<   2011年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Vaghe stelle dell'Orsa (熊座の淡き星影)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(74点)

e0059574_016349.jpg
【あらすじ】 結婚間もないSandra(Claudia Cardinale)と夫のAndrew(Michael Craig)は、ジュネーヴからニューヨークへ向かう前に、Sandraの故郷Volterraに立ち寄る。ナチスの強制収容所で非業の死を遂げたユダヤ人科学者の父を記念して像をつくり、屋敷の庭を市に寄贈して除幕式が行われる予定だったのだ。しかし幼い頃暮していた屋敷は、再婚後精神を病んだ母(Marie Bell)と義父Antonio Gilardini(Renzo Ricci)のものとなり、弟Gianni(Jean Sorel)は肩身の狭い思いで彼らと同居していた。姉と彼との精神的な絆は強固で、夫Andrewは次第にその中に立ち入れないものを感じ始める。

父親Agamennoneが母親Clitennestraとその愛人Egistoに殺されたため、Elettraが弟Oresteと共に実の母親に復讐する、ギリシャ古典悲劇『Elettra』にヒントを得る。題名はGiacomo Leopardiの詩『回想』の一節。第30回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞。


e0059574_0164710.jpg
モノクロの画面に、BGMのピアノが時々歪んで聞こえてくる。眉間にシワを寄せた三白眼のClaudia Cardinale。それだけで、「こりゃ、ハッピーエンドではないな」と。Visconti監督の作品には退廃現象の1つとして、母&息子や姉&弟の近親相姦がよく登場する。この作品に盛り込まれた、誰がユダヤ人の父のことをナチスに密告したのか?という謎解きが、辛うじて気だるい雰囲気を引き締めていたか?Visconti監督の作品にしては、美しい男たちがいなくてガッカリ。

父の像の除幕式という晴れがましいイヴェントに出席する姉のもとに、服毒自殺した弟の悲報が届けられようとする、この悲劇的なエンディングは、完全犯罪を遂行したと安心して太陽が降り注ぐビーチでTom が至福の時を過ごしている頃、スクリューに絡みついたPhilippe死体が引き上げられる『太陽いっぱい』のラストシーンにダブった。

e0059574_0162472.jpg
1930年代生まれのイタリア女優に、Monica Vitti(1931)やSofia Loren(1934)やClaudia Cardinale(1938)がいる。Sofia Lorenの名声は揺るぎないが、目や唇や胸など身体の各パーツがやたら大きいだけの彼女より、どこか気だるそうでハスキーヴォイスが魅力のMonica Vittiや、小悪魔的で官能的なClaudia Cardinaleのほうが何倍も好感が持てる。

製作国:Italy
初公開年:1965年
監督:Luchino Visconti
キャスト:Claudia Cardinale, Jean Sorel, Michael Craig, Renzo Ricci, Fred Williams, Amalia Troiani ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-03-30 00:19 | - Italian film | Comments(0)

美しい隣人(全10話)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(72点)

e0059574_03174.jpg
【あらすじ】 美空野町に暮らす平凡な専業主婦・矢野絵里子(檀れい)は、夫・慎二(渡部篤郎)と息子・駿(青山和也)の3人家族で平穏な日々を過ごしていた。ところがある日、絵里子の家の隣に引越して来た謎の美女・マイヤー沙希(仲間由紀恵)によって、彼女の平穏な生活は崩れ去っていく。


e0059574_0314468.jpg
仲間由紀恵ちゃん、こ、怖すぎ。『トリック』のコミカルな彼女が焼きついていたから、またオヤジギャグが連発するのかと思いきや、目は泳いでいるし、回が進むごとにどんどん異常な世界へ入り込んで行くし、計画は確実にエスカレートしている。このドラマのキャッチコピー【女は、苦しむ女を見るのが好き】より、【女は、幸せな女を見るのが死ぬほど辛い】のほうがよりドラマに近くない?


e0059574_0321342.jpg
渡部篤郎の子煩悩なパパぶりに、ほろりとしました。孤高の人だと思っていただけに、人間味のある渡部さんの表情にうるっ。沙希にじわりじわりと迫られ誘惑されても、部下の亜美(藤井美菜)から絡みつくような視線を送られても、のらりくらりかわし続ける。いつかぶちキレて『外事警察』のように、余計なものをバッサリ斬り捨てる暴挙に出るんじゃないか?ハラハラしていた。が、当の本人は問題(浮気の発覚)を先送りして、核心になかなか迫ろうとしない。二重にも三重にもなった疲労に満ちた瞼や、「えっ?あ、う、うん」の曖昧な返事や、浮気相手と妻が鉢合わせた気まず~い空気から逃れるためにタバコ吸いに出たり。「ああ、今度こそ見つかるな~」「この先どうなっちゃうんだろう」と、別の意味でドキドキ&ハラハラのシーンが次々に登場。観ている私も絵里子以上に疲れた。後味悪いエンディングでした... orz

製作国:Japan(フジテレビ)
公開年:2011年1月11日~3月15日
プロデューサー:今井和久, 小松隆志, 星野和成
キャスト:仲間由紀恵, 檀れい, 渡部篤郎, 三浦理恵子, 鈴木砂羽, 森山栄治, 高知東生, 草笛光子 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-03-28 00:32 | - Japanese film | Comments(2)

Noi credevamo (われわれは信じていた)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(74点)

e0059574_01669.jpg
【あらすじ】 両シチリア王国(Regno delle Due Sicilie)の貧しい農村に暮す3人の若者たちによる4つのエピソードを通して、イタリア統一運動(リソルジメント)に進んでいった150年前のイタリアと、そのあまり知られていない地道な歩みを紐解いていく。


e0059574_0161937.jpg
この作品は『ガリバルディ将軍』のような英雄賛歌ではなく、表舞台には決して出てこない当時の市民が主人公である。彼らの地道な活動を表現するために、全体のトーンが抑えられ、レンブラントの絵のような暗闇と灯が印象的だった。しかしトーンが抑えられすぎて、何が言いたかったのかよく分からない。当時の若者たちが歩んだ、リソルジメントの知らざれる部分に光をあてた点は評価したいが、テレビドラマとして作られたせいか?ダラダラと無闇に長い。1人の若者に絞って話を展開させたなら、もう少し明確で濃い内容になったかも。ああいう髪型にすると、白くてほっそり長いFrancesca Inaudiの首が強調されます。鶴みたい。

製作国:Italy, France
初公開年:2010年
監督:Mario Martone
原作:Anna Banti
キャスト:Luigi Lo Cascio, Valerio Binasco, Toni Servillo, Francesca Inaudi, Luca Barbareschi, Luca Zingaretti, Guido Caprino ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-03-26 00:16 | - Italian film | Comments(0)

外交官・黒田康作(第2話~最終話)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

【あらすじ】 霜村毅(香川照之)が関与する一連の殺人事件の裏には、アメリカに本社を持つブライトン製薬のアトロンという薬の薬害訴訟問題が絡んでいた。事件の真相に近づく大垣利香子(柴咲コウ)を襲った彼女の上司・山路貴繁(岩松了)の息子も、アトロンの副作用で亡くなっていた。捜査を続けるうちに黒田康作(織田裕二)は、アトロン訴訟の裏で動いていた黒幕の正体をつかんだ。同時に鴨下祐司(大倉孝二)やJohn(Byung-hun Lee)の協力により、11年前に起きた大使館立てこもり事件の真相に迫る。


e0059574_111376.jpg
社会問題を扱った点は注目すべきでよかったが、主役の織田くんがどうも…ね。香川氏も肩に力が入り過ぎて、顔が5倍くらいデカくなってたし、君島少年を演じた西島康弘が、かなりキモかった。のらりくらりかわして自己保身に徹する近藤正臣や、銭湯のおばちゃんにしてはちょっと素敵すぎる?けれど自然体の美保純の好演に拍手。彼女のように歳を重ねたいものだわぁ。ところで萩原くんって、あんなにおっさん臭かった(● _ ●)? やっぱりビョン吉は客寄せだったんだ。ま、いいんだけど。

製作国:Japan(フジテレビ)
公開年:2011年2月20日~3月17日
プロデューサー:牧野正
原作:真保裕一
キャスト:織田裕二, 柴咲コウ, 夏帆, 美保純, 草刈民代, 香川照之, Byung-hun Lee, 萩原聖人, 岩松了, 近藤正臣, 鹿賀丈史, Byung-hun Lee ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-03-24 01:11 | - Japanese film | Comments(0)

Il Generale (ガリバルディ将軍)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0225421.jpg
【あらすじ】 Giuseppe Garibaldi(Franco Nero)は、Conte di Cavour(Erland Josephson)とGiuseppe Mazzini(Flavio Bucci)と並ぶ「イタリア統一の三傑」の1人。1860年に千人隊(赤シャツ隊)を結成して、両シチリア王国を滅ぼした。その後、自分の征服地をサルデーニャ王Vittorio Emanuele 2世に献上することで軍事的衝突を回避し、イタリア統一に大きく貢献した。


e0059574_0231589.jpg
3月17日に迎えたイタリア統一150年を記念して、リソルジメント(イタリア統一運動)の時代を扱った作品が次々に放映される。Franco Nero、男前!


e0059574_0233575.jpg
GaribaldiとAnitaの長男Menotti Garibaldiを演じたKim Rossi Stuartは、当時青春真っ只中の18歳(^^) 『悪の天使ヴァッランツァスカ』公開直後、ある番組に出演したKimは、司会者が用意した彼の過去の作品のスライドを見ながら、「Che boccolone!!! (すんげぇ巻き毛!)」 って、コテコテのローマ訛りで突っ込んでた(≧∇≦) 似合っているからいいのよ。


e0059574_024999.jpg
南米に渡ったGaribaldiがブラジルで羊飼いの娘と出会い恋に落ち、1842年に結婚して妻となったAnitaを演じたLaura Moranteも若い!

製作国:Italy (Rai) 
初公開年:1987年
監督:Luigi Magni
キャスト:Franco Nero, Héctor Alterio, Davor Juresko, Laura Morante, Antonio Orfanò Jacques Perrin, Kim Rossi Stuart ...
[PR]
by amore_spacey | 2011-03-22 00:25 | - Italian film | Comments(0)

Episodes (エピソーズ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

【あらすじ】 英国で成功したシットコムをハリウッドでリメイクしようと、英国人の脚本家Sean Lincoln(Stephen Mangan) & Beverly Lincoln(Tamsin Greig)夫婦は四苦八苦する。しかし主演にはまるでイメージの違うMatt LeBlanc(Matt LeBlanc)が据えられた。これまた罪のないLeBlancは、番組製作を泥沼化してしまう。果たしてこのシットコムのリメイクは、うまくいくのか?


e0059574_1323981.jpg
ちょっとした勘違いの連続で本人たちは大慌て&大事件に発展していくのだけれど、裏側を知っている私たちは、そのチグハグぶりがおかしくてたまらない。シットコムに対する英米の微妙な温度差や、主役に抜擢されたMatt LeBlancと脚本家夫婦の間に起きる事件は見物(^^) 脳障害を患った娘の看病のため俳優を休業していたMatt LeBlancが、TVドラマに復帰した最初の作品である。

製作国:U.S.A(Showtime) & U.K.(BBC2)
公開年:2011年1月9日~2月20日
クリエーター:David Crane, Jeffrey Klarik
キャスト:Matt LeBlanc, Stephen Mangan, Tamsin Greig, John Pankow, Kathleen Rose Perkins ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-03-20 01:33 | - TV series | Comments(0)

Babette's Feast (バベットの晩餐会)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_16582.jpg
【あらすじ】 19世紀後半。デンマークの辺境の小さな漁村に、厳格なプロテスタント牧師の美しい娘Martine(Birgitte Federspiel)とFilippa(Bodil Kjer)が住んでいた。やがてMartineに若い士官Lorens(Jarl Kulle)が、Filippaにオペラ歌手Achille Papin(Jean-Philippe Lafont)がそれぞれ求愛するが、二人は父の仕事を生涯手伝ってゆく決心をし、父が亡くなった後も未婚のまま献身的に仕事を続けていた。そんなある嵐の夜2人のもとに、Papinの紹介状を持ったBabette(Stéphane Audran)という女性が訪ねてきた。1988年度アカデミー外国語映画受賞作。


e0059574_163042.jpg
トーンを抑えた静かな映像を観ているうちに、、、眠っていた(Ф_Ф;) 気づいたら晩餐当日のシーン。質素でありながら必要なものが揃った厨房。真っ白なテーブルクロスにアイロンをあてる。無駄のない動きで、手際よく次々と素晴らしい料理を生み出すBabette女史。料理を食卓に出す少年。厨房で豪華な晩餐に酔いしれる老人。そして大仕事が終わったあと、氷の入った水で顔をざぶざぶ洗う女史。彼女の凛とした姿は、潔く美しかった。


e0059574_165578.jpg
宗教に縛られた村人たちの心を解き放ったのは、嘗て味わったことのない贅沢な晩餐に違いないが、ご馳走を通して彼らの心に届けられた、Babette女史の自己犠牲による見返りを期待しない深い愛情を忘れる訳にはいかない。まるでこの晩餐の席にいるような至福の時間が、画面から満ち溢れていた。そしてあの作品がダブった。

製作国:Denmark
初公開年:1988年
監督:Gabriel Axel
キャスト:Stéphane Audran, Bodil Kjer, Birgitte Federspiel, Jarl Kulle, Jean-Philippe Lafont, Bibi Andersson, Guillaume Gallienne ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-03-18 01:07 | - Other film | Comments(2)

Carancho (カランチョ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_132121.jpg
【あらすじ】 Sosa(Ricardo Darín)は交通事故専門のベテラン弁護士。病院のERや警察に終始出入りしては、ハゲタカのようにクライアントを探し回っている。一方赴任してきたばかりの若い女医Luján(Martina Gusman)は、ERにひっきりなしに運び込まれる交通事故の被害者の対応に追われ、満足に眠ることさえできずにいた。二人はLujánが道で被害者を救援中に出くわし、恋に落ちていく…。


e0059574_134914.jpg
Ricardo Darínが主演というので、とても期待して観たが、後味が悪くてひどく凹んでしまった。裏を返せば、生々しい現実をここまで映し出した主役の2人が、上手かったということなんだけれど。Ricardoが演ずるSosaは、まっとうな弁護士ではない。時には裏の世界の男たちに命を脅されながら、悪徳弁護士事務所の利益のため(弁護士の資格停止中といいう脛に傷を持つ身であるがゆえに尚更)、金になる交通事故の裁判を嗅ぎまわっている。若い女医Lujánは過酷な勤務のため、ドラッグを打ちながらギリギリの精神状態でERの仕事をしている。そんな彼らが出会って、果たして幸せになれるのか?いや、そんな彼らにこそ幸せになって欲しいと思った。しかし現実はあまりにも非情だった(涙) タイトルのカランチョとは、アルゼンチンに生息する鳥でハゲタカの一種。

製作国:Argentina, Chili, France, Korea
初公開年:2010年
監督:Pablo Trapero
キャスト:Ricardo Darín, Martina Gusman, Carlos Weber, José Luis Arias, Loren Acuña ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-03-16 01:04 | - Other film | Comments(0)

La bella societa'

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_1242399.jpg
【あらすじ】 1960年代のシチリア。小麦畑が広がるシチリアのある村でGiuseppe(David Coco)とGiorgio(Marco Bocci)の兄弟は、未亡人の母Maria(Mariagrazia Cucinotta)によって育てられた。兄弟は美しい母のことになると、まるで自分たちの恋人のように愛し、男が近づくと嫉妬に狂った。そんなMariaのことを、幼馴染みの友だちNello(Enrico Lo Verso)の父親で薬局を営むAntonio(Giancarlo Giannini)は密やかに恋心を寄せている。ある時ローマからこの島にやってきた映画プロデューサーRomolo(Raul Bova)は、美しいMariaに一目ぼれし恋仲になるが、その後事故に巻き込まれ行方知れずになる。行方不明になった息子(=Romolo)を探しに、父親(Franco Interlenghi)と母親(Antonella Lualdi)は島にやってくるが、見つからない。


e0059574_124417.jpg
これだけ豪華キャストが揃ったのに、直球で届くものがなく昼メロ的な甘ったるさだけが残って、もやもや~。たぶん監督は彼の生地シチリアへの故郷愛や、それに支えられて育った兄弟愛を描きたかったのだと思う。ミステリーな要素を盛り込んだストーリーがよかっただけに、キャストの持ち味が充分生かされなかったのが、とても残念。

製作国:Italy
初公開年:2010年
監督:Gian Paolo Cugno
キャスト:Marco Bocci, Simona Borioni, Raoul Bova, David Coco, Enrico Lo Verso, Maria Grazia Cucinotta, Giancarlo Giannini ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-03-14 01:24 | - Italian film | Comments(0)

外事警察

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

【あらすじ】 警視庁公安部外事第4課作業班長の住本健司(渡部篤郎)。彼をリーダーとする作業班は、対国際テロ捜査を担い、決して世の中に知られることなく秘匿で活動し、時として任務のためには手段を選ばない。そんな住本の下にCIAから、国際テロリスト「フィッシュ」が日本に潜伏しているという情報が流れる。その時期は、各国首脳が出席する「対テロ国際会議」を間近に控えている時でもあった。「スパイ天国」と称される日本で、公安警察の外事課「ソトゴト」とテロリストとの壮絶な情報戦争・騙し合いを描く。


e0059574_1284644.jpg
こちらの記事を読んでいたら、「渡部篤郎って40代なのに老けている論争…」の一文が目に止まってハッとした。人に媚びずわが道を行く渡部さんに好感を持っていただけに、老け具合がとてもとても気になるぅぅぅ。それがこのドラマを観ようと思った動機でした(ё_ё;)

あちゃーーーっ、ホントに老けてるよォ(O_o;) この老け方って一体…?(絶句) しかも42歳にしてこの諦観ぶりってどうよ?けれど何を考えているのか分かり難い渡部さんらしさがそのまま残っていて、というより彼の持つ雰囲気がこの作品のためにあるようなハマリ役でよかった(^^) 人に迎合しない!憎まれ役(汚れ役?)を徹底的に演じる役者魂!ほら、憎まれ役でもカッコよく好感がもたれるように演ずる役者が結構いるでしょ?でも、渡部さんのような人が家族や上司にいたら、たまんないなー。人生メチャクチャにされそう。脇を固める余貴美子(今回の役はあまり彼女らしくなくて好きじゃないけど…)や遠藤憲一や石橋凌が、これまた一筋縄ではいかない癖のある人たちだから、ブレのない直球を胸の真ん中にズドーンと食らった気がする。

ストーリーはもとより、BGMや役者たちが漂わせる雰囲気や頻繁に出てくるダークブルーの画面に、どよ~んと重くやり切れない暗さがつきまとって心が軋んだ。あの軋みは外事警察の一人一人や彼らに情報提供する協力者たち(そしてその家族たち)の、心の慟哭だったのかもしれない。最初はこの雰囲気に馴染めず観るのをやめようかと思ったが、これが次第に癖になってしまったんですねぇ。で、その後一気に最終話まで観ました。この作品で外事警察という言葉やその存在を知った。

製作国:Japan
放映年:2009年11月14日~12月9日
演出:吉村芳之, 堀切園健太郎, 梶原登城
原作:麻生幾
キャスト:渡部篤郎, 石田ゆり子, 尾野真千子, 遠藤憲一, 余貴美子, 石橋凌 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-03-11 01:29 | - Japanese film | Comments(0)