<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Amadeus (アマデウス)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (76点)

e0059574_2158970.jpg
【あらすじ】 ウィーンの宮廷でイタリアオペラ・室内楽・宗教音楽において、作曲家として高い名声を博したSalieri Antonio(Tullio Solenghi)は、オーストリアはザルツブルグ生まれの神童Mozart(Aldo Ottobrino)と出会う。しかし恵まれた音楽才能や名声を欲しいままにするMozartの存在は、宮廷楽長を長年独占して来たSalieriにとって煩わしかった。Mozartがいる以上、自分はナンバーツーでしかない。音楽家として絶望したSalieriは、それならば 「神童Mozartを殺した男」として、後世の人々の記憶に残るように と、SalieriはMozartを毒殺する。1791年のことだっ た。


e0059574_21582718.jpg
Mozartに嫉妬したSalieriが毒殺したという俗説は、Puskinの“Mozart e Salieri”の作品をもとに、Shafferが書いた脚本に登場する。当時ヨーロッパでは、イタリア風の音楽が流行っていた。そんな中でSalieriは、従来のドイツ音楽を主張するドイツ派と対立し、かなり居心地が悪かったらしい。「何だかんだ言っても、やはりドイツ音楽が一番だよね」「イタリア人ってのは、軽い民族だからさ。」「奴らは女を口説くことしか、頭にないから」「何年ウィーンに暮らしても、Salieriのドイツ語はひどいね」などと何かにつけ嘲笑される。しかも若造のMozartには、美味しいトコ取りされちゃうし。


e0059574_21584336.jpg
異国で一人奮闘しているのに、そこまで言われる筋合いはないだろ?これじゃSalieriでなくても、はらわた 煮えくり返るわさ。しかも神童と騒がれる人気者のMozartと 来たら、下ネタ大好きな上に、まるでハエのように落ち着きなく動き回って、人をイライラさせるのが得意なヤツ。神聖な音楽を侮辱するような存在なのだ。「何であんなヤツが人気者なんだ?」Salieriは、徐々に負のスパイラルにはまって行く。その矛先はやがて、神に向けられる。「電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、空が青いのも、みぃーーんな神様のせい!」


e0059574_21585597.jpg
でもSalieriって、自己評価がちょっと低くありませんか?外国人でありながらウィーンの宮廷楽長を務めるって、すごいことなのに。それから専門家によると、Salieriは作曲家として才能ある男だったらしい。ひょっとしたら慣れない海外の暮らしや老いによる鬱に悩まされていたのかもしれない。イタリア人にしては珍しく悲観主義者 だったのかも。兎にも角にも、彼は有名になった。それはこの舞台を見れば明白。タイトルはAmadeus なのに、主役はSalieriだからね。Salieriの目論見は、見事に達成されという訳だ。墓の中でほくそ笑んでるだろうね。Tullio Solenghi、老けたなー。相変わらずお茶目でブラックでおかしい。

劇場:Teatro Duse (Bologna)
上演日:2014年11月23日


[PR]
by amore_spacey | 2014-11-30 21:59 | - Other film | Comments(0)

Kraftidioten (In order of disappearance)

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_1363445.jpg
【あらすじ】 ノルウェー中部の町ベイトストーレンに暮らす、除雪車の運転手Nils(Stellan Skarsgård)は、妻と大学生になったばかりの息子の3人家族で、ささやかに暮らしていた。しかしある日息子が急性薬物中毒で死んだと知らされる。麻薬常習者ではない息子の死因に疑問を抱いたNilsが調べていくうちに、地元の麻薬組織絡みの犯罪であることを突き止める。そして息子を殺した麻薬組織に復讐すべく奔走するが、それが地元のギャングのボスCount(Pål Sverre Hagen)とセルビア系マフィアのボスPapa(Bruno Ganz)の間に火をつけ、Nilsは麻薬抗争に巻き込まれていく。


e0059574_1364477.jpg
何人も人が死んでいくというのに笑えるなんて、ブラックなコメディだ、あはははーーっ。主人公Nilsは、地味で目立たない平凡な男。ギャングたちに袋叩きにされるがオチだと思いきや、表情ひとつ変えず、復讐相手を鉄拳でぼこぼこ殴る。血まみれになった相手が、「お前、ボスに殺されるぞ」と言い終わらないうちに、最後の一発をぶち込む。やるじゃないか!CGに頼らないので、喧嘩のシーンは実にリアル。そして人が死ぬたびに、十字架・あだな・本名のフルネームが、真っ黒の画面に出る。これがじわじわーっと面白みを帯びていくのだ。


e0059574_1365836.jpg
ギャングのボスCountも強烈なヤツだ。ギャングと言ったら肉食系だろ?なのに彼ときたら、超真面目な菜食主義者。しかし栄養が偏っているせいか?自制心が壊れているのか?頭に血が上ると、ピストルぶっ放して部下を殺してしまう。妻との離婚訴訟もなかなか進まず、常にピリピリ&イライラ。チンピラ上がりの、軽い男だ、ププッ。


e0059574_137844.jpg
身体だけ大きくなったお子ちゃまなCountとは対照的に、Papa(Bruno Ganz)は、マフィアのボスらしい風格を漂わせている。なのに妙に臆病だったりするから、そのアンバランスがおかしい。成り行き上Nilsの除雪車に乗り込んでしまってから、Nilsが自分の敵なのか味方なのか分からず、挙動不審になるPapa。ボスだったらもっと毅然としてくれよぉ。『ヴェニスに 恋して』から14年経って随分老けてしまったけれど、飄々としたBruno Ganzの持ち味は今なお健在で嬉しい。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-11-27 01:38 | - Other film | Comments(0)

The Station Agent (ステーション・エージェント)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_2342156.jpg
【あらすじ】 FinことFinbar(Peter Dinklage)は、人嫌いの孤独な鉄道オタク。幼い頃から小人として、興味本位で見られ続けてきた。彼は鉄道模型店働いていたのだが、店主のHenry(Paul Benjamin)が突然亡くなった。Henryの遺産としてFinbarに、 ニュー・ファンドランドの廃墟となった駅舎が譲渡される。Finbarは古ぼけた駅舎に引越し居を構えることになった。そこでも彼は近所の人々から好奇の眼差しを浴びせられ、ますます心を閉ざしていった。しかし駅舎の前でコーヒーを販売するJoe(Bobby Cannavale)や危うく車でFinbarを轢きそうになったOlivia(Patricia Clarkson)、電車が大好きな少女や図書館受付のEmily(Michelle Williams)たちと、徐々に交流が芽生えていく。


e0059574_2343454.jpg
ハッピー・エンドが用意されている訳ではないけれど、観終わったあと心地よい余韻に包まれた。小さな希望を予感させてくれるからだろう。


e0059574_2352515.jpg
Finbarそして彼を演じるPeter Dinklageは、傷ついた心を抱えて生きている者同士で、分身のようなものだと思う。酒に酔って暴れるシーンで吐いた台詞を、実生活でもPeterは何度となく叫んだのではないか?似たような場面にいくつも遭遇してきただろう。しかし2人は現実から逃げなかった。自分の中に閉じこもらなかった。


e0059574_235534.jpg
望む・望まざるに関わらず、Finbarは様々な人と関わらざるを得ない。しかしそれによって、少しずつ心を開き、人生に潤いをもたらしてくれる。一方Peter Dinklageも実に味のある役者になってきた。彼には不思議なオーラがあるんだなぁ。深く響く声もいい。これで背が高かったら、言うことなし(オイッ!)


e0059574_2345695.jpg
ものすごく気になったのが、ノーブラで乳首がTシャツにくっきりのPatricia Clarkson。声も見た目もエロい。嫌らしいんじゃなくて、エロいの。いくつになっても色っぽく、きれいに歳を重ねている女優さんなんだなぁ。羨ましくなっちゃう。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-11-21 02:37 | - Other film | Comments(0)

「自分、不器用ですから」

e0059574_1372313.jpg
格別演技がうまいと思ったことはないけれど


e0059574_1373735.jpg
健さんがいると落ち着く。画面が引き締まる。


e0059574_1375192.jpg
圧倒的な存在感があった。


e0059574_138656.jpg
どうぞ安らかにお眠り下さい。


[PR]
by amore_spacey | 2014-11-19 01:42 | My talk | Comments(2)

Jeune & jolie (17歳)  

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_0515748.jpg
【あらすじ】 パリの名門高校に通うIsabelle(Marine Vacth)は、バカンス先で知り合ったドイツ人の青年と初体験をすませ、数日後に17歳の誕生日を迎えた。パリに戻ったIsabelleは、出会い系サイト通じてさまざまな男性と密会を重ねるようになる。そんなある日ホテルのベッドでその最中に、初老の男Georges(Johan Leysen)が心臓発作で腹上死。気が動転して怖くなったIsabelleは、彼をそのままにしてホテルから逃げる。


e0059574_052894.jpg
主役のMarine Vacthはまだ22歳(撮影当時)なのに、あの官能的で妖しい魅力は何なんだ?時折見せる大人の女性の色香と今にも壊れてしまいそうな繊細な少女の風貌や、艶かしさの中で静かに蠢く未完成な肉体。ぷるんとしたさくらんぼのような唇に、しなやかな肢体。Yves Saint LaurentやChloéブランドに起用されるはずだ。彼女の脱ぎっぷりがこれまたいい。


e0059574_0524536.jpg
かなりの頻度で濡れ場が登場するにもかかわらず、猥雑にも上品にもなり過ぎない。むしろ満たされないIsabelleの心情が浮き彫りにされて痛々しい。髭を生やした男とロビーで会って片言交わした後、ホテルの部屋に移動するまでのほんの2~3分のシーン。あれはかなりエロい。狭いエレベーターの中で、無言で向き合う2人。これから見知らぬ相手とうふふが始まる、あの居心地の悪さや背徳感といったらない。


e0059574_0525660.jpg
なのに当のIsabelleときたら始終無表情で冷めている。事務仕事のように、淡々とコトをこなしていく。「そんな体位もやって頂けるんですかぁ?すげェ(オヤジ目線)な場面でも、彼女は無機質なマシンに徹する。17歳の高校生に戻っても寡黙で喜怒哀楽がなく、内省的で陰鬱な表情をしている。「あなたの目は、ビー玉??」 彼女の弟Alex (Laurent Delbecque)は、とても分かりやすい。いかにもあの年代の男の子らしくて、微笑ましかった。


e0059574_053842.jpg
少女でも大人でもない17歳のIsabelleが、なぜ売春を繰り返すのか。「お金が欲しいわけじゃない」「自分の価値を知りたいわけでもない」「快楽でもない」と彼女は言う。そして「会う約束をするのが好き」「声を聞いてどんな人なのか想像するのが好き」とカウンセラーに答えている。父性愛に飢えていたのかもしれない。浮気する母親を見て、モラルなんかクソ食らえ!になったのかも。あるいは背徳の世界に溺れて、何かを忘れたかったのかもしれない。色々と推測できるが、『メリッサ・P ~青い蕾~』のMelissaやこの作品のIsabelleの気持ちは、たぶん誰にも(本人にも?)分からない。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-11-16 00:57 | - Other film | Comments(2)

Before midnight (ビフォア・ミッドナイト)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (72点)

e0059574_1595537.jpg
【あらすじ】 パリでの運命の再会から9年。あの頃はそれぞれにパートナーがいたJesse(Ethan Hawke)とCeline(Julie Delpy)は、現在一緒に暮らしているばかりか、2人の間にはかわいい双子の娘たちがいた。パリで暮らす彼らは、南ギリシャの美しい港町にバカンスにやって来た。ウィーンでの初々しい出会いからすでに18年。すっかり中年となり、仕事と子育てに追われる日々。楽しいはずのバカンスも、気がつくとすぐに言い合いとなってしまうのだった。


e0059574_20769.jpg
『Before・・・』シリーズ第3弾。う~む、成熟した2人の関係が妙に生々しく、「うわぁ、これは、ちょっとなぁ・・・」と初めは思った。けれど2人の会話は、相変わらずエンドレスでバカバカしくも面白い。たとえば喧嘩のシーン。Celineがキィキィまくし立てるのに対して、Jesseは防御体勢あるいは及び腰というのは、現実の夫婦の姿そのまんま。男はあまり応戦して来ませんね。

しかしまさか2人が結婚するなんてねェ。『ビフォア・サンセット』のラストシーンを観て、たぶんJesseは何らかの形でCelineとの関係を続けていくだろうとは思った。それは不倫かもしれない。ところが蓋を開けてみると、2人は結婚して子どもまでいる。おいおい、急展開じゃないか!


e0059574_20184.jpg
もはや通りすがりの旅人同士の、ロマンチックな恋人時代は終わった。これは運命共同体になった夫婦の話なのだ。今回の作品には、彼らのほかに友人・知人たちが登場する。2人だけの甘い蜜月は過去の話、ということだ。子どもたちや仕事・親兄弟やご近所さんとの付き合い、そして互いのあり方について、この先何度も諍いがあるに違いない。それが家族になるということ、夫婦の現実なんだな。 


e0059574_20598.jpg
ところでEthan Hawkeを初めてみたのは、Robin Williamsと共演した『今を生きる』だった。全寮制の名門進学校に通う、シャイな学生を演じていた20歳のEthanには、まだ少年の面影が残り初々しかった。少年から青年に生まれ変わる過渡期の、純真無垢でガラス細工のようにもろい心を持て余していたあのEthanに、私は一目惚れしてしまったのです(*^^*)

彼には何となく優柔不断で、面倒くさいことには巻き込まれたくない。最終決定はあなた任せ的な雰囲気が見え隠れする。この作品でも殆どCelineが喋り倒して、どちらかというとJesseは聞き(聞き流す?)役に回ることが多かった。でもこの男性の優しさや寛容さを、Ethanが代弁したのだと思いたい。女ってつくづくお喋りで面倒な生き物だから。ま、これは仕方がないです。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-11-14 02:03 | - Other film | Comments(0)

Before Sunset (ビフォア・サンセット)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_0221017.jpg
【あらすじ】 9年前ユーロトレインの車内で偶然出会い、ウィーンの街で一夜だけを共にしたアメリカ人Jesse(Ethan Hawke)とフランス人Celine(Julie Delpy)。半年後の再会を約束したものの、それは果たされぬまま9年の月日が流れた。作家になった Jesseは、パリの書店で行なわれたキャンペーンの席でCelineと再会した。喜びを分かち合う2人だったが、彼らに残された時間は JesseがNY行きの飛行機に乗るまでの、たった85分間。2人はパリの街を歩きながら、9年の空白を埋め合わせるかのように、それぞれの思いを語り合うのだった。


e0059574_0222498.jpg
『Before・・・』シリーズ第2弾。前作から9年が経ち、主役の2人を取り巻く環境は変わった。愛のない結婚をしたJesseと、仕事に生きるCeline。実社会に出たことで現実的になり、それぞれの人生に踏み込んだリアルな話題が続く。でも互いの心の中で、あの夜の出来事は特別だったことも噛みしめている。こういうの、いいね。ときめきは、心に潤いを与えてくれるんだもん。


e0059574_0223689.jpg
延々喋りっ放しの2人が、ただ1ヶ所だけ無言になるシーンがある。Celineの部屋に向かって2人がアパートの階段を上っていくときだ。互いの胸に渦巻く、ある予感や期待やためらい。ふと訪れる沈黙・・・。くぅぅぅ、うまい!たまらん、こういう瞬間。リアルで、身もだえしちゃう。


e0059574_0224682.jpg
忘れられない人と偶然再会するなんてことは、まず有り得ない。あったとしても互いの現実を知って、たぶんトホホな思いをするだけ。でもこの作品は私を妄想の世界に駆り立て、あり得ないような夢もちゃんと叶えてくれる。だから映画を観るのをやめられない。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-11-12 00:23 | - Other film | Comments(0)

Before Sunrise (恋人までの距離(ディスタンス))

私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)

e0059574_315661.jpg
【あらすじ】 ユーロトレインの中で出会ったアメリカ人学生Jesse(Ethan Hawke)と、フランス人女子学生Celine(Julie Delpy)。ふとしたことから意気投合した2人は、 翌日の朝までの時間、ウィーンの街をあてどもなく歩く。しかし楽しい時間はあっという間に過ぎ、やがてお互いの生活に帰る朝がやってくる。『Before・・・』シリーズの第1弾。


e0059574_3151748.jpg
Boyhood』で久しぶりにEthan Hawkeに会い、この作品をもう1度観てみたくなった。懐かしいなぁ、この作品。夫と2人で映画館に行って観たんだっけ。

旅先の開放感から、意気投合のあとベッド・インというありがちな展開ではなく、また甘ったるいだけのラブロマンスでないのがいい。見知らぬ他人から好意を寄せ合う恋人になっていく過程が、会話で描かれている。この作品の軸となっている延々と続く2人の会話が、変化に富み粋で面白いのだ。


e0059574_3153532.jpg
ウィーン駅で停車した列車の中で、JesseがCelineを一緒に下車させようと懇願するシーンは、壁ドンなんかよりずっとロマンチックで、心ときめく嬉しいアプローチだなぁ。電話のロールプレイもお気に入りのシーンの1つ。ちょっとおどけたシチュエーションを利用して、気兼ねなく本音が言える。ウィットのあるお洒落なシーンだ。やがて朝が来る。2人だけの舞台だった町が、徐々に動き出していく。新しい一日の始まり。そして彼らが一晩かけて歩いた町並みが映し出される。あのラストは最高にいい。


e0059574_3154873.jpg
2人の表情や話の内容によって、互いの距離や温度がゆるやかに変化する様子が、手に取るように分かる。路地裏や公園や墓地を2人が横に並んだり前と後ろになって歩いたり、あるいはトラムやレコード屋の視聴室や観覧車の狭い空間の中でくっついたり、トラットリアやカフェに座ってお互いを見ながら、徐々に近づきつつ時に反発する。寄せては引く波のように、口論に発展しかけては自然に元に戻る。微妙に揺れ動く感情が眩しい。若いっていいな。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-11-10 03:17 | - Other film | Comments(0)

Boyhood (6才のボクが、大人になるまで。)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (78点)

e0059574_22145885.jpg
【あらすじ】 テキサス州に住む6歳の少年Mason(Ellar Coltrane)は、キャリアアップのため大学で学ぶ母(Patricia Arquette)に従って、姉Samantha(Lorelei Linklater)と共にヒューストンに転居し、多感な思春期を過ごした。アラスカから戻って来た父(Ethan Hawke)との再会・母の 再婚・義父の暴力・初恋・・・などを経て、Masonは静かに子供時代を卒業していく。やがて母は大学で教鞭をとるようになり、オースティン近郊に移った家族には母の新しい恋人が加わっていた。ミュージシャンの夢をあきらめた父は保険会社に就職し、再婚してもうひとり子どもを持った。12年の月日が様々な変化を生み出す中、Masonはアート写真家の夢に向 かって母親から巣立っていく。2014年第64回ベルリン国際映画祭で監督賞を受賞。


e0059574_22151018.jpg
同じ俳優たちを12年に渡って撮り続ける、というのは斬新でとても面白い試みだと思う。が、疲労困憊の夜に観てしまったので、ところどころで記憶が途切れ、居眠りしちゃった。だからふっと目が覚めるたびに、Masonの髪型や背丈や声が変わってましたさ(O_o) この作品の面白さは、淡々と描かれる日常生活の中で交わされる会話にあるような気がする。のに、今回はその面白さを堪能できなかったので、頭がスッキリしているときに観直すつもり。


e0059574_22152275.jpg
大人の12年にもそれなりの変化があるが、6才の少年が18歳のティーンに成長していく過程は、身体的にも精神的にもドラマチックだ。そして観ている私たちは、次第に彼らの身内のような気持ちになっていく。大人の都合で振り回されたのに、MasonもSamanthaもグレたりせず、家庭も積み木崩しにならなかったのが不思議なくらい。男を見る目が全くない自己中心的な母親に、いい歳して夢を追い続けるピーターパン症候群な父親、そしてアル中でDVな義父。こんな環境で多感な思春期を過ごしたら、私なら絶対グレちゃう。バットか竹刀を振り回しちゃうよ。


e0059574_22153133.jpg
でもMasonたちにとっては、かけがえのない家族なのだ。1つ屋根の下で寝起きして、同じ釜の飯を食って、笑ったり怒ったり悲しんだりする。1つの共同体なんだけど、年月とともに人が成長して変わっていくように、家族構成やそのあり方も変わっていく。家族で過ごす時間というのは、長いようで一瞬のことなんだなぁ。色々なことがあっという間に過去になっていく。 

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-11-06 22:16 | - Other film | Comments(0)

LOL - Laughing Out Loud (LOL 愛のファンタジー)

私のお気に入り度 ★★★☆☆ (70点)

e0059574_2016477.jpg
【あらすじ】 Anne(Sophie Marceau)は離婚して、3人の子供と暮らしている。長女のLola(Christa Théret)は高校生。家族や友達からは、LOL(=大爆笑)の愛称で親しまれている。パソコン・携帯・音楽に囲まれた自分の部屋で、Lolaは日記に心情を書き綴る。彼女の毎日は大笑いばかりではないのだ。 新しい恋人ができ、お酒やタバコや初体験など、ちょっぴり危険な大人の世界に入ってみたくてしょうがないLolaに、Anneは口うるさく叱っては自己嫌悪に陥り、憎たらしく思いながらも強い愛情を感じていた。一方Anneも一人の女性として幸せを掴むべく、魅力的な男性Lucas(Jocelyn Quivrin)に惹かれていくのだが・・・。


e0059574_20161924.jpg
ハイティーンたちとその親たちの物語。特別な盛り上がりや盛り下がりはなく、日常生活が淡々と描かれている。どこにでもある話なんだけど、「これを観たいな」と思ったのは、Sophie Marceauが出ているから。『ラ・ブーム』で彗星のごとく映画界に登場した少女が、あの年ごろの娘の母親役をやるというから。あれから30年近くも経ったというのに、ピンと来ない。

Sophiは演技がものすごく上手い訳ではないけれど、幾つになっても華奢で小悪魔のような魅力がたまらない。「彼女、全然老けないよねぇ」と言いながらも、娘役のChrista Théretと並べば歳の差は歴然としている。が、Sophieが醸し出す独特のオーラは、紛れもなく彼女のもの。こういう軽快なコメディは、彼女のためにあるのだ。素敵な男性に恋をし、ティーンのようにトキメクSophieを見ているだけで、幸せな気持ちになれる。そんなSophieは、癒し系ですかね^^


e0059574_20163299.jpg
ティーンの男の子グループには、私好みのイケメンから眉毛が繋がった男性版フリーダ・カーロやオタクっぽい子まで、色んなカテゴリーが揃っていて面白かった。みんな肌がつるつる&スベスベで、きれいだなぁ。

作品の詳細はこちら


[PR]
by amore_spacey | 2014-11-01 20:18 | - Other film | Comments(0)