<   2013年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

贖罪(しょくざい) 全5回

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_1425981.jpg
【あらすじ】 15年前、ある田舎町で小学生の少女エミリ(木村葉月)が男に連れ去られ、殺される事件が発生した。直前までいっしょに遊んでいた仲良しの小学生4人(小俣絵里佳、木村真那月、菊池和澄、柴田杏花)は第一発見者になる。犯人は見つからず、事件は迷宮入り。エミリの母・麻子(小泉今日子)は、目撃した犯人の顔をよく思い出せない4人を責め、「犯人を見つけなさい。でなければ、私が納得できるような償いをしなさい。」と激情の言葉を投げつける。事件への恐怖や、麻子の言葉へのショックを抱えながら、それぞれの道を歩み大人になった4人(蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴)。「償いとは何か?」という呪縛にとらわれてきた彼女たちは、やがて連鎖する悲劇を引き寄せていく。


e0059574_1431572.jpg
無気味だけど、やめられない。ずるずる蟻地獄に引きずりこまれていくようにして、一気に全5回を観た。ずしーんと重い。象やカバがおなかの上に乗ってるような重さ。きちんとしたオチのない後味の悪さ。こんな作品を梅雨どきに観たりしたら、全身カビだらけになりそう。結局麻子の自業自得ってことなの?彼女を演じたキョンキョンのエロさが際立っていたなぁ。猟奇的・変質者的な香川照之のキャラも、どす黒くて底なし沼のように無気味だった。彼って芸達者のか?ただのキモぃ男なのか?よく分からなくなってきた。ところで作品に登場した、安っぽいガラスケースに入ったフランス人形。あれが祖父母宅の居間にもあった。昔は田舎の家に、必ずと言っていいほどあったっけ。

製作国:Japan(WOWOW)
放映日:2012年1月8日~2月6日      
監督:黒沢清
原作:湊かなえ 『贖罪』
キャスト:小泉今日子, 蒼井優, 小池栄子, 安藤サクラ, 池脇千鶴, 森山未來, 加瀬亮, 高橋ひとみ, 嶋田久作, 香川照之, 新井浩文, 田中哲司 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-29 01:43 | - Japanese film | Comments(4)

To Rome with Love (ローマでアモーレ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

ネタばれあり?

e0059574_09511.jpg
【あらすじ】 ローマを旅行していたアメリカ人Hayley(Alison Pill)は弁護士のMichelangelo(Flavio Parenti)に出会って、一目ぼれ。その後、彼女の父Jerry(Woody Allen)と母Phyllis(Judy Davis)は、Michelangeloの両親に会うためローマにやって来た。かつて音楽プロデューサーだったJerryは、Michelangelo宅で聞いた父親Giancarlo(Fabio Armiliato)の歌声に心を揺さぶられ、オペラ歌手として売り出せると確信した。
 Antonio(Alessandro Tiberi )は、上流階級の親戚に婚約者Milly(Alessandra Mastronardi)を引き合わせるため、ローマのホテルにやってきた。Millyが美容室に出かけたのと入れ違いに、娼婦のAnna(Penélope Cruz)が部屋にやって来て、Antonioを誘惑しようとする。まさにその瞬間、部屋に親戚が入ってきたため、Antonioはその場を繕うため、Annaを自分の婚約者だと紹介した。
 平凡なサラリーマンLeopoldo(Roberto Benigni)は、セレブと間違われて、ある時から突然パパラッチに追いかけられる。何がなんだか分からないうちに、パパラッチはある日を境にぱったり来なくなった。
 30年前学生だった頃ローマに暮らしていたアメリカ人の建築家John(Alec Baldwin)は、妻と一緒にローマを旅行していた。そこで建築学科の学生Jack(Jesse Eisenberg)に出会う。Johnがかつて暮らしていた通りに住んでいるというJackは、彼を自分の家に招待する。


e0059574_093196.jpg
米伊仏3ヶ国から集まった豪華キャストが、ローマを舞台に4つのエピソードを展開していく。世界的なテノール歌手Fabio Armiliatoが、こんな映画(と言っちゃWoodyに失礼だけど)に出ちゃうんですね。しかも彼はシャワーを浴びている時しか、歌が歌えないという痛い設定。シャワーボックスの中で歌うFabioが、それはもう滑稽で笑えました。


e0059574_09573.jpg
今までPenélope Cruzの眉毛やどんぐりまなこに気をとられていたけれど、今回は彼女の豊満な胸に目が釘付け。ほっそりした肢体に、形のよい胸って、それだけでも羨ましすぎる。


e0059574_0101987.jpg
Roberto Benigniが演じたLeopoldoも、勘違いの痛い人でした。一般市民がいきなりセレブになって(正確にはある有名人と間違えられただけ)、パパラッチに追いかけられると、人間は一体どういった行動をとるか?最初はパパラッチがハエのように、鬱陶しくて仕方がない。でも徐々に虚栄心が満たされ、妙な自信と誇りを抱くようになる。何となくセレブの振る舞いが板についてきた頃、間違いに気づいたパパラッチは波が引くようにサーッと立ち去っていく。そして誰もいなくなった。残ったのは抜け殻のようになったLeopoldoだけ。人生狂いますね。


e0059574_0103877.jpg
ちょい役で出ていたVinicio Marchioniの、声やルックスは申し分ないんだけど、あのパンチ頭が残念すぎて泣けてくる。カメオ出演のOrnella Mutiは、腐っても鯛的な扱いで、何だか可哀相でした。

製作国:USA, Italy, Spain
公開年:2012年
監督:Woody Allen
キャスト:Flavio Parenti , Fabio Armiliato, Roberto Benigni, Alison Pill, Alessandro Tiberi, Alessandra Mastronardi, Alec Baldwin, Carol Alt, David Pasquesi, Antonio Albanese, Ornella Muti, Riccardo Scamarcio, Woody Allen, Jesse Eisenberg, Penélope Cruz, Ellen Page, Simona Caparrini, Vinicio Marchioni, Donatella Finocchiaro, Lino Guanciale, Antonino Bruschetta ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-27 00:11 | - Other film | Comments(4)

ガリレオ 第2シーズン 第1話

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_1303659.jpg
【あらすじ】 帝都大学理工学部物理学科の湯川学准教授(福山雅治)のもとを訪ねた貝塚北署の内海薫刑事(柴崎咲コウ)は、帝都大学出身で去年入庁したばかりの新人刑事・岸谷美砂(吉高由里子)を紹介する。それは湯川とは大学の同期でもある警視庁の刑事・草薙俊平(北村一輝)の指示だった。そして薫は蒲田の雑居ビルで起きたある事件のことを話し始めた。5年ほど前にできた新興宗教団体『クアイの会』の信者が、教団の支部になっていた雑居ビルの5階から転落死した。その原因は、教祖の連崎至光(大沢たかお)がその信者に念を送ったせいだというのだ。


e0059574_1305645.jpg
このシリーズは結構好きなんですが、北村一輝の出番がほーんとに少ない&短いのが残念でたまりません。時間にして1分くらい?もっとガンガン出して欲しいなぁ。柴咲コウちゃんの降板で話題を呼んでいたけれど、ピンチヒッター?の吉高由里子ちゃんも、なかなかいいじゃないですか。タメ口きいてちょっと態度でかくて生意気そうなんだけど、割と素直で指摘されたらすぐ直す可愛いところもある。大沢たかお、いつの間にあんなに貫禄(お肉)がついちゃったんだ?今シーズンもゆる~いペースで観て行こうと思います。

製作国:Japan(フジテレビ)
放映日:2013年4月15日      
監督:若松孝二
原作:東野圭吾『ガリレオシリーズ』
キャスト:福山雅治, 柴咲コウ, 吉高由里子, 北村一輝, 品川祐, 大島優子, 渡辺いっけい ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-25 01:32 | - Japanese film | Comments(0)

La leggenda del pianista sull'oceano (海の上のピアニスト)

私のお気に入り度 ★★★★☆(82点)

e0059574_1112072.jpg
【あらすじ】 1900年のある日、ヨーロッパ~アメリカ間を往復する豪華客船のヴァージニアン号に、1人の赤ん坊が捨てられていた。その子を見つけた黒人の機関士Danny(Bill Nunn)は、自分の子供のように可愛がり、1900(ナインティ・ハンドレット=Tim Roth)と名付けた。豪華客船の上で生まれ育ち、一度も船を降りなかった天才ピアニストの一生を、彼とほぼ同時期に乗船した音楽バンド仲間Max(Pruitt Taylor Vince)が、トランペットを売るために入った中古楽器店の親父(Peter Vaughan)に懐かしさを込めて語る。Alessandro Bariccoのmonologue Novecentoを映画化。


e0059574_1114686.jpg
160分以上に及ぶ長編でも、作品によっては最後まで目が離せず一気に観るけれど、本作品は映画館でも自宅でも途中で寝てしまった。ピアノの音色があまりにも心地よすぎるんです。


e0059574_112525.jpg
Giuseppe Tornatore監督は長い作品が好き…ですね。Tim Rothが若っ!!!豪華客船の大ホールをグランドピアノがぐるぐる回る中、1900がピアノ演奏するシーンはダイナミックで素晴らしく、軽い船酔い症状に陥りました。

製作国:Italy
初公開年:1998年
監督:Giuseppe Tornatore
原作:Alessandro Baricco "monologue Novecento"
音楽:Ennio Morricone
キャスト:Tim Roth, Pruitt Taylor Vince, Bill Nunn, Clarence Williams III, Mélanie Thierry, Gabriele Lavia, Peter Vaughan ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-24 01:11 | - Italian film | Comments(0)

TAKE FIVE ~俺たちは愛を盗めるか~ 第1話

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_0253870.jpg
【あらすじ】 「TAKE FIVE」という泥棒団は、悪い奴らから大金を奪う義賊の集団である。20年前まで「TAKE FIVE」で父と行動を共にしていた帆村正義(唐沢寿明)は、ある出来事が切っ掛けで「TAKE FIVE」を引退した。その後は都内の大学で、犯罪に手を染めることもなく教授として教鞭を振るっていた。ある日ホームレスの女(倍賞美津子)にレオナルド・ダ・ヴィンチの名画の写真を渡され、その出来事を機に、「TAKE FIVE」として新しいメンバーが帆村の元に集まる。


e0059574_025505.jpg
これって『Leverage』パクリリメイク?すごく面白いという訳ではないけれど、唐沢くんと稲垣吾郎ちゃんが好きなので、もう少し見てみようっと。唐沢くんは超真面目男に見えるが、『THE 有頂天ホテル』でバーコードのようなヅラを被った彼を観て以来、2枚目半的なところがツボにハマッている。今回も脈絡なくいきなり踊りだして、目が点に…。『十三人の刺客』のバカ殿を演じた稲垣くんがとても良かったから、密かにファンだったりします(*^^*) これからはSMAPの稲垣じゃなくて、役者@稲垣でも十分食べていけそう?! 松坂くんも気になるな。

製作国:Japan(TBS)
放映日:2013年4月19日(金)      
演出:岡本伸吾, 渡瀬暁彦, 川嶋龍太郎
キャスト:唐沢寿明, 松坂桃李, 六角精児, 入江甚儀, 稲垣吾郎, 松雪泰子, 峰竜太, 倍賞美津子, でんでん ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-23 00:25 | - Japanese film | Comments(0)

ART

私のお気に入り度 ★★★★☆(85点)

e0059574_044222.jpg
【あらすじ】 前衛的な作風で有名な画家の絵を、法外な値段で購入した裕福な皮膚科医Serge(Alessio Boni)は、2人の友人を自宅に招いて、その絵を披露する。芸術や文学方面に疎く他人の意見をなかなか受け入れられないMarc(Gigio Alberti)は、その絵を見るや否や、批判的な態度をとってSergeを不快な気持ちにさせた。自分の結婚式が1ヵ月後に控えているYvan (Alessandro Haber)は、日和見主義で思っていることを率直に言うことが出来ず、 Sergeの気持ちを刺激しないように当たり障りのない社交辞令的なことを言って、その場をしのいだ。しかしこの1枚の絵の登場で、15年以上続いてきた3人のこれまでの友情に不協和音が生じ、微妙な様相を見せ始める。


e0059574_04577.jpg
人間の心の奥底に隠された嫉妬や劣等感やエゴや嘘などネガティブな感情が、1枚の絵を巡って一気に表面化する。辛口なコメディである。芸術というのは曖昧で、時には都合のいい言葉だ。芸術に造詣が深い=インテリということもあれば、芸術に精通しているフリ=似非(エセ)インテリということもままあり。『裸の王様』の寓話のように、芸術が一人歩きして真実が見えなくなってしまうことがある。芸術品の評価や価値も、基準があってないようなもの。突き詰めれば、その作品が好きか嫌いか?が重要で、その周辺部にある逸話や薀蓄(ウンチク)は、付録にすぎない。


e0059574_05859.jpg
その芸術が友情に割り込んでくると、今まで保ってきた均衡が崩れて面倒なことが起きる。見知らぬ者や初対面なら、「あいつは芸術の分からないヤツだ」で終わる。しかし長い付き合いのある人間同士は、ついわがままになり、「お前の奥さんの、ああいうところが、実はすごく嫌だったんだ」と、全く関係のないエピソードを持ち出してきたり、「お前って、そういうヤツだったのか?」と、言わなくてもいいことを口にして泥仕合になる。激昂した感情は留まるところを知らない。さらにその傷口に塩を塗りこんでしまう。


e0059574_05305.jpg
裏を返せばその行為は、誰もが抱えている孤独感から逃れるための武装に過ぎないとも言える。本当は1つのことを分かりあいたい、同じ気持ちを分かち合いたい。分かって欲しい。だからつい力が入る。友だちなんだからさ、分かってくれてもいいじゃないか。でも100%の合意はムリ。そりゃそうだ、1人1人性格や生育環境が異なれば好みも違うのだから。友情も腹八分目がちょうど良い。いや、ちょっと物足りないくらいの腹六分目がいいかな?


e0059574_054251.jpg
休憩なしの90分の舞台。中だるみなく最初から最後まで素晴らしかった。特にYvanを演じたAlessandro Haberの、5分に及ぶ独白は、『白鳥の湖』第3幕に登場するオディール(黒鳥)の32回転グランフェッテに匹敵するワザとパワーがあり、圧巻!参りました。


e0059574_0551983.jpg
演技のうまさはAlessandro Haber、声のよさはGigio Alberti、トータルでよかったのは何といってもAlessio Boni。劇中で唯一タバコを吸うのはAlessio Boniだが、実生活では全く吸わず、へヴィー・スモーカーのAlessandro HaberとGigio Albertiは。上演後、舞台上でうまそうに一服した。最後に小さなサプライズ。劇中に登場した「高額な絵画」の大キャンバスに、3人のキャストが絵とサインを入れ、その場でオークションが始まる。50ユーロからスタートし、100ユーロで競り落とされた。背の高い若い女性が持ち帰った。100ユーロは某基金に寄付される。心に残る良い夕べだった。

劇場:Teatro Storchi (Modena)
上演日:2013年4月20日
原作:Yasmina Reza
監督:Giampiero Solari
キャスト:Alessandro Haber, Alessio Boni, Gigio Alberti


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-22 00:06 | Theatre | Comments(2)

Herzog (ハーツォグ) 朗読会

講演お気に入り度 ★★★★☆(84点)
Vinicioの朗読の評価 ★★★☆☆(60点)


e0059574_0134437.jpg
【あらすじ】 政治哲学と社会思想史の分野で名声を得た48歳の大学教授Moses E. Herzogは、Ramonaという女性と恋愛関係にあるが、特に著しい進展はない。しかし再婚したばかりの若くて美しい妻Madeleineと親友のValentineに裏切られ、離婚まで承諾させられてしまう。やむなく大学を辞した後、新しく受け持った成人講座で、女子学生に言い寄られる。別れた娘とやっと再会を果たすが、たまたま持っていた拳銃不法所持で警察の厄介になってしまう。
 彼は精神不安定になると、投函するあてのない膨大な量の手紙や断片的なメモを書き続ける。手紙の宛て先は、友人・知人から、合衆国大統領、哲学者ハイデガーやニーチェ、NYタイムズなどに及び、実に高尚で形而上的な思想が繰り返される。しかし彼の言動は、それとは似ても似つかない俗悪なものだった。結局彼は全てを捨てて田園での隠遁生活を始める。それと同時に書くという行為をあっさりやめてしまう。自己再生するには、思索活動ではなく自然の中で行動をおこすこと、そして何も望まず運命のまま生き、それで満足できることを悟ったからだ。


e0059574_0135683.jpg
ジャーナリスト&イタリア文学評論家Filippo La Portaと詩人Valerio Magrelliが、オープニングでユダヤ人作家Saul Bellowと『ハーツォグ』の概要を説明。Saul Bellowはノーベル文学賞をはじめ、ピューリッツァー賞や全米図書賞(3回)を受賞している、20世紀後半のアメリカ文学界の巨匠である。続いてWoody Allenの代表的な作品を取り上げながら、ユダヤ人独特の自己内省や自虐的なユーモア感覚に触れる。さらに彼らの笑いのセンスを、Danteの『新曲』やRoberto Benigniの作品と比較しながら、イタリア人気質に迫る。


e0059574_0141326.jpg
舞台の向かって左側に座ったVinicio Marchioniが、序章とEisenhower大統領に宛てた手紙と母の肖像の3章を朗読。この部分には、普段は思想で武装した学者然としているHerzog教授の、実はとても俗っぽい人柄が描写されている。哲学や思想という仮面を被った、どこにでもいる中年の男なのだ、と言わんばかり。そんなHerzogは、Saul Bellow自身なのかもしれない。

講演会はよかったんだけど、Vinicioくんの朗読、ありゃぁ、ひどい。噛みすぎだろう?ボク、ちゃんと読む練習をしてきまちたかぁ?前から3列目の席にいたので、椅子に腰掛けた彼の両足の震えが、空気を通して伝わってきた。震えを手で賢明に抑えながら朗読する彼が痛々しくて、できれば私があの場から消えたかった。あんな無残な姿を見るのは、居たたまれなかったから。徐々に平常心を取り戻すも、やはり噛んだり声が裏返ったりどもったり…。ドキドキ、ハラハラ。プロならそれなりのプライドを持ってよね。ちょっと人気が出てきたからって、天狗になってちゃダメ!今度あんな失態をおかしたら、裏の神社に呼び出しちゃうから。でも艶やかなヴェルヴェット・ヴォイスは、すごくよかったわぁ(*^^*) 

劇場:Teatro studio dell'auditorium parco della musica (Roma)
上演日:2013年4月15日
原作:Saul Bellow
キャスト:Filippo La Porta, Valerio Magrelli, Vinicio Marchioni


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-21 00:15 | Theatre | Comments(0)

希望の国

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_015256.jpg
【あらすじ】 20XX年、日本の長島県の東方沖で起こった大地震により、原子力発電所が事故を起こし、原発から半径20km圏内が警戒区域に指定された。酪農家の小野泰彦一家(夏八木勲&大谷直子)の家は区域から外れたが、道路を隔てた鈴木家は強制的に避難させられる。かつての東日本大震災における原発事故時の政府の対応を思い出し、泰彦は息子夫婦(村上淳&神楽坂恵)を避難させた。原発の状況が刻々と悪化していく中、ついに小野家を含む地域も避難区域に指定される。


e0059574_034397.jpg
もやもやした気持ちのまま見終わった。少々ブラックでエキセントリックなシーンに??? 「それでも世界は美しい」って?妙な味付けをしてブレてしまうくらいなら、ドキュメンタリーのほうが潔いし、伝わるべきものが伝わると思うんだけどな。


e0059574_3541037.jpg
夏八木勲の存在感に圧倒。大谷直子には仰天しました。いつまでも可愛らしい彼女は、歳とりませんね。エンドロールで大鶴義丹と伊勢谷友介の名を見て、「え゛っ?」 どこにいたの?

製作国:Japan
初公開年:2012年      
監督:園子温
キャスト:夏八木勲, 大谷直子, 岩間天嗣, 村上淳, 神楽坂恵, 河原崎建三, 大鶴義丹, 伊勢谷友介, でんでん, 田中哲司 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-20 00:04 | - Japanese film | Comments(0)

Game of Thrones season3 episode3 (ゲーム・オブ・スローンズ シーズン3 第3話)

ネタバレあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_024529.jpg
【あらすじ】 Robb(Richard Madden )とCatelyn(Michelle Fairley )は、RiverrunにてHoster Tullyの葬式を終えた。Arya(Maisie Williams)とGendry(Joe Dempsie)は、Hot Pie(Ben Hawkey)を残して《壁》に向かう。残酷な拷問を受けていたTheon Greyjoy(Alfie Allen)は、見知らぬ男に助けられ解放される。Daenerys Targaryen(Emilia Clarke)はBarristan(Ian McElhinney)やJorah(Iain Glen)の反対を押し切って、3匹のドラゴンのうちの1匹と引き換えに8000人の軍隊を購入することに合意する。Locke(Noah Taylor)の捕虜となっているJaime(Nikolaj Coster-Waldau)は、Brienne(Gwendoline Christie)がLockeにレイプされるところを助ける。しかし父親の威を借りたJaimeの言動がLockeの癇に障り、剣士の命であるJaimeの右手を切り落としてしまう。


e0059574_04961.jpg
厳粛なはずの葬式が、弓矢の下手なヤツのために、何だかおかしな空気が流れてしまう。決めるときはバシッと決めようよ。


e0059574_04262.jpg
シーズン1で初めて登場した頃の、あどけなくて世間知らずな娘ではないDaenerysが、ものすごくカッコいい。2人の重臣の助言を退けて、自分の身体の一部とも言えるドラゴンと引き換えに、8000人のまっさらな軍隊を大人買い。「商談成立っ!」と言い放ったときの、彼女の凛々しい横顔に惚れてしまいました。

このシリーズはゆるゆる進むかと思って油断していると、ショッキングなシーンがいきなり舞い込んで来て、「この続きは来週~」のパターンが多い。今回もやられたな。油断していたところへ、右手をバッサリ!あまりの衝撃で、しばらく呆然としてましたァ。

製作国:USA(HBO)
放映日:2013年4月14日
監督:Daniel Minahan
原作:George R. R. Martin "A Song of Ice and Fire (氷と炎の歌)"
音楽: Ramin Djawadi
キャスト:Peter Dinklage, Nikolaj Coster-Waldau, Lena Headey, Emilia Clarke, Kit Harington, Richard Madden, Iain Gl , Michelle Fairley, Aidan Gillen, Charles Dance, Stephen Dillane, Maisie Williams ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-19 00:05 | - TV series | Comments(2)

外事警察 その男に騙されるな

私のお気に入り度 ★★★☆☆(72点)

e0059574_0133862.jpg
【あらすじ】 2011年。東日本大震災の混乱が続く中、大学施設で原子力関連の極秘データが盗まれる。一方、朝鮮半島からは濃縮ウランが流出したとの情報がもたらされ、核テロの脅威が現実味を帯びる。住本健司(渡部篤郎 )たち外事四課では、5年前に韓国から来日し、日本人女性と結婚して日本国籍を取得した奥田交易社長の奥田正秀(Im Hyeon Jun)に疑いの目を向ける。そこで住本は奥田の妻・果織(真木よう子)に近づき、協力者(=スパイ)として取り込むべく、彼女の弱みを徹底的に洗い出し、彼女が落ちるまで容赦なく追い詰めていく。


e0059574_0134860.jpg
渡部篤郎がストイックで渋い!喜怒哀楽が少なく寡黙な真木よう子の、シャープで体当たりの演技が、直球で迫ってきた。彼女には清純な女性から極道の女まで、役を選ばず幅広く演じて欲しい。そして超ナイスバディのKang-woo Kim!ビョン吉かと思ったよ。渡部篤郎は恋愛系より、スパイやテロリストやサスペンスが似合う。

製作国:Japan
初公開年:2012年      
監督:堀切園健太郎
キャスト:渡部篤郎, Kang-woo Kim, 真木よう子, 尾野真千子, 田中泯, Im Hyeon Jun, 遠藤憲一, 余貴美子, 石橋凌 ...


[PR]
by amore_spacey | 2013-04-18 00:18 | - Japanese film | Comments(2)