「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Padri e figli (父と息子たち)  

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (72点)

e0059574_161815.jpg
【あらすじ】 男手一つで息子Carlo(Riccardo Garrone)と娘Marcella(Lorella De Luca)を育ててきた仕立て屋のVincenzo (Vittorio De Sica)。長男と次男Sandro(Gabriele Antonini)に、「勉強、勉強」といつも口やかましいBacci医師(Ruggero Marchi)。同級生のMarcellaとSandroは、親に内緒で付き合っていたのがバレてしまう。5人目の子どもの誕生を待つGuido Blasi(Franco Interlenghi)とGiulia(Antonella Lualdi)夫婦、そしてGiuliaの面倒を見る看護婦Ines(Marisa Merlini)。子どもを望めずすれ違いの生活を強いられるCesare(Marcello Mastroianni)とRita(Fiorella Mari)夫婦。ローマに暮らす4つの家族を、父親の視点から見た息子や娘の成長、親子の関係をユーモアと笑いで描いたオムニバス映画。第7回ベルリン映画祭で銀熊賞(監督賞)受賞。


e0059574_162952.jpg
イタリアといえばマンマ。マンマは家庭のなかで、一目置かれた存在である。だからマンマは主役でよく登場するが、パパは家族の一員以上でも以下でもない扱いが多い。この作品では子どもたちのことに、外野の男親が口出しする。余計なことをするから、話がややこしくなっていく。


e0059574_17105.jpg
「そっちの育て方が悪いからだ」と、2人の男親は相手に責任をなすりつけ、大喧嘩に発展するのだが、やがて仲直りしたあと、男同士の仲間意識が芽生える。外野で勝手に喧嘩して勝手に仲直りし、同期の桜になってしまうなんて、滑稽というか男ならではの展開なんだろうなぁと思う。


e0059574_172085.jpg
夫婦関係が冷え切った家庭で、一人スパゲッティをすするMarcello Mastroianniは、哀愁が漂う冴えない男を演じているんだけど、どうしたってこうしたってMarcelloの粋な雰囲気が隠し切れず、なーんか違和感がある。とりあえず、そのパンチ頭をどうにかして下さい。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-10-23 01:07 | - Italian film | Comments(0)

Les garçons et Guillaume, à table! (不機嫌なママにメルシィ!)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

e0059574_159947.jpg
【あらすじ】 Guillaume Gallienneが、ちょっと変わった自分の生い立ちを描いたコメディ・ドラマ。裕福な家庭に生まれ、女の子のように育ったGuillaumeが、様々な苦難を経て本当の自分の姿を見つけ出していく。第39回セザール賞で作品賞・主演男優賞など5部門を獲得。


e0059574_1591859.jpg
本当は3人目に女の子がほしかったママは、食事の時間になるといつもこう叫ぶ。「男の子たちとGuillaume、 ごはんよ!」 これが原題。母親の過干渉のため繊細なGuillaumeは、ジェンダーやセクシュアリティの迷路にはまり込んでしまう。彼が自分自身の価値観で生きていくには、母親の庇護や自分の強い思い込みから抜け出すこと。だからこの作品で本人と母親の一人二役を演じたのは、とても意義深い。幼い頃から身近にいる女性をよく観察してきた彼は、母親を演じるのに何の支障もない。母親を演じているときの彼は、何倍も魅力的だけど、素顔の彼は苦手なタイプかも(ё_ё;)

Guillaumeが掛け布団を腰に巻いて、ドレス風にしているシーンを見て、小さい頃よくやったお姫様ごっこを思い出した。シーツや毛布を、長いドレスの代わりにしたっけ。「やることは似てるんだぁ」と、嬉しいような懐かしいような気持ちになった。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-10-20 01:59 | - Other film | Comments(2)

Blue Jasmine (ブルー・ジャスミン)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_1561453.jpg
【あらすじ】 ニューヨークのセレブリティ界でもてはやされていたJasmine(Cate Blanchett)だが、実業家のHal(Alec Baldwin)との結婚生活が破綻し、家庭も資産も失う。そこで妹Ginger(Sally Hawkins)が暮らすサンフランシスコへ向かうことにする。Gingerは質素なアパートに住むシングルマザーだった。過去にしがみつき抗うつ薬とウォッカを手放せないJasmineは、再び華やかな世界へ舞い戻ろうと画策するのだが・・・。2014年第86回アカデミー賞の主演女優賞(Cate Blanchett)を受賞。


e0059574_1562626.jpg
Cate BlanchettがWoody Allenの作品の主役?しかもコメディって、何かの間違いじゃないの?Cate BlanchettとWoody Allenとコメディの3つが、私の中でうまく繋がらないのだ。ところが観始めたら、あっと言う間に引き込まれた。冒頭からCate Blanchett演じるJasmineが、タダならぬ雰囲気を放っている。憑かれたように喋っている。何か仕出かしそうで、目が離せない。話が進むに従い、現実を直視できないJasmineの不安定な精神状態が破綻をきたして、「うわぁ、こりゃ、終わってる」 ブラック・コメディだ。


e0059574_1563752.jpg
そんなJasmineの奇怪な言動に、思わず笑っちゃう。他人事である限りは、「頭のおかしなヤツがいるな」でスルーできるが、身内や親しい友人だったりすると、厄介で困ったことになる。再び華やかな世界に舞い戻りたいJasmineの気持ちとは裏腹に、彼女の壊れ方に拍車がかかり、救いのない道にはまっていくのだから、回りはお手上げ。本人が真剣で大真面目なだけに(もうアチラの世界に逝っちゃってるから)、傍目には滑稽で痛々しい。BGMのおかげでコメディ・タッチになっているが、BGMを変えれば破綻した女の悲しいドラマにもなり得る。実際、そういう話なんだけどね。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-10-16 01:58 | - Other film | Comments(2)

Anita B.

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (68点)

e0059574_1464554.jpg
【あらすじ】 アウシュヴィッツ強制収容所から生き延びたハンガリー生まれのティーンエイジャーAnita(Eline Powell)は、彼女の唯 一の身内であるMonika(Andrea Osvárt)の家族の一員として迎えてもらう。しかし辛い体験をきちんと覚えておきたいAnitaと、そんな過去は忘れたいMonikaは、何かと衝突する。Monikaの家族や友人たち、Anitaが恋に落ちるMonikaの義弟Eli(Robert Sheehan)、縫製工場で知り合った同僚David(Nico Mirallegro)。彼らの友情や協力のおかげで、Anitaは自分が進むべき道を 見つける。


e0059574_1465644.jpg
この作品の主役は、アウシュヴィッツ強制収容所を辛くも生き延びた少女である。しかし辛い過去を背負った彼女の心の葛藤を描き出す訳でもなく、誰もが通過する思春期の淡い恋愛感情や恋心に焦点をあてる訳でもなく、話がどの方向に進んでいるのかよく分からないまま、ずるずる時間だけが経過していった。


e0059574_1472268.jpg
Anitaが恋に落ちるイケメンなEliや同僚のDavidの存在は、何かの伏線だろうと期待させるが、結局何もないまま(Eliとはちょっとした絡みがあるが)中途半端に終わっている。Eliの行動も不可解。Anitaのことが本当に好きだったのか、遊びだったのか?最初は遊びだったんだけど、離れてみて彼女のことが好きだったと分かったのか?んもぉ、何が言いたかったんだろう?もやもや~~~。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-10-13 01:48 | - Other film | Comments(0)

四十九日のレシピ

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_2472424.jpg
【あらすじ】 判を押した離婚届と結婚指輪を残して、百合子(永作博美)が実家に戻ると、人生の晩年を迎えて突然、妻・乙美の死によって独り残された父・良平(石橋蓮司)は、畳の上に呆然と寝転がっていた。そこへ派手な服の女の子・井本(二階堂ふみ)と日系ブラジル人ハル(岡田将生)が現れ、4人の奇妙な同居生活が始まる。彼らは乙美のために四十九日の大宴会を計画するのだった。


e0059574_2473587.jpg
登場する誰もがそれぞれの形で人生をやり直そうとしている姿があり、彼らの心の変化が手に取るように描かれている。百合子の心の葛藤は、女性なら誰しも一度は抱くものではないかと思う。彼女の苦しみや迷いが痛々しいまでに伝わってくるが、それを乗り越えた時に見せた表情は素晴らしかった。永作博美は適役だ。彼女を見守る父・良平を演じた石橋蓮司が、これまた泣けるじゃないか。


e0059574_2474981.jpg
四十九日の大宴会が、一風変わっていて面白い。最初は空白だらけの乙美の人生年表が、訪れた人々の手によって、徐々に空白が埋められていくシーンは感動。そうか、こんな見送り方もあるんだ。大ベテランの淡路恵子が、ひと癖もふた癖もある叔母を好演。辛らつで毒舌だが、フォローも忘れない。上手いな。バター・ラーメンやコロッケパンやちらし寿司が、実に美味しそうだった。下らないことなんですが、永作博美と池脇千鶴って似てますよね。区別がつきません。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-10-11 02:48 | - Japanese film | Comments(4)

L'oro di Napoli (ナポリの黄金)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (72点)

e0059574_140011.jpg
【あらすじ】 4人の子どもがいるSaverio Petrillo(Totò)とCarolina(Lianella Carell)の家に居候するカモッラ党員、「ミサに行ってくる」と夫に言いながら愛人と浮気する屋台ピッツァの美しい若奥さんSofia(Sophia Loren)、幼くして亡くなったわが子を弔う行列に加わった母親(Teresa De Vita)や身内・親戚、8歳の少年を相手に一度もカードゲームに勝てないProspero(Vittorio De Sica)、裕福でイケメンな男性と知り合い結婚する娼婦Teresa(Silvana Mangano)、そしてその界隈では名の知れた知恵袋的な男Ersilio Miccio(Eduardo de Filippo)など、ナポリを舞台に市井の人々が織り成す人生模様を、6つのオムニバス形式で描いていく。


e0059574_1401034.jpg
超豪華キャストが大集合した作品で、これはまさにVittorio De Sica監督の手腕によるところが大きいだろう。6つのエピソードから、ナポリの普段の暮らしぶりを垣間見ることができるが、あまりにも有名な役者たちが揃ったので、庶民の暮らしがグレードアップして見えてしまう。


e0059574_1402355.jpg
また必ずしも起承転結の形式をとらないので、「えっ?それで?」「何が言いたかったのかなぁ?」と見終わってもやもやした気持ちになるエピソードもある。ま、白黒はっきりしない。答えが出ない。それが人生そのものってことですね。


e0059574_2105655.png
いつもはペテン師なVittorico De Sicaが、この作品では子ども相手に四苦八苦するという珍しい設定で面白い。


e0059574_143281.jpg
こんな小さなガキに舐められ、完全にもてあそばれるVittorio(爆) しかも連戦連敗、アハハッ!モノを賭けているから、ついついヒートしてしまう姿が滑稽で笑える。


e0059574_1463581.jpg
彼女、Silvia Manganoだったの?って、『ヴェニスに死す』の彼女ぐらいしか知らないんだけど、若い頃より中年以降のほうが素敵だな。因みにタイトルは、夕日が反射して黄金に輝くナポリ湾からナポリの人が連想するチーズたっぷりのピッツァを指すらしい。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-10-08 01:50 | - Italian film | Comments(4)

孤独のグルメ Season4 全12話

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_4411320.jpg
今シーズンもいつもの癖で、「それも下さい」と山盛り注文した揚げ句、最後に參鶏湯ラーメンや分厚いカツサンドを追加オーダーする。すげぇや、ゴローは胃袋の容量が鉄人なんだ。軽く2~3人前はある量を、サクサク食べる。口に運ぶ量や速度が、軽快で気持ちよい。そしていつも完食。ゴローの1食分のカロリーって、どんだけあるんだろう?


e0059574_4415862.jpg
そんなゴローちゃんも、今シーズンはメニューを決めるのに、めっちゃ迷った。店のメニューがカオス状態だから、あれは困るよね。


e0059574_442852.jpg
童心に戻ってブランコに乗ったり


e0059574_4422313.jpg
ムキになって知恵の輪と格闘したり


e0059574_4423730.jpg
思わず『アウトレイジ』なリアクションが、キモ可愛いかった^^


e0059574_4425972.jpg
スタンドの応援席でYシャツを脱ぎはじめたときは、「えーっ、まさか?まさか、全部脱がないよね?(滝汗)」と思ったら、上半身裸でオヤジ応援団に加わっちゃったよぉ。やっぱりゴローはスーツ姿がいいな。


e0059574_4434069.jpg
ゲストが超豪華!オモニを演じた柴田理恵や


e0059574_4435293.jpg
小日向文世&西田尚美の夫婦がよかった。ゴローがうまそうにカツサンドを頬張ってるところへ、ビートたけしと椎名桔平が乱入してきて、 店主(小日向)をバキューン!なんて、思わずアウトレイジな展開を想像しちゃった。


e0059574_44488.jpg
村田雄浩もインパクトありすぎ。パートのおばちゃん(伊佐山ひろ子)の、あの上から目線は何なんだよ?最終回の石橋蓮司。昔は胡散臭い悪役が多かったけど、飄々とした最近の雰囲気は好きだな。


e0059574_4442317.jpg
シーズン4ともなると久住さんも遠慮なく、麦スカッシュや麦ソーダや葉っぱサイダーや井戸水や杏ジュースを飲むし、 お店の人も心得たもので、久住さんに調子を合わせてくれる。あの雰囲気がいいね。 


e0059574_4443495.jpg
e0059574_4444924.jpg
夏らしく元気の出る肉料理やスパイシーなものがよく登場したが、私は作りたての熱々カツサンドと雑魚入り焼きおにぎりを食べたい。

ロケ地になった店の一覧はこちら。作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-10-03 04:50 | - Japanese film | Comments(4)