎますか?ポー川のほとりに暮す村人たちの表情がこれまたいいんですョ。私も早く歳を重ねて、あのような生活がしたい。作品に流れていたアコーデオンの曲が弾けたら、もっと楽しくなりそうだなぁ。

ロケ地となったSan Benedetto PoやBagnolo S.Vitoには、花粉が飛び交う5月に行ったため、花粉症の私は景色を楽しむどころではなく、残念ながらこれといった印象を得ないまま帰宅した。次回は季節を変えて訪ねてみよう。

製作国:Italy
初公開年:2007年
監督:Ermanno Olmi
キャスト:Raz Degan, Luna Bendandi, Andrea Lanfredi, Yuri Dini ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-12-03 02:58 | - Italian film | Comments(4)

We Own the Night (アンダー・カヴァー)

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★★☆(83点)

e0059574_23511186.jpg
コカインが氾濫し、犯罪率が急上昇した1988年のニューヨーク。エリート警官の道をすすむ兄Joseph(Mark Wahlberg)、そしてマフィアと通じる裏社会を生きる弟Bobby(Joaquin Phoenix)は、警察一家の血を引きながらも、陽と陰の全く別世界に生きていた。だが警視監である父(Robert Duvall)がマフィアの銃弾に倒れたそのとき、兄弟2人はともに復讐に立ち上がる。



e0059574_23515012.jpg
家族と疎遠になっていた男が、犯罪に巻き込まれ家族を傷つけられて、初めて家族の絆に目覚め、悪いヤツらに復讐するというお話。と言っては身も蓋もありませんが、いたってシンプルなのです。Robert DuvallやMark Wahlbergは出すぎず引きすぎず、かといって鼻につくような小ざかしい演技をするわけでもなく、始終安定していました。


e0059574_23521061.jpg
どっしりしたこの土台に支えられて、Joaquinが光っていましたよぉ。力みすぎず控えめすぎず。うんうん、すごくいいんだなぁ、Joaquin(^^) 私の気持ちを危うくさせるその動物的な視線がいいのだわぁ。あと7~8キロ減量したら、もっといいのだわぁぁ。

銃で頭をぶち抜かれて病院に担ぎ込まれた兄を見舞うJoaquinの、指の動きをご覧になりました?押し殺した声をお聞きになりました?あれだけ素晴らしい役者になったというのに、「今後は歌に専念する」って?引退宣言とも解釈できるんですけどぉ(T^T) あれは気まぐれ発言よね?ね?ねー?!

製作国:USA
初公開年:2008年
監督:James Gray
キャスト:Joaquin Phoenix, Eva Mendes, Mark Wahlberg, Robert Duvall ...
[PR]
by amore_spacey | 2008-12-02 00:04 | - Other film | Comments(6)