<   2011年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

L'age de raison (マーガレットと素敵な何か)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_152341.jpg
【あらすじ】 Marguerite(Sophie Marceau)はキャリアウーマンとして、忙しい日々を送っている。そんな彼女には、同僚で結婚間近の恋人Malcolm(Marton Csokas)がいる。40歳の誕生日を迎えたある日、公証人と名乗る男Merignac(Michel Duchaussoy)が手紙を届けに現れた。それは7歳の自分(Juliette Chappey)が将来の自分にあてた手紙だった。両親の離婚や初恋など辛い思い出を心の奥底に封印してきたが、次々に届く過去の自分からの手紙を読みながら、次第に彼女は心を開いていく。


e0059574_1524957.jpg
40歳になってMargueriteはふっと思う。このまま忙しく仕事をしているだけの人生でいいの?こんな風に立ち止まる時が誰にもある。タイトルのL'age de raisonは、物心のつく年頃の意。この作品では自分を見つめ直す作業を、少女時代のMargueriteの視線というありがちなパターンで進めていく。ストーリー展開が間延びしている上に、観ている方が恥ずかしくなるようなセンチメンタルな描き方、ブリキの箱に入った手紙の演出に至っては、『アメリ』のパクリ?なんて余計なことを思ったりして、新鮮味のない作品だった。


e0059574_1531829.jpg
でもSophie Marceauが好きな私は、ストーリーとはぜーんぜん関係ないところでいちいち感動しまくり(^^) 大人になってもチャーミングなSophie。『ラ・ブーム』の頃の愛くるしい瞳や微笑は今も健在。二の腕や背中がすっきり。鎖骨も美しい♪ タイトスカートの立ち姿がきれい。涙で真っ黒に滲んだアイラインすら、切なくていじらしくなっちゃう。演技は相変わらずベタだけどいいの。彼女を見ていると、「頑張って!」とつい応援したくなってしまうのだ。お約束の日本語タイトルなんですが・・・ちょっと投げやりじゃありませんか?

製作国:France, Belgium
初公開年:2010年
監督:Yann Samuell
キャスト:Sophie Marceau, Juliette Chappey, Marton Csokas, Michel Duchaussoy, Jonathan Zaccaï, Emmanuelle Grönvold ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-07-29 01:53 | - Other film | Comments(0)

クワイエットルームにようこそ

私のお気に入り度 ★★★☆☆(72点)

e0059574_0173584.jpg
【あらすじ】 佐倉明日香(内田有紀)は28歳のフリーライター。ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり、同棲相手の鉄雄(宮藤官九郎)ともすれ違いが続く微妙な状態。そんなある日、明日香は気がついたら、真っ白な部屋のベッドに拘束されていた。やってきたナース(りょう)に「アルコールと睡眠薬の過剰摂取により、丸2日間昏睡状態だった」と説明されても、記憶があちこち欠如した明日香は戸惑うばかり。だが非日常的な空間で見知らぬ人々と出会ううち、明日香の中で何かが変わり始める…。


e0059574_017577.jpg
真っ白な部屋のベッド、金属的な内装、人間味のない看護婦の登場に、これはSF映画なのか?と思ったら、心を病んだ人々が生活する病院が舞台だった。だからびっくりするようなキャラが次々に出てくるが、中でも大竹しのぶは超ぶっ飛んでたな(≧∇≦) 彼女の年齢不詳ぶりや芸域の広さには、感服するばかり。好きな女優さんです。


e0059574_0181635.jpg
作品の内容はちょっぴり現実ばなれしていて、全面的に溶け込むことが出来なかったけれど、次々に登場する強烈なキャラにひきつけられて、気がついたら最後まできちんと観てました。

製作国:Japan
初公開年:2007年
監督:松尾スズキ
キャスト:内田有紀, 宮藤官九郎, 蒼井優, りょう, 塚本晋也, 平田満, 妻夫木聡, 大竹しのぶ ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-07-26 00:18 | - Japanese film | Comments(0)

名前をなくした女神

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_032095.jpg
【あらすじ】 ハウスメーカーに勤める秋山侑子(杏)は、結婚・出産後も仕事を続けていたが、会社からのリストラと引越を機に、健太(藤本哉汰)が通い始めた近所の幼稚園『ひまわりの子幼稚園』で出会った、安野ちひろ(尾野真千子)、進藤真央(倉科カナ)、沢田利華子(りょう)、本宮レイナ(木村佳乃)たちと関わることで、息子をお受験させることを決意する。が、そこにはママ友の嫉妬や見栄や嘘や裏切りなど、様々な思念が渦巻いていた。幸せを模索する全ての女性たちへ贈る、女性の女性による女性のための社会派ドラマ。


e0059574_035339.jpg
イタリアでこれを観ていた時には、「本当ににママ友地獄なんてあるの?」 まるで別の惑星の出来事のような気がしていたけれど、最後の2話は日本一時帰国中に観ていたので、やけにリアルだった。中にはあれに近い地獄が本当にあるらしいけれど、TVドラマということでちょっぴり脚色されているとのこと。各家族のキャラや雰囲気がよく考えられていたな。


e0059574_04534.jpg
どの役者も好きだけど(子どもたちが可愛いね~)、衝撃のキャラは何と言ってもちひろの夫を演じた高橋一生でしょう。カマキリのように冷酷な顔で、妻を監視し家庭内DVを続ける男。最初は、キモーーーーッ!と思ったけれど、ハマっちゃったァ、彼の魅力に(ё_ё;) 毎回登場するたびに、今度はいつ切れるんだろ?って気になって気になって、私のほうが病的?!あははっ。可愛いエプロン姿で厚焼き卵を焼くシーンに、萌え~♪ ときおり見せる子どものような表情に、胸きゅん(^^;) 彼は大変貌を遂げましたね。


e0059574_041656.jpg
レイナ(木村佳乃)の姑を演じた山本道子↑↑↑や、東郷チャイルドスクールの塾長を演じた夏木マリも、すごくよかった。彼女たちのようなベテランが脇を固めていたからこそ、全話観るに耐えられた。それにしても5人のママ友のみなさんは、お肌がとっても綺麗ですね。アップで映っても、ほうれいせんや目のたるみがぜーんぜんなくて、つるん、つるん!う、羨ましい。イタリアでは最初のうちこそ、◎◎ちゃんのママって呼ぶけれど、すぐに自己紹介して名前で呼ぶようになるなー。やっぱり名前で呼んで欲しいよね。

製作国:Japan(フジテレビ)
公開年:2011年4月12日~6月21日
プロデューサー:浅野澄美
キャスト:杏, 尾野真千子, 倉科カナ, りょう, 木村佳乃, つるの剛士, 高橋一生, 萩原聖人, 夏木マリ ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-07-22 00:05 | - Japanese film | Comments(0)

虹の女神

私のお気に入り度 ★★★☆☆(77点)

e0059574_0444481.jpg
【あらすじ】 小さな映像制作会社にようやく就職し、日々苛酷な労働を強いられている岸田智也(市原隼人)に、友人であり会社の同僚でもあった佐藤あおい(上野樹里)がアメリカで事故死したと知らせが届く。大学時代、智也の失恋騒ぎをきっかけに親しくなったあおいは、映画研究会に智也を引きずり込み、監督作「THE END OF THE WORLD」に主演させたのだった。卒業後、定職に就けないでいた智也に今の仕事を世話したあおいはひとり渡米する。


e0059574_0445491.jpg
仲のいい親友として長く付き合ってきたために、照れくさくて今更好きだと言い出せず、恋愛に発展しなかったという思い出は、多くの人にあると思う。だからこんな作品を観ると、胸がきゅーんとなる。甘酸っぱくて切ないですね。1万円で作った指輪が、とてもいいアクセントだった。でも娘を亡くしたというのに、両親(特に父親)のあのリアクションって何なの?引きました。それから章立てにしたことで、作品の流れが途切れてしまったのが残念。映像がとても綺麗。蒼井優ちゃん、ますます綺麗。相田翔子に秘められた狂気を見たぞ!(笑)

製作国:Japan
初公開年:2009年
監督:熊澤尚人
キャスト:市原隼人, 上野樹里, 蒼井優, 酒井若菜, 鈴木亜美, 相田翔子, 小日向文世, 佐々木蔵之介 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-07-20 00:45 | - Japanese film | Comments(0)

A Brand New Life (冬の小鳥)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_4364749.jpg
【あらすじ】 1975年、ソウル近郊。9歳のJinhee(Sae-ron Kim)は訳の分からないまま父親(Kyung-gu Sol)に連れられて、カトリックの児童養護施設に預けられる。父のもとに帰りたいと願う彼女は、院内の人々に反発を繰り返し、脱走も試みる。そんなJinheeを気にかけるのは、年上のSookhee(Do Yeon Park)だった。2人は庭で傷ついた小鳥の世話を始める。Sookheeはアメリカや遠い国への憧れをJinheeに語り、一緒に養女になって外国へ行こうと誘う。かたくなだったJinheeの心も、少しずつ和らいでいくが…。


e0059574_4371029.jpg
たった9歳の少女が背負うにはあまりにも絶望的な状況の中に投げ込まれながら、始終淡々としていて不思議なほど静かである。父が最後に買ってくれたエナメルの靴。奮発したホールケーキ。夜の施設。釜にこびりついたご飯。傷ついた小鳥。花札。布団叩きで鬱屈した気持ちを発散させる住み込みの女。何度も父を思い出す。小鳥を埋葬。自分も埋葬。… 泣いたり怒ったり喧嘩したりしても、水面に立つ小さなさざなみのようにすぐ消える。それだけに、感情を押し殺した少女Jinheeのヒリヒリとした心があまりにも痛々しい。養護施設にいる子どもたちを1人の人間として尊重し、ふわりと大きな心で包み込んでくれたシスターたちや住み込みの女がいなければ、あの子たちはどうなっていただろう?父親の背中で歌った歌、丈直しをする住み込みの女の横で歌った歌。切ない歌。人生の有り様を見てしまったJinheeの気持ちが集約された歌。この作品は監督自身の体験が下地になっているという。この作品によって監督は、心の整理ができたということだろうか?

Sae-ron Kimの可憐なこと!ザックリ切った髪がよく似合う。たどたどしい口調ながら、あどけない表情で思っていることははっきり言う。言葉は少なくても彼女のつぶらな瞳や「へ」の字に曲がった口元や小さな身体は、彼女が抱えるどろどろとした感情を隠しきれない。あんな目で見つめられたら、どんな事情があろうとも、自分の娘を幼児院に送ることなどできないのに。父親にもそれなりの大人の事情があったに違いない。

英訳された原題より日本語タイトルがいい。「天使の…」とか「愛の…」とか「恋する…」とか、甘ったるいタイトルを付けがちなのに、今回は地味でありながら、ストーリーが等身大に映されたタイトルが胸に突き刺さり、とても切なくなる。

製作国:South Korea, France
初公開年:2009年
監督:Ounie Lecomte
キャスト:Sae-ron Kim, Do Yeon Park, Ah-sung Ko, Myeong-shin Park, Man-seok Oh, Kyung-gu Sol ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-07-18 04:37 | - Asian film | Comments(0)

余命

私のお気に入り度 ★★★★☆(78点)

e0059574_0214713.jpg
【あらすじ】 敏腕外科医・百田滴(松雪泰子)は結婚10年目にして妊娠する。過去に乳がんを患い、子供を授かることを期待していなかっただけに、カメラマンの夫・良介(椎名桔平)と至福の時間を味わう。しかし喜びもつかの間、全身性の乳がんが再発する。出産は38歳の滴にとって最後のチャンス。しかし産んだところで自分は育てられない。子供を諦めて治療に専念すべきか、ガンの進行を早めることになっても子供を生むか、病を知り尽くした滴は苦渋の決断を迫られる…。


e0059574_021593.jpg
私だったらどうしただろう?女性ならきっと誰でも、自分に置き換えて観る作品ではないかな。滴の場合は外科医という職業柄、病を知り尽くしていたが為に苦悩も大きかったはず。この作品が思ったより重すぎず湿っぽくなかったのは、滴があまりにも優等生だから。途中で気持ちのバランスを崩して引きこもったり、あれれ?な言動に出ることはあっても、誰かに全面的に寄りかかったり泣き叫んだりすることはなく、ほぼ1人で解決して淡々と余命を生きていった滴。スゴイ!潔い!ちょっとしたことでもすぐに大騒ぎする私には、真似ができない。そして奄美大島の美しくも荒々しい風景に圧倒された。

「あのおばさん、誰だっけー?」ずっとずっと気になって、エンドロールでそうだったのかぁと膝を打ったのが、かとうかず子。『何となく、クリスタル』の頃を知っているだけに、あの二重アゴにはたまげました。

製作国:Japan
初公開年:2009年
監督:生野慈朗
原作:谷村志穂
キャスト:松雪泰子, 椎名桔平, 奥貫薫, 市川実和子, かとうかず子, 林遣都, 宮崎美子, 橋爪功 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-07-16 00:22 | - Japanese film | Comments(0)

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_0371715.jpg
【あらすじ】 戦後の東京。才能がありながら放蕩三昧を続ける小説家・大谷穣治(浅野忠信)と、そんな彼を健気に支えて暮らす妻の佐知(松たか子)。貧しさを忍びつつ幼い息子を育てていたが、これまでに夫が踏み倒した酒代を肩代わりするため、椿屋という飲み屋で働き始める。佐知は水を得た魚のように生き生きと店の中を飛び回り、若く美しい彼女を目当てに通う客で椿屋は繁盛する。そんな妻の姿を目にした大谷は、いつか自分は寝取られ男になるだろうと呟くのだった。


e0059574_0382769.jpg
浅野忠信=皇太子、の図が私の頭の中にこびりついているので、逆立ちしても太宰に見えない。浅野忠信はこじんまりとまとまりすぎて、放蕩三昧を続ける作家の雰囲気がまったく感じられないのだ。作品を通して使われる中途半端な昭和的?言葉遣いも気になる。あっさりしすぎて感動も突っ込みもない。強いて言えば、久々に嫌味な男を演じた堤真一がよかったかな。浅野忠信と松たか子が2人横に並んでさくらんぼを食べながら、種を吹き飛ばすラストシーン、あれも微笑ましい。さくらんぼの季節が来るたびに思い出しそう(^^)

製作国:Japan
初公開年:2009年
監督:根岸吉太郎
フードスタイリスト:飯島奈美
キャスト:松たか子, 浅野忠信, 室井滋, 伊武雅刀, 新井浩文, 広末涼子, 妻夫木聡, 堤真一 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-07-15 00:38 | - Japanese film | Comments(0)

Come fly with me season1 episode1~7

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_0342426.jpg
【あらすじ】 ロンドン近郊にあるヒースロー&スタンステッド空港を舞台に、架空の格安航空会社FlyLoで働くスタッフやキャビン・クルー、空港内にあるバーガーショップの青年やカフェキオスクのおばちゃん、パパラッチや各国からやってくる旅客の姿を、空港の裏事情を織り交ぜながらコミカル&シニカルに描いたBBC制作のTVドラマ。シリーズに登場する計50人以上のキャラの大部分は、過去の大人気TVドラマ「Little Britain」に出演したMatt LucasとDavid Walliamsの2人が演じ分けている。


e0059574_0343672.jpg
うなずけるシーンがてんこ盛り。空港の裏事情なども、「やっぱりそういうことってあるんだぁ」と納得。低価格空港会社の参入によってチケットの価格競争が激化するのに比例してトラブルやクレームが増え、反比例してサービスは劣化の一途を辿る。そういった現状をコミカル&シニカルに描いている。が、化粧やズラや仕草が大袈裟すぎるわりには、話のオチがパターン化してすぐに読めてしまうため、乾いた笑いしか出てこない。それどころか、不快な気持ちに包まれるシーンすらあった。巨体乗客に対する物言いとか、日本人や中国人などアジア人への視線とか、エコノミー客を見る上から目線とか…。期待したわりに全~然よくなかったTVドラマシリーズでした。

製作国:U.K. (BBC)
初公開年:2010~2011年(12月25日~2月8日)
監督:Paul King
キャスト:Matt Lucas, David Walliams, Sally Rogers, Ted Robbins, Alex MacQueen, Annemarie Gaillard ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-07-13 00:35 | - TV series | Comments(0)

理由

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

【あらすじ】 東京都荒川区で起きた、一家4人殺害事件。容疑者の石田直澄(勝野洋)が簡易宿泊所の片倉ハウスに宿泊していると通報があり、江東区の交番巡査・石田(村田雄浩)は現場へ走った。事件が起きたのは3ヶ月前。高層マンションの20階、2025室から男が転落した。部屋には世帯主の小糸信治(山田辰夫)、妻の静子(風吹ジュン)と、身元不明の老婆の死体があり、警察は殺人事件として捜査を始める。しかし殺された4人は、小糸家とすっかり入れ替わった別人だった。では殺された4人は、一体誰なのか?そして犯人は?


e0059574_027191.jpg
原作が面白かったので、映画化されたと聞いてこちらも楽しみにしていた。が、原作を再現するのに精一杯で、余裕がないというのか息が詰まるというのか…正直言ってつまらなかった。107人もの膨大な証言者を、時間制限のある映画の中でどう処理するのかな?ここは監督の腕の見せ所かも?なんて思っていたのに、ワザもひねりもなかった、がっかり。出演者がカメラ目線で語りかけてくるのも、何だか気になった。平々凡々でつまらなかった反面、久し振りに古手川祐子・風吹ジュン・柳沢慎吾・大和田伸也・松田美由紀・赤座美代子・渡辺裕之・左時枝・勝野洋輔・永六輔・裕木奈江を観て、「ずっと頑張ってるんだなぁ」としみじみ。根岸季衣には、相変わらず暗い空気が…(汗) ちょうどこの作品に出演した頃から認知症の症状が表れ始めたという南田洋子の姿にじーん。

一家4人殺害事件は、4人の人生がそこで終わっただけでなく、何らかの形で彼らにかかわった107人に影響を及ぼした。「人は1人で生きていないんだな」なんてことを改めて思った。

製作国:Japan
初公開年:2004年
監督:大林宣彦
原作:宮部みゆき
キャスト:柄本明, 渡辺えり, 菅井きん, 風吹ジュン, 赤座美代子, 古手川祐子, 加瀬亮, 大和田伸也, 久本雅美, 岸部一徳, 峰岸徹, 南田洋子, 勝野洋, 宮崎あおい, 小林聡美, 石橋蓮司, 小林稔侍 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-07-11 00:28 | - Japanese film | Comments(0)