<   2014年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Servo per due (2人の主人を一度に持つと)

私の抱腹絶倒度 ★★★★☆(96点)

e0059574_163960.jpg
【あらすじ】 1930年代のリミニ。現代版Arlecchino(道化師)のPippo(Pierfrancesco Favino)は、たった今失業したところ。お金もなく食べる物もないので、ひどく落ち込んでいた。食べることだけが生き甲斐の彼は、あちこし職探しに回った末、同時に2つの職を見つけた。それは、Rocco(Fabrizia Sacchi)とLodovico(Pietro Ragusa)という2人の主(あるじ)に仕える仕事だった。かけ持ちすれば給料が2倍になるとPippoはほくそえんだが・・・。18世紀イタリアを代表するヴェネチアの喜劇作家Carlo Goldoniの作品Il servitore di due padroniの舞台を20世紀のリミニに移し、現代風にアレンジした喜劇。


e0059574_16555.jpg
あ~、笑った、笑った。大笑いした。笑いすぎて涙は出るし、お腹が痛い。目尻にくっきりシワができちゃった。舞台と客席が一体になって同じ空気を共有する、これがものすごく居心地よく、とても楽しかった。主役の道化師Pippoを演じたPierfrancesco Favinoが、予想を遥かにこえて素晴らしかったのだ。舞台に登場したその瞬間、場内の空気がピーンと引き締まった。前から3列目の席で、彼が手の届くところにいる(*^^*) 声がいい。歌もうまい。動きが軽やかでしなやか。おバカ丸出しなのに下品にならない。のびのびとパワフルに、この喜劇を引っ張っていってくれた。休憩を入れて3時間近い舞台で、最後まで観客の心をつかんで離さない。あっぱれ!見事な芸当だ。


e0059574_172392.jpg
さらに彼は、『Happy Family』の作家Ezioのように、自由自在に劇から出たり入ったりできる。役柄からもすっと出たり入ったりできちゃう。ついさっきまで道化師を演じていたのに、気がつくと彼はPierfrancescoとして観客に話しかけ、観客は一個人としてのPierfrancescoに答えているのだ。双方のノリがこれまた良く、その場は更に盛り上がる。このやりとりから、笑えるネタを瞬時に拾い出して、アドリブ芝居を続ける。この芝居が秀逸なのだ。ごくありふれた台詞で、場内のテンションをどんどん上げていく。こうして舞台と観客の間にあった見えない境界線を、彼はいとも簡単に取り払ってしまった。それだけでなく客席に下りてきて、ランダムに選んだ客(これは最後にオチがあるんだけど…)と世間話を始め、その客を舞台に上げて劇に参加させる。観客を笑わせた彼自身も笑いをこらえきれず、舞台には戻ったものの、笑いが止まらず、いったん台詞を中断。そんな姿に観客はまた笑う。


e0059574_173978.jpg
言う間でもないが、芸達者な脇役や幕間に登場したバンド(カルテット)がいたから、うまくいったのだと思う。役者1人1人がそれぞれの持ち味を、与えられた役柄で遺憾なく発揮していた。この揺るぎない土台のおかげで、Pierfrancescoは水を得た魚のように、自由にのびのびと演じることができたのだ。


e0059574_175226.jpg
この作品の笑いも、『ミランダ』と同じく、バカバカしさのオンパレードである。主役がおバカで冴えない人間だったり、みんなが派手に転んだりつまづいたり物をひっくり返したり、ちょっぴりお下品なことを言ったりやったり。人の無様な姿は、まったく滑稽でおかしい。よくできたコメディドラマや舞台は、そうと分かっていても、そのシーンで笑ってしまう。笑いのツボのようなものが、隠されているんでしょうかねェ。



e0059574_18925.jpg
純粋なおかしさに加えてこの劇では、リミニ人やナポリ人やカラブリア人の人柄をネタにしたり、『炎のランナー』の有名なシーンをパクったり、時代背景に合わせてファシズム時代に流行った歌をカルテットに歌わせたり。舞台の上で消火器を噴射させるという、意表を突いたシーンもある。一見ワザもひねりもない喜劇だけれど、あれは隅々まで計算された演出&演技だったに違いない。それを感じさせない自然な笑い。あれほど私たちを笑わせてくれたスタッフの力量には、ただただ驚くばかりだ。

劇場:Teatro Duse (Bologna)
上演日:2014年1月19日
監督:Pierfrancesco Favino, Paolo Sassanelli
原作:"Il servitore di due padroni" di Carlo Goldoni
脚本:Pierfrancesco Favino, Paolo Sassanelli, Marit Nissen, Simonetta Solder
キャスト:Pierfrancesco Favino, Bruno Armando, Gianluca Bazzoli, Haydée Borelli, Claudio Castrogiovanni, Pierluigi Cicchetti, Ugo Dighero, Stefano Pesce, Pietro Ragusa, Marina Remi, Diego Ribon, Chiara Tomarelli, Valentina Valsania


[PR]
by amore_spacey | 2014-01-31 01:08 | Theatre | Comments(0)

Behind the Candelabra (恋するリベラーチェ)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_1341438.jpg
【あらすじ】 1977年夏。天賦の才能を持つ名ピアニストで、舞台やTVでは派手な衣装に身を包む斬新奇抜なエンターテイナーLiberace(Michael Douglas)のもとに、ハンサムな青年Scott Thorson(Matt Damon)が訪れる。年齢も住む世界も異なる二人であったが、たちまちお互いの魅力に取りつかれ、5年間に及ぶ秘められた恋愛関係が始まった。しかしそんな二人の関係に亀裂が生じ始める。1950年代~1980年代にかけて世界的に人気を博したアメリカ人ピアニストLiberaceの最後の10年間を描いた伝記で、元恋人Scott Thorsonの回想録『Behind the Candelabra: My Life With Liberace』(1988年)を原作を映画化。


e0059574_1342729.jpg
Michaelじいさんとじゃがいも顔の中年Mattの異色コンビが、ゲイ・カップルを演じている?ひぇーーっ、おぞましー!でもでも…と、怖いものみたさで観たのですが、何というか、観終わってからしんみりしてしまった自分にビックリしています。さらっと楽しむつもりだったのに。Matt扮するあか抜けないScott青年の一途な気持ちが、あまりにも無防備で純真すぎて、Liberaceがいなくちゃ、自分がこの世に存在する意味がないとまで思いつめてしまう。結局使い捨て愛人の1人でしかなく、それっきり過去の人として風化しちゃうのかと思いきや、ラストシーンが泣かせるじゃないですか。じわ~っ。


e0059574_1344449.jpg
一方Liberaceといえば、宝塚のような、紅白の小林幸子のような、カネに糸目をつけないキンキラキンのステージで、煌びやかな芸能界の頂点に君臨する男。そんな成金趣味で自己中心的な恋多き男なのに、私生活で素顔に戻ったときにふっと見せる孤独や苦悩が、するっと私の心の隙間にしのび込んできて、何か込み上げてくるものがあった。「自分のことを誰がどう見ていようと構わない。自分自身がどう思うか、それだけだ」という中学の道徳の時間的な台詞も、全てを手に入れたビッグスターでありながら、ゲイであることを公けにできない時代のLiberaceが口にすると、どうにもやるせない。


e0059574_1345937.jpg
とにかくヴィジュアル的にインパクトのある作品だった。Michaelのおネエっぷりや死の床でのリアルすぎる演技、中年なのにキモかわいくて、徐々にカッコいい青年に脱皮していくMatt。この2人の役者魂は、お見事と言うしかない。濡れ場が思ったより清潔でさらっとしていたのは、拍子抜けだったけれどね、エヘヘッ。それから整形外科医のRob Lowe!どっひゃー、顔をいじりすぎたSandra Bullockが、ついに男顔で出てきたか?と思っちゃった。凄みのあるRobの顔面パフォーマンスにも拍手喝采(≧∇≦)


e0059574_1351046.jpg
こちら↑↑↑は、1982年頃のLiberace(右)とScott。2人の間に亀裂が生じ始めるあたりで、Chopinの♪ Prelude ♪(音が出ます)が流れたときには、ああ、こんなシチュエーションにも使える曲だなと、妙に納得しました。

製作国:USA
初公開年:2013年
監督:Steven Soderbergh
キャスト:Matt Damon, Michael Douglas, Rob Lowe, Anthony Crivello, Scott Bakula, Jane Morris, Pat Asanti ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-01-28 01:35 | - Other film | Comments(4)

Miranda (ミランダ)

私の爆笑度 ★★★★☆(90点)

e0059574_5373369.jpg
【あらすじ】 30代の冴えないイギリス人女性Miranda(Miranda Hart)と、個性的で愉快な仲間たちの日常を描いたシット・コム。Mirandaは身長185cmのガッチリ体型のデカイ女で、よく男性と間違えられSir.と呼ばれる。そんな巨漢の彼女が、派手に滑って転んだり、洋服がずり下がって下着姿になったり、下ネタを飛ばしたり。ドジで空気が読めないのに、なぜか何をやっても愛嬌があって憎めないのだ。寄宿学校時代から特に男性とのお付き合いが苦手なMirandaを心配して、ママのPenny(Patricia Hodge)は娘がちゃんとした仕事に就いて結婚してくれるのを望んでいるが、がっかりさせられることばかり。上流階級の家柄の生まれなのに、どこをどうするとこうなっちゃうわけ、Miranda?


e0059574_5374462.jpg
これ、面白すぎて、ほぼ笑いっぱなし(⌒▽⌒)アハハ!徹底的に自虐ネタで迫り、転んだりつまづいたり人を突き倒したり横っ面張ったりと、笑いの基本も満載。小難しい理屈やヒネリのない単純で分かりやすいネタが多いので、思い切り笑い飛ばすことができる。これって笑いの原点ですね。もちろん下ネタもあるけれど、それをMirandaは聞き取りやすい上品で美しい英語で話すから、下品にならずさらっと爽快に笑える。オーバーアクション&下ネタに品のある英語といい、デカい顔に不自然なおちょぼ口といい、アンバランスの匙加減が実にいい。気がついたら誰もが、Mirandaワールドにどっぷり引き込まれている、というわけ。


e0059574_5375636.jpg
娘を結婚させようと躍起になる以外は、ファッションや社交しか頭に無いちょっと鬱陶しいママ。小柄だけど負けん気の強い幼なじみのStevie(Sarah Hadland)とMirandaって、チワワと象がコントやってるみたい(≧∇≦) 寄宿学校時代の気取った女友だちTilly(Sally Phillips)やFanny(Katy Wix)との、微妙に噛み合わない会話も可笑しい。

そして隣のレストランで働くシェフのGary(Tom Ellis)、彼は大学時代の友だちなんだけど、実はMirandaが密かに思いを寄せている。だから彼の前では、緊張しすぎて挙動不審になり、そこで言う台詞やジョークじゃないだろう?なコトを口走ったり、有り得ない嘘をついたりして、墓穴を掘る掘る、ドツボにはまっていく。そんな純真でウブなMirandaだから、まわりのみんなは彼女のことをついイジりたくなるのね。ストレートで健康的な笑いをありがとう。シーズン4はいつ放映されるのかな?えっ、まだクランク・インしてない? 

製作国:U.K.(BBC)
放映日:2009年~2013年 3シーズン 全18話
プロデューサー:Miranda Hart, Jo Sargent, Emma Strain
キャスト:Miranda Hart, Patricia Hodge, Tom Ellis, Sarah Hadland, Sally Phillips, James Holmes, Katy Wix ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-01-25 05:39 | - TV series | Comments(0)

犬飼いさんちの犬

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_2451276.jpg
【あらすじ】 離島にある「スーパー バスコダガマ鳥か崎店」に勤務する48歳の平社員・犬飼保(小日向文世)は、妻の潤子(ちはる)や子どもたちと離れて寂しく単身赴任中。ある日、本社へ出張することになり、犬飼は家族のもとに戻るが、久々に帰ったわが家には、犬嫌いの保に内緒で家族が飼い始めたサモエド犬のサモンがいた。


e0059574_2452569.jpg
長いクリスマス休暇が終わったあとの、軽い疲労感や倦怠感。けっして悪くはないんだけど、ちょっと寂しくて心のどこかですきま風が吹いているときに、動物モノが観たくなる。動物ものというと、動物を擬人化して喋らせたり、お涙頂戴ストーリーに仕立てようとする傾向がある中で、これは特に凝った撮影もなければ、ワザもひねりもない。激的な展開もない。一緒に少しだけ怒ったり悲しんだり笑ったりできる作品だった。

あの笑顔で周りを丸く収める犬飼さん、その笑顔の下でいろんなこと呑み込んできたんだろうなと思わせる。これは小日向文世のハマリ役!ペットショップの店員(佐藤二朗)は地味だけど、オタクキャラが七味唐辛子のようにピリッと効いてよかった^^

製作国:Japan
初公開年:2011年
監督:亀井亨
キャスト:小日向文世, ちはる, 木南晴夏, 池田鉄洋, 徳永えり, でんでん, 清水章吾, 小野花梨, 矢部光祐, 佐藤二朗 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-01-22 02:46 | - Japanese film | Comments(0)

Sherlock season3 episode3 (シャーロック シーズン3 第3話)

ネタバレあり!

私のお気に入り度 ★★★★☆(90点)

e0059574_220623.jpg
【あらすじ】 ある盗まれた手紙の事件を追っていくうちに、Sherlock(Benedict Cumberbatch)とJohn(Martin Freeman)はCharles Augustus Magnussen(Lars Mikkelsen)と出会った。Magnussenは人の弱味をたちどころに見抜き、そこを徹底的に狙い撃ちしてくる頭脳明晰な男だ。Sherlockはそんな手ごわい男と対決することになる。事件の調査中Sherlockは何者かに銃で撃たれ、あやうく殺されるところだった。犯人はMagnussenに脅迫されてやったらしい。犯人にとって不都合な情報を、Magnussenが持っていたのだ。


e0059574_2231427.jpg
シリーズ3の最終話で、今まで謎だったことが幾つか明らかになる。謎と言って真っ先に頭に浮かぶのは、Sherlockの偽装死の件だけど、けっきょくあれはスルーなのかぁ。釈然としないな。さて、明らかになった謎とは、例えば何度も出てきたred beardの真意。コードネーム?重要なミッション?重要な伏線かと思って気に留めていたんだけど、なんとSherlockが子どもの頃に可愛がっていた犬の名前…(脱力) この愛犬にはそのあと、警告メッセージが絡んでくるんだけどね。それからSherlockとMycroft(Mark Gatiss)の話から、彼らにはもう1人兄がいるらしい。シリーズ4で登場するのかな?話の上だけの存在?登場するとしたら、どんな容貌&キャラなのか楽しみだ。

ところでMagnussenを演じたLars Mikkelsenですが、苗字から、もしや?と思ったら、やっぱりMadsのお兄ちゃんだったのね。私は謎めいた弟のほうが、色んな味を堪能できそうで好きです。


e0059574_2232679.jpg
Mary Morstan(Amanda Abbington)の過去も明らかになった。今までのMaryは母性愛に満ちた懐の深い女性として描かれていたが、過去が浮き彫りになったとたん、あの豹変振り。顔つきや視線や動きがまるで別人でビックリ。Amandaの演じ分けが上手かった。女ってコワイ?そんな彼女を、丸ごと受け入れるJohn、うるうる。シリーズ1~2が淡々と展開しただけに、シリーズ3に盛り込まれた主役級の人々の、人情や優しさが身に沁みる。Sherlockのキャラも、シリーズを追うごとに人間的なぬくもりを帯びてきた。以前なら絶対にしないようなことを、このエピソードでもやってのける。私はちょっぴり人間臭いSherlockがいい。

そしてお約束のcliffhanger ending!ああ、やっぱりコレだったのかぁ。Jim Moriarty(Andrew Scott)が囁く。Did you miss me? Did you miss me? Did you miss me? むぅぅぅぅぅ、一難去ってまた一難?(-"-) シリーズ4を乞うご期待。って、また首を長くして待たなくちゃいけないの?巷では主役2人がOKしたらすぐにクランク・インし、早ければ今年12月にもシリーズ4が放映される、なんて言われてるけど(・・?

製作国:U.K.(BBC)
放映日:2014年1月12日
監督:Nick Hurran
キャスト:Benedict Cumberbatch, Martin Freeman, Amanda Abbington, Louise Brealey, Lars Mikkelsen, Mark Gatiss, Rupert Graves, Andrew Scott ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-01-17 02:25 | - TV series | Comments(0)

おめでとう!Jared Leto

e0059574_151855.jpg
2014年の第71回Golden Globe賞の結果が発表されました。Dallas Buyers ClubでRayonを演じたJared Letoは、助演男優賞ドラマ部門に初ノミネート&初受賞(音が出ます)!同作品でMatthew McConaugheyも、主演男優賞ドラマ部門に初ノミネート&初受賞。Chistoph Woltzも素敵~053.gif


e0059574_15304.jpg
この作品で女性に性転換したHIV患者を演じるため、彼は壮絶なダイエットに臨み、17キロ減量。Matthew McConaugheyも痛々しいほどの激やせで、2人とも一時は本当に健康が危ぶまれたらしい。すごいよ、この役者魂。彼らのプロ意識に脱帽です。


e0059574_154758.jpg
Jaredは2008年のChapter 27で、John Lennonを殺害したMark David Chapmanを演じるため、なんと27キロ増量。とにかく肉類と甘いものを食べ続けたらしい。急激な体重増加が原因で一時痛風を患い、車椅子生活を余儀なくされたこともある(☆o☆) もともと小食でビーガンの彼、太ったり痩せたりの繰り返しは、体に深刻な影響を与えるのでは?心配だなー。


e0059574_155973.jpg
Breaking BadのBryan Cranstonは、主演男優賞ドラマ・シリーズ部門に4年連続5回目ノミネートで、初受賞。


e0059574_161235.jpg
House of Cards 野望の階段のRobin Wrightは、主演女優賞ドラマ・シリーズ部門になんと19年ぶり2回目のノミネートで初受賞。Kevin Spacey様は主演男優賞ドラマ・シリーズ部門にノミネートされるも、受賞ならず。残念でした。イタリアから出品されたPaolo Sorrentino監督のLa grande bellezza(追憶のローマ)が、下馬評どおり外国語映画賞を受賞。



[PR]
by amore_spacey | 2014-01-15 02:43 | Comments(2)

Sherlock season3 episode2 (シャーロック シーズン3 第2話)

ネタバレあり!?

私のお気に入り度 ★★★☆☆(88点)

e0059574_4434689.jpg
【あらすじ】 John Watson(Martin Freeman)とMary Morstan(Amanda Abbington)の結婚披露宴の席で、Sherlock(Benedict Cumberbatch)はベストマン(=花婿の証人)としてお祝いのスピーチをすることになり、2人で解決してきた過去の事件を祝辞に代えて、大親友Johnの栄誉をたたえる。つい最近、英国王室直属のある兵士が密室状態のシャワールームで、ストーカーらしき男に刺された事件も、Johnの機転と的確な判断で、兵士の命を救うことができた。しかしSherlockとJohnは、この事件の犯人を特定するため、ずっと頭を悩ませている。誰が何の目的で殺したのか?そしてこの事件はもう1つの事件に繋がっていく。


e0059574_444082.jpg
はぁぁぁ、あたしのような単細胞には難しすぎて、目も頭もひじょーに疲れたエピソードだった。ものすごいスピードと複雑な時間軸で展開するため、話の流れがうまく捉えられないし、事件の鍵となる謎や証言も今ひとつ理解できないので、どうもスッキリしない。しかも画面を見ながら、伊語の字幕を追いかけているから、ハァハァ。字幕を最後まで読み終わらないうちに、待ったなしで場面が次々と移り変わって、あたしゃ、もうお手上げ状態 ┐( ̄∇ ̄;)┌ でも家族3人で観たので、各々が理解できなかったところを、鑑賞後にあーだこーだと補うことができた。Sherlockの仮説や推理を堪能するには、繰り返し観る必要あり!ですぞ。


e0059574_4441166.jpg
花嫁のお陰で事件は意外な展開を見せ、危ぶまれた披露宴も無事に終了したんだけど、今回は人間的な温かみにあふれたSherlockの意外な一面を堪能できただけに、相棒の結婚を喜びながらもクールを装うSherlockの寂しさが胸に迫った。ここでちょっとトリヴィア。今シリーズに登場するJohnの婚約者=花嫁Mary Morstanを演じるAmanda Abbington。彼女は実生活でもJohnを演じるMartin Freemanのパートナーなのだぁ。くりくりした目がキュートで可愛らしい。

オープニングの♪ テーマ♪ がエキゾチックな響きでゾクゾク。イントロが久保田早紀の♪ 異邦人 ♪のそれに似ているような?!?

製作国:U.K.(BBC)
放映日:2014年1月5日
監督:Colm McCarthy
キャスト:Benedict Cumberbatch, Martin Freeman, Andrew Scott, Una Stubbs, Rupert Graves, Louise Brealey, Mark Gatiss, Amanda Abbington, Vinette Robinson, Lara Pulver ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-01-08 04:48 | - TV series | Comments(4)

Sherlock season3 episode1 (シャーロック シーズン3 第1話)

ネタバレあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆(90点)

e0059574_1233281.jpg
【あらすじ】 Reichenbach fallの事件から2年。失意のどん底だったJohn Watson(Martin Freeman)はMary Morstan(Amanda Abbington)と出会い、彼女と2人で新生活の第一歩を踏み出そうとしていた。その頃あの事件で死んだと思われていたSherlock(Benedict Cumberbatch)は、兄Mycroft(Mark Gatiss)の助けを借りて、テロ攻撃の脅威下にあるロンドンに戻ってくる。テロ攻撃からロンドンを守る使命が下されたのだ。はたしてSherlockはテロ攻撃を阻止することができるのか?


e0059574_1241436.jpg
待ってました、Sherlockが戻ってきたよ。シリーズ再開&彼の生還と、2つの意味でファンの前に帰ってきてくれました。嬉しいなぁ(*^^*) 彼の低いヴェルヴェット・ヴォイスがまた聞けるなんて、うふふっ。声にも演技にもさらに磨きがかかって、一回り大きくなって帰ってきた。今回は待ちくたびれたファンへの心憎いサービスや、Sherlock&John2人へのオマージュが縦横に織り込まれているので、それをクイズのように探しながら観る楽しみもある。絶対に見逃せないのは、Benedict Cumberbatchの実のママWanda Venthamと実のパパTimothy Carltonが、カメオ出演しているシーンだよん。これはすぐに分かるよ。


e0059574_124239.jpg
オープニングはもちろん、例の落下事件のトリック解明です。どうやったんでしょうかねぇ。Lestrade警部(Rupert Graves)たちは、飛び降りる前に別の死体にすり替えたのでは?安全な場所に着地して地上には身代わりの死体を置いたのでは?と様々な仮説を立てるが、どれも今ひとつ説得力がない。真相は藪の中だけれど、このトリックにはJohnに対するSherlockの深い愛053.gifが込められていたのだ。しかし如何せん、KYでエキセントリックなSherlockは、あの事件がどれほどJohnを悲しませ苦悩に追いやったか、全く想像できない。


e0059574_1243648.jpg
だからSherlockと再会した瞬間、Johnの中で何かがぷっつり切れた。「なんで2年間、黙ってたんだァ!」 俺の気持ちはどーなんだよ?Sherlockのバカバカバカーーー!!!頭突き&アッパーカット&拳骨で顔面殴打☆ 当然です。まだやり足りないくらい。あのシーンはJohnが滑稽すぎるほど可笑しく、ぬいぐるみのように可愛い。Sherlockが生きててくれて、本当に嬉しかったんだね。そんな嬉しさを隠せないJohnに、クールなSherlockもじーんときたはず。思わず頬が緩んだシーンでありました。今回のキーワードは、Johnのひげ。これでJohnはSherlockに、何度もイジられる(^◇^) 2人とも、子どもみたいなんだから。ということで、今年もよろしくお願いします。

製作国:U.K.(BBC)
放映日:2014年1月1日
監督:Jeremy Lovering
キャスト:Benedict Cumberbatch, Martin Freeman, Andrew Scott, Una Stubbs, Rupert Graves, Louise Brealey, Mark Gatiss, Lars Mikkelsen , Amanda Abbington, Wanda Ventham, Timothy Carlton ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-01-05 01:24 | - TV series | Comments(2)