<   2014年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

La mafia uccide solo d'estate (マフィアは夏にしか殺らない)

私のお気に入り度 ★★★★☆(80点)

e0059574_0224023.jpg
【あらすじ】 1970年代のパレルモ(シチリア)。マンマがArturo(Alex Bisconti)を身ごもったのは、Viale Lazioの惨劇が起きた日だった。そんな腐れ縁のせいか、Arturoの人生の節目にはいつもマフィアによる殺人が起こっていた。マフィアに関する彼のアンテナは、成長とともに研ぎ澄まされていく。小学生になったArturoは、転校生のFlora(Ginevra Antona)に一目惚れする。何とか思いを伝えようと奮闘するが、空回りするばかり。念願かなって新聞記者になったArturo(Pif)は、ある日偶然Floraに再会する。


e0059574_0225829.jpg
「これは僕の伝記映画ではない」とPierfrancesco Diliberto(=Pif)監督は断りつつも、パレルモに生まれ育った彼の脳裏に焼きついた、子どもの頃に見た幾つもの風景が、作品に織り込まれている。戦時中にも笑いがあったように、隣に暮らすマフィアが気がかりではあるけれど、Arturoにも1970年代に育った子どもたちが体験するような日常的な出来事があり、笑ったり地団太踏んだりの毎日を送っている。他の地域の子どもたちと違うのは、マフィアが自分の生活圏内にいること。Arturoのように聡明な子なら小さい頃から、「マフィアって何?」の自問自答を繰り返し、マフィアに対する自分の立場をはっきりさせていくに違いない。大多数の大人たちが見て見ぬフリするマフィアの存在を、Arturoは敢えて掘り起こし、問題提起する。この作品は子どもの目線でマフィアの問題を描いたところが斬新で、ぐっと身近なものとしてとらえることができた。


e0059574_0231281.jpg
マフィアの闘争事件&拳銃事件は、日常的に報道されている。この国に暮らし始めたばかりの頃は、「えー、ホントにマフィアっているんだぁ」なんて能天気なことを思っていたが、それは私の暮らしの圏外で起きた、自分とは無関係な事件だからだった。何年か前に近くのピッツェリアが爆破されてメチャメチャになったときには、さすがに震え上がった。マフィアが絡んでいたそのピッツェリアは、ショバ代を払わなかったため、焼き討ちの刑に遭ったらしい。このピッツェリアには1度も行ったことはないが、その界隈をよく通るので、自分の生活圏が脅かされたかのような恐怖を抱いた。


e0059574_024167.jpg
ずーっと昔、MTVの某番組でPifをよく見た。バカなことばかりやるチャラけたテキトー人間と思っていたら、ついこの間は助監督として、今回は監督としてデビューを果たした気骨のあるサプライズ男だ。彼のパパも監督なんですね。

製作国:Italy
初公開年:2013年
監督:Pierfrancesco Diliberto(本名)
キャスト:Cristiana Capotondi, Pif(芸名), Antonino Bruschetta, Barbara Tabita, Rosario Lisma, Leonardo Amato ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-30 00:25 | - Italian film | Comments(0)

Marina (マリーナ)

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_013437.jpg
【あらすじ】 1948年。南イタリア・カラブリア州の貧しい鉄工員Salvatore Granata(Luigi Lo Cascio,)は、今よりもより良い環境を求めて、ベルギーの炭鉱の町Waterscheiへ出稼ぎ労働者として出発し、1年後には妻(Donatella Finocchiaro)と2人の子どもたちを呼び寄せる。そこで家族を待っていたのは、粗末な宿舎と貧しい暮らしだったが、息子のRocco(Matteo Simoni / Cristiaan Campagna )や娘は、新しい環境に適応しようと頑張った。Roccoは自分の好きなアコーデオンを演奏することで、貧しさや寂しい気持ちを紛らわせることができた。また町の食料品店の一人娘Helena(Evelien Bosmans)に、淡い恋心を抱いていた。1960年代にヨーロッパやアメリカで大ヒットとなった『Marina』を作詞作曲&レコードにした、Rocco Granataの伝記映画


e0059574_0135762.jpg
ある年齢以上の欧米人なら、たぶん誰でも知っているポピュラー・ソング『Marina』の由来が、Rocco Granataの半生と重ねながら描かれている。この歌を全く知らない私も、作品の中で何度も歌われるうちに、シンプルな歌詞とメロディーをすぐに覚えた。


e0059574_0141634.jpg
『Marina』は彼が心を寄せた女性の名前なのかな?と思ったら、タバコの銘柄の名前だったんですね。


e0059574_0161622.jpg
300枚を自主制作して自転車で配って回っていたのがレコード会社の目にとまり、1959年にEMIコロムビアがドイツでレコードを出してくれることになる。それをきっかけにヨーロッパ各国で大ヒット、更にはアメリカでも大ヒットをおさめ、1960年代にはカーネギーホールで公演を行った。


e0059574_0214646.jpg
1938年8月16日生まれの獅子座で、現在76歳。アコーデオン店の店主として、作品にちらっと出演している。

製作国:Belgium & Italy
初公開年:2013年
監督:Stijn Coninx
キャスト:Matteo Simoni, Luigi Lo Cascio, Donatella Finocchiaro, Evelien Bosmans, Warre Borgmans, Vincent Grass ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-29 00:22 | - Italian film | Comments(0)

凶悪

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_242441.jpg
【あらすじ】 ある日、雑誌『明朝24』の編集部に一通の手紙が届いた。それは獄中の死刑囚(ピエール瀧)から届いた、まだ白日のもとにさらされていない殺人事件についての告発だった。彼は判決を受けた事件とはまた別に3件の殺人事件に関与しており、その事件の首謀者は“先生”と呼ばれる人物(リリー・フランキー)であること、“先生”はまだ捕まっていないことを訴える死刑囚。闇に隠れている凶悪事件の告発に慄いた『明朝24』の記者・藤井(山田孝之)は、彼の証言の裏付けを取るうちに事件にのめり込んでいく。死刑囚の告発が未解決事件の真犯人逮捕につながった、衝撃のベストセラー・ノンフィクションを映画化。


e0059574_243440.jpg
リリー・フランキーの演技が半端なく素晴らしいと聞いて観たんだけど、う~ん??それぞれの持ち場にいる役者の演技は高く評価できる。でも死体をどう始末するか、どう始末したか、の部分ばかりが強調されていたため、視覚的なグロさはあったが、サイコ・サスペンスの要素が弱く、詰めの甘さが気になった。

闇は、凶悪事件を起こした彼らの中だけにあるのではない。己の家族の現実から逃げるように須藤の復讐心に加速的に同調していく藤井の中に、そしてそこに映し出される自分自身の中に。社会のそこらじゅうに浮遊している闇。そんないくつもの闇が、人間の営みの中に織り込まれて描かれていく。


e0059574_245285.jpg
山田孝之が苦手。未だに『電車男』のキモい印象を引きずっている。彼の負のオーラに心をかき乱されるのがたまらなく嫌だ。要介護の母が居るのに家庭を顧みない雑誌記者という役を丁寧に演じていたが、平凡な善良さと下卑た好奇心を持ち合わせた不条理な人間の多面性を、もう少し深く突っ込んで表現して欲しかった。彼ならできる。池脇千鶴ちゃんは、いつもながら山椒の実のようなピリッとした切れ味がある。あれは自然体なの?演技なの?

製作国:Japan
放映日:2013年
監督:白石和彌
キャスト:山田孝之, ピエール瀧, リリー・フランキー, 池脇千鶴, 白川和子, 吉村実子, 米村亮太朗, 松岡依都美 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-28 02:07 | - Japanese film | Comments(0)

Non aver paura

私のお気に入り度 ★★★☆☆(70点)

e0059574_14522.jpg
【あらすじ】 最近別居したばかりのLaura(Laura Morante)とFranco(Alessio Boni)は、9歳になる彼らの一人息子Luca(Marco Ragno)の親権を巡って争いが絶えない。そんな中でLucaは、自分とは全く性格の違う想像上の友だちTommi(Andrea Ragno)と話すことによって、何とかやりすごしていた。Francoからの慰謝料だけではやりくりできないため、Lauraは電話ホットラインの仕事をしていたが、ある日かかってきた電話の男が、ストーキング紛いのことをして、Lauraを脅かす。


e0059574_1451295.jpg
サスペンス・タッチなのに、一貫性がなく中途半端。結末もお粗末で、はぐらかされたような気持ちになる。Alessioがぶち切れるとパワー全開で、Kimさま並みに怖い。息子が轢かれそうになったからって、運転手をあそこまでボコボコに殴ることはない。前歯へし折って流血させるなんて・・・落ち着いて下さいよぉ。Lauraも終始キリキリ&イライラ。2人ともピリピリしすぎ。こんな夫婦に育てられたら、たまったもんじゃない。

圧倒的にカッコいい役が多い中、うらびれたAlessioをみるのも、なかなかいいわぁ。カッコいいAlessioには近寄り難い雰囲気があるけれど、しおれた彼を見ていると、いい子いい子してあげたくなっちゃう。母性愛を刺激されるのね。

製作国:Italy
初公開年:2005年
監督:Angelo Longoni
キャスト:Alessio Boni, Laura Morante, Marco Ragno, Cesare Bocci, Eleonora Ivone, Valeria Milillo, Andrea Ragno ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-25 01:45 | - Italian film | Comments(0)

草原の椅子

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)
佐藤浩市さんの猫になりたい度 ★★★★★(200点)

e0059574_2283858.jpg
【あらすじ】  カメラメーカーに務める遠間憲太郎(佐藤浩市)と、取引先である『カメラのトガシ』社長の富樫(西村雅彦)の中年男性2人、骨董店のオーナー・貴志子(吉瀬美智子)、そして母親に虐待され心に傷を負った4歳の少年・圭輔(貞光奏風)の4人が、世界最後の桃源郷と呼ばれるパキスタン北西の地、フンザを目指す旅に出る。


e0059574_229181.jpg
佐藤浩市さんに惚れ直した。面倒なことに巻き込まれたくないと思いつつ、状況は思うようにはならず、それでも真っ向から否定しないで、何となくその流れに乗っかっていったら、辿りついた先がフンザだった。と言うと大雑把過ぎるが、まぁ、でも、そんな感じのストーリーだった。脇役の西村雅彦や貞光奏風くんや彼がもっていた恐竜の人形が、とてもいい。彼らによって、佐藤さんの新たな面が開拓されたんだね。


e0059574_2293246.jpg
↑↑こんなふうに佐藤さんに抱っこして欲しい!彼の人さし指で、鼻先やデコをツンツクされたい。両手で頬をプニプニされたい。頭を撫で撫でして欲しい。あんなに優しい表情の佐藤さんを見るのは、久しぶりかも(*^^*)


e0059574_2294575.jpg
写真集で見たフンザの山々や自然が、迫力満点でインパクトがあったから、現地はさぞや凄いんだろうと期待に胸を膨らませたのに、景色の切り取り方が悪かったのか意図的だったのかは分からないが、あまりにもこじんまりとしていて拍子抜けだったのは残念。ところで、佐藤さんの頭や顔をボコボコに殴った、そこの小池栄子!今夜一人で裏の神社に来んね。ワイにちょっと話があるとばい(怒)

製作国:Japan
放映日:2013年
監督:成島出
原作:宮本輝
キャスト:佐藤浩市, 西村雅彦, 吉瀬美智子, 小池栄子, 貞光奏風, 黒木華, 中村靖日, 若村麻由美, 井川比佐志 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-24 00:03 | Comments(0)

LEADERS リーダーズ

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_39217.jpg
【あらすじ】 トヨタ自動車創業者である豊田喜一郎をモデルに、国産自動車に人生をかけた人々を描く。愛知自動織機製作所常務、愛知佐一郎(佐藤浩市)が外国車の解体から始めたゼロからの乗用車開発は、挫折の繰り返しであった。しかしトラックの大量生産をきっかけにアイチ自動車工業を設立し、戦後は小型乗用車の開発に成功した。しかし異常なインフレと戦後不況の中で、資金難という大きな試練が立ちはだかる。そして経営再建までアイチ自動車は日銀の管理下に置かれ、佐一郎が頑なに拒否し続けていた1600人もの人員整理を、再建案として出された。


e0059574_393345.jpg
実話をベースにしたサクセス・ストーリーは、結末が分かっていてもテンションが上がってなかなかよいもんだ。ドラマを観ながら、アタシったら日の丸の国旗を背負っちゃってました。主役&脇役のキャスティングが、適材適所で文句なし。戦時中&戦後の逆境の中から、パイオニア精神で世界屈指の大企業に成長したトヨタのような国産産業のドラマは、震災後だからニーズがあるのかも。


e0059574_394587.jpg
佐藤浩市さんの暗示的な演技は、いつみてもいいなぁ。上唇のエロさに参っちゃう。今回も銀行関係者を演じた香川照之が、『半沢直樹』の大和田常務とダブってしまった。彼の顔演技は迫力満点。彼の顔のデカさは半端ないもんね。吹越満も、ヤバさではピカイチの役者だ。大勢の前で香川氏に苛められて、退場せざるを得ない慇懃な銀行マンの役が、ハマッていた。わたしね、椎名桔平が苦手、すごく苦手な役者です。彼が醸し出す雰囲気がダメ。山口智子は『ゴーイング・マイ・ホーム』で精彩がなかったから、どうかな?と不安だったけれど、こんな時代モノは彼女に合っているかもしれない。というか、年齢的にトレンディ・ドラマは、厳しいってことかな。

製作国:Japan(TBS)
放映日:2014年3月22~23日
演出:福澤克雄
キャスト:佐藤浩市, 香川照之, 宮沢りえ, 吉田栄作, 萩原聖人, 高橋和也, 緋田康人, 金子賢, えなりかずき, 市川右近, 溝端淳平, 前田敦子, 中村橋之助, 椎名桔平, 山口智子, 橋爪功 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-22 03:11 | - Japanese film | Comments(0)

Game of Thrones season 4 episode 1-2 (ゲーム・オブ・スローンズ シーズン4 第1~2話)

ネタバレあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆(88点)

e0059574_0501773.jpg
【あらすじ】 Tywin Lannister(Charles Dance)はStark家に代々伝わる大剣アイスを熔解して、二つの剣を作らせた。そのうちの一本を、Jaime(Nikolaj Coster-Waldau)に渡す。ユンカイを解放したDaenerys(Emilia Clarke)は、北にある奴隷都市メーリーンへと向かっていた。3頭のドラゴンは大きく成長し、母親のDaenerysを威嚇するようにすらなってきた。
 Ygritte(Rose Leslie)の矢で深手を負いながらも、何とか黒の城へとたどり着いたJon Snow(Kit Harington)は、ウォッチの尋問を受け処刑が下ったが、Maester Aemon(Peter Vaughan)がその提案を却下。旅を続けるHound(Rory McCann)とArya(Maisie Williams)たちは、森の中の酒場小屋でLannisterの兵士たちの中に、親友を殺した男を見つける。彼が使った同じ手口で、Aryaは兵士を殺して復讐を果たし、自分のニードルを取り戻した。そしてLannister家にとって大きなイヴェント、Joffrey Baratheon(Jack Gleeson)とMargaery Tyrell(Natalie Dormer)の結婚式が迫っていた。


e0059574_0504239.jpg
やっとシーズン4が始まった。じっと待つのも辛いもんだ。さて、この2つの剣の行方はどうなるんだろう。Ned Stark(Sean Bean)がちゃんとStark家を守ってくれるだろうか?


e0059574_050551.jpg
あんなに可愛らしかったドラゴンも、大きくなると憎たらしいわねぇ。ママを威嚇するなんて、いけない子っ。


e0059574_051988.jpg
Houndってブサ男なんだけど、どこか憎めないトコがある。身代金目当てでAryaを人質にしていたのに、一緒に旅をするうち情が移ってきて、2人の関係が微妙に変化してきたみたい^^


e0059574_0513423.jpg
Cersei(Lena Headey)が作らせた、ちょっと悪趣味な金の義手をつけたJaime。髪を切ったらさっぱりし過ぎて、男の色気まで失ってしまった残念なパターン?ロンゲのJaimeのほうがよかったな。


e0059574_0515740.jpg
姉弟のうふふな近親相姦。


e0059574_0521077.jpg
Oberyn Martell(Pedro Pascal)と
ブロンド美青年のうふふなBL?(*^^*)


e0059574_0523213.jpg
「これで、Lannister家は一応安泰!」とほくそえむTywin Lannisterだったが、まさか披露宴の最中にJoffreyが毒殺されるなんて、全く計算外。怒り狂った母親Cerseiは、この下手人を Tyrion(Peter Dinklage)と断じて、投獄してしまう。平和な世の中になるのはいつ?Joffreyって残虐で自己中で頭の悪い憎たらしい男の子だったけど、彼が退場しちゃうと寂しいなぁ。ああいう毒のある人って、癖になるのよね。

製作国:USA(HBO)
放映日:2014年4月6日&4月13日
監督:D.B. Weiss
原作:George R. R. Martin "A Song of Ice and Fire (氷と炎の歌)"
音楽: Ramin Djawadi
キャスト:Peter Dinklage, Nikolaj Coster-Waldau, Lena Headey, Emilia Clarke, Kit Harington, Charles Dance, Natalie Dormer, Jack Gleeson, Sophie Turner, Maisie Williams, John Bradley ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-19 01:04 | - TV series | Comments(0)

奇跡のリンゴ

私のお気に入り度 ★★★☆☆(76点)

e0059574_382196.jpg
【あらすじ】 11年にわたる苦悩の末、無農薬によるリンゴ栽培に成功した青森県弘前在住のリンゴ農家、木村秋則の実話を、阿部サダヲ&菅野美穂主演で映画化した人間ドラマ。


e0059574_3831100.jpg
11年かけてやっとできた無農薬のりんごをかじるシーン。りんごがとてもおいしそうで、翌日FUJIを買いに走った。イタリアのりんごの中で一番シャキシャキして甘味もあって好きなんだけど、日本のものに比べると格段に質が落ちる。イタリアに木村秋則さんのような人が必要だ。全く的外れだけど、もっとおいしいりんごを食べたい!と強く思った作品でした。


e0059574_384496.jpg
山崎努や原田美枝子が素晴らしい。『舞妓 Haaaan!!!』のような濃くてウザいキャラだったら嫌だなぁと思っていたが、今回の阿部サダヲはあれほど灰汁(アク)が強くなく、菅野美穂ちゃんと感じのよい夫婦を演じて、好感度がじわっと上昇。リンゴ畑と岩木山(津軽富士)の映像が、象徴的で美しかった。

製作国:Japan
初公開年:2014年
監督:中村義洋
キャスト:阿部サダヲ, 菅野美穂, 池内博之, 笹野高史, 伊武雅刀, 原田美枝子, 山崎努 ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-18 03:10 | - Japanese film | Comments(2)

Open day

私のお気に入り度 ★★★☆☆(78点)

e0059574_27434.jpg
【あらすじ】  14歳になる一人娘の高校進学のため、別居中の夫婦(Angela Finocchiaro & Bruno Stori)が、オープンデーに志望校を見学をする。そこで入学願書を書くことになるが、記入項目の1つ1つにそれぞれ意見が食い違い、やがて夫婦喧嘩が勃発。こんな有様で、ちゃんと願書を提出することができるのか?


e0059574_271923.jpg
1月に観た『2人の主人を一度に持つと』で、一生分笑い尽くしちゃったのかなぁ?Open dayもそこそこ面白かったけれど、「ま、こんなもんか」な感じだった。TVドラマや映画のAngela Finocchiaroは、もう少し強烈なコメディ・キャラクターだった気がするんだけどな。これも拍子抜けの原因。


e0059574_274659.jpg
別居中の夫婦が久しぶりに顔をあわせる、しかも一人娘の大事な進路決定となると、傷口に塩を塗るような泥試合になるのは目に見えている。そこを面白可笑しく仕立てたのが、この舞台だった。2人だけで途中休憩もなく1時間以上舞台を続けるというのは、大変なことだと思う。大勢で演じるのと違って、1人当たりの台詞の量が格段に増えるし、消耗するエネルギーも半端ない。そのあたりを考慮に入れても、当たり障りのない舞台だったかな。期待していただけに(もっと笑わせて欲しかった)残念。

劇場:Teatro Storchi (Modena)
上演日:2014年4月4日
監督:Ruggero Cara
キャスト:Angela Finocchiaro, Bruno Stori


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-17 02:07 | Theatre | Comments(0)

House of Cards Season2 episode 3 - 13 (ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン2 第3話~最終話)

ネタばれありあり!!!

私のお気に入り度 ★★★★☆(90点)

e0059574_2345695.jpg
【あらすじ】 副大統領になったFrank(Kevin Spacey)は次の野望を達成するべく、妻Claire(Robin Wright)や腹心の部下Doug Stamper(Michael Kelly)とともに、Garrett Walker大統領(Michael Gill)やその取り巻き連中たちを、巧妙な根回しや懐柔策で抱き込んでいく。順調にいくかと思われた矢先、Claireの過去のスキャンダルがすっぱぬかれ、Frankの政治生命は完全に終わったかにみえた。


e0059574_2352486.jpg
今シーズン(音が出ます!)は水面下の不穏な動きに的が絞られ、派手なアクションがなかった。アメリカの政治に精通していないと分かりにくい部分もあったが、期待を裏切らない構成で見応えがあった。


e0059574_2353619.jpg
愛人スキャンダル・癒着・献金・BLやGLやUnderwood家のボディーガードEdward Meechum (Nathan Darrow)とFrankとClaire3人の隠微な関係、Frankの腹心DougがRachel (Rachel Brosnahan)に抱くほのかな愛、情報入手のためにベッドインするRemy Danton(Mahershala Ali)やJackie Sharp(Molly Parker)などなど、お昼のメロドラマ的なシーンもたくさんあるよ。


e0059574_2354773.jpg
実際に米大統領官邸などに出入りしている政治家や新聞記者に言わせると、これは非現実的で突っ込み所満載なドラマらしい。でもドキュメンタリー番組じゃないんだから、視聴者のハートをつかむための細工や誇張は有っていい。私たちだってドキドキ・ハラハラしたいもん。


e0059574_236258.jpg
現実離れした話もあれば、特別検査官が副大統領を尋問したりアメリカ議会が大統領の弾劾発議を可決したり、日中関係に緊張をもたらしている尖閣島問題に触れたりと、リアルなエピソードもあって、そこそこバランスはとれていると思う。


e0059574_2361499.jpg
今シーズンは中国の外交やネットスパイ活動や為替操作など、中国に関するテーマが盛りだくさんだった。 中国が色んなTVドラマや映画の舞台に登場するようになってきたな。


e0059574_2364489.jpg
何がすごいって、Kevi&Robinが乗った運命共同体船の、土俵際のワザ!寄り切られそうになっても、うっちゃりで逆転。相手をほくそませておいて、裏をかく。最強の2人だ。Robinのプロポーションや衣装も素晴らしいが、氷のような微笑を浮かべる彼女から目が離せない。ところで照明係にお願いがあります。Kevi様にもっともっとライトを当ててあげて下さい!眉間に刻まれたシワや目の下のクマちゃんやゴルゴ線&ほうれい線が、半端ないんですよぉ(T^T)


e0059574_2363333.jpg
ついに念願の米大統領になったFrank。天下を取った。しかし共和党下院議員Peter Russo(Corey Stoll)の死に関わる元娼婦Rachelや、謎の死をとげた新聞記者Zoe(Kate Mara)について極秘に調査する同僚Lucas(Sebastian Arcelus)、Frankの腹心Dougの死、そしてDougという後ろ盾をなくしたGavin Orsay(Jimmi Simpson)など、Frankにとって不穏な材料が方々にとっ散らかっているので、うっちゃりなんて小賢しいワザは通用しないよ。シーズン3はシェークスピア悲劇のような展開になりそう。ドキドキ。

製作国:USA(Netflix)
配信日:2014年2月4日全13話
監督:James Foley, Carl Franklin, John David Coles ...
キャスト:Kevin Spacey, Robin Wright, Michael Kelly, Michael Gill, Nathan Darrow, Kristen Connolly, Corey Stoll, Sakina Jaffrey, Rachel Brosnahan, Sebastian Arcelus ...


[PR]
by amore_spacey | 2014-04-14 23:10 | Kevin Spacey | Comments(0)