<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

The messenger (ザ・メッセンジャー)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_122481.jpg
【あらすじ】 負傷して前線から外され、イラクから戻ったばかりのアメリカ軍の若手兵士Will Montgomery(Ben Foster)は、通告業務を命じられた。それは上官のTony Stone(Woody Harrelson)と共に、戦死の知らせを兵士の遺族に伝えるという任務だった。あくまで「伝える」ことが仕事で、遺族に精神的な介入をしないのが軍のルールである。肉親の訃報に、ある家族は嘆き悲しみ、またある者はやりどころのない怒りをメッセンジャーにぶつけてきた。そんなある日Willたちは夫の戦死を告げるため、Olivia Pitterson(Samantha Morton)の元を訪れた。それなりにショックは受けているものの、今までのどの家族とも違う冷静で誠意のある彼女をみて、WillはOliviaのことが必要以上に気になり、放っておくことが出来なくなってしまう。


e0059574_1222085.jpg
「私が兵役していた頃のレバノンは、現状況のように攻防の続く戦地ではなかった。しかし兵役を終えて家にたどり着いたときは、まるで違った世界に帰ってきた感覚を味わった記憶がある。そういった体験を、俳優たちに伝えることができた」と、兵役経験のあるイスラエル出身のOren監督は語る。そう言われてみると、Willはまさに監督の分身である。戦地で受けた心の傷が癒えないまま、新しい任務を命じられたことで、心の奥底に押しやったはずの人間性が一気に噴出し、軍の厳しいルールとの狭間で、激しい苦悩の日々を送ることになるなんて、あんまりだ。残酷すぎる。

戦地で傷ついた彼の心身は、いったい誰が癒してくれるのか?ヴェトナム戦争や中東戦争などの帰還兵の中には、日常生活に戻ることができず、トラウマに悩まされ心身のバランスを崩して、一生を終えようとしている(あるいは終えた)者が少なくないという。戦地での恐怖にみちた体験をかろうじて乗り越え、普通の生活を求める1人の兵士Wil。彼の心が少しでも平和で満たされ、以前の暮らしに戻ることができるよう、心から祈らずにはいられない。Wilのように心身の癒しを必要としている兵士が大勢いる。彼らの現状がどんなものであるのか、思いをめぐらすよい機会を得ることができた。Steve Buscemiに泣いた。

製作国:U.S.A.
初公開年:2009年
監督:Oren Moverman
キャスト:Ben Foster, Jena Malone, Eamonn Walker, Woody Harrelson, Yaya DaCosta, Portia, Lisa Joyce, Steve Buscemi ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-10-31 01:22 | - Other film | Comments(0)

サイドカーに犬

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_0565336.jpg
【あらすじ】 不動産会社に勤める薫(ミムラ)は、ある朝ふいに1週間の有給休暇をとった。馴染みの釣堀で釣り糸をたらしながら、ふと、父(古田新太)が会社を辞め、母(鈴木砂羽)が家を出て行った数日間のことを思い出した。そんなときヨーコさん(竹内結子)という女性が、家に来るようになった。たばこをスパスパ吸い、自転車を乗り回し、夕食には、「エサ」と言って麦チョコを食べさせる、破天荒な人だった。しかし子供と対等に向き合って話をしてくれるヨーコさんを、薫(松本花奈)は徐々に好きになっていく…。


e0059574_0571425.jpg
ふっとしたひょうしに浮かんだ子どもの頃の情景を、水彩画のような淡いタッチで描いた作品だった。生真面目な小学生の薫と、大雑把だけどさばさばしたヨーコさんの関係が面白い。初めて飲むコーラ、麦チョコまとめ買い、歯が抜ける、自転車に乗る練習、ヨーコさんとの楽しい海の夏休み…。ヨーコさんは薫のことを対等に見ている。変に子ども扱いしない。そこが薫にとっては、物凄く魅力的で嬉しいのだ。大人の都合で家の中が妙なことになり、心が捻じれてしまった薫が、少しずつヨーコさんに心を開いていく。そんな彼女を演じた薫役の松本花奈ちゃんが、とてもいい表情を見せてくれた。上目遣いでヨーコさんを見上げる顔はキュート(^^) 伊勢谷友介、ほんの一瞬だったな。苦笑

製作国:Japan
初公開年:2007年
監督:根岸吉太郎
キャスト:竹内結子, ミムラ, 松本花奈, 古田新太, 鈴木砂羽, 椎名桔平, トミーズ雅, 寺田農, 伊勢谷友介, 樹木希林 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-10-29 00:58 | - Japanese film | Comments(0)

Edison City (F.R.A.T. / 戦慄の武装警察)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(73点)

e0059574_063739.jpg
【あらすじ】  警察の精鋭部隊F.R.A.T.のメンバーのDeed(LL Cool J)は、仲間のLazerov(Dylan McDermott)とともにマフィアのアジトを捜索する。だが同僚たちが銃撃戦の中で、マフィアを次々に殺していくことに疑問を抱いたDeedは、F.R.A.T.を辞職する。一方新聞記者のPollack(Justin Timberlake)もこの事件に不審感を持ち記事にするが、証拠がないことを上司のAshford(Morgan Freeman)に指摘された上、会社を首になる。PollackはDeedと協力して独自の捜査を始め、事件の唯一の生き残りの証言からある事実を手に入れるが…。


e0059574_065269.jpg
滑り出しはなかなか好調!Justin Timberlakeが、いい演技で頑張ってるじゃないか。Kevinのヅラにも違和感ないぞ!胡散臭い奴らや曲者たちも、それぞれいい仕事をしている。ガウン姿で腰振り踊りするMorgan Freemanも最高~♪とノリノリ気分だったのに、安易でB級な後半の展開で一気に冷めた。結末はおおよそ見当がついていたけれど、あそこまで雑にサクサクっと片付けるなんて手抜きにも程がある(-"-) でもKevi様のヅラが似合っていたから、いいのだ。と言いながら、最近すっかり熱が冷めちゃって。これを観ようと思ったのも、Justinが見たかったから…だし。Keviファンの資格、剥奪ッ。

製作国:Germany, U.S.A.
初公開年:2005年
監督:David J. Burke
キャスト:Morgan Freeman, Kevin Spacey, Justin Timberlake, LL Cool J, Dylan McDermott, John Heard, Cary Elwes ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-10-27 00:07 | Kevin Spacey | Comments(0)

自由戀愛

私のお気に入り度 ★★★☆☆(60点)

e0059574_1154718.jpg
【あらすじ】 大正初期の日本。女学生時代には「自由恋愛を貫こう」と誓い合った生徒たちだが、現実はそれほど簡単にはいかなかった。自立した職業婦人に憧れた明子(長谷川京子)は、磐井商会の次男坊・磐井優一郎(豊川悦司)の妻となり、何不自由ない生活を送っていた。ある日同級生の千鳥(瀬戸カトリーヌ)から、友人だった清子(木村佳乃)が離縁したと聞いた明子は、清子に夫の会社の事務職を紹介する。そればかりか面接用の着物まで調達してやる。その無邪気な親切は清子のプライドをいたく傷つけたが、結局その着物を身につけ面接に挑んだ彼女は、その美貌で明子の夫を魅了してしまうのだった。


e0059574_116636.jpg
女学生たちのわざとらしい会話や耳障りな口調で始まるオープニングが、痛すぎる。若手の舞台役者たちが円陣組んで口々に叫んでいる後半のシーンも、全く意味不明。しかも明治村でのロケがバレバレ。スポンサーだったんでしょうか?(-.-) こんなつまらない作品に豊悦が出たなんて、ガッカリ。もっと作品を選んで下さい。

製作国:Japan
初公開年:2005年
監督:原田眞人
キャスト:長谷川京子, 木村佳乃, 山崎清介, 香川京子, 國村隼, 豊川悦司 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-10-24 01:16 | - Japanese film | Comments(0)

Lascia perdere, Johnny! (よせよせ、ジョニー!)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(74点)

e0059574_017224.jpg
【あらすじ】 1976年、カゼルタ。 ミュージシャンを目指しているFaustino(Antimo Merorillo)には、兵役の義務が待っている。兵役免除の唯一の条件は、職に就いていることを証明することだった。トランペット奏者のマエストロDomenico(Toni Servillo)率いるどさ回りのバンドで、エレキギターを弾いていたが、このバンドの解散が決まり、Faustinoは途方にくれていた。しかしタイミングよく興行主のRaffaele(Ernesto Mahieux)が、ミラノから有名なピアニストAugusto(Fabrizio Bentivoglio)を呼び寄せ、新たなバンドが結成された。チャンス到来、と思いきや…。Fabrizio Bentivoglioの初監督作品。


e0059574_0174865.jpg
Fabrizio Bentivoglioの風貌が、まさに気まぐれな芸術家そのもの(^^) やる気があるんだかないんだか、本気なんだか出任せなんだか?よく分からない人だ。興行主も胡散臭いし、バンドのメンバーもにわか仕立ての寄り合い所帯みたいなもんだし、先行き不安なのは今のイタリアそのもので、思わず苦笑。そんないい加減な大人たちの中で、Faustinoといったら、まぁ、逆切れもせずよく黙ってついて行ったもんだ。何だかんだありながら、結局彼も兵役に就くことになるんだろうけれど、その前に変な大人たちに揉まれたのは、いい経験になったんじゃないかな。


e0059574_0171956.jpg
Toni Servilloにはビックリした。ズラやメイクで化けるのが、本当に好きなのね。首相役から今回のような出っ腹&酔っ払いマエストロ役まで、守備範囲がエンドレス。一人舞台で何役もやらせたら、絶対に面白いに違いない。Faustinoのマンマを演じたLina Sastriは、素敵な女性だ。

製作国:Italy
初公開年:2007年
監督:Fabrizio Bentivoglio
キャスト:Antimo Merolillo, Ernesto Mahieux, Fabrizio Bentivoglio, Lina Sastri, Valeria Golino, Toni Servillo, Peppe Servillo ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-10-21 00:18 | - Italian film | Comments(0)

Pleasantville (カラー・オブ・ハート)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_0575692.jpg
【あらすじ】 1950年代のホームドラマPleasantvilleに夢中の高校生David(Tobey Maguire)は、ある日双子の姉Jennifer(Reese Witherspoon)とチャンネル争いしていて、ふとした事から姉と共にTVの世界に入ってしまう。そこは暴力もセックスもないアットホームな世界だった。だが本能のままに行動する姉によって、白黒の世界は次第に色づきはじめ、TVの世界に異変が起きる。


e0059574_058678.jpg
《一言感想》 平和なPleasantvilleに暮す人々が愛を知ったとき、その人にとって大切なあることを克服したとき、モノクロの世界が色づき始める。この発想がとても面白かった。ボーンシリーズで切れ味のよいカッコイイ女性諜報員だったJoan Allen(↑↑↑右)が、人形のように大人しい良妻賢母を演じていたのには驚いたな。邦題、ナイス!

製作国:U.S.A.
初公開年:1998年
監督:Gary Ross
キャスト:Tobey Maguire, Reese Witherspoon, William H. Macy, Joan Allen, Jeff Daniels, J.T. Walsh ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-10-19 00:58 | - Other film | Comments(0)

Un secret (秘密)

ネタばれあり?

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_2533458.jpg
【あらすじ】  一人っ子で病弱なFrançois少年(Valentin Vigourt / Quentin Dubuis / Mathieu Amalric)は、兄のいる生活に憧れ、想像の中で作り出した、強くてかっこいい兄と一人遊びを楽しんでいた。しかし彼は、自分には言えない秘密を両親(Patrick Bruel & Cécile De France)が持っている、そんな雰囲気を感じ取っていた。両親が決して語らない過去への想像は、少年の中で膨らむ。彼が15歳の時に、両親の古くからの女友だちLouise(Julie Depardieu)から、ついにその秘密を明かされた。禁断の恋、ユダヤ人、ホロコースト、別離。1950年代のパリを舞台にした、Philippe Grimbertの自伝的長編を映画化。


e0059574_2535686.jpg
戦争前後の過去がカラー映像、現在がモノクロ映像という、普通なら逆の手法が目を惹いた。あの頃の日々が、それだけFrançois少年の心に強烈に鮮やかに焼き付いているということなのだろう。愛する父と母の秘密。空想上の兄は、本当にいたのだ。自分が思った通りだ。若かりし頃の父や母が、そういった経緯で結婚した。そして自分が生まれた。「父親にはもう1つの家庭があった。ボク以外の子どもを育てていた。」 そんな重い事実を15歳の少年に、受け止められるはずがなかった。大人になるまでずっと引っかかっていた。けれど最愛の猫が死んだ、と言って嘆き悲しむ老いた父の背中を見て、Françoisの中にわだかまっていた黒い感情が徐々に消えていくのだった。きれいさっぱり消えた訳ではない。が、心の傷を癒してくれるのは時間の流れ、そして父の気持ちを思い遣れるまでにFrançoisが成熟したということだろうか。

製作国:France
初公開年:2007年
監督:Claude Miller
キャスト:Cécile De France, Patrick Bruel, Ludivine Sagnier, Julie Depardieu, Mathieu Amalric, Yves Jacques ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-10-17 02:54 | - Other film | Comments(0)

神童

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_010116.jpg
【あらすじ】 音大を目指して浪人中のワオこと菊名和音(松山ケンイチ)と、神童と呼ばれて育った13歳の天才ピアニスト・成瀬うた(成海璃子)が出会う。このところ母親(手塚理美)の目を盗んではレッスンをさぼってばかりのうたは、愚直なまでにピアノに打ち込むワオを気に入り、彼の実家である青果店に入り浸るようになる。うたの応援もあり、翌春、ワオは首席で合格し、今は亡きうたの父で音楽家だった光一郎(西島秀俊)を知る御子柴教授(串田和美)のレッスンを受けることになる。


e0059574_0102363.jpg
主役の成瀬璃子ちゃん&松ケンや、脇を固める手塚理美・柄本明・吉田日出子・キムラ緑子が、自然体で安定した演技だった。璃子ちゃん、堂々として上手いね。ちゃらちゃらしたところがなく、かといって力みすぎでもなく、年齢相応に爽やかで感じがいい。鍵盤の上を軽やかに動く、彼女の手や指の形が綺麗だった。でも神童には見えなかったなー。

せっかく役者がいい演技をしているのに、この作品は一体何を描きたかったのか?さっぱり分からなかったのが残念。ピアノや声楽の吹き替えが、微妙にずれていたのも気になった。うたが世界的ピアニストの代役として急遽ステージに立つ。その場で楽譜をもらって、モーツァルトのピアノ協奏曲を演奏するクライマックス。って、そりゃ有り得ないでしょ?(Ф_Ф;) ずっと意味ありげに出てきたぬいぐるみ、あれが気になって気になって(^^) 素晴らしいピアノの演奏を聴くことができたのは、よかったかな。音楽は心を豊かにしてくれ、明日へのエネルギーを生み出してくれる♪

製作国:Japan
初公開年:2007年
監督:萩生田宏治
キャスト:成海璃子, 松山ケンイチ, 手塚理美, 甲本雅裕, 西島秀俊, 串田和美, キムラ緑子, 吉田日出子, 柄本明 ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-10-15 00:10 | - Japanese film | Comments(0)

ショック!キム様、間もなくパパ。

e0059574_0395885.jpg
12月にKim様がパパになるって知ってた?


e0059574_0402759.jpg
生まれてくる子は男の子。Kim様は大喜びだけど


e0059574_0401289.jpg
あたしゃどん底。


e0059574_0404151.jpg
そんな話、ぜんぜん聞いてないよ。


e0059574_0405516.jpg
婚約者はショーガール&女優の
Ilaria Spada(1981年2月27日生まれ)


e0059574_041843.jpg
あの時以上にショックで


e0059574_0412323.jpg
しばらく立ち直れない。
おめでとう、って素直に言えない。


[PR]
by amore_spacey | 2011-10-13 00:43 | My talk | Comments(2)

L'aria serena dell"Ovest

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_2462929.jpg
【あらすじ】 1980年代後半のミラノ。ある大きな企業のマーケッティングに携わるCesare Noviti(Fabrizio Bentivoglio)、一晩のアヴァンチュールを求める独身の看護師Veronica(Patrizia Piccinini)、薬理学の研究所に務めるテニス観戦マニアのTobia(Ivano Marescotti)、そして婚約者との関係や翻訳者としての才能に限界を感じているIrene(Antonella Fattori)。ある晩VeronicaがCesareの家に忘れていった住所録を巡って、この4人の人生が交錯する。


e0059574_2465452.jpg
ダイヤル式の電話を見た瞬間、唸ってしまった。そうだ、そんな時代があったんだ。そして住所録。あの頃は小型版の住所録を、バックに入れて持ち歩いていたんだっけ。私がよく買った住所録は、無難な紺色や焦げ茶色が多かったけれど、Veronicaのそれは目の覚めるようなライトブルー。どこかに落ちていたらとても目立つ鮮やかな色。つい開いて見たくなっちゃうような?色(^^) こんな時代背景があったから、この作品が成り立つとも言える。ストーリーはありがちな出会い系だけれど、ブロッコリー頭の若いFabrizio Bentivoglioが、鋭く寂しげな瞳とアンバランス&かなり怪しげで魅力的だった。

製作国:Italy, Switzerland
初公開年:1990年
監督:Silvio Soldini
キャスト:Fabrizio Bentivoglio, Cesare Bocci, Antonella Fattori, Ivano Marescotti, Patrizia Piccinini, Giovanni Calcagno ...


[PR]
by amore_spacey | 2011-10-10 02:47 | - Italian film | Comments(0)