<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

坂の上の雲 第一部(幕末~19世紀末)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_11198.jpg
【あらすじ】 明治維新の年松山に生まれた秋山真之(本木雅弘)は、陸軍に入った兄・好古(阿部寛)を頼って上京。親友・正岡升(のちの子規 香川照之)と共に東京大学予備門に入学する。しかし学生生活に疑問を感じて予備門を中退し、海軍軍人を志す。一方俳句の革新を志して帝国大学に進んだ子規は結核に冒され、一時帰郷を余儀なくされる。やがて日清戦争が始まると、秋山兄弟と子規は、それぞれの立場からこの戦争に関わることになる。そして戦争に勝利した日本の前には、極東進出を狙う大国ロシアの脅威が迫っていた。


e0059574_1112384.jpg
日本史の中で一番好きなのが戦国~江戸時代。一番苦手で曖昧なのが幕末~昭和時代だけれど、今年はNHKの『龍馬伝』や『坂の上…』のおかげで、その苦手な時代が少し分かり始めた。考えてみれば日本史上最も激動の時代だったのだから、面白くないわけがないノダ!



e0059574_1113639.jpg
阿部ちゃーーん、長身で騎馬隊長の制服が似合って、めっちゃカッコイイ~♪ これこそ文字通り白馬に乗った王子なんだわぁ(^^) いつもかなりエキセントリックな役柄だから(それはそれで好きなんだけどね)、今回は眉目秀麗な正統派阿部ちゃんだったのが嬉しくて仕方がない。



e0059574_1124171.jpg
兄・子規を思う律の妹愛に泣けた。菅野美穂ちゃん、着物が良く似合ってたー。とっても健気で可愛い。『おくりびと』で広末涼子が演じた妻を彼女にやらせたかったな。香川氏の元祖野球ルックに笑った!飛び跳ねて喜ぶ幾分大袈裟な演技にもクスッ。実際子規は大変無邪気な楽天家だったらしい。この役作りに17キロ減量ですかァ。老若それぞれの年代の役者たちが、それぞれの持ち場をしっかり固め見応えのあるドラマだ。ささ、第二部も観なくちゃ。

製作国:Japan
公開年:2009年
エグゼクティブプロデューサー:菅康弘, 西村与志木
原作:司馬遼太郎
キャスト:本木雅弘, 阿部寛, 香川照之, 菅野美穂, 松たかこ, 原田美枝子, 竹下景子, 佐野史郎, 森本レオ, 竹中直人, 大和田伸也, 榎木孝明, 渡哲也, 高橋英樹, 柄本明, 加藤剛, 伊藤四朗, 西田敏行, 石坂浩二, 宝田明, 米倉斉加年, 渡辺謙(語り) ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-12-29 01:16 | - Japanese film | Comments(4)

2010年いい男に囲まれた暮らし

恒例の『いい男に囲まれた暮らし』をお送りします。最近TVドラマにいい役者がいますね。そんな素敵な5人の男たちがニューエントリー!ゆっくりご覧下さい。


e0059574_134318.jpg
第1位 ニューエントリー ビョン吉(Lee Byung-hun 1970年生まれ) 笑うと野沢直子(ё_ё;)になっちゃうのが難点だけど、やっぱりビョン吉~053.gif



e0059574_1293429.jpg
第2位 ニューエントリー Ricardo Darín(1957年生まれ) 『瞳の奥の秘密』 彼の渋い男の魅力にやられたァ。着物を着て一緒に京都の街を歩いてみたいわぁ。日のさす縁側に座って、2人で茶をすするのも悪くないわね(^u^)



e0059574_135487.jpg
第3位 ニューエントリー James Franco(1978年生まれ) 『フリークス学園』 クールで陰のある彼&小汚いアウトローな彼、どっちも素敵(*^^*)056.gif



e0059574_14105.jpg
第4位 ニューエントリー Marco Bocci(1978年生まれ) 『野良犬たちの掟』 若い頃は男たちの玩具にされそうな甘いマスクだったけれど、近頃男のフェロモンを感じさせ危険な大人になった彼にドキッ072.gif  



e0059574_142372.jpg
第5位 Matthew Bomer(1977年生まれ) 『天才詐欺師は捜査官』 ブルーの瞳&こぼれるような爽やかな笑顔が最高!

e0059574_144890.jpg
スタイリッシュな彼と一緒に、NYやパリやロンドンや巣鴨を歩いてみたいわぁ053.gif



e0059574_15268.jpg
第5位 ニューエントリー Michael C. Hall(1971年生まれ) 『デクスター 警察官は殺人鬼』 あんな役柄のせいか?内気でちょっぴり陰があるんだけど、それが母性本能をくすぐるの(*^^*)069.gif   2010年12月29日修正&加筆


[PR]
by amore_spacey | 2010-12-27 01:06 | My talk | Comments(4)

Sympathy for Mr. Vengeance (復讐者に憐みを)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0152797.jpg
【あらすじ】 聴覚障害者のRyu(Ha-kyun Shin)は、病気の姉を救うため自分の腎臓を移植するつもりだったが、血液型が合わない。さらに勤務先の工場を解雇され、わずかな退職金も臓器の密売人に騙し取られてしまう。そんなRyuに恋人のYeong-mi(Doona Bae)は、工場の経営者Dong-jin(Kang-ho Song)の幼い娘を誘拐しようと持ちかける。金と引き換えに、娘は無事に帰すつもりだった。ところが思いがけない事故で娘が溺死し、Dong-jinは犯人への復讐を誓う。一方Ryuも、密売人に復讐を始める。



e0059574_0154415.jpg
それにしても韓国映画って血が好きですねぇ。流血量が半端じゃない!噴出する血しぶきのシーンに至っては、美しいとさえ思った自分の感覚麻痺にぞーーーっ。川の中で足首を切るシーンはリアルで、足首が痛くなってしまった。救いのない作品は苦手。

製作国:South Korea
初公開年:2002年
監督:Chan-wook Park
キャスト:Kang-ho Song, Ha-kyun Shin, Doona Bae, Ji-Eun Lim, Bo-bae Han, Se-dong Kim ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-12-24 00:16 | - Asian film | Comments(0)

Shanghai (上海)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(72点)

e0059574_16959.jpg
【あらすじ】 太平洋戦争前夜。真珠湾攻撃の四ヶ月前、日本占領下にある上海を舞台に、アメリカ人ジャーナリストPaul Soames(John Cusack)が、友人の死の謎を探るというサスペンス映画。



e0059574_164088.jpg
他の事をやりながら観たので、レビューとして残すにはあまりにもいい加減ですが、でも一応観たんだからぁ(言い訳) John Cusackはキューピーのイメージが強いから、こういったサスペンス映画に出ると緊張が和らげられる(良く言えば)というのか、そこだけ空気が抜けている存在で、この作品も何だかなぁでした。渡辺謙さん、最近ハリウッド映画に出まくり…ですかァ?

製作国:U.S.A.
初公開年:2010年
監督:Mikael Håfström
キャスト:Jeffrey Dean Morgan, John Cusack, 渡辺謙, David Morse, Franka Potente, Yun-Fat Chow, Li Gong ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-12-21 01:06 | - Other film | Comments(0)

セカンドバージン

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_1305693.jpg
【あらすじ】 20年前に離婚して以来、恋を封印して仕事に明け暮れていた出版プロデューサー・中村るい(鈴木京香)と、17歳年下の既婚男性・鈴木行(長谷川博己)との切なくも危険な恋模様を描く。


e0059574_1311890.jpg
ヴァンクリフ&アペルとかエミリオ・プッチのワンピとかラッフルズホテルとか色々なものに囲まれて、本人たちは純粋でちょっと素敵な大人の恋をしているつもりなんだろうけれど、客観的にみれば単なる不倫でしょ? …と言っちゃ身も蓋もない。束の間だけど、いい夢見させてもらいました。鈴木京香が醸し出す熟女の色気に圧倒。長谷川くんは細すぎて、ぎゅーーっと抱きしめたらポキンと折れそう。ちょっと頼りない。ふかきょんの壊れっぷりはすごいぞ。ドラ息子&年齢不詳なYOUもインパクトあり!彼女が作った筑前煮や、函館の魚市の満腹海鮮丼が、空っぽの胃を直撃しました。


e0059574_131348.jpg
るいがささやいた、「死ぬような快感」 女流作家(草笛光子)の「ピアスだって長いこと使っていなかったら、ふさがっちゃうのよ」 「今日は逆立ちの日」という万理江の口癖などなど、歴史に残りそうな台詞もてんこ盛り。隣のおじさん風な向井社長(段田安則)に好感度上昇。レタスちゃんも可愛い。一気に全10話観てしまったせいか、こういう泥沼不倫は食傷気味です。「Kimさまぁ」とか「ビョン吉~♪」って、映画の世界で妄想を膨らませるぐらいが。面倒くさくなくてちょうどいい。

製作国:Japan
公開年:2010年10月12日~12月14日
脚本:大石静
キャスト:鈴木京香, 深田恭子, 長谷川博己, YOU, 綾野剛, 石井めぐみ, 朝加真由美, 布施明, 段田安則, 草笛光子 ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-12-16 01:34 | - Japanese film | Comments(4)

Romanzo criminale season2 1~6 (野良犬たちの掟 シーズン2 第1~6話)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_3255653.jpg
Libaneseが撃たれ命を落とすところでシーズン1があっけなく終了。首を長くして続きを待っていたのだ(^^) ボスを失いFreddo(Vinicio Marchioni)&Dandi(Alessandro Roja)にBufalo(Andrea Sartoretti)が絡んできたために、FreddoとDandiの関係が微妙に変化していく。血と嘘にまみれ実利と友情の狭間で揺れながら、やっとのことで儚い夢を掴もうとするが、所詮は野良犬。野垂れ死に以外に未来はないのか?


e0059574_3271485.jpg
シーズン2を観て、Scialoja(Marco Bocci)にますます惚れたぁ~(*^^*) Patrizia(Daniela Virgilio)の全裸シーンもうふふ。彼女のキッとした表情がいいわぁ。

製作国:Italy
初公開年:2010年
監督:Stefano Sollima
キャスト:Vinicio Marchioni, Alessandro Roja, Marco Bocci, Daniela Virgilio, Andrea Sartoretti, Alessandra Mastronardi, Emiliano Coltorti ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-12-13 03:27 | - Italian film | Comments(0)

Old boy (オールド・ボーイ)

ネタばれあり。 

私のお気に入り度 ★★★★☆(84点)

e0059574_0492956.jpg
【あらすじ】 Dae-su Oh(Min-sik Choi)は妻と一人娘を持つ、平凡なサラリーマンだった。ある日娘の誕生日プレゼントを買って帰る途中、忽然と姿を消す。妻との不仲から殺人容疑で指名手配されるが、実はDae-su Ohは何者かに連れ去られ、15年もの間監禁されていたのだ。15年後監禁から脱出した彼は、敵を突き止め復讐することを誓う。敵からは、「犯人と監禁された理由を5日間で解き出さないと殺す」というメッセージが届く。復讐に燃えるDae-su Ohは美しい恋人Mi-do(Hye-jeong Kang)と知り合い、共に犯人を捜す。しかしこれも、犯人が巧妙に仕組んだ罠だった。



e0059574_0502823.jpg
レヴェンジ物と聞いていたので、『悪魔を見た』のようなシーンが出てきたらどうしよう?ドキドキしながら観ていた。ヴェジタリアンのMin-sik Choiがぐにゃぐにゃ動いているタコを食いちぎったり、ペンチで敵の前歯を抜いたり、ハサミで自分の舌を切り取ったり…というシーンは、『悪魔を見た』に比べりゃどってことなかったけれど、韓国では近親相姦は超タブーなことだから、スゴイ、スゴイ!と言われて、カンヌ映画祭でも物議を醸したのか?「あらぁ、そんなことだったの?」って拍子抜けした私って…倫理観ゼロ?(滝汗)



e0059574_0514791.jpg
音楽が『アメリ』のトーンに似てエキセントリック♪ 象徴的な映像が単発的に現れるのも独特の手法で新鮮だった。ラストシーンの解釈は分かれるだろう。催眠術からさめたDae-su Ohは、Mi-doと親子であるという記憶を自分の中から消すことができないまま、この先も重い十字架を背負って生きていく、と解釈した私は、あまりにも悲観的?
  
製作国:South Korea
初公開年:2003年
監督:Chan-wook Park
原作:土屋ガロン, 嶺岸信明
キャスト:Min-sik Choi, Ji-tae Yu, Hye-jeong Kang, Dae-han Ji, Dal-su Oh, Byeong-ok Kim ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-12-07 00:52 | - Asian film | Comments(4)

El aura (オーラ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_24611.jpg
【あらすじ】 ビジュアルな記憶力と、癲癇の持病を持つEsteban Espinosa(Ricardo Darín)は、趣味で犯罪を想像する動物剥製師。妻Dolores Fonziに去られた翌日、親しいハンターに連れ出された山中で、現金輸送車の強奪を企む宿の主人を過って射殺したことから、望まずして現実の犯罪に巻き込まれる。



e0059574_241781.jpg
不思議な電子音が鳴る中で、Estebanが仰向けに倒れている冒頭のシーンが象徴的。その彼がヴィヴァルディのBGMにのって、丹念に剥製を仕上げていく。このストーリーは水曜日に始まって、翌週の水曜日も相変わらず動物の剥製を作るEstebanの姿で終わる。自分では意図しなかったのに、ひょんなことから思いがけない出来事に巻き込まれていくことがある。しかしEstebanは重大な事件に巻き込まれたにもかかわらず、一件落着したあとは以前と変わらない生活を淡々と送っている。あれは彼が想像したことなのか?それとも彼の中にある何者にも左右されない強靭な精神力が、あの事件を蚊に刺された程度のものに変えたのか?あの事件は彼の暮らしには全く意味のないことだったのか?生きていくことのある種の絶望や諦観を観たような気がする。47歳という若さで逝去した監督に合掌。

製作国:Argentine
初公開年:2005年
監督:Fabián Bielinsky
キャスト:Ricardo Darín, Dolores Fonzi, Pablo Cedrón, Nahuel Pérez Biscayart, Jorge D'Elía, Alejandro Awada ...


[PR]
by amore_spacey | 2010-12-03 02:05 | - Other film | Comments(0)