<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

おと・な・り

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_236369.jpg
【あらすじ】 カメラマンの聡(岡田准一)は、人気モデルの撮影に忙しい日々を送りながらも、風景写真を撮りたいという思いを抱えている。七緒(麻生久美子)は、花屋でバイトをしながらフラワーデザイナーを目指し、フランス留学を控えている。同じアパートの隣同士に暮らす、30歳&恋人なしの二人が顔を合わせたことは、一度もない。口ずさむ「風をあつめて」のメロディーやフランス語やコーヒー豆を挽く音。いつしか互いの生活音に癒しを感じるようになる。


e0059574_2361458.jpg
タイトルの「おと・な・り」は、「お隣り」に「音鳴り」をかけている。2人の暮すアパートが、昭和初期の小学校のような雰囲気で、なかなかいいんだな。それにしても色んな音があそこまで筒抜けだなんて、壁の薄いアパートだー(爆) 大事件が起きるわけではなく、日常生活の中の小さな出来事を紡ぎ合わせた静かな作品である。恋人なしの男女が微妙なすれ違いを何度も繰り返したあと、ぽんと繋がる。従来のラブストーリーのように、熱い思いを語ったり修羅場を繰り広げたり、というのが全くない。彼らの人生や恋がそっと動き出すまでの時間を、淡々と描いている。それが今どきの恋愛なのかな?それだけに聡のところに転がり込んで来た威勢のいい茜(谷村美月)が、とても生き生きしていて好感がもてた。私は七緒より茜タイプのほうが好き(私自身は七緒に近いけど)。2人の会話だけが聞こえてくるエンドロールが、ものすごくよかった。この作品をそのまま歌にしたような、はっぴいえんどの♪ 風をあつめて♪(音が出ます!)が、心の中で何度も流れる。懐かしい。

製作国:Japan
初公開年:2009年
監督:熊澤尚人
キャスト:岡田准一, 麻生久美子, 谷村美月, 池内博之, とよた真帆, 平田満, 森本レオ ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-30 02:40 | - Japanese film | Comments(4)

誰も守ってくれない

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0135284.jpg
【あらすじ】 幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避けるため警察の保護下に置かれ、中学生の妹・船村沙織(志田未来)は刑事の勝浦(佐藤浩市)に任される。ホテルや自宅アパートや友人のマンションを転々とするが、マスコミの執拗な追跡に行き場を無くした勝浦は、かつて担当した事件の被害者家族(柳葉敏郎&石田ゆり子)が営む伊豆のペンションに身を寄せる。そこへ沙織のボーイフレンド・園部達郎(冨浦智嗣)が駆けつける。第32回モントリオール世界映画祭で最優秀脚本賞を受賞。


e0059574_014823.jpg
タイトルの「誰も守ってくれない」は、容疑者の妹・沙織が一生背負っていくであろう辛い現実を凝縮した台詞なのかもしれないが、実は沙織を保護していた刑事の勝浦が大声で叫びたかった一言ではないか?3年前のおとり捜査の失敗が明るみに出て、家族どころか仕事までも失いかねない、崖っぷちに立つ勝浦。何かあるたびに警察(特に下っ端の刑事)は怒りの標的となり、嫌われ役になる、不条理な職なのだ。しかも今回は事件の加害者の家族を保護するという、これまた普通ならありえない状況の下、どこにも発散できない勝浦の苦悶が伝わってくる。

そして一歩間違えば、情報社会の怖い落とし穴になるネット。匿名という隠れ蓑によって過激な個人攻撃がなされ、個人情報が瞬時に流出する。情報による暴力行為。そこには犯罪行為と意識しないまま、誰も加害者になる怖さがある。現実をあるがままに受け入れるしかない、そんなエンディングだったが、誰か1人でも信頼できる人間がそばにいれば、過酷な現実を徐々に受け入れることができるかもしれない。

製作国:Japan
初公開年:2009年
監督:君塚良一
キャスト:佐藤浩市, 志田未来, 松田龍平, 柳葉敏郎, 石田ゆり子, 佐々木蔵之介, 佐野史郎, 木村佳乃 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-28 00:14 | - Japanese film | Comments(0)

Casino Jack (カジノ・ジャック 史上最悪のロビイスト)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_111573.jpg
【あらすじ】 共和党のロビイストでビジネスマンであり詐欺師のJack Abramoff(Kevin Spacey)と、2人のホワイトハウス官僚・9人のロビイスト・議会議員達などが関わったフロリダのカジノ客船購入詐欺事件で、2006年Abramoffが有罪になったスキャンダルを描く。


e0059574_113488.jpg
冒頭のシーン、鏡に向って一人で喋りまくるKevin。あんな長い台詞を、よく覚えられるなー。それから、卑猥な言葉がどんだけ飛び交った?『スーパーマン』『ラス・ヴェガスをブッつぶせ!』の時のように、頂点を極めたKevi様が坂道を転げ落ちていく様子は、とてもコミカルで気前がいい。本人が一番楽しんでいるよね(^^) Kevi様が演じると、悪人でもかばってあげたくなってしまう。スカッシュのフットワークは軽やかだったけれど、やっぱり50歳…だな。役作りで体重増した久々のぷくぷく姿が微笑ましかった~♪

製作国:U.S.A.
初公開年:2010年
監督:George Hickenlooper
キャスト:Kevin Spacey, Ruth Marshall, Graham Greene, Hannah Endicott-Douglas Barry Pepper, John Robinson, Spencer Garrett ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-25 01:02 | Kevin Spacey | Comments(0)

Grey's Anatomy Season 7 episode 19~22 (グレイズ・アナトミー シーズン7 第19~最終話)

ネタばれあり。

e0059574_3404354.jpg
瀕死の状態でGrace病院に運び込まれたCallie(Sara Ramírez)は、スタッフの奮闘により無事生還し、おなかの子も帝王切開によって助け出され、順調に育っていった。


e0059574_3401372.jpg
リハビリを終えて退院したCallieとArizona(Jessica Capshaw)は、みんなに祝福されて結婚する。


e0059574_3405769.jpg
Meredith Grey(Ellen Pompeo)は、アルツハイマーを患うAdele(Loretta Devine)を助けたい一心から、臨床試験において違法行為をとってしまった。その事実が明るみに出て、解雇か一時停職の瀬戸際に立たされる。


e0059574_3411024.jpg
Mark(Eric Dane)は、Lexie Grey(Chyler Leigh)とJackson Avery(Jesse Williams)の仲を認め、身を引くことにした。


e0059574_3412215.jpg
Teddy(Kim Raver)はDr. Andrew(James Tupper)と共にドイツには行かず、Henry(Scott Foley)のもとに残る。


e0059574_3413321.jpg
自分が妊娠していることを知ったCristina(Sandra Oh)は、驚いてパニックに陥る。仕事を続けたい彼女にとって、今は子どもどころではない。しかしそんなCristinaの様子に、Owen(Kevin McKidd)はとまどう。

 
e0059574_3414463.jpg
Greyの違法行為を知ったDerek(Patrick Dempsey)は彼女への信頼が大きく揺らぎ、煩雑な手続きを経てもらい受けた子とGreyが待つアパートに帰宅しなかった。


e0059574_3415721.jpg
チーフ・レジデントには、April(Sara Drew)が選ばれた。

シーズン7も劇的なエピソードで幕を閉じた。新しいカップルが誕生したり、また安定していたカップルの間に深刻な問題が生じたり、大小の事件が起きたりしている。シーズン8ではどんな展開になるのか楽しみだ。

製作国:U.S.A.(ABC)
放映日:2011年4月28日~5月19日
制作者:Shonda Rhimes
キャスト:Sara Ramírez, Jessica Capshaw, Ellen Pompeo, Patrick Dempsey, Chyler Leigh, Eric Dane, Justin Chambers, Sandra Oh, Kevin McKidd, Jesse Williams, Sarah Drew ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-23 03:44 | - TV series | Comments(0)

La Passione(ラ・パッショーネ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_1545311.jpg
【あらすじ】 5年間も映画を作ることができずスランプの映画監督Gianni Dubois(Silvio Orlando)は、プロダクションから新作のプロットを早く出すように催促されている。しかし彼が所有するトスカーナの小さな街の貸家で水漏れがあり、下の階に隣接する教会の歴史的な宗教画が無残な姿になっていた。そこでこの街の市長(Stefania Sandrelli)が、聖なる金曜日に上演される「キリスト受難」の演劇の監督をしてくれるなら、文化財毀損の告発はしないという交換条件を出してきた。


e0059574_1552194.jpg
Silvio Orlando・Giuseppe Battiston・Corrado Guzzantiと、非常に濃いキャラの役者が勢揃いするというので、「キリスト受難」という宗教的な内容に幾分引っかかりながらも観てみた。うーん、ハズレ。これだけ豪華キャストが揃ったのに、何だか中途半端な終わり方でガッカリだった。が、1つだけ収穫あり。映画の中のGuzzantiを初めて観たが、強烈だー!存在感がある。怪しげなオーラを放っている。そして耳にスパーンと飛び込んでくる、艶と張りのある声がとても気持ちよい。彼の怪演の陰に隠れて、今回はGiuseppeがいつもより小さく見えたぞ(笑) 

製作国:Italy
初公開年:2010年
監督:Carlo Mazzacurati
キャスト:Silvio Orlando, Giuseppe Battiston, Corrado Guzzanti, Cristiana Capotondi, Stefania Sandrelli, Kasia Smutniak ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-21 01:55 | - Italian film | Comments(0)

La bellezza del somaro (ロバの美)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(68点)

e0059574_1273948.jpg
【あらすじ】 建築家Marcello(Sergio Castellitto)と心理セラピストMarina(Laura Morante)の中年夫婦は、毎年秋になると親類や知人をトスカーナの丘陵にある邸宅に招待している。17歳の一人娘Rosa(Nina Torresi)も彼氏を連れてくるというので2人は気になるが、当日そこに現れたのは何と70歳になろうとする白髪の老人Armando(Enzo Jannacci)だった。


e0059574_128031.jpg
久し振りにヒステリックなLaura Moranteに会えるかなと楽しみにしていたら、ヒステリックな彼女は健在だったんだけど、出演者全員が無理にテンションあげて笑わせようとしているのが見え透いて、全く作品に入れなかった。人物設定も奇抜なだけで真実味が薄く、白けるばかりだった。


e0059574_1285278.jpg
それを言っちゃあおしまいだろう?的なことを、何かの弾みでぽろっと、あるいは思い切りぶちまけるから、さあ、大変。てんやわんや大騒ぎする滑稽な人間の姿を、ふだんは人間が「うっすらバカ」とか「のろま」の代名詞に使うロバくんが、遠くから眺めているのだ。これはくすっと笑える。一番の役者はあのロバくん、だな。8月に55歳になるというLaura Morante、相変わらず首の血管浮き立たせてわめき散らしているけれど、綺麗だわぁ(^^)

製作国:Italy
初公開年:2010年
監督:Sergio Castellitto
キャスト:Sergio Castellitto, Laura Morante, Nina Torresi, Enzo Jannacci, Marco Giallini, Barbora Bobulova, Gianfelice Imparato ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-19 01:28 | - Italian film | Comments(0)

Too beautiful to lie (彼女を信じないでください)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(72点)

e0059574_1435885.jpg
【あらすじ】 刑務所で服役中の女詐欺師Ju Yeong-ju(Ha-Neul Kim)は、天性の嘘と演技で委員会の同情を買い、保釈を勝ち取って列車の中へ。そんな彼女の向いに座ったのが、真面目な薬剤師の青年Choi Hee-cheol(Dong-won Kang)だった。彼が大切にしていた婚約指輪をひょんなことで手にしたYeong-juは、その指輪を返そうとHee-cheolが住む田舎町にやってくる。ところがHee-cheolは留守。その間に家族は恋人がやってきたと勘違い。後に引けなくなったYeong-juは恋人に成りすます。Hee-cheolはことの成り行きに驚き、「彼女とは関係ない」と訴えるが、言い訳をすればするほど家族は彼女の味方になるのだった。


e0059574_144262.jpg
よくあるラブコメで、無難にハッピーエンド♪ 『義兄弟』の時とはうって変わって、今回は徹底的にコメディ路線のDong-won Kang。彼の切れ長シャープな目が印象的☆ 時々ぽっと登場するHee-cheolのばーちゃん↑↑↑(Ji-yeong Kim)が、妙にツボにハマりました(≧∇≦)

製作国:South Korea
初公開年:2004年
監督:Hyeong-jun Bae
キャスト:Ha-Neul Kim, Dong-won Kang, Ji-yeong Kim, Cheon-hee Lee, Ju-seok Lee ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-17 01:44 | - Asian film | Comments(0)

十三人の刺客

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_228123.jpg
【あらすじ】 将軍の腹違いの弟という立場に甘んじ、悪行の限りを尽くす明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)。幕府筆頭老中の土井大炊頭利位(平幹二郎)はこの暴君が国の要職に就く前にひそかに闇に葬るよう、御目付役・島田新左衛門(役所広司)に密命を下す。斉韶の凶行の数々を知った新左衛門は、命がけで大義を果たすことを決意。信頼が置けて腕の立つ刺客を集め、斉韶が参勤交代で江戸から明石へ帰国する道中を狙うことにした。わずかな手勢で300人を超える軍勢を迎え討つため、新左衛門たちは落合宿を買収。大掛かりな罠を仕掛け、斉韶ら明石藩の一行を待ち受けるが…。1963年に封切られた工藤栄一監督の同名作品のリメイク。


e0059574_245732.jpg
突っ込みどころ満載だけれど、細かいところに拘らなければ、そこそこ楽しめる勧善懲悪物のチャンバラ劇。三池映画につきものの、ド派手なアクションや効果音もちゃんと健在。伊勢谷友介が演じた木賀小弥太は、ふざけすぎか?死んだものと思っていたのに、完全復活してひょいひょい飛びながら退場なんて…ありえない ┐( ̄∇ ̄;)┌


e0059574_2452597.jpg
何と言ってもすごかったのは、稲垣吾郎!トーク番組やバラエティ番組の彼の、歳の割に落ち着いた(老けた?)覇気のない表情といい、シレッと斜に構えたところが可愛くないな、と思っていたんだけど、あのキャラはそのまんま斉韶だったんだね。涼しい顔して残虐非道の限りをつくし、舌足らずな声で癇に障ることを言う憎々しいヤツ。無表情なだけに、逆切れするとコレが怖いんだな。が、あんなに綺麗な顔のバカ殿も、最期は泥だらけ。吾郎ちゃん、見直したョ。こんな嫌な役を引き受けちゃうんだもん。いっそのことSMAP抜けて、役者一筋で行ったらどうかな?

製作国:Japan
初公開年:2010年
監督:三池崇史
キャスト:役所広司, 山田孝之, 伊勢谷友介, 伊原剛志, 吹石一恵, 神楽坂恵, 沢村一樹, 古田新太, 稲垣吾郎, 内野聖陽, 市村正親, 松方弘樹, 松本幸四郎, 平幹二郎 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-16 02:45 | - Japanese film | Comments(2)

Immaturi

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_0164154.jpg
【あらすじ】 高校を卒業して20年、仲良し同級生の7人はそれぞれの人生を歩んでいる。ところが教育省の手違いによって、高校卒業の資格が帳消しになり、もう一度全国統一高校卒業試験を受けなければならなくなった。そこで7人が集まって勉強会を開き、試験勉強だけでなく私生活の問題や悩みも打ち明ける。そして友情を再確認し、新たな気持ちでそれぞれの場所に戻っていく。


e0059574_0165452.jpg
事実婚で一緒に暮している彼女が妊娠したことで動揺する小児精神科医Giorgio(Raoul Bova)、未だに両親と一緒に暮す不動産屋のLorenzo(Ricky Memphis)、若い女の子と気楽な付き合いを楽しむラジオDJのPiero(Luca Bizzarri)、口の達者な一人娘を持つ働くシングルマザーLuisa(Barbora Bobulova)、妻の目を盗んで若い女の子と遊ぶお調子者Virgilio(Paolo Kessisoglu)、100日間セックス禁止を自分に課しているシェフFrancesca(Ambra Angiolini)、高校生だった頃Virgilioの彼女だったEleonora(Anita Caprioli)。これが7人の仲良し同級生。

タイトルのImmaturiは、未熟者たちの意。高校を卒業して20年経っても、「自分って何だかなぁ」「年齢相応の成長をしてるのかなぁ?」と各々が疑問を抱いている。観る前から話の展開が分かってしまうありがちなストーリーだけれど、さらっと観るにはいいかも。

製作国:Italy
初公開年:2011年
監督:Paolo Genovese
キャスト:Ambra Angiolini, Barbora Bobulova, Anita Caprioli, Raoul Bova, Luca Bizzarri, Paolo Kessisoglu, Ricky Memphis, Alessandro Tiberi ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-13 00:18 | - Italian film | Comments(0)

L'uomo che ama (ダブル・ボディ 愛と官能のルール) 

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0415480.jpg
【あらすじ】 トリノ。薬局で働く薬剤師のRoberto(Pierfrancesco Favino)は、自分の運命の人と信じ心から愛していたSara(Ksenia Rappoport)から、「もう愛していない」と別れを告げらる。しかしその現実を受け止められず、抜け殻のようになって暮していた。しばらくして新しい恋人Alba(Monica Bellucci)と付き合い始めるものの、RobertoはSaraへの未練を断ち切れないでいた。


e0059574_042656.jpg
ええーーっ、冒頭からベッドシーンですかぁ?これも『30日の不倫』のように、監督の自己満足な作品なの?男1女2の三角関係をだらだら描いた退屈な作品?と、嫌ァな予感がした。早送りにしようかと思ったが、やらなくてよかった。ここには色んな人間模様や恋愛の形が登場する。過去の恋愛にしがみつくRoberto、愛する青年Yuri(Glen Blackhall)と同居生活をするRobertoの弟Carlo(Michele Alhaique)、薬局の上司(Marisa Paredes)と亡夫、Robertoの父(Arnaldo Ninchi)と母(Piera Degli Esposti)の、一方通行の寂しい愛、相手を思いやる静かで強い愛、互いに与えあう穏やかな愛。

私たちの日常はこんなにも騒がしいというのに、Robertoが暮す空間は闇が多くシーンと静まり返っていた。オルタ湖畔の景色が素晴らしく、絶妙なカメラアングルにより、汚いだけのイタリアの病院や病室すら美しくみえる。それにしてもMonica姐が出演する作品の邦題は、毎度のコトながら暴走してますなー(苦笑) 役柄によって雰囲気やイメージが変わるKsenia Rappoportってすごい。でも彼女の内に秘められた芯の強さは、変わらない。今回Favinoがやたらシャワーを浴びるんだけど、どして?^^

製作国:Italy
初公開年:2008年
監督:Maria Sole Tognazzi
キャスト:Pierfrancesco Favino, Ksenia Rappoport, Monica Bellucci, Marisa Paredes, Michele Alhaique, Glen Blackhall ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-05-11 00:44 | - Italian film | Comments(2)