<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Transformers: Revenge of the Fallen (トランスフォーマー・リベンジ)

私の疲労度 ★★★★☆(90点)

e0059574_3245768.jpg
オートボットたちとの死闘の末に、宇宙へ逃走した悪の金属生命体ディセプティコン。新たな仲間を引き連れ、再度地球へやってきた!オートボットとディセプティコンの、新たなる闘いが始まる。



e0059574_3243149.jpg
久々の映画館、今年2本目のロードショーだったけれど、疲れたー。途中で寝てしまった。上海が爆撃にあい、ピラミッドが破壊され、ドンパチやっていたのにうたた寝した。どんだけ物を壊したんだぁ?車や機械などの金属物体が、ガキン、ガキン、ガキン、という轟音とともに合体してロボットになる、その「変身」ぶりを見るのは楽しかったし、かっこいいスポーツカーは目の保養になったけれど、まぶたがどんどん下がるぅぅぅ。この手の作品はダメだな。ってか、何でこの映画を観に行く気になったんだろ?

製作国:U.S.A.
初公開年:2009
監督:Michael Bay
キャスト:Shia LaBeouf, Megan Fox, Josh Duhamel, John Turturro ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-06-29 03:27 | - Other film | Comments(0)

容疑者Xの献身

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_022574.jpg
惨殺死体が発見され、新人女性刑事の内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻花岡靖子(松雪泰子)の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者・湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事件の裏にいるのではないかと推理するが…。



e0059574_0223414.jpg
めがねをかけた福山くんて、橋下知事やヨンさまに似てませんか?歌っている福山くんは好きなんだけど、役者としては…う~ん、どうなんだろう。物足りない気がする。

数学関連の本がぎっしり詰まった穴倉のようなアパートに暮らす独身の石神。将来に夢も希望もなく、ただ好きな数学に没頭している時だけが幸せであった。そんな冴えない天才数学者・石神の唯一の心の支えは、弁当屋で靖子とほんの1~2分顔を合わせ、ありきたりな言葉を二言三言交わし、店を出て行く彼の背中にむかって「行ってらっしゃい」と彼女が声をかけてくれる、そんなささやかなことだった。だから靖子に事件が起きた時、彼には究極の愛を貫こうとする揺ぎ無い信念と覚悟があった。自分を献身することで、靖子母娘を救おうとしたのだ。しかしそれは靖子にとって一生背負い続けねばならない十字架になるとは、皮肉な話だ。自分が犯した罪、そして罪のない人を身代わりにさせた罪。2つの十字架は重過ぎる。

冴えない、ついてない、ちょっと切れてる、普通じゃない…。そんなキャラクターが堤さんに続いているので、たまにはすかっとした正義の味方をやらせてあげたい。わたし的なキャスティングは物理学者・湯川を堤真一さんが、高校教師の石神を香川照之氏がやったら、面白いだろうなと思うのです。または物理学者を香川氏、高校教師を堤氏。私の大好きな2人の競演が楽しみなのだわ。



e0059574_0231791.jpg
ほそい眉毛を始終ひそめ、不安におびえる松雪泰子。一時は「アタクシ、白鳥麗子でございますのよ。おーーっほっほっほっほっ」だった彼女なのだけれど、『フラガール』の頃から少しずつ雰囲気が変わってきている。少しばかり人生に疲れた女、そんな松雪泰子にとても好感が持てました。そうそう、冒頭のシーンに石坂浩二が何気に出てましたね。昔より若々しく見えたんですが、あれはヅラだったのかすら?それから北村一輝って、カメレオン的七変化ですねー。同性愛者から刑事やチーフチェフまで、守備範囲が広いじゃありませんか。

製作国:Japan
初公開年:2008年
監督:西谷 弘
キャスト:福山雅治, 柴咲コウ, 北村一輝, 松雪泰子, 堤 真一, ダンカン, 長塚圭史, 金澤美穂 ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-06-20 00:24 | - Japanese film | Comments(2)

Riprendimi (私を撮って)

e0059574_213295.jpg
ドキュメンタリー作家の男2人組は、ショービジネス界における不安定な雇用をテーマにした映画を作ることになる。被写体は役者と映画編集者の夫婦Lucia(Alba Rohrwacher)とGiovanni(Marco Foschi)。だがこの夫婦が争いを起こし、撮影は予期せぬ方向へ進む。



e0059574_21323035.jpg
Luciaが切れるとスゴイっすねぇぇ(滝汗) わめく、投げる、物を壊す、写真を破る、夫からもらった大切な指輪さえ、窓から投げ捨てるんだから。『L'ultimo Bacio』 (Last Kiss)のGiovanna Mezzogiornoといい勝負だー!Giovannaの切れ方は感情爆発型、Albaちゃんのは神経症的&自死型だなと思う。どっちも手に余るし怖い。女に手が早い夫のせいで、小さな子どもを抱えたLuciaが暴れるのは当たり前だ。でもよく分からないのは、同じことを繰り返す夫をどうしてそう簡単に許しちゃうの?やっぱり自分が好きになった男に愛されたいから?一人じゃ寂しいから?

『まなざしの長さをはかって』の非常勤講師を演じたValentina Lodoviniは、ますます官能的でちょっぴり淫らな雰囲気すら漂わせている。こんなイイ女が目の前にいたら、殆どの男はよろめくだろうな(って女の私が言うのもなんですが…)。イタリア男は母性愛に飢えてますから。

製作国:Italy
初公開年:2008年
監督:Anna Negri
キャスト:Alba Rohrwacher, Marco Foschi, Valentina Lodovini, Stefano Fresi, Alessandro Averone ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-06-09 21:34 | - Italian film | Comments(0)

暗いところで待ち合わせ

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_16464572.jpg
視力を失ったミチル(田中麗奈)は、父(岸部一徳)と二人で暮らしていた。ところがそんな最愛の父親が突然病死。ミチルはたった一人の生活を始める。彼女の家の目の前には駅があり、電車の音が聞こえる。ある朝いつものように急行電車がホームを通過する音が聞こえた。しかしいつもと違ったのは、静かな朝を切り裂くように鳴り響く電車の警笛。耳障りなブレーキ音その音の違和感から、何かが起こったという胸騒ぎを感じた。午前9時5分、突然家のチャイムが鳴った。ドアを開けるミチル。彼女の問いかけにも全く呼応せず素早く家の中に忍び込んだ男の名前は大石アキヒロ(Chen Bo-lin)。TVのニュースでは、今朝起こった駅での転落事故の重要参考人が、現場から逃走するところを目撃されているアキヒロであることを報じていた。殺人事件をきっかけに、ミチルとアキヒロの不思議な共同生活が始まった。



e0059574_1647422.jpg
《一言感想》 何気なく観始めたら静かな力でぐいぐい引き込まれてしまった。ミチルとアキヒロのほのぼのとした関係がよかったな(*^^*)。Chen Bo-lin、タイプの男の子なのだわぁ、うふふっ。

製作国:Japan
初公開年:2006年
監督:天願大介
キャスト:田中麗奈, Chen Bo-lin(陳柏霖), 井川遥, 佐野史郎, 岸部一徳, 佐藤浩市 ...


↑これをぽちっと、応援よろしくね(*^^*)
[PR]
by amore_spacey | 2009-06-07 16:48 | - Japanese film | Comments(0)