<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Nurse Jackie Season 3 (ナース・ジャッキー シーズン3)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_23513836.jpg
【あらすじ】 NYシティにあるSaints' Hospitalで人命を救う激務と闘いながら、身を粉にして働くヴェテラン看護婦Jackie(Edie Falco)は、どんな状況におかれても冷静に機転を利かせ、使えない医師より的確に患者の処置を行う。時には罪のないウソやルールも破り、常に毅然と難局を乗り越えるJackieとその家族や職場の同僚&患者たちを取り巻くドラマを描く。



e0059574_23514980.jpg
プロ根性に徹して仕事はできるのに、自分のことなるとまるっきりだらしがなくてドラッグにずるずるハマるし、簡単にドラッグを入手するためならかなり汚い手を使ったりするJackieに、残念ながらあまり共感ができない。特にすごーく面白いドラマではないけれど、親友のEleanor O'Hara女医(Edie Falco)・1年目の看護師Zoey(Eve Best)・ゲイの看護師Mo-Mo(Haaz Sleiman)・Jackieの不倫相手の薬剤課のEddier医師(Paul Schulze)・クールな顔立ちに似合わずものすごく神経質&ビビリ症の若いCooper医師(Peter Facinelli)・バールを経営している夫Kevin(Dominic Fumusa)・肝っ玉母さん的な病院長Gloria Akalitus(Anna Deavere Smith)などの強烈なキャラクターに惹かれて、時々ちら観している。

製作国:U.S.A.
公開年:2009~2011年
制作:Evan Dunsky, Liz Brixius, Linda Wallem
キャスト:Edie Falco, Eve Best, Merritt Wever, Paul Schulze, Peter Facinelli, Dominic Fumusa, Anna Deavere Smith ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-07-07 00:01 | - TV series | Comments(0)

I Come with the Rain (アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン)

私のお気に入り度 ★★☆☆☆(50点)

e0059574_0293750.jpg
【あらすじ】 ある男が失踪した。手がかりは名前と年齢と数枚の写真だけ。彼の名はシタオ(木村拓哉)。他人の痛みを身代わりとなって引き受けるという不思議な力を持つ。彼の父の依頼により元刑事の探偵Kline(Josh Hartnett)は、シタオ捜索の旅に出る。シタオの足跡を辿り、KlineはLA~フィリピン~香港へと辿り着く。そこで刑事時代の仲間Meng Zi(Shawn Yue)と共に突き止めたのは、シタオがLili(Tran Nu Yên-Khê)という女性と一緒にいるということ。そしてLiliを溺愛し追い求め続ける香港マフィアのボスSu Dongpo(Byung-hun Lee)もまた、シタオを探しているということだった。香港マフィアと警察の抗争や壮絶な逃走劇に巻き込まれながら捜索を続けるKlineは、遂にシタオとの対面を果たす。



e0059574_0294843.jpg
《一言感想》 何だったんだ、この作品は?キムタクは神だったのか?「肉体の完成には、人類の苦痛が必要だった」( ̄∇ ̄;)って、こりゃ監督の自己陶酔&自己満足の世界ダナ。目の保養になったビョン吉以外はすべて最悪。扇情的な音楽も超耳障りっ★

製作国:France, Hong Kong, Ireland, Spain, U.K.
初公開年:2008年
監督:Anh Hung Tran
キャスト:Josh Hartnett, Tran Nu Yên-Khê, Byung-hun Lee, 木村拓哉, Shawn Yue, Elias Koteas, Eusebio Poncela, Bianca Nappi ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-07-05 00:30 | - Asian film | Comments(2)

Mine vaganti (あしたのパスタはアルデンテ)

ネタばれあり。

私のお気に入り度 ★★★★☆(86点)

e0059574_094218.jpg
【あらすじ】 ローマに暮すTommaso(Riccardo Scamarcio)は、久し振りに生まれ故郷レッチェへ帰った。実家のCantone家は地元で有名なパスタ工場を営み、とても信心深い大家族である。Tommasoには3つの隠し事があった。大学は経営学部ではなく文学部を卒業したこと、家業を継ぐ気はなく作家になりたいこと、ゲイであること。兄Antonio(Alessandro Preziosi)が工場を引き継ぐのを祝して開かれた食事会の席で、Tommasoはみんなに秘密を告白して楽になろうと考えていた。ところが、「自分はゲイである。男の恋人もいる。」と兄がカミングアウトを抜け駆けしたので、思わぬ展開になり、Tommasoは告白しそびれて戸惑いを隠せなかった。父Vincenzo(Ennio Fantastichini)や母Stefania(Lunetta Savino)はもちろんのこと、その場にいた親族はてんやわんやの大騒ぎ。


e0059574_073053.jpg
Ozpetek監督は『無邪気な妖精たち』でも同性愛をテーマに取り上げているが、あちらは「仮の姿のもう1つの家族」の中で展開されたのに対して、本作品は世間体や偏見やタブーに囲まれ閉塞した街に暮す大家族を舞台に、親子や兄弟の確執が描かれている。血の繋がった親族のリアクションが見物なんだな。気の利かない仏頂面のお手伝いさんやエキセントリックな叔母Luciana(Elena Sofia Ricci)やTommasoのゲイ友だちが、重くて自虐的になりがちなテーマに、(やや大袈裟ではあるけれど)軽妙な多面性を与えている。頑固な父親を演じたEnnio Fantastichiniの、ヒステリックに笑い続けたあとの涙に、「同じ立場だったら、私だってあんなだっただろうな」と、深く共感。

『Genitori e figli ... 』同様、ここでもばあちゃんがキーパーソンとして登場。孫たちの旅立ちに彼女(Ilaria Occhini)が命を懸けて伝えたメッセージは、自分の気持ちを偽らないで生きるということ。ばあちゃんを囲む何十個というプチケーキを見て、学生時代によく行ったケーキ食べ放題を思い出した。最高記録は12個。ばあちゃんには負けたー。


e0059574_071994.jpg
Alessandro Preziosiは視線で女を孕ませる男暑苦しいだけの男だと思っていたから、男のフェロモンを撒き散らし放題の彼が、苦悩する日陰の?男という役どころを好演したのには、正直言って驚いた。なかなかやるじゃないか。好感度上昇!(単純な私) 思わぬ展開に目が点になったTommasoを演じるRiccardoも、オレ様度や角がとれていい役者になってきた。Monica姐とのこんなシーンより、恋人Marco(Carmine Recano)との濃厚なキスにドギマギしました(*^^*) 哀愁を帯びたPatty Pravoの♪ Sogno ♪(音が出ます★)やNina Zilliの♪ 50mila ♪(音★)が、頭の中でリフレインしてます♪

製作国:Italy
初公開年:2010年
監督:Ferzan Ozpetek
脚本:Ivan Cotroneo
キャスト:Riccardo Scamarcio, Alessandro Preziosi, Lunetta Savino, Ennio Fantastichini, Ilaria Occhini, Elena Sofia Ricci, Bianca Nappi, Nicole Grimaudo ...


↑1日1回応援ぽちっ☆ ありがとうございます(^^)
[PR]
by amore_spacey | 2010-07-02 00:09 | - Italian film | Comments(4)