<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

April Snow (四月の雪)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_135042.jpg
【あらすじ】 ソウルのコンサート制作会社で照明のチーフ・ディレクターとして働くIn-su(Yong-jun Bae)が、妻の交通事故の知らせを受け取ったのは、仕事の真っ最中のことだった。東海岸の小さな町サムチョク。救急病院の手術室の前で、In-suはSeo-young(Ye-jin Son)と出会う。そしてふたりに残酷な現実がつきつけられる。それぞれの妻と夫は一台の車に乗っていたのだ。



e0059574_1352564.jpg
日本で大ブレイクした『冬ソナ』、私はダメだった。Yong-jun Baeが苦手なんだなー。だからこの作品もひたすら甘くて切ない悲恋物語なんだろうな、と思いつつ軽い気持ちで観始めた。Yong-jun Baeって生っ白いヤツかと思っていたら、胸板が厚くて腹筋ぱっくり割れたナイスバディの持ち主なんですね。いや、驚いた。甘ったるい恋愛物の主人公に大人気だけれど、スパイ物や企業物の頭脳犯や参謀長をやらせるとおもしろいかも?湿度&粘着度ともに高そう〜!

沈黙は金なりというように、この作品は無言の雄弁さが際立っていた。本来ならとても気まずくて、下手をすればどちらかが訴訟に持ち込む可能性さえあった立場の男女2人が、徐々に惹かれずるずる深みにはまっていく。しかし互いの立場や状況が、ギリギリのところで引き止める。あの2人が素敵な男女だったから、こういう展開になったと言ってしまえばそれまでだけど、微妙な立場の人間同士がひょんなことで恋に落ちるというのは充分にあり得る。という私はねぇ、Byung-hun Lee様に恋しちゃったのよ053.gif

製作国:South Korea
初公開年:2005年
監督:Jin-ho Hur
キャスト:Yong-jun Bae, Ye-jin Son, Kook-huan Chun, Clazziquai, Kwang-il Kim ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-02-27 01:38 | - Asian film | Comments(0)

The Harmonium in My Memory (我が心のオルガン)

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

e0059574_1511242.jpg
【あらすじ】 1960年代の江原道の山里で、小学校に遅く入学した17歳の少女Hong-yeon(Do-yeon Jeon)。彼女は大学卒業と同時に山里の小学校に赴任した21歳の新米教師Soo-ha(Byung-hun Lee)に恋をする。しかしSoo-haの心は同僚のYang Eun-hee(Mi-yeon Lee)先生に奪われていた。果たしてこの恋の行方は?



e0059574_152891.jpg
パステルグリーンの窓枠、黄土色の壁、つやのある焦げ茶色の木の壁や廊下。冬になると教室の真ん中に登場するストーブ。その上でお弁当を温める。綱引き、フォークダンス、青組と赤組(韓国では青なのかぁ)に分かれて競い合う運動会。くみ上げ式の井戸…、一昔前の日本の光景が至る所に広がり、懐かしさのあまり胸きゅん。

Byung-hun Leeさまぁ053.gif053.gif053.gif 真っ白な歯を見せて笑う表情に、野沢直子がカブってしまうのだけれど(苦笑)、アクションものから淡いラブロマンスまで芸域が広く、私の瞳&ハート053.gifはあなただけのもの~(*^^*) 歌もうまいしオルガンも弾けるし、黒板に書く字がこれまた達筆。何をやっても愛嬌があって、みんなに可愛がられる得なタイプですね。ストーリーは至って単純だけれど、小学校の教師陣から生徒まで個性的な面々、しかも演技派揃いだから、ただ甘ったるいだけのラブロマンスではないのである。誰の心の奥にもある甘酸っぱい思い出が蘇り、作品を観ながら素敵な時間を過ごしました。ラストシーン~エンドロールに胸がいっぱい&目がうるうる。



e0059574_1522673.jpg
この作品を撮影中に最愛の父を亡くしたByung-hunは、お父さまが大切にしていたジャケットを着て撮影したのだそうですね、うるうる。そして再び驚いたのはDo-yeon Jeonの熱演!『シークレット・サンシャイン』を観て彼女の演技力に度肝を抜かれましたが、今回は別の意味でびっくりでした。当時26才だったんでしょ?その彼女が17才の小学生を違和感なく演じている(◎_◎) 凄すぎる!他に言葉が見つからない。彼女のデコって可愛いですね(^^)

製作国:South Korea
初公開年:1999年
監督:Young-jae Lee
キャスト:Do-yeon Jeon, Jae-in Kim, Byung-hun Lee, Mi-yeon Lee, Hye-rin Seo ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-02-25 01:55 | - Asian film | Comments(4)

The Show must go on (優雅な世界)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_23533756.jpg
【あらすじ】 家庭を大事にする暴力団員In-goo(Kang-ho Song)。彼は何れは庭付きの立派な一戸建てを構え、家族と優雅に暮らしたいという希望を叶えるために、今日も組織の仕事や父としての役割を熱心に果たしている。しかし暴力団から足を洗えと口うるさい妻Mi-ryung(Ji-yeong Park)に思春期の娘の冷ややかな態度や、組織のナンバー2であるNoh常務(Je-mun Yun)との刺々しい関係が、In-gooの人生を全く優雅でないところへと引きずり下ろすことになる。



e0059574_23535683.jpg
ヤクザの世界や柵(しがらみ)を描きつつ、そんな仕事についた1人の男の日常生活と悲哀を浮き彫りにしている。ややかったるい前半に比べ、後半はIn-gooの内面に押し込められ封印されていた様々な感情が一気に溢れ出す。「どうして俺だけがこうなっちゃうんだよ?」 カナダで暮す妻・娘・息子から送られてきた楽しげなVHSを、庭付きの立派な一戸建てのこれまた立派なTVで、1人侘しくラーメンをすすりながら観ている自分って一体何なんだ?家族のために一生懸命働いてきたのに。ヤクザという職業を持った男の悲しみがヒリヒリ痛いほど伝わってくる。父ちゃんって切なく虚しい存在なんだね。そんな父ちゃんを演ずるKang-ho Song、ぴったりハマり過ぎ~!

製作国:South Korea
初公開年:2007年
監督:Jae-rim Han
キャスト:Kang-ho Song, Dal-su Oh, Il-hwa Choi, Je-mun Yun, Ji-yeong Park ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-02-23 00:02 | - Asian film | Comments(2)

You are in far away nation (あなたは遠いところに)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_0561846.jpg
【あらすじ】 平凡な農家のひとり息子Sang Gil(Tae-woong Eom)のもとに嫁いだSoon-yi(Su-Ae)。農家のおばさんたちの前で歌うことが唯一の楽しみである彼女は、ひとり息子だけが生きがいの姑が命じるままに、徴兵で軍に入っているSang Gilに毎月面会に訪れた。ある日夫は「お前は俺を愛しているのか」と問いただす。その問いに答えられないSoon-yi。そしてその質問を最後にSang Gilはベトナムの前線へと志願して行った。Soon-yiは夫を探したい一心で慰問公演団に加わり、ベトナムへ旅立つのである。



e0059574_0564228.jpg
まるで高校生か田舎の教員か銀行員のようなSoon-yiに、はたして水商売的なバンドのヴォーカリストが務まるのか?夫はどこに?本当に夫のことを愛しているのか?色んな疑問符が私の頭の中に飛び交った。ところが回を重ねるにつれ、素人っぽさが抜けて堂々としたステージをつとめる歌手になっていくのには驚いた。微笑んだ顔がキュート!でも彼女の心情が今も理解できず、消化不良気味である。たぶんお見合い結婚で、それほど夫や姑に親しみを抱かない彼女が、なぜあそこまで夫を探し出すことに執着したの?女の意地?

バンドのメンバーが個性的で、沈みがちなストーリーに彩を添えてくれた。金にとても汚いヤツなんだけど人間味のあるバンドリーダーJeong-man(Jin-yeong Jeong)や、物静かで縁の下の力持ち的なギタリストのSung Chan(Jin-mo Joo)のお陰で、作品に人間的な厚みが出たと思う。

製作国:South Korea
初公開年:2008年
監督:Jun-ik Lee
キャスト:Su-Ae, Tae-woong Eom, Jin-yeong Jeong, Kyeong-ho Jeong, Wipawee Charoenpura, Mi-ryeong Cho ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-02-21 00:57 | - Asian film | Comments(0)

Avatar (アバター)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_056353.jpg
【あらすじ】 元海兵隊員のJake(Sam Worthington)は、遥か彼方の衛星パンドラで実行されるアバター・プログラムへの参加を要請された。パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。そこで様々な発見と思いがけない愛を経験した彼は、やがて一つの文明を救うための戦いに身を投じていく…。



e0059574_0574194.jpg
遅ればせながらやっと観ました。公開直後から記録的な興行成績を残し、第82回アカデミー賞の9部門にノミネートと話題沸騰の本作品。だから私も乗り遅れないように、一応観ておかなくちゃね(^^) 3Dの迫力と臨場感は、大スクリーンならではのものですね。3Dメガネがしょっちゅうずり落ちる(鼻が低いので…)のには参ったけど。まるでライトアップされた夜のディズニーランド?のようなパンドラの美しさにもうっとり。3時間近いのに飽きなかった。

でもね、それだけ。観ている間は3D映像&音響爆音効果でドキドキハラハラ、人並みに感動もしたけれど、帰宅した私の頭にはすでに何も残っていなかった。脳味噌ありませんけどね(爆) 映像は『トラスフォーマー』や『天空の城ラピュタ』や『風の谷のナウシカ』を多分に意識しているし、音楽は『タイタニック号』そのまんま♪ 後半の破壊的なシーンは、力任せに攻めて行くアメリカを批判しているのかなと思われる。



e0059574_058855.jpg
『ヤギを見つめる男たち』で無謀にも意思の力で壁を通り抜けようと試みる爆笑サイキック・ソルジャーを演じたStephen Langが、この作品では悪の象徴とも言うべきMiles海兵隊大佐だった!この落差に笑ったァ(^^) Sigourney Weaverは若い頃より今のほうがずっと魅力的ですね。ところでJakeの声を担当したFrancesco Pezzulliは、Leonardo Di Caprioの声もやっている。だから私の頭の中は、顔はJakeなのに声がDi Capiroとちくはぐして、それが気になって気になって(苦笑) 字幕だったらこんなことは起きないのにね。

製作国:U.S.A.
初公開年:2010年
監督:James Cameron
キャスト:Sam Worthington, Zoe Saldana, Sigourney Weaver, Stephen Lang, Joel Moore, Giovanni Ribisi, Michelle Rodriguez ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-02-19 00:58 | - Other film | Comments(2)

Please teach me English (英語完全征服)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_0394385.jpg
【あらすじ】 冴えない地方公務員のYeong-ju(Na-yeong Lee)は、ある日役場に来た外国人と英語で会話することができなかったことをきっかけに、役場を代表し英会話学校に通うことになった。単調だった日々が一転!そして英会話初級クラスのお調子者でプレイボーイのMoon-su(Hyuk Jang)に一目ぼれしてしまった。彼女の恋と英語の行方は…。



e0059574_040815.jpg
ヘヴィーな韓国映画が続いていたので、これはリラックスして気軽に楽しめた。オープニング&エンディングや作品の途中に登場するアニメ、それからいきなりアルファベットを教え込まれることになった仔豚ちゃんがとっても可愛いの♪ Yeong-juとMoon-suの関係が、のだめと千秋先輩にカブるところもあって、思わずクスッ(^^) 深刻になり過ぎないラブコメはいいわぁ。Na-yeong Leeって素顔はとっても美人なのね。

製作国:South Korea
初公開年:2003年
監督:Sung-su Kim
キャスト:Na-yeong Lee, Hyuk Jang, Angela Kelly, In-mun Kim, Mun-hee Na ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-02-17 00:40 | - Asian film | Comments(5)

Chaser (チェイサー)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_23474994.jpg
【あらすじ】 ある街で連続猟奇殺人事件が起こっている頃、元刑事で風俗嬢の斡旋をしているJoong-ho(Yun-seok Kim)は、彼のところから姿を消した2人の女の行方を捜していた。その手がかりとなる男を見つけるが、探りを入れさせた風俗嬢Mi-jin(Yeong-hie Seo)も失踪。だが偶然Joong-hoは疑惑の人物Young-min(Jung-woo Ha)を見つけ捕獲する。そして彼は警察署で「女たちは自分が殺した。そして最後の女はまだ生きている」と告白を始めた。2004年に韓国で実際に起きた連続殺人事件をもとに、殺人犯と元刑事の追跡劇を描いた犯罪スリラー。



e0059574_23482738.jpg
ダメだ、この手のヴァイオレンス!殴る&蹴るの応酬や返り血が飛び散る残虐なシーン…が、あまりにも生々しくて直視できずダーッと早送り。あ~、DVDでよかった。これを映画館の大スクリーンで観た人って…(汗) まだ生きてるかもしれないMi-jinを一刻も早く救出したいJoong-hoなのに、無能な警察が邪魔するし、彼女がかけてきた携帯には気づかないし、店のおばちゃんはぽろっと喋っちゃうし…。ドキドキ&ハラハラというより、「何やってんだぁ?」 じれったくて猛烈にイライラ。坂道でのチェイサーを観ていたら、私も肩で息していたわぁ。舞台は神戸のような坂の街だったのね。Mi-jinの7歳の娘が登場したときには、気持ちがほろほろ~っと緩みました。めちゃくちゃ健気で可愛いんだから。Joong-hoの大きな手が、病室の白いベッドで眠る彼女の小さな手に重ねられるシーンだけを思い出すことにします。後味悪すぎ。

製作国:South Korea
初公開年:2008年
監督:Hong-jin Na
キャスト:Yun-seok Kim, Jung-woo Ha, Yeong-hie Seo ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-02-15 00:01 | - Asian film | Comments(6)

Milyang (密陽 シークレット・サンシャイン)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_0255859.jpg
【あらすじ】 夫を交通事故で亡くしたばかりのShin-ae(Do-yeon Jeon)は、夫の故郷で再出発するため息子とソウルからミリャンに引っ越して来る。車が途中で故障してしまい助けを呼ぶと、自動車修理工場を営むJong Chan(Kang-ho Song)がやってきた。それ以降何かと気にかけてくれる彼の尽力もあって、Shin-aeは無事にピアノ教室を開くことができた。隣人たちとなかなか馴染めないことに不安を抱きながらも、なんとか順調に新生活を送っていたが…。



e0059574_02625100.jpg
とても重くてやるせない。神があなたを救い赦してくれる、という押し付けがましい宗教の登場に至っては、蕁麻疹が出てきそうな拒否反応で気分が悪くなった。ああいうのは苦手なんです。そんな私を救ってくれたのは、神ではなく自動車修理士Jong Chanを演ずるKang-ho Song(^^) 彼が登場すると気持ちがほこほこ丸くなる。いつも素のままふらりと出てくる、ような気がする。そう思わせる自然な演技がいいんだなー。めがねフェチなので、今回の彼はいつもにも増してスッキー(*^^*) Do-yeon Jeonの女優魂には恐れ入りました。

製作国:South Korea
初公開年:2007年
監督:Chang-dong Lee
キャスト:Do-yeon Jeon, Kang-ho Song, Yeong-jin Jo, Mi-kyung Kim, Yeong-jae Kim, Seo-hie Ko ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-02-13 00:26 | - Asian film | Comments(2)

Juno (ジュノ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(72点)

e0059574_132625.jpg
【あらすじ】 16歳のJuno(Ellen Page)は、バンド仲間のPaulie(Michael Cera)と興味本位でした一回のセックスで妊娠してしまう。高校生が子供を育てられるわけがなく、Junoは親友Leah(Olivia Thirlby)に「中絶するつもり」と報告するが、中絶反対運動中の同級生に「赤ちゃんにはもう爪も生えているわよ」と言われ産む決心をする。フリーペーパーで子供を欲しがっている理想的な若夫婦を見つけ、里子に出す契約を交わしたJunoは、大きなお腹を抱えて通学する生活を始める。


e0059574_134334.jpg
Junoの妊娠を機に恋人や家族の愛情の変化を、ティーンの視線で肯定も無闇な批判もせず淡々と描かれてはいるが、ティーンの妊娠(望む望まないに拘らず)が増加している現状を踏まえた上でのことなら尚更、余りにもあっけらかーんと描かれ過ぎていないか?里親になる夫婦宅に、しかも奥さん不在で旦那だけのお宅へいきなり遊びに行ったりするJunoの思考回路にも理解に苦しむ。こんな結末で本当にいいのかなぁという疑問が頭に浮かんだ。もしかしたらそれが監督の狙い?

Junoのママって戸田恵子にすごく似てる。そしてJunoは『ゴースト・ワールド』『アメリカン・ビューティー』のThora Birchの雰囲気にそっくり。大人なんだか子どもなんだか?話とは関係ないんだけど、彼女が使っていた丸い電話機や、ポリボトル2L入り?のオレンジジュースを、ボトルから豪快に飲んでいた冒頭のシーンが妙に頭に焼き付いている。

製作国:U.S.A.
初公開年:2007年
プロデューサー:Jason Reitman
キャスト:Ellen Page, Michael Cera, Jennifer Garner, Jason Bateman, Allison Janney, J.K. Simmons, Olivia Thirlby ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-02-11 01:03 | - Other film | Comments(0)

Lie to me (ライ・トゥー・ミー)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(72点)

e0059574_035874.jpg
【あらすじ】 人間ウソ発見器と呼ばれるLightman博士(Tim Roth)がその知識とノウハウを生かして、FBIや警察に協力し事件の真相を見抜いていく。 ライトマン博士は応用心理学の権威で、容疑者のかすかな表情の変化や瞬きからウソを見破る天才である。相手がなぜウソをついているのかまで分かってしまう彼は、心理学者をパートナーにウソ発見チームを結成し、その知識と鋭い観察力で犯人を見つけ出していく。




e0059574_041963.jpg
キャストにそれほど魅力を感じないので、本を読みながらちら見する程度だけれど、Lightman博士のあのまなざしでじーーーっと見られたら、嫌ぁな気持ちになりますな。ちらっと目を右斜め上に動かしたり、口の端をすぼめたり、何気に手を耳にやったり…というような仕草で、ウソがばれちゃうんですよ。私もウソつく時には顔に出ちゃうんだなぁ。Lightman博士を呼ぶまでもなく、簡単にウソがばれます(苦笑) Jennifer BealsがLightman博士の元妻の役で出ている。わたし的には若い頃より今の彼女のほうがずっと魅力的だわぁ。

製作国:U.S.A.
初公開年:2009~2010年
プロデューサー:Samuel Baum
キャスト:Tim Roth, Kelli Williams, Brendan Hines, Monica Raymund, Hayley McFarland, Mekhi Phifer, Jennifer Beals ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-02-09 00:04 | - TV series | Comments(0)